仮想通貨取引所比較

BTCBOX(ビットコインボックス)の手数料を解説。取引、入出金手数料までわかりやすく説明。

btcボックスの手数料

通貨取引所の手数料は、各社それぞれの表現で手数料が説明されていてイマイチどこの取引所がお得なのか、割高なのか理解しづらいですよね。

この記事ではBTCBOXの手数料が、パッと見てわかるよう簡単に説明をしていきます。

最初に他の取引所に比べてBTCBOXの手数料はどうなのか、から見ていきましょう。

BTCBOXの手数料を他社と比較

BTCBOXのサービスには、『BTCBOX』で一般的な現物取引とレバレッジ取引の2種類でサービスを提供しています。

それぞれの手数料を他社として比較をしています。

BTCBOXの手数料

BTCBOXは、初心者や一般的な投資家が参加する現物取引を行う取引所です。

取引所専業です。手数料の中でも重要なのは取引手数料です。

BTCBOXbitflyerzaifDMM bitcoinGMOコインbitbank.cc
入出金(日本円)(入)無料(出)400~750円(入)無料(出)216~756円(入)無料(出)350~756円(入)無料(出)無料(入)無料(出)無料(入)無料(出)540~756円
入出金(仮想通貨)(入)無料(出)0.001BTC(入)無料(出)0.0004 BTC(入)無料(出)0.0001BTC(入)無料(出)無料(入)無料(出)無料(入)無料(出)000.1BTC
取引手数料番要0.05%~0.01%0.01~0.15%-0.01~0.1%無料
スプレッドなしなしなしありありなし
BTCBOXの手数料
  • 取引所専業なので、取引手数料に注目
  • 他社と比べて平均的な料金設定

BTCBOX公式ページ

ただし、販売所で暗号資産(仮想通貨)を購入する時に必ずチェックが必要なのは、スプレッドです。スプレッドについてはこの後の内容で説明していきます。

BTCBOXは取引所です。確認が必要なのは取引手数料。

取引所と販売所取引所には2つの種類があり、取引所と販売所です。販売所は、暗号資産(仮想通貨)を運営する企業(この場合はBTCBOXに暗号資産(仮想通貨)からビットコインを購入する形式です)

  • 取引所は、ユーザー同士で暗号資産(仮想通貨)の売り・買いをする場所。取引をする相手はユーザー。
  • 販売所は、「暗号資産(仮想通貨)を販売している所」です。取引をする相手は販売所を運営している運営企業

BTCBOXの手数料

BTCBOXの現物取引における手数料順番に説明をしていきます。取引所専業のためスプレッドは気にしなくて良いです。

  1. 取引手数料
  2. 日本円入出金手数料
  3. 暗号資産(仮想通貨)入出金手数料

取引手数料

暗号資産(仮想通貨)を売買するときにかかる手数料

BTCBOXで暗号資産(仮想通貨)を売買する際に発生する手数料です。

暗号資産(仮想通貨)手数料
ビットコイン(BTC)0.05%
ビットコインキャッシュ(BCH)0.10%
ライトコイン(LTC)0.10%
イーサリアム(ETH)0.10%

日本円入出金手数料

  • 暗号資産(仮想通貨)への投資資金を取引所に入金するためにかかる手数料
  • 日本円に換金して、銀行口座に振込するときにかかる手数料

BTCBOXでは、日本円の入金は銀行振込からのみ可能です。(コンビニ決済での入金は受け付けていません。)入金手数料はBTCBOXには支払いませんが、銀行の振込手数料が利用者負担という形になっています。

入出金に関する非常に一般的な手数料体系です。

通貨入金手数料出金手数料
日本円各金融機関の振込手数料400円(15万円未満)
/ 750円(15万円以上)

