仮想通貨取引所比較

bitbankで大学生は取引できる?注意点、オススメ点をチェック

bitbank

この記事を読んでほしい人
✔ 未成年・大学生の方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインの審査が気になる方

社会人と違って、大学生には時間の余裕があります。仮想通貨に限らず投資をする際には、多くの時間を割いて勉強しなければなりませんから、できれば時間の余裕があるうちに仮想通貨を始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

ところが日本国内の仮想通貨取引所をみてみると、20歳未満の口座開設を認めていないところがほとんどです。しかしbitbankであれば未成年であっても口座を開設してくれます。

そこで今回は、未成年の大学生でも口座開設してくれるbitbankについてお伝えしていきましょう。

この記事の要約

  • bitbankは法定代理人の同意があれば、未成年でも口座開設ができる
  • 取引手数料が安く、セキュリティが高いのもbitbankの魅力
  • 実際に取り引きしている学生の間でも、bitbankの評価が高い

未成年でも、大学生でもビットコイン投資を少額から始められる。こちらから「bitbank(ビットバンク)」へ登録しましょう。

bitbankで大学生は取引できる?

就活説明会

bitbankでは収入がない大学生であっても口座を開設することができます。bitbankで口座を開設するときに必要な書類についてお伝えしていきましょう。

Q.未成年でも利用できますか

A.未成年者は、法定代理人の同意を得た上で本サービスにご登録ください。

本人確認書類のほか、法定代理人の直筆の同意書及び、法定代理人との関係を証明する書類(住民票など)を本人確認書類のアップロードフォームよりアップロードしてください。

※住民票は、関係を確認する必要があるため続柄は省略不可です。

出典:https://bitbankcc.zendesk.com/hc/ja/articles/360005555153-%E6%9C%AA%E6%88%90%E5%B9%B4%E3%81%A7%E3%82%82%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B

本人確認方法 – 大学生(20歳以上)

本人確認は、本人確認に必要な書類をアップロードすることで可能です。

bitbankでは、本人確認に必要な書類として

  • 運転免許証(表裏の両面)
  • パスポート(顔写真生年月日が記載されているページ、および所持人(住所記載)のページ)
  • 住民基本台帳カード(表裏の両面)
  • 在留カード(表裏の両面)

があげられています。

これらの書類の「氏名部分と住所記載部分を撮影した画像」をアップロードすれば、本人確認完了。提出された書類は『セキュリティ的に問題のない様に画像をサーバーへ暗号化された状態で安全にアップロード』するということなので、安心ですよね。

出典:https://bitbank.cc/docs/indentification

本人確認方法 – 大学生(未成年)

bitbankでは、未成年の方であっても口座開設が可能です。ただし未成年の方の場合は、法定代理人の同意がなければなりません。

前述した本人確認の書類に加えて『法定代理人の直筆の同意書及び、法定代理人との関係を証明する書類(住民票など)を本人確認書類のアップロードフォームよりアップロード』してください。

出典:https://bitbankcc.zendesk.com/hc/ja/articles/360005555153

bitbank(ビットバンク)

大学生にbitbankがおすすめの理由

bitbankでは、大学生の方にbitbankをおすすめする理由を紹介します。

理由1:未成年でも口座開設できる

一番大きな利点は、この未成年でも口座を開設できるところでしょう。

実は大学生の口座開設は認めていても、未成年者には口座開設を認めていない仮想通貨取引所の方が多いのです。

大学生といっても未成年の方もいるわけですから、未成年者にも口座開設の道を開いているのはbitbankの魅力のひとつですよね。

理由2:手数料が安い

仮想通貨を取り扱う上で、忘れてはいけないのが手数料。bitbankでは取引に関係するいろいろな手数料が安くなっています。

  • 口座開設費用
  • 口座維持費用
  • 仮想通貨と日本円、もしくはビットコインと別の仮想通貨の売買手数料
  • 銀行からbitbankへの入金手数料

以上の手数料がすべて無料。

手数料が安いのというのも、bitbankの利点ですよね。

理由3:セキュリティが高い

bitbankは顧客の仮想通貨をインターネットから外したウォレット、つまりコールドウォレットを用いてマルチシグで保管しています。もし仮想通貨を移動させたいときには、離れた環境にいる複数の人が別々に電子署名をしなければなりません。

利便性の高いホットウォレットは、ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携して秘密鍵を物理的に分散させています。

bitbankとBitGoの2社による電子署名が必要とするシステムなので、安全性と安定性を両立させているというわけです。

bitbank取引する大学生の口コミ

bitbankを使って仮想通貨取引をしている大学生の口コミを、ツイッターからお伝えしていきましょう。

高村浩平@g55g5nw92i氏

高村浩平氏は、東京在住の21歳大学生です。

高村氏はbitbankのリップル取引量が多いことをツイートしています。

夏草ツウコ@kasou_tsuko氏①

夏草ツウコ氏は、看護学校に通う学生さんです。

夏草氏がbitbankをとても好きであることが伝わってきますよね。

夏草ツウコ@kasou_tsuko氏②

とてもレベルが高いイラストですよね。

夏草氏がbitbankなどの仮想通貨取引所を、強く支えていこうという姿勢が伺えます。

bitbank(ビットバンク)

まとめ

この記事のまとめ

  • bitbankは法定代理人の同意があれば、未成年でも口座開設ができる
  • 取引手数料が安く、セキュリティが高いのもbitbankの魅力
  • 実際に取り引きしている学生の間でも、bitbankの評価が高い

未成年でも、大学生でもビットコイン投資を少額から始められる。こちらから「bitbank(ビットバンク)」へ登録しましょう。

bitbankは未成年者にも口座開設を認めている仮想通貨取引所です。たとえ20歳に満たない大学生の方でも、bitbankなら仮想通貨を売買できます。

しかもいろいろな取引にかかわる手数料も安く、さらにセキュリティも高いというたいへん魅力的な取引所でもあるといえますよね。

「学生のうちから仮想通貨をしたいけれど、20歳になっていないからできないかも」と悩んでいらっしゃる方はぜひbitbankで口座を開設してみましょう。

初心者におすすめの取引所はbitpoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、bitpoint以外の取引所に登録してしまった人は、bitpointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のbitpointを見てみる

仮想通貨取引所比較