レバレッジ取引入門

【無料でOK】ビットコインFXで使える!オススメなインジケーター3選

bitcoinfx-indicator-title
この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。

ビットコインFXを始めた!とは言え、勉強しても上手く売買判断ができない人も多いはず。

チャートを眺めても、なぜ上がるのか?どんな状況か?最初は難しいと思います。
インジケーターを使い、難しいチャートを分かりやすく見てみましょう。

今回は、「ビットコインFXで使えるオススメなインジケーター3つ」がテーマです。

ビットコインFXに向いているインジケーターとは?

ビットコインFXに向いているインジケーターとは「知っている人・使っている人が多いインジケーター」がオススメと言えるでしょう。

なぜなら、ビットコインFXは市場が新しく、市場規模が小さいこともあり、分かりやすい判断基準ほど相場で意識されやすいからです。

例えば、為替や株式ならプロから一般まで多くの市場参加者がいます。

しかし、ビットコインに関しては一攫千金が狙える、新しい市場と言う事もあり初めてのトレードがビットコインFXといった方も多いです。

また、為替・株式に対して独自の分析技術といった手法も少ないと考えられます。
モノの価格は大衆心理で変わりますから、多くの人が使っている定番インジケーターほど有効になりやすいです。

ビットコインFXで使える。定番インジケーター3選

ビットコインFXで使えるインジケーターは定番であるほど良いと解説しました。
ここでは、初心者にも扱いやすいインジケーターを3つご紹介します。

いずれも、多くの仮想通貨取引所で無料にて使えます。

有料版のインジケーターは必須ではなく、一般的なインジケーターでもビットコインFXなら十分に役立つでしょう。

実践的な使い方や、基本的な見方も過去に記事で分かりやすくまとめました。
各インジケーターの解説記事もぜひ、参考にしてください。

相場の流れを単純化「単純移動平均線(SMA)」

bitcoinfx-indicator-1ビットコインFXを始めてすぐ、相場の流れをシンプルに理解するなら「単純移動平均線(SMA)」が役立つでしょう。

移動平均線とは、過去の価格から平均値を算出し、一本の線で結んだテクニカルツールです。

数あるインジケーターの中でも単純移動平均線は最も定番と言って良いでしょう。
見た目のシンプルさから理解しやすいのも特徴です。

また、「グランビルの法則」の単純移動平均線を使った法則も誕生しています。
力強い上昇トレンドが続くとビットコインFXで単純移動平均線はより活躍するでしょう。

【一目で見抜く】ビットコインで使える「グランビルの法則」とは?

移動平均線を複数表示するのも人気

bitcoinfx-indicator-2単純移動平均線を3本表示して、インジケーターを活用するのも人気です。

単純移動平均線が作られてから、かなり相場も成熟してきました。

平日なら24時間インターネットを使い為替の取引が出来ますし、ビットコインFXに関しては1年を通して休場がありません。

ですから、短期・中期・長期と期間を変えて複数の単純移動平均線を使うのが人気です。

複数の移動平均線があると、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」といったシグナルも見る事ができます。

【超実践的】ビットコインFXで使える「移動平均線」とは?初心者ガイド

どのぐらい動く?「ボリンジャーバンド」

ビットコインFXをしていると、一瞬で大きく価格が上がり、目を離したすきに大幅下落など「どこまで上がる?」、「どこまで下がる?」と不安になるでしょう。

チャートから今後の展開が予想できるのがベストですが、初心者には残念ながら難しいです。

とは言え、トレンド系インジケーター「ボリンジャーバンド」でどのぐらい動くのか?目安は導き出せます。

bitcoinfx-indicator-3ボリンジャーバンドとは、単純移動平均線をベースに標準偏差を組み込み、統計的に価格変動幅を予想するインジケーターです。

少し難しい数学的な話に聞こえたと思います。
とは言え、細かい計算式を覚えるのは必須ではありません。

重要なのは、ビットコインFXだと日足で20期間のボリンジャーバンドがキレイに当てはまる事実。

画像は、ビットコインFXの日足チャートですが、水色のバンド内にほとんど価格がおさまっているのが分かります。

ボリンジャーバンドを使った基本のシグナル3つだけでも有効です

スクイーズ→レンジ相場を予想
エクスパンション→トレンドの発生を予想
バンドウォーク→トレンドの継続を予想 など

ざっくりですが、一目で相場の大まかな流れも把握できます。
オススメは、単純移動平均線を覚えてから、ボリンジャーバンドを勉強する事。

単純移動平均線もボリンジャーバンドの仕組みの1つですから、基礎を覚えると簡単です。

「どこまで上がるの?どこまで下がるの?」といった不安から、意図しない損切りや早過ぎる利確の対策に役立つでしょう。

【基礎】ボリンジャーバンドの使い方。ビットコインFXの期間設定など解説!

割安?割高?を予想「Relative Strength Index(RSI)」

2009年に誕生したビットコイン、2010年には1万BTCと2枚のピザを交換するのが初めての取引とされています。

超長期的に見れば、ビットコインの価格は上がり続けており、ビットコインFXに関しても同じです。

そこで問題なのは、おおむね右肩上がりのビットコイン価格が「今、割安なのか?割高なのか?」になります。

bitcoinfx-indicator-4割高、割安を分かりやすく判断したいならオシレーター系インジケーター「Relative Strength Index(RSI)」が役立つでしょう。

RSIは、期間内の値上がり幅と値下がり幅から、相対的に見た割安・割高を表示するインジケーターです。

少し難しい話に聞こえますが、要するに過去の価格から割安・割高を分析しています。

例えば、これまで10万円以上の値上げ→3万円の値下げを繰り返したきたのに、今回は10万円の値上げ、1万円の値下げしか起こっていないなら「これまでの上下幅から比べて割高」です。

実際にはRSIは%表記のグラフで表示されます。

RSIの見方を覚えれば、割高で買い損失を出すといった失敗を減らせるでしょう。

特に、ビットコインFXではバブル相場で「高値掴み(たかでづかみ)」をしてしまい、無駄に損失を抱える初心者が多いです。

まずは、RSIを基準に無駄なトレードを減らす意識から始めるのが良いでしょう。

【ビットコインFXのコツ】インジケーターを過信しない

ビットコインFXだけでなく、トレードできる全ての投機・投資商品で間違いなく言えるのは「インジケーターを過信しない」こと。

インジケーターは、結局はリアルタイムなチャートを計算式に当てはめて、別の形で表示しているだけです。

ようするに、完璧なインジケーターは存在しません。

チャートの見方を覚え、チャートパターンなどを活用しトレードの精度を上げるのが重要になります。

例えば、インジケーターは買いシグナル、チャートパターンで上昇転換のサイン、価格が上がり始めた→買い注文。

複数の根拠があると、ビットコインFXの取引はより勝ちやすくなるでしょう。
最初はインジケーターを参考に、慣れてきたら1つの判断材料に活用するのがビットコインFXのコツです。

ビットコインFXとインジケーター まとめ

今回は「【無料でOK】ビットコインFXで使える!オススメなインジケーター3選」のテーマでした。

ビットコインFXで使えるインジケーターの中でも、分かりやすい種類をピックアップしました。

基礎的な見方や、有名なシグナル・法則についても個別に解説記事を用意しています。

ビットコインFXは、為替FX以上に既存のインジケーターが有効なケースが多いです。

基礎を覚えるだけでも、日足チャートでは特に活躍が期待できます。1日1つで良いのでマイペースにインジケーターの使い方を覚えてみてはいかがでしょうか?

 

レバレッジ取引入門
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事