暗号資産(仮想通貨)入出金手数料

  • 他の取引所から暗号資産(仮想通貨)を受取るときにかかる手数料
  • 他の取引所に暗号資産(仮想通貨)を送金するときにかかる手数料

暗号資産(仮想通貨)は、送金をする際にネットワークの利用料として手数料(マイナーへの報酬)を支払う必要があります。以下の手数料はbitbankに支払っているわけではなく、手数料率も一般的であまり気にする必要はありません。

通貨入金手数料出金手数料
BTC無料0.001 BTC
BCH無料0.001 BCH
LTC無料0.002 LTC
ETH無料0.010 ETH

【現物取引】BTCBOXの特徴

古くからのファンが多い、BTCBOXの特徴を説明していきます。

特徴1:「とにかくサーバーが安定稼働している」

BTCボックスの最大の特徴であり、魅力はサーバーが安定して稼働していることです。

2年以上のサーバーが安定稼働していて、一度も落ちたことがないとのことです。これはあたり前のように感じるかもしれませんが、取引の多い暗号資産(仮想通貨)投資においては非常に稀有な事例なんです。

大手のbitFlyerZaifでも、値動きがあって取引量が増えると一時的にサーバーダウンをしてしまう中でBTCBOXのこの安定稼働は大きな魅力の1つです。

特徴2:「アービトラージにとにかく便利」

BTCBOXのアプリでは他社の価格動向を見ることができます。

即座にある場所で安く買って、すぐに他の取引所で少しだけ高くうるアービトラージ(裁定取引)に最適なサービスを提供しています。

アービトラージを利用しなくても、今自分が買おうと思っている暗号資産(仮想通貨)が市場平均に比べて割高なのか、割安なのかを確認するうえでも便利に利用できます。

特徴3:「万全のセキュリティ体制」

BTCBOXでは、二段階認証を「ログイン時」と「出金時」の両方で設定することができます。

その他、コールドウォレット、マルチシグを採用しており、セキュリティに力を入れて運営を行っている取引所です。

BTCBOXの暗号資産(仮想通貨)融資とは

BTCBOXには、見慣れない暗号資産(仮想通貨)融資という機能があります。これはわかりづらいのですが、簡単にいうと信用取引のことです。

資産の3倍のレバレッジで、ビットコインを取引所から借りて運用をすることができます。

BTCBOX の手数料(レバレッジ)

BTCBOXのレバレッジは、ハイリスク・ハイリターンの信用取引で上級投資家向けの取引所です。

こちらもキャンペーンで各種手数料が無料になったり、他社とくらべても唯一、借入手数料が無料で提供されています。

BTCBOXDMM bitcoinbitFlyerZaifbitbank tradeCoincheck
取引手数料無料無料無料無料新規:0.02% 決済:無料無料
借り入れ手数料0.1%/日0.04%/日0.039%/日無料0.05%/日
キャピタルゲインフィーなしなしなし0.7%0.2%なし
BTCBOXの手数料
  • 決済手数料はほぼ同程度
  • 借入れ手数料は少し高め
  • テクニカルのチャートが使いやすい

BTCBOX(レバレッジ)公式ページ

まとめ – BTCBOXの手数料

BTCBOXは古くからのファンに支持を受けている取引所です。とにかくシステムの稼働が安定してい、サポートの体制も良いとの評判です。

手数料自体は他社と比べて平均程度です。特にキャンペーン等を行っているわけではないので、すごくお得ということはありません。

価格の暴落タイミングなどでシステムが稼働していないのは致命的です。安定しているBTCBOXをバックアップ用の取引所として持っておくことが緊急時の対応としてはおすすめです。

BTCBOXとは

会社名BTCボックス株式会社(関東財務局第00008号)
設立2014年3月6日
資本金1億6516万円
取引所種別販売所・信用取引(仮想通貨融資)
取扱通貨BTC,ETH,BCH,LTC

BTCボックス株式会社が運営する暗号資産(仮想通貨)の取引所です。

日本の取引所では古くから取引所事業を行っていて、安定稼働とサポート体制が売りの取引所です。

仮想通貨取引所比較
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事