仮想通貨比較

ビットコイン(BTC/Bitcoin)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインに興味のある方
✔ ビットコインを持っている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

今では有名になったビットコインですが、まだ怪しいと思っている人は多いのではないでしょうか?

ここでは、ビットコインの概要や基礎知識、今後の展望について詳しく解説しています。

ビットコインに興味のある人や、すでにビットコインを持っている人に、ぜひ参考にしていただきたい内容となっています!

この記事の要約
  • ビットコインはセキュリティ面で安心できる通貨
  • ビットコインは基軸通貨としても機能している
  • ビットコインは送金に時間がかかるスケーラビリティ問題がある
  • ビットコインを購入するなら「bitFlyer」がおすすめ

ビットコインとは

ビットコインとは、インターネット上で使用できる仮想通貨です。

軽くビットコインの歴史を振り返りましょう。

2008年にナカモトサトシと呼ばれる人がブログでビットコインの構想を発表したのが発端です。
その後、複数の人が開発にかかわり運用を開始したとされています。

ナカモトサトシは日本人の名前のようですが、実際にはよくわかっていません。

誰が何の目的なのかも定かではないのです。中央集権ではない金融取引の実験的なものだとも考えられています。

そんなビットコインも、今では誰もが知っているほど有名な仮想通貨となっており、一部の店舗などでは普通に買いものができるようになっています。

 

ビットコインの特徴

ビットコインの主な特徴は、

  • 個人間で送金できる
  • 改ざんができない
  • 管理者が存在しない
  • 発行枚数が決まっている

といったところです。順を追って説明します。

 特徴1:個人間で送金できる

現在の送金は、銀行を介さなければ送金できない仕組みになっています。

AさんからBさんに送金する場合、Aさんが銀行に預けて、Bさんの口座がある銀行に送金手続きを行います。そして、Bさんが銀行から引き出すことでBさんの手元にお金が移動します。

それに対して、ビットコインは、AさんとBさんがスマートフォンを持っているだけで送金できます。Aさんのビットコインが入っているスマートフォンで送金手続きをするだけで、すぐにBさんの手元にビットコインが反映されます。

以上のように、ビットコインは、銀行のような第三者を介さずに送金できます。

第三者を介さないために、国際間の手数料も安く送金できるので非常に便利です。

 特徴2:改ざんができない

ビットコインはデータなので、改ざんされてしまうのではないか?という心配があります。

しかし、ビットコインはブロックチェーン(次の項目で解説)という技術を採用しているため、ほぼ改ざんは不可能になっています。

強固なセキュリティなので、安心して使用できます。

 特徴3:管理者が存在しない

法定通貨(円やドル)では銀行という管理者が存在します。この仕組みを中央集権と呼び、管理者が発行上限や金利などをコントロールできる権限を持っています。

取引記録などは、一台のコンピューターにすべて管理している仕組みです。

対象的にビットコインは管理者が存在しない、「非中央集権」と呼ばれる仕組みになっています。

それぞれネットワークに参加しているコンピュータ同士で、取引記録を共有することで成り立っているのです。

また、こちらの方法の方が、一台で管理するよりもセキュリティ面でのコストをかけずに済むというメリットを持っています。

ビットコインの発行枚数は?

ビットコインには、法定通貨と違い「発行枚数の上限」があります。その数は2100万枚であり、発行枚数が上限に達するとそれ以上増えないようになっています。

ビットコインは、発行枚数の上限があることによって稀少性が保たれお金(円やドル等)のような価値をもつことができているのです。

また、ビットコインは2140年に発行枚数の上限を迎えるとされています。発行枚数の上限を迎えた後もビットコイン取引が継続されていれば、ビットコインを購入・使用することが可能です。

▼ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想▼

あわせて読みたい
ビットコインの将来性
ビットコイン(BTC/Bitcoin)とは?特徴と今後の将来性・価格予想 仮想通貨といえばビットコインというほど、ビットコインは広く認知されています。 しかし、ビットコインについて名前の他あまりご...

ビットコインの実用性

ビットコインの購入を考えてるみなさんはおそらく、「取引で利益を出すため」に購入を考えていることでしょう。しかしビットコインはあくまで「コイン」ですから、もちろん私たちが日常生活で使うこともできます。

日本でビットコインを使えるのはビックカメラ・コジマ・ソフマップ・メガネスーパー・DMM.comが誰でも知っているお店として挙がります。電気屋が多い印象を受けますが、家電類は高価なものがたくさんありますので価値の跳ね上がったビットコインを消費するのにぴったりなのではないでしょうか。

他にも規模の小さいお店が多くあり、増加もしていっているのでビットコインの日本語情報サイトなどを見てみるのをお勧めします。あなたの住んでいる地域にも使える店舗があるかもしれません。

 

ビットコインに使われている技術ブロックチェーン

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる「分散台帳」を採用しています。

「管理者が存在しない」の項目で述べた非中央集権の仕組みです。なぜ、ブロックチェーンと呼ばれるかというと、取引の記録の仕方が関係しています。

取引の記録は1つのブロックに記録されていきます。そして、新しい取引記録をまたブロックに記録していきます。

この古いブロックと新しくできたブロックをチェーン上につないでいくんでブロックチェーンと呼ばれています。

この仕組みが改ざんをほぼ不可能としている仕組みで、取引記録が入っているブロックには1つ前のブロックの情報も入っています。

改ざんする場合は、取引記録と1つ前のブロックの情報を同時に書き換えなければなりませんが、どんどんブロックが生成されるため、改ざんは難しく、ほぼ不可能となっています。

