SBI VCトレード

SBI VCトレードはいくらから買える? 通貨別の最低取引額といくらあれば始められるか

この記事を読んでほしい人
✔ SBI VCトレードで暗号資産(仮想通貨)取引を始めようと思っている方
✔ SBI VCトレードの最低取引額を知りたい方
✔ SBI VCトレードの最低入金額を知りたい方

ビットコインの価格が100万円を回復したことがニュースになりましたが、ビットコインに限らず、暗号資産(仮想通貨)の価格は需要と供給によって大きく変化し続けています。

ビットコインはとても高額ですから、暗号資産(仮想通貨)を購入するにはたくさんのお金が必要と感じている人もいるでしょう。ですが、暗号資産(仮想通貨)は大金がなくても購入できるのです。

そこで今回は、SBI VCトレードではどれくらいの金額から暗号資産(仮想通貨)を購入できるのか、お伝えしていきましょう。

この記事の要約
  • 最低取引単位とは、暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに定められている、もっとも少額となる取引単位
  • SBI VCトレードの最低取引金額は「500円」
  • SBI VCトレードの最低入金額は「1,000円」
  • SBI VCトレードはセキュリティが充実しており、取引手数料も安いおすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所

まだ口座を持っていない場合はこちらからSBI VCトレードに登録!

最低取引単位とは

暗号資産(仮想通貨)は1通貨単位に満たない、つまり小数点以下の単位から購入可能。

ですが、いくらでも小さい単位で購入できるのかというとそうではなく、暗号資産(仮想通貨)取引所ごとにもっとも少額となる取引単位が定められており、これを「最低取引単位」といいます。

最低取引単位は取引所ごとに違いますし、同じ取引所でも暗号資産(仮想通貨)によっても異なります。

SBI VCトレードの取扱通貨といくらから購入できるか

SBI VCトレードは販売所形式の取引所。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

現在、上記の3種類の暗号資産(仮想通貨)の取り扱いがあり、日本円を通貨ペアとする現物取引が行われています。

取扱通貨毎の最低取引単位

SBI VCトレードで取り扱いのある3種の暗号資産(仮想通貨)の最低取引単位は、webサイトの『サービス概要』に記載されています。

SBI VCトレードでは、暗号資産(仮想通貨)の注文数を『日本円での換算金額』と『暗号資産(仮想通貨)の数量』から選んで発注する仕組み。

そのため最低取引単位は、日本円の注文金額と暗号資産(仮想通貨)の数量の両方で表されています

日本円で発注する場合暗号資産(仮想通貨)の数量で発注する場合
ビットコイン500円0.0001BTC
イーサリアム500円0.0001ETH
リップル500円10XRP

参考:https://www.sbivc.co.jp/support/deposit/#s01

SBI VCトレードで取引をはじめるにはいくら必要?

SBI VCトレードで暗号資産(仮想通貨)取引を始める場合、少なくともどれくらいのお金が必要となるのでしょうか。

口座開設は無料

SBI VCトレードでは、口座開設に手数料は必要ありません。もちろん、開設した口座を維持するための手数料もありません。

取引にかかる手数料

SBI VCトレードでは、暗号資産(仮想通貨)の売買時の取引手数料は無料です。また、口座に入金する際にも手数料はかかりません。

最低入金金額

2019年8月27日時点での暗号資産(仮想通貨)の価格をもとに、暗号資産(仮想通貨)の数量をベースにした最低取引単位を計算してみました。

ビットコイン0.0001BTC=約107円
イーサリアム0.0001ETH=約20円
リップル10XRP=約285円

いずれの暗号資産(仮想通貨)も500円を下回っていますので、最低取引単位は500円となります。

また、1回あたりの入金金額は1,000円以上となっていますので、SBI VCトレードでの最低入金金額は1,000円となります。

参考:https://www.sbivc.co.jp/support/deposit/#s01

SBI VCトレード以外の取引所の最低取引金額の比較

SBI VCトレードの最低取引金額を、その他の暗号資産(仮想通貨)取引所と比較してみました。

最低取引単位最低取引金額(2019年8月27日ごろの価格)
SBI VCトレード500円
Coincheck500円
DMM Bitcoin0.001BTC1,070円
GMOコイン0.0001BTC107円
bitbank0.0001BTC107円
BITPoint0.0001BTC107円

最低取引金額で見てみると、おおむね普通の金額といえそうです。

SBI VCトレードとは

SBI VC(SBIバーチャルカレンシーズ)
取扱暗号資産ビットコインイーサリアムリップル
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(販売所のため高め)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 金融大手のSBIグループが運営
  2. 初心者でも簡単な販売所形式
  3. 銀行、証券などSBIグループの連携

SBI VCトレードは、東証一部上場企業のSBIホールディングスの運営する暗号資産(仮想通貨)取引所。

運営会社であるSBIホールディングスは、証券事業・保険事業・銀行事業などの金融事業を営んでおり、その一翼として暗号資産(仮想通貨)を取り扱っているといえるでしょう。

SBI VCトレードはセキュリティ対策に注力しており、セコムとも提携。取引手数料・入金手数料が無料と、取引コストの安い取引所でもあります。

1000円以上から投資が可能

この記事のまとめ
  • 最低取引単位とは、暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに定められている、もっとも少額となる取引単位
  • SBI VCトレードの最低取引金額は「500円」
  • SBI VCトレードの最低入金額は「1,000円」
  • SBI VCトレードはセキュリティが充実しており、取引手数料も安いおすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所

まだ口座を持っていない場合はこちらからSBI VCトレードに登録!

今回は、SBI VCトレードで暗号資産(仮想通貨)取引を始める場合、どれくらいのお金が必要なのかを解説しました。

暗号資産(仮想通貨)を購入する場合は、2019年8月末の暗号資産(仮想通貨)の価格から換算すると500円以上、口座に入金する場合は1,000円以上必要となります。

はじめてSBI VCトレードで取引するなら、少なくとも1,000円は必要ということになりますね。

取引所名SBI VCトレード
会社名SBI VCトレード株式会社
所在地〒106-0032 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ
資本金19億8,000万円(資本準備金を含む)
仮想通貨交換業登録番号第00005号
加入協会一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(会員番号1005)
事業内容仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供
設立2016年11月1日

SBI VCトレード
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事