― TAG ―

ネム(nem)

ネム(nem/XEM)とは?

NEMとはブロックチェーン技術を応用した、送金・スマートコントラクトなどを行うことのできるプラットフォームであり、その独自の通貨として2015年に公開されたのが仮想通貨ネム(XEM)です。
UtopianFutureという匿名のチームによって開発され、現在はネム財団という団体が開発・運営を行っています。

通貨名 ネム(nem/XEM)
サイトHP ネム公式ページ
発行開始日 2015年03月31日
主な利用用途 送金 / 決済 / 投資


ネムの特徴

発行枚数 90億枚
発行上限 90億枚
送金速度 約1分
できること
  • 独自のアルゴリズム
  • ハーベスティング

ネムは他の通貨とは全く異なる独自のアルゴリズム「プルーフ・オブ・インポータンス」を搭載しています。

ビットコインやイーサリアムのマイニングをする際には、これまでは計算力や所有量が重要でしたが、この仕組みでは、重要度の高いユーザーほど報酬が受け取り安いシステムです。

これによって、これまでの圧倒的な資本力で独占に近い形で一部の組織がマイニングを行っていた状態からの脱却を図ります。

また、ネムは通貨の全てが発行済であるため、マイニングを行う必要がありません。

その代わりに、「ハーベスティング」という承認作業を行うことで報酬を得ることができます。

この仕組みは取引回数が多いほど有利になるため、こちらも平等に報酬が得られやすいシステムとなっています。

ネム(NEM)購入におすすめの取引所

ネムは比較的マイナーな通貨であるため国内の取引所は限られます。この中ではCoinCheck使いやすくセキュリティも高いのでおすすめです。

順位 取引所名 取引手数料 取扱通貨 使いやすさ 特徴
1 coincheck 無料 9 手数料が安く、会社の信頼性が高い
2 DMM Bitcoin 無料 7 中級~上級者におすすめ
3 Zaif -0.05~0.3%     14 取扱通貨が圧倒的に多い

 

ネム(nem/XEM)のこれまでの値動き

ネムは20~30円を推移していましたが、2017年末に大型アップデート「カタパルト」の実装への期待などの要因で一時200円超まで高騰しました。

しかし1月のコインチェックでの流出事件が起こり、価格は急落しました。

2019年はコインチェックのセキュリティ面がさらに強化され運営を再開したため、今後人気は復活することが予想されます。

ネム(nem/XEM)の今後の注目ポイント

  • 国内取引所の増加
  • 開発の進展

国内取引所の増加

上述したように、ネムは事件から人気が急落しており、取り扱い取引所も非常に少ない状況が続きました。

しかしコインチェックの営業再開を皮切りとして、これからネムの人気が復活し、需要が増加していくことが予想されます。これに合わせ、取り扱い取引所も増えていくでしょう。

取引所が現在少ないということは、これから増えていく中で価格上昇が期待できるチャンスでもあります。

開発が進んでいる

ネムの実用化に向けた大型アップデート「カタパルト」ですが、その実装は延期しておりまだ行われていません。

しかし2019年4月にはついにそのロードマップが公開され、年内実装がいよいよ現実的になっています。実装が完了すると、1秒間に3000件から4000件の取引を処理できるようになります。

これはなんとクレジットカードとほぼ同程度の処理速度になります。

実装とともに一気に実用化の動きが促進され価格も高騰することが予想されます。

ネムを購入して投資を始めてみよう!

ネムは、流出事件で印象がよくない方もいらっしゃるかもしれませんが、問題があったのは取引所であり、ネムの価値は非常に高いものであることを忘れてはいけません。年内のアップデートでは一気に日の目を浴びることになるでしょう。ネムの購入を考えている人は、まだ人気が急上昇していない今が購入のチャンスです。

 

初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト