仮想通貨のリスク

ビットコインの審査は厳しい?審査時間が最短の取引所と審査対策!

2018年4月ビットコイン高騰
この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインの審査が気になる方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

ビットコインって審査があるの?
ビットコインって審査が厳しいの?

初めてビットコインを買おう、ビットコイン取引所に登録しようとしたときに、「ビットコインの審査の厳しさ」「審査の長さ」が気になると思います。

この記事では、ビットコインの審査が厳しいかどうか、審査の項目、審査が厳しい取引所を紹介していきます。ビットコイン取引所の審査を早くかつ確実に通過するために参考にしてみてください。

この記事の要約
  • ビットコインを買うためには取引所への登録が必要
  • 取引所への登録には「審査」がある
  • 取引所の審査はほとんどの人が通過する。厳しくない
  • 審査が厳しくなく最短で登録できるのは「bitbank(ビットバンク)」

今すぐビットコインを買いたいという方は、こちらから「bitbank(ビットバンク)」へ登録しましょう。

そもそも「ビットコインの審査」はどの段階にあるの?

まずは、ビットコインを購入するまでの流れを理解して、どこで審査があるのかを把握しましょう。

ビットコインを購入するまでの流れは次のようになります。

  1. ビットコイン取引所に登録【3分】
    (おすすめ:bitbank
  2. 個人情報・本人確認書類を提出【3分】
  3. 審査【1日~10日】
  4. 住所確認用の郵便物を受け取り後、ビットコイン取引ができるようになる(口座開設)【10分~半日】
  5. ビットコインを購入【5分】

ビットコイン購入までの中で、審査は1度きりです。1度審査を通ってしまえば、あとは何度でもビットコインを購入・販売を行うことができます。

ビットコイン取引ができるようになるまで「1週間」

登録から、審査、住所確認用郵便物の受け取りを経て、ビットコインを実際に購入できるようになるまでおよそ「1週間」かかるものだと思ってください。

ビットコイン取引所によって、ビットコイン取引ができるようになる時間にも差があります。一番最短で審査を通ってビットコインを買うなら「bitbank(ビットバンク)」がおすすめです。

ビットコイン取引所の審査って厳しいの?

株の信用取引やキャッシングを行った方は、ビットコイン(仮想通貨)取引所の審査も厳しいのではないかと思う方がいます。

結論から言うと、ビットコイン(仮想通貨)取引所の審査はかなり甘いです。主婦や学生、フリーターや無職・ニートでも審査が通ります。

審査項目

サービスの登録自体は誰でもできます。しかし、登録後実際にビットコインの取引をする前に、本人確認やビットコイン(仮想通貨)取引所側での審査を行っています。

ビットコイン(仮想通貨)取引所で口座開設をする際に入力する次の項目が、審査項目になります。

  • メールアドレス
  • お名前
  • 生年月日
  • ご住所
  • 性別
  • 電話番号
  • ご本人確認書類(運転免許/パスポートなどの画像)
  • 外国の重要な公人の有無
  • 職業
  • 取引の目的

審査にかかる時間

取引所の登録を終えても、なかなか審査が完了しないことがあります。審査に落ちたと勘違いする方がいますが、審査に時間がかかっているだけかもしれません。

だいたいの取引所の審査時間は、早くて半日、遅くて2~3日かかります。

筆者自身が15以上の取引所で口座開設を実際に行い調査した結果、審査→口座開設までの時間が一番早かったのは、bitFlyer(※)でした。

※ただし、bitFlyerは現在新規登録停止中のため、現在一番最短で審査を通ってビットコインを買うなら「bitbank(ビットバンク)」がおすすめです。

実際にかかった審査期間
  • bitFlyer : 2日
    ※2018年6月23日現在新規登録停止中
  • Bitbank :3日
  • GMOコイン :5日

審査対策!登録で気をつけるべきポイント

ビットコインの取引所は、クレジットカードや銀行口座の開設などに比べて、審査はかなり甘いです。甘い審査ですが、気を付けたいポイントが3つあります。

ポイント1「虚偽の申告をしない」

ビットコイン審査落ち

虚偽の申告は避けましょう。もし、あなたが学生であれば正直に学生と登録してください。

ポイント2「その他で変なことを書かない」

取引の目的

職業や取引の目的の項目で、その他という項目が選択できます。よほどのことがない限りは使わないと思います。「その他の欄」に特殊なことを書き込んでしまうと取引所から怪しまれて審査に落とされてしまいます。

ポイント3「外国の重要な公人ではない」にチェック

外国の重要な公人

意外と見落としがちな「外国の重要な公人ではない」の項目。投資サービスの口座開設では、必ず「外国の重要な公人ではない」というチェック欄があります。

基本的には該当しないと思うので 「私は重要な公人ではありません」にチェックを入れることを忘れないでください。

※「外国の重要な公人ではない」の項目は、マネーロンダリング対策で外国の重要人物が取引をする場合はハイリスクな取引として扱われるます。ちゃんと読まずにチェックを忘れると審査に落ちてしまう原因になります。注意してください。

「審査に落ちた」と報告のあるビットコイン取引所

現在Twitterや口コミで確認されている中で、DMM ビットコイン」の審査に落ちたという報告が一部上がっています。

こちらもチェック  ビットコインは一般的に怖いと思われている理由と背景

解説ページ:DMMビットコインは審査に落ちる?噂を調査

DMMビットコイン以外の仮想通貨取引所で審査落ちになっている口コミや評判は見つけることができませんでした。

審査に落ちたら他の取引所で開設しよう

この記事のまとめ
  • ビットコインを買うためには取引所への登録が必要
  • 取引所への登録には「審査」がある
  • 取引所の審査はほとんどの人が通過する。厳しくない
  • 審査が厳しくなく最短で登録できるのは「bitbank(ビットバンク)

もし審査に落ちてしまっても諦めることは必要ありません。

審査に時間がかかりすぎていて落ちているか不安な人、確実に取引を開始したい方は、他の取引所も、同時に口座開設を進めておくことがオススメです!

今すぐビットコインを買いたいという方は、審査期間が最短で、審査の厳しくない、「bitbank(ビットバンク)へ登録しましょう。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨のリスク