投資でお金を増やす

ビットコイン投資は大学生だからこそ勝てる。おすすめする理由は?

大学生のビットコイン投資
この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。

2017年から大きな飛躍を遂げた暗号資産(仮想通貨)。皆さんはすでに持っていますか?

今回は、大学生だからこそ暗号資産(仮想通貨)投資で勝てる理由、そしてメリット・デメリットを紹介します。

まだ暗号資産(仮想通貨)を持ってない方はぜひ読み進めていただいて、暗号資産(仮想通貨)の価値に触れてみて下さい。

もちろん、すでに持っている方も改めて価値を理解できる内容になってますよ!

ビットコインは大学生に限らす、投資初心者におすすめな理由

暗号資産(仮想通貨)はサラリーマンや主婦の方も始めるほど浸透し始めています。

投資を始めるのに年齢は関係ないですが、筆者は特に大学生に暗号資産(仮想通貨)を始めて欲しいと考えています。

理由1:「初心者でも簡単にはじめられる」

まず、暗号資産(仮想通貨)は、株やFXと比べても気軽に始める事ができます。

株やFXの場合、口座の開設にマイナンバーが必要ですし、書類手続きも多くあります。それに比べ暗号資産(仮想通貨)はマイナンバーの提出が現時点では必要ありません。

必要なのは、以下の2つくらい。

  • スマホ
  • 身分証(免許証)

やろうと思ってから、始めるまでの敷居が低い投資なんですよね。

理由2:「1000円単位で始められる」

現在の1ビットコインの価格は80万~100万円前後です。

そのためか「買うなら100万くらい必要なんじゃないの・・・」という声もちらほらききます。

そんなことはなく、暗号資産(仮想通貨)は0.1、0.01、0.001の単位で購入することができます。

仮に1ビットコインが80万円の時だと・・・

  • 0.1→8万円
  • 0.01→8000円
  • 0.001→800円

それこそ1,000円単位で始める事ができます。

800円ってもはやランチ代ですよ。細かいことはいいので、とりあえずやっときましょう。

理由3:「短期で儲かる」

暗号資産(仮想通貨)の値動きは非常に激しいです。

それがリスクでもありますが、メリットでもあります。

ビットコインなら1日で5~10万円の値動きがあるので、値上がりを狙って購入し、上がった時点で売り逃げすればそれなりに儲けることができます。

初心者にとって、結果がすぐにでるというのは大事な要素です。

大学生がビットコイン投資に向いている強みを教えよう

デジタル・ネイティブ

暗号資産(仮想通貨)は投資初心者におすすめな理由をご紹介しましたが、特に大学生に向いていると考えています。

ここからはその理由、『大学生だから暗号資産(仮想通貨)投資で勝てる』理由ををご紹介しましょう。

大学生の強み1「自由な時間があること(情報勝負で勝てる!)」

暗号資産(仮想通貨)は情報戦です。

「中国がマイニングを規制した」となれば相場は下がりますし、「マネックス証券やメルカリが暗号資産(仮想通貨)に参入する」となれば相場があがります。

暗号資産(仮想通貨)投資ではその情報にいち早く飛びつき、自分のポートフォリオを操作することで含み益を増やすことができます。

必然的にネットの情報に張り付く必要があり、これはサラリーマンにはできない芸当です。

大学生には時間がある・・・というと語弊がありますが、自由な時間が多いのは事実です。ゲームや飲み会に潰す時間があるならその時間を投資に回しましょう。

 

大学生の強み2「デジタル・ネイティブ(SNSが得意なことは強い!)」

今は中学生~高校生あたりから誰でもスマホを持つことができるようになりました。

初めて持った携帯がスマホだという人がほとんどですよね。

これは個々人がパソコンを持っているようなもので、10年前には考えられない話です。10年前でもガラケーは持ってましたが、パソコンは持ってないですからね。

暗号資産(仮想通貨)の相場はTwitterを中心に情報が回っていますので、物心ついた時からTwitterをやっている皆さんであれば、効率的に情報を収集することができるでしょう。

また、discordやslackといったクローズドコミュニティでも頻繁に情報交換が行われています。

大学生の強み3「新鮮な情報に抵抗がない」

大人になればなるほど、新しい情報や概念に抵抗感が出てきます。(これは大人の立場からみてホントにそう)

暗号資産(仮想通貨)であがってくるトピックや情報は、これまでにまったく聞いた事がないものが多いです。

そんな新しい情報を毛嫌いせず、信じるか信じないか判断する裁量が必要です。

具体的にいうと、ビットコインやイーサリアムなど、新しい通貨が出たときに抵抗なく受け入れる必要があります。

暗号資産(仮想通貨)は変化し続けるものだし、投資をするなら我々も変化に応じなければなりません。

1年前にリップルに投資できたか

例えば、比較的新しい通貨であるリップルは、2017年の1月では1円程度でしたが、2017年末には400円以上まで値上がりしました。

ビットコインよりも値上がり幅が大きかったので、ここでだいぶ儲かった人も多いのではないでしょうか。

知識があればあるほど、リスクをとれなくなってしまいます。

そういった意味では、投資の知識が白紙に近ければ近い程、暗号資産(仮想通貨)を始めるべきなんです。

暗号資産(仮想通貨)投資をするメリット・デメリット

メリット・デメリット

ここからは、大学生が暗号資産(仮想通貨)投資を始めるにあたってのメリット・デメリットを紹介していきます。

メリットは勿論ですが、デメリットもしっかり理解した上で暗号資産(仮想通貨)投資をはじめましょう。

暗号資産(仮想通貨)投資のメリット

まずは暗号資産(仮想通貨)投資のメリットからご紹介していきます。

暗号資産(仮想通貨)投資は素晴らしいメリットだらけです!ただ、ハマりすぎには注意してくださいね。

メリット1:少額でも大きなリターンがある

先ほども紹介しましたが、暗号資産(仮想通貨)の値動きは非常に激しいです。昨日1円だった銘柄が、1ヶ月後には10円になることだってあります。

1円の時に1万円分購入していれば、10円になった時は資産は10万円になってます。

メリット2:借金をする必要がない

暗号資産(仮想通貨)投資はFXと違い借金をする事がありません。

あくまで自分が持ってる金額分の銘柄を購入し、その価値が上がれば含み益がでます。

メリット3:価値がなくなることはないし、放置していれば資産が増えているかも

また、その価値が0円になることもないと言っていいでしょう。逆に放置していたら価値が上昇するケースがあります。

ビットコインの有名な話では、1円で購入後、しばらく忘れていたらいつの間にか7万円くらいにまでなっていて、いつの間にか億万長者って話もあるくらいですw

暗号資産(仮想通貨)投資のデメリット

次に、暗号資産(仮想通貨)投資のデメリットもご紹介していきます。

しっかりと理解した上で投資を始めましょう。

デメリットその1:投資額が目減りするかも

どうしても起こりえることなのですが、価格が暴落すると元々投資していた金額より減ってしまう事もあります。

例えば、100万投資したのに総額が95万、90万になってしまう機会もあるかもしれません。

ただ、そんなちょっとした暴落で、暗号資産(仮想通貨)という革命的な金融商品を手放さないでほしい。

 

リーマンショック後に積立投資をしてきた人は3年間含み損の状態が続きました。

しかしそんな人たちでも地道に投資を続けることで、ここ最近のアベノミクス、東京オリンピックの発表によって、どんどん自分の資産が増えているのです。

投資は忍耐力が必要です。ある程度の低下はデメリットになりますが、根気よく投資を続けて下さい。

デメリットその2:ハマってしまうかもしれない

これは一番注意が必要かもしれません。一瞬で資産を10倍にすることができる暗号資産(仮想通貨)は、ある種ギャンブルに似た依存性があります。

FXで借金まみれの人の話とか、ネットニュースで見たことありませんか?

 

ハマりすぎて失敗を積み重ねると、借金をしてしまう可能性もあります。投資をするときはあくまで自分を客観的にみて、冷静に行う事を心がけましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)投資から学べること。その知識は将来への投資になる。

次に、大学生が暗号資産(仮想通貨)投資を行う事で学べる事をご紹介していきます。

青臭い話になってしまいますが、資産より何より、この学びこそが一番価値がありますよ。

 

株やFXにならぶ新しい金融商品になるかもしれない

暗号資産(仮想通貨)・・・もといビットコインは、2008年にナカモトサトシ氏がブロックチェーンの仕組みをインターネット上に公開し、2015年にはじめてビットコインを利用した決済が行われました。

市場の規制により暴落をすることもあるかもしれませんが、ブロックチェーンのシステムはインターネットと同等の革命だと筆者は考えています。

価格が下落する事はあっても、株やFXに並ぶ金融商品として長く残り続けることになるでしょう。

 

最先端のテクノロジー(新しいインターネット)

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)のはじまりは、インターネットが始まった頃と似ていると言われています。

インターネット黎明期に事業を作った楽天やサイバーエージェント、ライブドアが大きなビジネスになったように、今後ブロックチェーンを活かした企業が大きなビジネスを作っていく事は自明の理でしょう。

 

経済を自然と学べる

例えば、暗号資産(仮想通貨)はどのような時に下落し、どのような時に暴騰しますか?

主にポジティブなニュースや、ネガティブなニュースが流れるときです。

例えば、中国でビットコインのマイニングが規制されたときは、ビットコイン含め暗号資産(仮想通貨)市場全体が暴落しました。

世界的に重要なマーケットである中国から資金が流れない事に不安を感じた投資家達が、一斉に売りに入ったのです。

株やFX、金など市場で取引されて価格がついているものは全て同じです。

これが理解できると、ニュースを見るたびに「この会社の株式は上昇するかな」「アメリカでデモ活動?ドル下落するかな」といった具合に、自然と経済への感度が高くなります。

海外の大学生は5人に1人が暗号資産(仮想通貨)投資

5人に一人

アメリカの学生は、5人に1人が暗号資産(仮想通貨)投資をやっています。

大金を掴みたいのは勿論ですがが、主に学生ローンを返す目的みたいです。

さすがは投資大国アメリカ、といった所ですね。

日本人の学生はバイトや社会人になってからコツコツ返すことが当たり前ですが、外国の学生は考え方が違います。

 

まとめ

いかがでしたか?暗号資産(仮想通貨)の魅力は少額に対するリターンの大きさ。

また、新しい技術を学ぶこと自体が貴方の価値になります。

 

新しいテクノロジーに触れ、その知識をアウトプットすることができるようになれば今後の就活にも活きますし、将来の企業のタネになりますよ!是非はじめてみて下さいね。

投資でお金を増やす
最新記事