投資でお金を増やす

仮想通貨で不労所得も可能!人気の理由と方法について解説

この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資を始めようとしている方
✔ 仮想通貨で不労所得を得たいと思っている方
✔ 仮想通貨取引についての知識を深めたいという方

「仮想通貨で不労所得が欲しいなぁ、でも損しそうで怖いなぁ。」なんて考えていませんか?

確かに仮想通貨取引は投資ですから元本保証や値上がり保証はありません。しかし不労所得を得られる可能性はじゅうぶんにあるのです。

今回は仮想通貨で不労所得を得られる理由と、不労所得を得る方法をお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の要約

  • 不労所得とは、労働をまったくしないという意味ではない
  • 不労所得の手段として仮想通貨の人気がある理由は「少額で大きな利益」「実力差が出にくい」「長期間保有するメリットがある」
  • 仮想通貨で不労所得を得る方法は「投資による収益」「ハードフォーク」「マイニング」「配当」
  • まずは仮想通貨市場を調べてみることから始めよう

不労所得とは

不労所得とは労働の対価として得る所得ではなく、小さな労働でも大きな所得が得られるものを指します。

一般的には労働しないで得る所得というイメージがありますが、完全に労働がゼロというわけではありません。例えば不動産で家賃収入を得るには

  • 不動産投資に対する勉強をする必要がある
  • 物件の購入費用を捻出したりローンを組んだりする必要がある

わけですよね。これらは労働に含まれているのです。

仮想通貨が不労所得を得るために人気である理由

不労所得

不労所得としては不動産収入などが一般的ですが、近年では仮想通貨も不労所得として人気です。

仮想通貨が、不労所得を得るために人気である理由をお伝えします。

仮想通貨売買は短期的な所得というイメージがありますよね。しかし不労所得を軸にした戦略を立てたり、仮想通貨売買以外の方法を利用したりするなどの工夫が必要です。

理由1:元手が小さくても大きく儲けられる

1つめの理由は、元手が小さくても利益を大きくすることができる点です。

  • 株式投資よりも価格変動率が大きい
  • 信用取引では、レバレッジによって元本以上の取引ができる

仮想通貨はハイリスクではありますが、大きな利益を得ることが可能なのです。

理由2:投資のなかでも実力差が出にくい

2つめの理由は、数多く存在する金融商品の中でも実力差が出にくいという点です。

  • 株式投資などはプロの投資家が参加し、最近ではAIによる分析も行われているため、勝つためには非常に高度な知識と戦略が必要
  • 仮想通貨は歴史が浅く、参加者も個人投資家が多いため初心者でも勝ちやすい

仮想通貨は、他の金融商品よりもハードルが低いといえますよね。

理由3:ホールドしておくと価値があがる可能性が高い

3つめの理由は、仮想通貨を長期間保有しておくメリットが高いという点です。

仮想通貨市場はまだ歴史が浅く成長段階であるため、これから各仮想通貨の価値が上がっていく可能性が高いといえます。

投資初心者でも、大きな利益を得られるかもしれませんよね。

仮想通貨で不労所得を得る方法

仮想通貨で不労所得を得るための、4つの方法をお伝えします。

仮想通貨といえば、仮想通貨を安く買って高く売るという方法をイメージしますよね。

しかし不労所得を得る方法は仮想通貨投資だけではありません。
これから不労所得を実現させたい方は、ぜひとも知っておきましょう。

方法1:投資で収益を得る

1つめの方法は、仮想通貨投資で収益を得ることです。

不労所得を実現させるポイントは、長期間保有することで価値が上がりそうな仮想通貨を選ぶことです。

短期間の取引では結果的に何度も取引を行うことになり、効率が悪くなってしまいます。

方法2:ハードフォーク

2つめの方法はハードフォークです。ハードフォークとはある仮想通貨Aが何らかの理由で

に分裂することを指します。

仮想通貨Aを保有しているだけで、ハードフォーク時に仮想通貨A“も分配されます。

  • 仮想通貨A”を受け取る
  • 仮想通貨A”をもともと価値のある仮想通貨Aに換金する
  • 仮想通貨Aを日本円に換金する

ということができるわけですね。

ハードフォークは不定期に行われますから、他の方法と組み合わせて臨みましょう。

方法3:マイニング(プルーフオブステーク・プルーフオブワーク)

3つ目の方法はマイニングを行うことです。

マイニングとは取引承認の計算処理を行うことで、報酬として新規発行の仮想通貨を得ることを指します。

マイニングにはさまざまな方式があり

  • プルーフオブステーク:多額の仮想通貨を長期間保有するほど、より多くのマイニング報酬が得られる
  • プルーフオブワーク:計算処理が速いほど、より多くのマイニング報酬が得られる

という特徴があります。

方法4:配当

4つめの方法は配当型トークンを保有することです。

基本的に仮想通貨には配当が存在しませんが、最近では配当機能を実装したトークンも発行されています。

たとえばコインパークという取引所が扱う「CPトークン」という仮想通貨では

  • 保有しているだけで、1日1回配当としてCPトークンが付与される
  • CPトークン保有量とコインパークの取引所の収益に応じた配当が得られる

という特典がついてくるのです。

仮想通貨で不労所得を実現

この記事のまとめ

  • 不労所得とは、労働をまったくしないという意味ではない
  • 不労所得の手段として仮想通貨の人気がある理由は「少額で大きな利益」「実力差が出にくい」「長期間保有するメリットがある」
  • 仮想通貨で不労所得を得る方法は「投資による収益」「ハードフォーク」「マイニング」「配当」
  • まずは仮想通貨市場を調べてみることから始めよう

不労所得とはまったく労働をしないことではありません。仮想通貨で稼ぐためには、努力を怠ってはいけないのです。

不労所得を得る仕組みは自分で作る必要があります。そのために必要な知識を勉強したり、いろいろ試すことで経験を積むことが必要となるでしょう。

そのために、まずは仮想通貨市場について調べることから始めてみてはいかがでしょうか。

投資でお金を増やす
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト