GMOコイン

GMOコインでイーサリアムクラシックは購入できる?買い方と取引所を解説

この記事を読んでほしい人
✔ イーサリアムクラシック(ETC)の取引を始めようと思っている方
✔ イーサリアムクラシック(ETC)という暗号資産(仮想通貨)について知りたいという方
✔ イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱っている暗号資産(仮想通貨)取引所を知りたいという方

暗号資産(仮想通貨)といえばビットコインが有名ですが、ビットコインに次いで有名とされる暗号資産がイーサリアム。

そのイーサリアム(ETH)を名前に冠した暗号資産イーサリアムクラシック(ETC)とは、どのような暗号資産なのでしょうか。

そこで今回は、イーサリアムクラシックの特徴や、GMOコインで購入できるのかについて、お伝えしていきます。

この記事の要約
  • イーサリアムクラシック(ETC)は、ハッキング事件をきっかけにイーサリアム(ETH)から分かれてできた暗号資産(仮想通貨)である
  • GMOコインでは、イーサリアムクラシック(ETC)を購入することができない
  • イーサリアムクラシック(ETC)を購入できる暗号資産(仮想通貨)取引所として「coincheck」「bitflyer」「DMMビットコイン」がある
  • イーサリアムクラシック(ETC)を購入するなら、セキュリティの高さや安心感が高い「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめ

イーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアムから派生した暗号資産(仮想通貨)。

つまりイーサリアムクラシックとイーサリアムは、もともと同じ暗号資産(仮想通貨)だったのです。

かつて、イーサリアムが脆弱性をつかれてハッキングを受けた事件がありました。

  • イーサリアムは事件後、被害を受けたブロックチェーンを被害を受ける前の状態に戻す、ハードフォークを行なうことを決めた
  • しかし「ハードフォークはイーサリアム(の主旨に反する」と考えたユーザーが、ハードフォークを受けずに、イーサリアムから袂を分かつことにした

その結果生まれたのが、イーサリアムクラシック。

旧イーサリアムに対して、イーサリアムクラシックは、新イーサリアムと言うべき位置づけというわけですね。

GMOコインでイーサリアムクラシック(ETC)の取扱いは?

GMOコインで現在、取り扱っている暗号資産(仮想通貨)は14種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オミセゴー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
    コスモス(ATOM)

残念ながら、2021年8月現在でGMOコインはイーサリアムクラシック(ETC)を取り扱っていません。

https://coin.z.com/jp/corp/product/info/spot/

▼GMOコインで取引できる暗号資産(仮想通貨)は?詳しくはこちら▼

GMOコイン
GMOコインの取り扱い通貨とは?各暗号資産の特徴と将来性【2021年】人気の暗号資産取引所GMOコインの取り扱い通貨は14種類です。 幅広い暗号資産を取り扱い、まだ手の届きやすい暗号資産を少額から購入...

イーサリアムクラシック(ETC)を購入するならこの取引所

GMOコインでは、意外にもイーサリアムクラッシック(ETC)を取り扱っていませんが、以下の国内取引所で取り扱っています。

  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Coincheck (コインチェック)
  • DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

上記3社の中でもbitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引高が国内第一位で有名な暗号資産取引所を運営しています。

13種類の暗号資産を取り扱っており、イーサリアムクラシックは販売所より取引可能です。

GMOコインと違い、アルトコインのレバレッジ取引はないものの、ビットコインFXとイーサリアムクラシックの購入に口座を持っておいて損はないでしょう。

リスク管理の観点から、暗号資産の取引は複数の口座(複数の取引所・業者)を利用するのがオススメです。イーサリアムクラシックに様に国内取引所の上場先が限られている場合もあるので、チャンスを増やす意味でも「複数口座の使い分け」は超重要です。

▼関連記事▼
ビットフライヤー(bitFlyer)の評判・メリットとデメリット【安全性徹底分析!】

まとめ

この記事のまとめ
  • イーサリアムクラシック(ETC)は、ハッキング事件をきっかけにイーサリアム(ETH)から分かれてできた暗号資産(仮想通貨)である
  • GMOコインでは、イーサリアムクラシック(ETC)を購入することができない
  • イーサリアムクラシック(ETC)を購入できる暗号資産(仮想通貨)取引所として「Coincheck」「bitFlyer」「DMMビットコイン」がある
  • イーサリアムクラシック(ETC)を購入するなら、セキュリティの高さや安心感が高い「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめ

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分かれた暗号資産(仮想通貨)で、まさに「新イーサリアム」とも呼べる暗号資産(仮想通貨)。

残念ながら、GMOコインではイーサリアムクラシック(ETC)を購入することができません。

購入するなら、セキュリティの高さや安心感など、利点の多い「bitFlyer(ビットフライヤー)」がおすすめです。

イーサリアムクラシック(ETC)の取引を始めようと思っている方は、ぜひbitFlyer(ビットフライヤー)に口座を開設して、取引を始めてみてはいかがでしょうか。

GMOコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事