DMMビットコイン

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の年齢制限は?未成年や高校生でも登録できる?

この記事を読んでほしい人
✔ 暗号資産(仮想通貨)取引を始めたい未成年者の方
✔ DMM Bitcoinに口座開設したい未成年者の方
✔ DMM Bitcoinで暗号資産(仮想通貨)取引をはじめたい方

暗号資産(仮想通貨)取引の人気の高まりを反映して、未成年者の方の中にも暗号資産(仮想通貨)取引に関心を持つ方が増えてきました。

日本国内の有力な暗号資産(仮想通貨)取引所の一つであるDMM Bitcoin(DMMビットコイン)で口座開設を考えている人は多いと多いますが、「年齢制限はあるの?」「未成年、高校生でも登録できるの?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DMMビットコインに年齢制限はあるのかという疑問とこれから暗号資産(仮想通貨)取引を始めようという方へDMMビットコインの特徴等をご紹介していきます。

この記事の要約
  • DMM Bitcoinは口座開設に年齢制限を設けている
  • DMM Bitcoinは未成年者は口座開設できない
  • DMM Bitcoinは2段階認証機能に生体認証を取り入れハッキング対策している

セキュリティと安全性が高いDMM Bitcoinに口座開設する

DMM Bitcoinには年齢制限はあるのか?

年齢制限DMM Bitcoinは、年齢制限を設けています。

口座開設の要件について、詳しくは『サービス基本約款』に記載されています。

基本約款の第5条(本口座の開設)の1-(1)によりますと、『満20歳以上満75歳未満の行為能力者であること。』とあります。
したがって、DMM Bitcoinが口座開設の年齢制限を行なっていることがよくわかります。

https://bitcoin.dmm.com/policy/regulation/rules.pdf

DMM Bitcoinでは口座開設に際して、年齢制限を設けています。
具体的には、20歳から75歳未満に限られています。

すなわち、未成年者の方は、DMM Bitcoinでは口座開設ができないということになるわけです。

▼その他の国内取引所の年齢制限について知りたい方は下記をご覧ください▼

暗号資産(仮想通貨)取引所は年齢制限あり!何歳から使える?未成年でも利用できる? 20代と30代に人気の暗号資産(仮想通貨)。若い方は非常に暗号資産(仮想通貨)に興味をもっているので、10代のうちから投資したい...

未成年でもアカウントは作成できる!方法は?

未成年者が口座開設する方法

DMM Bitcoinは、未成年者に口座開設を認めていません。

国内で未成年者にも口座開設を認めている取引所は当メディアで確認する限り、現時点ではBTCBOXのみです。

未成年者が口座開設する場合の流れ

未成年の方が口座開設を行うには、通常の手順とは少し異なる部分があるた

①アカウントの作成

まず最初に行われるのがアカウントの作成です。
口座開設するためのまさしく第一歩ですね。

②個人情報の入力

住所氏名年齢などの個人情報を順に入力してきます。

③本人確認書類の提出

運転免許証などの本人確認書類を提出します。
多くの場合は、アップロードで行われます。
必要な本人確認書類の種類は、取引所ごとに違いますので確認してください。

▼DMM Bitcoinで必要な本人確認書類とは?詳しくはコチラ▼

dmmbitcoinトップ
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の本人確認方法と注意点【画像付き】 DMM bitcoinは、インターネットでさまざまな事業を展開しているDMMを母体とする暗号資産(仮想通貨)取引所です。 ...

④親権者関係の書類の提出

親権者の同意書や続柄証明書などの書類を提出します。

⑤郵便物の受け取り

暗号資産(仮想通貨)取引所から簡易書留などで送られてくる書類を受け取れば、これで本人確認が終了となります。

未成年が投資を始めるのに必要なもの

未成年者が登録できる取引所では、本人確認の書類に加えて、下記のような書類の提出を必要としています。

親権者の同意書

口座開設を希望する未成年者の保護者が、口座開設に同意した旨を記載した同意書が必要です。

同意書のひな形は、PDFファイル形式でホームページに載せているところもありますが、そうでない取引所もあります。
もし、ホームページに載せていなければ、載せている取引所の書式を参考に作成するといいでしょう。

親権者との続柄を証明する書類

口座開設を希望する未成年者と、その親権者との続柄を証明する書類も必要です。
具体的には住民票や戸籍抄本です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口コミ

Twitterの口コミDMM Bitcoinの口座開設にあたっての年齢制限に関して、皆さんはどのように感じているのでしょうか。Twitter上のつぶやきからいくつかを紹介します。

kazukiさんは、未成年だけではなく、高齢者の口座開設にも制限があることに興味があるようですね。

サチ2019さんは、DMM Bitcoinが未成年の口座開設を認めてくれないため、希望するアルトコインでのFXができないことを嘆いています。

枯渇華[かこつばな]さんは、DMM Bitcoinが未成年者に口座開設の制限を加えていることを嘆いています。

▼DMM Bitcoinのさらに詳しい評判・口コミが知りたい方は以下もどうぞ▼

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・口コミ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴

dmmbitcoinトップ
数多ある暗号資産(仮想通貨)取引所のひとつであるDMM Bitcoinには、どのような特徴があるのでしょうか。特徴的な点を3つほど紹介します。

特徴1:生体認証

コールドウォレットにアクセスするための2段階認証機能に生体認証を取り入れています。

数字やアルファベットだけに頼るよりも、高いセキュリティが実現できます。

ハッキング対策がしっかりしている点が素晴らしいですね。

▼DMMビットコインのセキュリティ対策詳細はこちら▼

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のセキュリティ対策【2020年最新】 これから暗号資産(仮想通貨)の取引を始めようという方にとって、取引所のセキュリティはとても気になるところ。大事な資産が盗まれたり...

特徴2:出金・送金時のお知らせ

出金や送金に2段階認証機能を組み込み、セキュリティを高めていますが、さらに出金・送金手続きが行われたことをユーザーにメールで知らせる機能も組み込まれています。

セキュリティをかいくぐっての不正アクセスがあっても、ユーザーに手続きが行われたことを報告することで、不正出金や不正送金を防いでいます

特徴3:現物取引手数料が無料

DMM Bitcoinで取り扱っている現物取引ができる暗号資産(仮想通貨)はビットコイン(BTC)、リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)の3種類で、なんと手数料が無料です。(※BitMatch取引手数料を除く)

手数料は、暗号資産(仮想通貨)に限らず投資をする上でのハンデとも言える存在でして、手数料をどれだけ安くできるかは、大変重要です。

その点で、DMM Bitcoinは現物取引手数料が無料ですから、優れた利点を持っているといえます。

▼暗号資産(仮想通貨)の手数料が安いおすすめ取引所ランキング!!▼

仮想通貨の取引所
暗号資産(仮想通貨)の手数料が安いおすすめ取引所ランキング【17社から3社に厳選】 「暗号資産(仮想通貨)ごとで取引所って使い分けたほうがいいの?」「アルトコインを買うにはどこの取引所で買えばいいの?」など、初め...

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の年齢制限まとめ

この記事のまとめ
  • DMM Bitcoinは口座開設に年齢制限を設けている
  • DMM Bitcoinは未成年者は口座開設できない
  • DMM Bitcoinは2段階認証機能に生体認証を取り入れハッキング対策している

セキュリティと安全性が高いDMM Bitcoinに口座開設する

DMM Bitcoinは、さまざまな特徴を持つ暗号資産(仮想通貨)取引所なのですが、未成年者の口座開設ができないというデメリットがあります。

DMMビットコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事