そのため、10年たった今でもビットコイン自体はハッキングされて改ざんされたことはありません。

たまにニュースで騒がれるのは、ビットコインを扱う取引所がハッキングされただけです。そのことから、ビットコインは非常にセキュリティ面では安心できる通貨になっています。

ビットコインの将来性

ビットコインは2018年時点でも、仮想通貨の主役といえる通貨になっており、各仮想通貨の基軸通貨としても機能しています。

今後も、ビットコインは仮想通貨の代表的な位置づけとして、使用されていくでしょう。

しかし、最近ではビットコインよりも、送金スピードが速い通貨やビットコインよりも高機能な通貨がどんどん誕生しているので、通貨の使いやすさという面でも、新しい通貨が主流になるのではないか、とも言われています。

仮想通貨の将来性

ビットコインは今後、他の通貨に追い抜かれる可能性があるというお話をしましたが、そもそも仮想通貨全体に将来性はあるのか疑問に思う方も多いでしょう。

世間では、「仮想通貨は衰退していく一方だ」という意見もちらほら耳にしますね。

しかし、仮想通貨はまだ未開発の部分がたくさんあり、発展の伸び代は現在使われている法定通貨よりも大きいのです。今は未来の発展への準備期間とも捉えられます。

仮想通貨発展を予想する根拠

Webbotという仮想通貨や株価の予想に使われるAIをご存知ですか?

Webbotは元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏によって開発されたAIで、ネット上に書き込まれた「言葉」の情報を収集し、感情データや価格分析などから仮想通貨や株価の価格予想をします。

そんなWebbotは、2020年に1BTCあたり2750万円に価格を伸ばすと予想しました。2019年3月現在、1BTC約44万円なので来年には60倍以上も価格が上昇するということです。

2019年現在、まだビットコイン以外のアルトコインはビットコインの価格に大きく影響を受けていますので、2020年にはビットコインの価格上昇とともにアルトコインの価値も急上昇します。その後、有名になったアルトコインの便利さや機能性に人々が気付くでしょうから、今後も仮想通貨は発展を遂げていくこと間違いないでしょう。

 

 

ビットコインのチャートと価格遷移

 2017年

2017年の年末にはビットコインはバブル状態に。日本での仮想通貨ブームとともに、10万前後でウロウロしていたのが、一気に240万付近までに上昇しています!

12月17日には、CMEでビットコイン先物取引がスタートするという期待感も相まっての上昇ではないかと推測されますが、それにしてもものすごい上昇でした。

2018年

ただ、2017年に上昇した価格も終わりを迎え、価格は一気に下落基調に。1月26日は日本の取引所大手のコインチェックがハッキングを受けるなど、仮想通貨全体によくないニュースが続き、どんどん下落していきます。

8月時点では80万円までに価格が下落し、ウロウロしている状態です。

ビットコインの下落リスクは?

2018年、ビットコインは大幅な下落を見せましたね。

そこで不安に思うのが、「今後も同じような下落があるかどうか」ということです。

今後ビットコインが下落する原因になりうる要素が2019年現在の時点であるかどうか、徹底的に調べてみました。

下落予想要因①:世界株安

2018年の大幅下落時、コインチェックのハッキング被害など仮想通貨界へ悪影響を及ぼすニュースが日本で多く流れたことの裏で、世界では株安が起こっていました。

どちらが2018年のビットコイン大暴落に大きく影響しているかはまだわかっていませんが、2019年現在ビットコインの価格は低迷していますし、世界株安も続いています。

これらの事実から、世界株安が今後どのような動きを見せるかでビットコインの価格も変化すると言えます。

ビットコインの価格情報ばかりに気を配るのではなく、世界の株価情報なども取り入れることが次に起こりうるビットコイン下落への備えに繋がるでしょう。

ビットコインの評判

ビットコインは送金の時間がかかるという声をよく聞きます。それは以前から言われていたスケーラビリティ問題と呼ばれる、ビットコインの容量の問題がからきています。

多くの仮想通貨では、この問題を解決していますが、ビットコインは上手く解決してない状況です。

ビットコインを購入できる取引所ランキング

1位 BITPoint

トレードをするならこちら!

MT4と呼ばれるFXでは有名なチャートソフトを使用しながら取引できます。

レバレッジも25倍なので、どんどん取引できます!また、ビットコインの送金手数料も無料なのも地味にうれしいところです。

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

2位 bitFlyer

始めて日本で仮想通貨の取引をする方なら「bitFlyer」です!

bitFlyer社が運営し、取引量も日本一と呼ばれるほど多いので、安心して売買ができます。

ビットコインに関しては、取引所と販売所の2つの購入方法があるので、価格をみて購入しましょう。まずはこちらから口座開設!

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

3位 DMM Bitcoin

大手Dmm.comが運営する取引所で、手数料がすべて無料!ビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルといった仮想通貨で有名な通貨の売買をするならぜひ口座開設したいところ。

レバレッジ取引中心の取引所ですが、ビットコインに限っては現物の取引ができるのも素晴らしい!操作も簡単なので、おすすめです!

DMM Bitcoin
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアム・クラシックビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ビットコインは今後に期待できる将来性アリ!

この記事のまとめ
  • ビットコインはセキュリティ面で安心できる通貨
  • ビットコインは基軸通貨としても機能している
  • ビットコインは送金に時間がかかるスケーラビリティ問題がある
  • ビットコインを購入するなら「bitFlyer」がおすすめ

いかがでしたでしょうか。

確かに2018年時点では、仮想通貨の規制もでてきて、2017年のような勢いを失いつつあります。

ですが、ビットコインは今までも暴落や高騰を周期的に繰り返してきました。

まだまだ仮想通貨は始まったばかり。今後の展開に注目です。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨比較