仮想通貨の今後

仮想通貨のクジラとは?これからの投資に一歩差がつく知識を伝授

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資で大きく儲けたいという方
✔ 仮想通貨のクジラについて知りたいという方
✔ 仮想通貨市場の今後が気になるという方

「仮想通貨のクジラってなに?」「クジラの動きは意味があるの?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。

そこで今回は、仮想通貨のクジラについて解説するとともに、クジラの動きを投資に活かせる方法をお伝えしていきます。

クジラの意味が分からない方、クジラをどのように利用したらいいのかわからない方は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事の要約

  • 仮想通貨のクジラとは、市場を動かすほど大規模なマネーを動かす投資家のこと
  • 仮想通貨のクジラが結託すれば、自由に市場を動かしてしまえるともいわれている
  • 2018年の仮想通貨の下落は、クジラが原因ではないとされている
  • 2018年12月にクジラがビットコインの大規模な送金をしており、上昇相場への転換があるのではないかと予想されている

仮想通貨のクジラとは?

仮想通貨のクジラって?

「仮想通貨のクジラが市場に参入!」「クジラの動きに注意!」といったニュースを見かけたことはないでしょうか。クジラとはいったいどんな意味なのでしょうか?

ここでは仮想通貨のクジラについて、詳しく解説していきます。

仮想通貨のクジラの意味

「クジラ」とは経済用語のスラングとして使われている言葉で、市場を動かす規模のマネーを動かす大口投資家のことを指します。

  • 市場を動かすような大口の投資家=巨大な怪物
  • 巨大な怪物=クジラ

という連想から、大口投資家をクジラに例えているわけですね。株式市場、そして仮想通貨市場でも、大口の投資家をクジラと呼んでいるのです。

クジラが与える影響

クジラは市場を動かす力を持っており、クジラ同士が結託すると自由に価格を操作することができてしまいます。

  • 大量の仮想通貨を売って、価格を急落させる
  • 価格が下がったところで、ふたたび大量の仮想通貨を購入する
  • 価格が上昇するので、また大量の仮想通貨を売って、価格を急落させる

実際にやっているかどうかはともかく、クジラ同士が手を組めばこのような価格操作も不可能というわけではありません。

代表的な仮想通貨のクジラ

仮想通貨におけるクジラ

中国のリ・シャオライ氏が有名で、2018年のニュースにもなりました。

仮想通貨コミュニティに強い影響力を持っており、保有しているビットコインは10万BTCとも。

また、金融界のクジラともいわれているジョージ・ソロス氏や、ロスチャイルド、ロックフェラーといった有名財閥も仮想通貨市場に参入すると報道されています。

クジラは結託する

ビットコインでは約1000人のクジラが、全ビットコインの約40%を保有しているといわれており、多くはビットコイン初期から保有している人たちのようです。

ビットコインを初期のころから保有している人たちは、昔から連絡を取り合って情報を共有しており、知り合い同士である可能性も高いかもしれません。

そのため「クジラは結託して価格操作する」という懸念が、仮想通貨市場にあるのです。

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 最高水準のセキュリティ対策
  2. ビットコインの送金手数料が無料
  3. ビットコインの現物取引手数料も無料

仮想通貨のクジラの最新情報

クジラの最新情報

実際のところ、クジラは現在どのような動きを見せているのでしょうか。クジラに関する最新情報をお届けします!

情報1:イーサリアムの保有を増やす

イーサリアムは2018年12月時点においても、価格は下落傾向。

しかしイーサリアムのクジラたちは、イーサリアムの保有額を全体の流通量の5分の1まで増やしていると、Diar(調査会社)のレポートで報告されています。

情報2:クジラは価格下落の要因ではない

ビットコイン調査会社「Chainalysis」によれば、クジラは下落時に積極的に購入に走るため、頻繁に売買を行うトレードよりも影響は少ないとのこと。

2018年は仮想通貨市場は下落一辺倒で、クジラが原因であるともいわれていましたが、むしろ仮想通貨市場を安定化させているのかもしれません。

情報3:リ・シャオライ氏が仮想通貨投資を辞める

2018年9月にリ・シャオライ氏は、自身のツイッターで「今後ブロックチェーン関連のプロジェクトに投資することはない」と発表。

中国の規制強化が原因ともいわれていますが、はっきりとした理由はわかりません。

仮想通貨業界への投資を打ち切ると発表したリ・シャオライ氏ですが、現在保有している10万BTCものビットコインの動向が気になるところです。

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

今後のクジラの動向予想とその活用法

クジラを利用しよう

クジラは仮想通貨市場を動かす力を持っていますから、逆にクジラの動向を利用すれば大きく利益を出すチャンスも生まれてきます。

クジラの動向をどう活用すればよいのか、お伝えしていきましょう。

動向予想:トレンド転換の兆し

最近の仮想通貨市場は弱気市場が続いており、今後も下がり続けていくという見方が大半でしたが、2018年12月にトレンド転換の兆しがみえてきました。

「@whale_alert」の報告

「@whale_alert」は、仮想通貨の大規模な資金移動を把握するツイッターアカウント。

こちらのアカウントで、66,452BTC(約200億円以上)ものビットコインが特定のアカウントに送金されたと報告されました。

どこの誰に送金されたかは不明ですが、クジラが保有するビットコインを増やしている傾向にあるということです。

「Flipside Crypto」の報告

米国の仮想通貨リサーチ会社「Flipside Crypto(フリップサイド・クリプト)」も、ビットコインウォレットに大きな資金移動があると報告。

2018年12月から急激に出始めた動きであり、下落相場が続いている仮想通貨市場が上昇相場に転換していく兆しなのではと予想されています。

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

仮想通貨のクジラに着目

この記事のまとめ

  • 仮想通貨のクジラとは、市場を動かすほど大規模なマネーを動かす投資家のこと
  • 仮想通貨のクジラが結託すれば、自由に市場を動かしてしまえるともいわれている
  • 2018年の仮想通貨の下落は、クジラが原因ではないとされている
  • 2018年12月にクジラがビットコインの大規模な送金をしており、上昇相場への転換があるのではないかと予想されている

さて、仮想通貨のクジラについて解説し、またクジラを投資に利用する方法についてお伝えしてきました。

仮想通貨のクジラは市場を動かす力を持っており、大きな資金の移動があれば、何かしら今後の展開に動きがあるとみてよさそうです。

常にニュースをチェックし、クジラの動きに利用すれば、大きな利益をあげられる可能性もあるかもしれませんね。

初心者におすすめの取引所はbitbank

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うので、取引所によって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitbank」はネットでも有名な有識者、与沢翼さん、イケダハヤトさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、手数料ゼロキャンペーン実施中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitbank以外の取引所に登録してしまった人は、bitbankで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitbankを見てみる

仮想通貨の今後