仮想通貨の今後

ネム(NEM/XEM)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

この記事を読んでほしい人
✔ ネムの将来性が気になる方
✔ ネムの特徴や強みを詳しく知りたい方
✔ ネムで儲けようとしている方

ネムはビットコインと違う仕組みを持ったユニークな通貨。ですが、コインチェックの流出事件といったこともあり、ネムはなかなか評価されずに価格面ではイマイチです。

ここでは、ネムの特徴や強みを踏まえたうえで、今後の展望について解説していきます。

ネムの魅力を知らない人、ネムの今後が気になる人には有益な記事です!

この記事の要約
  • 日本にはネムを扱っている取引所はまだ少ない
  • ネムは拡張性が高いので実用性が高いアップデートが期待される
  • ネムを扱う取引所が増えてくれば価格は上昇していく

ネム(NEM/XEM)とは

通貨名 ネム(NEM)
通貨略号 XEM
公開日 2015年
開発者名 Utopianfuture
公式サイト https://nem.io/
発行上限 約90億
通貨の目的 企業やユーザーにとって使いやすいブロックチェーン技術の提供
国内取引所 Zaif(ザイフ)
Coincheck(コインチェック)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
海外取引所 Bittrex(ビットレックス)
POLONIEX(ポロニエックス)
HItBTC(ヒットBTC)
YoBit(ヨービット)
Cryptopia(クリプトピア)
Binance(バイナンス)
etc

ネムが誕生したのは2015年。「New Economy Movement」の頭文字から名前がつけられました。

直訳すると「新しい経済運動」。「国や政府といった既存の経済の枠組みに縛られずに、新しい経済の仕組みを目指そう」という理念のもとに開発された仮想通貨です。

ちなみにネムは「NEM」と表記しますが、通貨の単位は「XEM」が使われています。

取引の処理が速く、公開されてから投資家に90億万枚のネムを分配している通貨です。

また、ビットコインのマイニングで報酬を得るのではなく、PoI(Proof-of-Importance)という仕組みで報酬を分配していきます。後の項目で詳しく解説していきますが、ネムは他の通貨にはない特徴を持った通貨です。

ネム(XEM)の特徴

ネムの特徴や強みについて解説していきます。他の通貨と違う点があるので、しっかり把握しておきましょう。

  • ネムの特徴1 ハーベスティング
  • ネムの特徴2 承認スピードの速さ
  • ネムの特徴3 アポスティーユ

特徴1:マイニング不要!ハーベスティングによる承認作業

ネムはすでに全通貨発行完了しているので、ビットコインのようにマイニングする必要はありません。

そのかわりに、ハーベスト(ハーベスティング)と呼ばれる承認作業によって報酬を得ることができる通貨です。

具体的には、ナノウォレットにネムを保管すると、ハーベストによる報酬を受け取る権利が発生します。あとは、取引回数が多い人ほどスコアを獲得でき、最も多くのスコアを得た人に多くの報酬が支払われる仕組みになっています。

ハーベストの利点は、使用頻度が多い人ほど報酬がもらえること。

マイニングは、高性能コンピューターといった莫大な設備をそろえる巨額な資金を持っている人が有利でした。ハーベストは、このような不公平をなくし、平等に報酬を得らえる権利を作っています。

特徴2:ビットコインの10倍の承認スピード

仮想通貨の送金速度は、ブロック生成時間に比例して早くなります。

ビットコインであれば約10分がブロック生成時間。取引する際には約10分かかるという意味です。

ネムのブロック生成時間はどれぐらいだと思います?

約1分です!ビットコインよりも早いといわれているライトコインでも約2.5分です。

ネムはビットコインの10倍の承認スピードを兼ね備えています。決済面では他の仮想通貨よりも抜きんでた性能を持っているといえますね。

特徴3:公文書の証明にも活用可(アポスティーユ)

アポスティーユは公証機能です。日本の官公署や自治体が発行した公文書にたいして、外務から証明してもらうことをアポスティーユといいます。

国内では遺言書のような、役場での証明が必要なものネムのアポスティーユ機能で証明が可能となっています。

使用方法は、ナノウォレット上で行えます。ブロックチェーンは、改ざんが難しいので、このような重要な証明に対しての利用はピッタリです。

▼ネムの特徴をもっと詳しく知っておこう!こちらもチェック▼

あわせて読みたい
Nemロゴ
ネム(NEM/XEM)とは?特徴とビットコインとの違い・プルーフ・オブ・インポータンスの仕組み 「ネムは投資対象として価値があるかなぁ?」 「そもそも仮想通貨ネムってどんな性質があるの?」 「ネムって盗られたんじゃないの...

