SBI VCトレード

SBI VCトレードでクレジットカードは利用できない? その他の入金・購入方法を確認

この記事を読んでほしい人
✔ SBI VCトレードで仮想通貨取引をしようと思っている方
✔ SBI VCトレードでクレジットカードを利用したい方
✔ SBI VCトレードの入金方法を知りたい方

仮想通貨取引をするには、まず口座に購入資金を入金しなければなりませんが、入金方法は取引所ごとに異なっています。

SBIバーチャルカレンシーズでは、どのような入金方法が採用されているのでしょうか。また現金ではなく、クレジットカードを使った入金はできるのでしょうか。

そこで今回は、SBIバーチャルカレンシーズの入金方法について解説していきます。

この記事の要約
  • SBI VCトレードでは、クレジットカードで仮想通貨を購入することはできない
  • SBI VCトレードでは、クレジットカードで入金することもできない
  • SBI VCトレードだけでなく、ほかの仮想通貨取引所もクレジットカードを利用することはできない
  • SBI VCトレードの入金は、住信SBIネット銀行を使った「即時入金サービス」がおすすめ

SBI VCトレードではクレジットカードで仮想通貨を購入できない

買い物のとき、現金以外にクレジットカードで支払ったり、コンビニ払いにしたりと、支払方法はいろいろあります。

しかし、SBI VCトレードではクレジットカードで仮想通貨を購入することはできないので、注意しましょう。

参考:https://www.sbivc.co.jp/support/deposit/

SBI VCトレードではクレジットカードで入金できるの?

SBI VCトレードへの入金は、『即時決済サービス』で行います。

『即時決済サービス』は、住信SBIネット銀行の口座からSBI VCトレードなどの提携企業に入金する仕組み。

したがって、クレジットカードを使っての入金はできません

他の取引所でもクレカは利用できない

SBI VCトレードに限らず、クレジットカードによる入金を認めている仮想通貨取引所はありません。クレジットカード会社各社が、仮想通貨の購入にクレジットカードを使うのを禁止する流れになっているため。

クレジットカードによる支払いは、利用日よりも後になります。もしクレジットカードを利用して仮想通貨を購入し、その仮想通貨が支払日までに大幅に値を下げてしまったら、カードの利用者は支払いができなくなるかもしれません。

そのような事態は、利用者にとってもカード会社にとってもよくありません。つまり利用者保護の点から、クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止しているのです。

コンビニ払いの収納代行でもクレカは利用できないので注意

コンビニでは収納代行サービスが行われており、ビットフライヤーのようにコンビニの収納代行を利用して入金できる仮想通貨取引所もありますが、やはりクレジットカードは使えません

コンビニ側は、収納代行を受けた際に手数料を得て利益としています。そして、クレジットカードでの決済の場合、店舗側はカード会社に手数料を支払わなければなりません。

クレジットカードを使って収納代行の費用を支払われると、コンビニ側の収益がなくなってしまうため、クレジットカードは利用できないのです。

SBI VCトレードでおすすめの入金方法

SBI VCトレードでは、『即時決済サービス』という入金方法を取り入れています。

  • SBI VCトレードが提携している、企業のwebサイトから入金できる
  • 振込手数料は無料
  • 24時間365日いつでも利用できる
  • 住信SBIネット銀行を利用して行うため、住信SBIネット銀行の口座が必要

SBI VCトレードへの入金方法は、即時決済サービスだけ。住信SBIネット銀行に口座がなければ利用できませんが、24時間365日対応しているのでおすすめです。

SBIバーチャル・カレンシーズではクレジットカードは利用できない

この記事のまとめ
  • SBI VCトレードでは、クレジットカードで仮想通貨を購入することはできない
  • SBI VCトレードでは、クレジットカードで入金することもできない
  • SBI VCトレードだけでなく、ほかの仮想通貨取引所もクレジットカードを利用することはできない
  • SBI VCトレードの入金は、住信SBIネット銀行を使った「即時入金サービス」がおすすめ

SBIバーチャルカレンシーズでは、ほかの仮想通貨取引所と同様、クレジットカードを使った入金はできません。

SBIバーチャルカレンシーズでのおすすめの入金方法は、即時決済サービス。

これからSBIバーチャルカレンシーズで取引しようと考えている方は、即時決済サービスを利用するために、住信SBIネット銀行に口座を開設しておきましょう。

取引所名 SBI VCトレード
会社名 SBI VCトレード株式会社
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ
資本金 19億8,000万円(資本準備金を含む)
仮想通貨交換業登録番号 第00005号
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(会員番号1005)
事業内容 仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供
設立 2016年11月1日

SBI VCトレード
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト