仮想通貨取引所比較

Liskを買いたいあなたのための取引所選び(国内編・海外編あり)

lisk新ロゴ
この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨Liskが気になる方
✔ Liskを購入しようとしている方
✔ Liskで儲けようとしている方

bitFlyerで取扱いがはじまって日本でもかなり人気の出ている仮想通貨Lisk。運営チームも日本に来日してキャンペーンをするなど、他の取引所への上場も期待されています。

まだまだ割安に見えるLiskを購入するなら今がチャンス。正しい取引所選びをして入手しましょう。

この記事の要約
  • Liskを取り扱う国内取引所はビットフライヤーだけ
  • Liskは国内の他のホワイトリスト銘柄に比べて、まだ割安
  • Liskを購入できる海外取引所は40ヶ所以上
  • Liskが国内の他の取引所で上場する可能性は大いにある

Liskを取り扱う取引所

人気の仮想通貨Liskを購入できる取引所は、国内・海外ともにあります。

国内では、ビットフライヤーが唯一のLiskを購入できる取引所です(コインチェック以外)。

海外では、40を越える取引所で購入が可能です。その中からオススメの取引所をピックアップして紹介をしていきます。

仮想通貨Liskの注目ポイント

根強い人気のある仮想通貨Lisk。2018年2月に国内最大手のbitFlyerに上場以来、国内でも盛んに投資されています。

そんなLiskの注目ポイントをおさらいしましょう。

  • Liskは金融庁が国内の取扱を認可したホワイトリスト銘柄の1
  • 時価総額1270億円で24位の仮想通貨(一時期はトップ10に迫る勢い)

他のホワイトリスト銘柄に比べてまだ価格が安い

Liskは国内の他のホワイトリスト銘柄に比べて、まだまだ評価が低いことがわかります。

1つ上のnemに比べても2倍以上の差があります。これからの値上がりが期待されるので、今のうちに購入をしておきましょう。

日本で取扱のある通貨名(順位) 時価総額
Ethereum(2位) 8兆円
Ripple(3位) 3兆円
Bitcoin cash(4位) 2.5兆円
Lite coin(6位) 9000億円
Nem(14 3430億円
Lisk(24位) 1270億円

また、国内の他の取引所への上場の噂も消えることがありません。もし仮にどこかに上場することになれば値上がり必須。

期待値の高い通貨Liskは持っていて楽しみの多い通貨ですね。

Liskを取り扱う国内取引所

以下は、各仮想通貨がどの取引所で購入できるのかを調査したシートです。

bitFlyerが国内で販売所でLiskを販売をしている唯一の取引所だということがわかります。

取引所比較lisk

Liskを購入できる国内取引所(1):「ビットフライヤー」

ビットフライヤー2018年1月からLiskの取扱を開始しています。日本でたった1つの取引所としてLiskの投資家からも支持を受けています。

bitFlyerでLiskを購入する

ビットフライヤーの「アルトコイン販売所」でLiskを購入することができます。

bitFlyerの口座開設をして、日本円を入金ができたらLiskを購入しましょう。

Liskを購入できる国内取引所(2):「コインチェック」

コインチェック

コインチェックでもLiskを購入することができます。ただし、現状は金融庁への登録申請の途中でみなし業者扱いとなっています。

また、新規での口座開設は受け付けていません。

Liskを購入できる海外取引所

(※国内取引所で購入したい人は読み飛ばしてください)

Liskを購入できる海外取引所は40ヶ所以上あります。それだけ信用が高く、かつ人気の高い通貨だということがわかります。

海外の取引所といっても有象無象。この中から以下の観点でおすすめの取引所を3つご紹介します。

  • 実績のある大手取引所
  • 日本人投資家もよく利用する
  • 取引手数料がお得

Liskを購入できる海外取引所(1):「binance」

binanceロゴ

Binanceは中国最大手の取引所です。世界で見てもトップ3に入るほどの取引量と利用者数を誇ります。

取扱コイン数が100種類を越えていること、取引手数料が安いことが魅力の取引所です。

Liskを購入できる海外取引所(2):「hitbtc」

hitbtcロゴ

イギリスで設立された仮想通貨取引所です。2013年から運営を行っている老舗取引所の一つ。

250種類以上の仮想通貨を扱い、幅広い銘柄を取り揃えているのが特徴です。常いに新しい通貨が入ってきているので見ていて飽きがこない取引所です。

Liskを購入できる海外取引所(3):「bittrex」

 

bittrexロゴ

Hitbtcは200種類の仮想通貨を取り扱うアメリカ最大手の取引所です。日本人に人気が高い取引所としても有名です。

手数料が少し高めなのがたまにキズですが、利用しやすいインターフェースも人気を支える理由の一つです。

結局、おすすめの取引所は?

bitFlyerロゴ

Liskはまだまだ値上がりを含めた高い可能性を持った通貨です。長期的に保有してもいい銘柄だと思っています。

大手機関から世界で一番セキュリティの高い取引所としての評価を受けたビットフライヤーでLiskを購入するのがオススメです!

Liskは日本の他の取引所で上場?

これもLiskを保有する1つの魅力ですが、日本国内の他の取引所で上場する可能性は大いにありえます。

すでに、金融庁が認めるホワイトリスト通貨のうちで1つであることは非常に大きい要素です。

また、積極的に日本へも訪問をしてミートアップ等を開催。日本の他の取引所の上場にも進めたいと語っています。

※Liskの日本語twitterの投稿

 

DMMビットコインやGMOコインで上場が期待されているんです。

上場のタイミングはほぼ間違いなく大きく値上がりをします。

イマ、手に入れたい通貨がLiskなんです。

注目のLiskの特徴、将来性

lisk新ロゴ

特徴1 独自のブロックチェーン

Liskは独自のブロックチェーンで実装されている仮想通貨であり、プラットフォームです。

イーサリアムと同様に他の仮想通貨やプロジェクトのインフラになるような役割を担います。

Liskの開発チームは、プロジェクトを着実に進めることに長けていて今後の発展にも期待が高まります。

特徴2 サイドチェーンの使用・開発に参入しやすいJavascript

サイドチェーンの使用

ビットコインはブロックチェーンですべての処理や送金取引などの管理を行っていて、データの処理速度遅くなってしまうことが大きく問題視されています。

Liskでは、サイドチェーンと呼ばれる技術を採用することで処理の速度や容量を確保してスムーズな取引を実現しています。

開発者が参入しやすいJavascriptを利用

Liskは特徴1で説明をした通り、多くの開発者に利用してもらって魅力が増すプラットフォームです。

その観点からいうと、Javascriptを採用していることは、多くの開発者を集めるという観点でかなり有利に働きます。

なぜなら、Javascriptは世界の多くのウェブ関係の開発者にとっては当たり前の言語だからです。(※世界で利用される開発言語7位)

特徴3 日本でホワイトリスト入りしている通貨

例えば、ZcashやMoneroは元々コインチェックで取引をされていた通貨ですが、ホワイトリスト入りしていません。

日本の金融庁の独自基準によって、日本国内で取扱ができる通貨が決まっています。

Liskはその信用の高さと取引実績からホワイトリストとして認定されています。他の取引所で上場される日も遠くない未来です。

この記事のまとめ
  • Liskを取り扱う国内取引所はビットフライヤーだけ
  • Liskは国内の他のホワイトリスト銘柄に比べて、まだ割安
  • Liskを購入できる海外取引所は40ヶ所以上
  • Liskが国内の他の取引所で上場する可能性は大いにある

Liskの概要

項目 内容
通貨名称 リスク(LSK)
通貨の概要(一言で) 分散型アプリケーション形成プラットフォーム
開始年 2016年5月
開発組織(開発者) Max Kordek
アルゴリズム DPOS
初期発行枚数 / 発行上限 発行上限なし
半減期 1年ごと
時価総額 約1,270億円 (2018/5/16 時点)

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨取引所比較