ネム(XEM)の将来性を期待させるポイント

ちょっと他の通貨とは違う雰囲気のネム。今後は価格上昇が期待できるのでしょうか。気になる点をいくつか挙げていきます。

  • ポイント1 コインチェック事件
  • ポイント2 ネムを扱う取引所が増えていく
  • ポイント3 拡張性が高い

ポイント1:コインチェック事件以降の価格回復

2018年の1月、日本の大手仮想通貨取引所のコインチェックがネムの流出事件を起こしました。被害総額は約580億円。

これにより、大きくネムが売られました。

当然といえば当然ですね。ネムに懸念があって大きく売られましたが、実際にはネムのセキュリティに問題があったわけではありません。

コインチェックのずさんなセキュリティが原因で起きた事件です。2018年の11月にはコインチェックが営業再開を果たし、少しづつ事件は収縮していっている状況です。

そうなると、大きく売られたネムが回復していく可能性は十分にあります。

ポイント2:取り扱い取引所が増えていく

まだまだ日本にはネムを扱っている取引所は少ないです。ザイフも扱っていますが、ハッキング事件が起きて新規で口座開設を自粛している状況です。

フィスコがザイフの事業を継承したので、今後はこちらでネムを取引できるようになります。

ネムを扱う取引所が増えてくればくるほど、いずれは価格も上昇していくと思われます。

ポイント3:拡張性が高く実用的なアップデートが期待される

ネムは拡張性が高く、今後様々な機能を実装していくと思われます。

2018年に2度、行われるといわれている「カタパルト」。実装が完了すると、1秒間に3000件から4000件の取引を処理できるようになります。

どれぐらい凄いのかというと、クレジットカードの処理と同等の処理速度です!

ネムは拡張性が高いので、今後もこのような実用性が高いアップデートを行っていくと考えらえます。

ネム(XEM)の今後・将来の価格予想

ネムの2018年12月時点では約10円仮想通貨市場の低迷と相まって大きく値を落としています。

ここからどこまで上昇するのでしょうか。

ネムの価格予想:110円

ネムの情報を発信している「NEM Flash」では、2018年に110円になると予想していました。

2018年の12月で約10円なので、2018年中には無理でしょう。2019年に向けてなら可能性は十分にあるといえます。

今後、アップデートや大手企業との提携などがあれば10倍近くの上昇は期待できますね。

ネム(XEM)購入におすすめの取引所

おすすめ1位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

取引所名 Coincheck(コインチェック)
公式HP https://coincheck.com/ja/
交換所タイプ 販売所・取引所
取引手数料 無料
スプレッド 0.08%~
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム (ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(NEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
レバレッジ取引 5倍
入金手数料 コンビニ入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

クイック入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

出金手数料 日本円出金 400円

みなし業者から正式に交換業登録が完了すると見られている、再注目の取引所コインチェック。ネムの流出問題までは圧倒的に日本国内で利用者が多かった取引所です。

初心者にも使いやすいインターフェースが人気で、多くのユーザーが投資をしていました。

おすすめ2位:Zaif(ザイフ)

ザイフ(Zaif)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 設定した取引値で売買できる(取引が成立すれば)
  2. ビットコインを購入するとキャッシュバックがある
  3. 低リスクな積立ができる

取引所名 Zaif(ザイフ)
公式HP https://zaif.jp/?lang=ja
交換所タイプ 販売所・取引所
取引手数料 無料
スプレッド 0.01~0.15%
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
ネム(NEM)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
レバレッジ取引 7.77倍
入金手数料 コンビニ入金
3万円未満:486円
3万円以上:594円

ペイジー入金
3万円未満:486円
3万円以上:594円

出金手数料 銀行振込
50万円未満:350円 50万円以上:756円

FISCO仮想通貨取引所に事業譲渡をした仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)。

これまでのクリエイティブなサービスの数々に加えて、今後フィスコ仮想通貨取引所がもたらすセキュリティの向上で期待の大きい取引所です。

まとめ

この記事のまとめ
  • 日本にはネムを扱っている取引所はまだ少ない
  • ネムは拡張性が高いので実用性が高いアップデートが期待される
  • ネムを扱う取引所が増えてくれば価格は上昇していく

ネムはハーベストを採用している他の通貨にはない特徴を持っています。現状では、日本で取り扱っている取引所が少ないことから、価格は上昇しにくいかと思われます。

ですが、優れた性能を持っている通貨なので、少しづつ世間に認知されていき、ネムを扱う取引所が増えてくれば、価格は上昇していくと思われます。

ネムの今後に期待しましょう!

仮想通貨の今後
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト