投資でお金を増やす

オプション取引の始め方!おすすめの証券会社についても紹介

この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。
この記事を読んでほしい人
✔ オプション取引について興味がある方
✔ オプション取引の始め方について悩んでいる方
✔ オプション取引を始めるのにおすすめの証券会社が知りたい方

投資の中でもオプション取引に興味があるけど、始め方がわからない・・

オプション取引を始めてみたいけど、どのように始めればよいか悩んでいないでしょうか?

オプション取引は国内の証券取引所で、取引できる金融商品です。また、口座開設から取引の流れも、株式投資などと大きく変わりません。

そこで今回はオプション取引の始め方や、おすすめの証券会社についてご紹介していきます。この機会にオプション取引の始め方を覚えてみましょう。

この記事の要約
  • オプション取引は8万円程度あれば最低単位で取引可能
  • オプション取引は注文できる時間帯は比較的あるものの、取引については限定されているので注意
  • オプション取引は証券会社ではじめられ、「GMOクリック証券」「ライブスター証券」「大和証券」がおすすめ
  • オプション取引は証券会社で総合口座開設後に、先物・オプション取引の口座を開設してはじめる

オプション取引はいくらから始められる?

オプション取引は、少なくとも8万円程度あれば最低単位で取引可能です。

しかし、ミニ日経225の場合は証拠金69000円ですので、余裕を持って10万円用意できると尚良いでしょう。

オプション取引の取引金額を簡単に解説しますと、(SPAN証拠金×100)-ネットオプション価値の総額で計算されます。

SPAN証拠金とは、シカゴ・マーカンタイル取引所が開発した、証拠金の計算方法及びシステムの名称です。

また、ネットオプション価値の総額とは、買いオプション価値の総額から売りオプションの価値の総額を差し引いた金額になります。

仕組みの理解よりもまずは、少なくとも10万円の投資資金を準備しましょう。

例:ミニ日経225の場合、最低証拠金69000円

オプション取引はいつ買えるのか?

オプション取引ができる時期ですが、株やFXと違い少々複雑な構成となっています。
また、専門用語もあるので、こちらについても簡単に解説します。

プレ・オープニング 8時~9時 16時15分~16時30分
ザラバ 9:00~15時10分 16時30分~5時25分
プレ・クロージング 15時10分~15時15分 5時25分~5時30分
予約時間帯 6時00分~8時00分 16時10分~16時15分

プレ・オープニングとは注文のみ可能な時間帯で、プレ・クロージングも同様です。

ザラバとは注文と取引ができる時間帯で、予約時間帯は注文の予約ができる時間帯になります。

このように注文できる時間帯は比較的あるものの、取引については限定されているので注意しましょう。

オプション取引はどこで買えるのか?

オプション取引は、主に以下のような証券会社で取り扱っています。また、基本的に先物・オプション取引セットで口座開設するように設定されているのも特徴です。

  • SBI証券
  • GMOクリック
  • 岡三オンライン証券
  • ライブスター証券
  • 大和証券

また、手数料が異なるので、口座開設前に手数料や評判について良く調べておきましょう。後述では手数料などから、おすすめの証券会社3社をご紹介します。

おすすめの会社1 GMOクリック証券

おすすめの証券会社1つ目は、GMOクリック証券になります。

おすすめの理由は、オプション取引に掛かる手数料が、比較的安いためです。

GMOクリック証券の場合は、最低手数料210円(0.15%)となります。さらに、スーパー発注君と呼ばれる取引ツールは、オプション取引にも対応している点も魅力的です。

おすすめの会社2 ライブスター証券

おすすめの証券会社2つ目は、ライブスター証券です。

投資について初心者の方は、ライブスター証券について知らないケースもあるかと思いますが、こちらもオプション取引の手数料が安いなどメリットも多いです。

ライブスター証券のオプション取引では、最低手数料は100円(0.14%)と特に低コストとなっています。

取引ツールは、Androidスマホ版とウェブブラウザ版、そして高機能ツールの3種類と豊富な点にも注目です。

おすすめの会社3 大和証券

おすすめの証券会社3つ目は、大手証券会社の大和証券です。

大和証券も取引手数料が安く、最低手数料108円(0.1836%)と低コストとなっています。

また、高機能トレードツール「トレボ」は、上級者も満足できる画面表示の多さと機能の豊富さが魅力です。

オプション取引の場合は、指定した上限値や下限値へ価格変動すると通知してくれたり、理論価格の算出をしてくれたりなど、専門的な使用ができます。

オプション取引の買い方?

オプション取引の始め方を、4ステップで簡単に解説します。

  1. 証券会社にて総合口座開設後、先物・オプション取引の口座を開設。
  2. 証拠金以上の資金を入金。反映されるまで待つ。
  3. 入金完了後、買いもしくは売りオプションの注文を行う。
  4. 取引のできる時間帯に買いもしくは売りオプションを約定し、利益を得る。

※元本保証はありませんので、損失を被るリスクもあります。

オプション取引の始め方自体は特別難しくはない

この記事のまとめ
  • オプション取引は8万円程度あれば最低単位で取引可能
  • オプション取引は注文できる時間帯は比較的あるものの、取引については限定されているので注意
  • オプション取引は証券会社ではじめられ、「GMOクリック証券」「ライブスター証券」「大和証券」がおすすめ
  • オプション取引は証券会社で総合口座開設後に、先物・オプション取引の口座を開設してはじめる

オプション取引の始め方は、証券会社に総合口座を開設してから先物・オプション取引の口座を開設するだけで完了です。

あとは証拠金以上の資金を入金して反映されたのち、注文や取引の可能な時間に買いもしくは売りオプションのどちらかを発注します。

そして、利益が出ている相場で、買いもしくは売りオプションで約定し、利益を得る仕組みです。

また、おすすめの証券会社は、GMOクリック証券や大和証券をご紹介しましたが、もっと比較検討したい方は、更にオプション取引を取り扱っている証券会社を探してみるのがおすすめです。

投資でお金を増やす
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト