仮想通貨取引所比較

仮想通貨の買い方(登録→入金→購入)とおすすめの取引所

「仮想通貨投資ってなんだか難しそう」
「買い方が分からなくて手を出してない」

新ジャンルの投資である「仮想通貨投資」を少し難しそうに感じている方は多くいます。

このページでは、取引所への登録から、入金、仮想通貨の購入までの一連の流れを解説画像つきで紹介していきます。

今すぐ仮想通貨を買いたい方、とりあえず取引所に登録して仮想通貨のチャンスを待ちたい方は、このページを参考にして、仮想通貨投資をはじめてみましょう。

そもそも仮想通貨はどこで買う?

仮想通貨を買おうと思ったら、仮想通貨の取引所や販売所で買うのが一般的です。

取引所とはユーザー同士で取引をする場所です。仮想通貨を持っている人から買ったり、欲しい人に売ったりする場所で、業者はその場所(取引所)を提供しています。

一方、販売所とはユーザーと業者が取引をする場所です。ユーザーは業者が保有している仮想通貨を売買することになります。

仮想通貨の買い方手順

ビットコインチャート

仮想通貨を買うまでの購入手順は次のようになります。

  1. 手数料の安い取引所を選ぶ
  2. 取引所に登録する
  3. 取引所の口座に入金する
  4. 仮想通貨を購入する

ステップ①:手数料の安い取引所を選ぶ

仮想通貨の取引所はどこも同じ、ではありません。日本国内だけでも取引所は約20コが存在しています。

仮想通貨取引所の選び方として、次の条件に注目することが、仮想通貨投資を成功させるカギになります。

  • 取扱仮想通貨
  • 手数料
  • セキュリティ性

この中でも特に重要な要素は「手数料」です。主要な取引所の手数料を比較してみました。

取引所名 手数料
Coincheck 無料
BITPOINT 無料
bitbank Maker:-0.05%
Taker:0.15%
GMOコイン Maker:0%
Taker:0.01%
DMM Bitcoin 無料
Liquid 無料

ステップ②:取引所に登録する(※複数登録推奨)

「取扱仮想通貨」「手数料」「セキュリティ性」に注目したときに、おすすめの国内仮想通貨取引所は以下の3つです。まずはcoincheckから登録を始めていきましょう。

  1. coincheck(コインチェック)
  2. bitpoint(ビットポイント)
  3. bitbank(ビットバンク)

仮想通貨には「ビットコイン」「イーサリアム」などいくつも種類があります。取引所ごとに購入できる仮想通貨の種類が異なり、また手数料も変わってくるため、最初に複数登録しておくことをオススメしています。

取引所に複数登録しておけば、ある仮想通貨が話題になったときにすぐ買えるので、仮想通貨投資を成功させる可能性を高めます。

ここからはcoincheckを例に、登録方法〜入金方法〜購入方法までを解説していきます。

登録方法:Coincheckの場合

まずは、仮想通貨取引所で、取扱仮想通貨が多く、手数料が低い上に、セキュリティ性の高いcoincheckに登録していきましょう。
コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設の方法を解説します。

  1.  登録
  2.  本人確認

公式サイトにアクセスして右上「新規登録」にマウスを合わせ、一覧から「取引アカウント」を選択し登録に進みます。

次のページでメールアドレスとパスワードを入力し「登録する」をクリック。これでメールアドレスが届くので、メール内に記載されているURLをクリックすると、登録したメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

後は、「本人確認書類を提出する」をクリックし、個人情報の入力と本人確認書類を提出します。提出可能な書類は下記の通りです。

・運転免許証(裏面も提出)
・パスポート(顔写真ページと住所記載ページも提出)
・在留カード(裏面も提出)
・特別永住者証明書
・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降)
・住民基本台帳カード
・個人番号カード

いずれかの書類の1つをIDセルフィ―画像として提出します。IDセルフィ―画像は、本人も一緒に写っている画像のことです。

次に、本人確認書類をアップロードで登録は完了です。この後は、郵送ハガキが送られてくるのを待ちましょう。

口座開設が終わったら、入金しましょう!

▼コインチェック(Coincheck)の登録方法について、詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)の登録方法を画像付きでわかりやすく丁寧に解説! 仮想通貨取引をするために、コインチェック(Coincheck)に口座を開設しようと思った時、どのような手続きが必要なのでしょうか...

ステップ③:入金する

日本円での入金仮想通貨を買うために、まずは日本円をコインチェックの口座に入金しましょう!

日本円の入金(銀行振込の場合)

日本円入金手順①

ウォレット画面の左メニュー「日本円を入金する」をクリック。

日本円入金手順②

上部メニューの「銀行振込」をクリックすると、指定先の口座情報が表示されます。そちらに振り込みましょう。ちなみに著者の指定先銀行口座は、りそな銀行と住信SBIネット銀行です。

どちらに振り込んでも問題ありませんが、必ず振込名義人と口座名義人(Coincheck)を一致させるようにしましょう。

ステップ④:仮想通貨を買う

取引所に入金して反映されると、日本円(JPY)を持っているステータスが表示されます。※入金反映には数時間かかる場合があります。

あとは有名な「ビットコイン」や、最近話題の「イーサリアム」など、気になる仮想通貨を購入していきましょう。

現物取引の方法を解説します。PC、スマホのウェブブラウザから発注できます。コインチェック(Coincheck)の注文方法はとても簡単です!

コインチェック(Coincheck)(現物取引)(PC)

現物取引の手順①

上部に「ウォレット」と「取引所」並んでいます。「取引所」を選択してください。そして、下にスクロールすると左側に「現物取引」の注文画面が見えてきます。

現物取引の手順②

  • 1…レートを入力
  • 2…数量を入力
  • 3…日本円で入力
  • 4…売買区分を選択
  • 5…注文するで発注

レートを入力は、手入力でも構いませんが、横にある板のレートをクリックすることでも入力されます。日本円に換算した数量をわからない場合は、レートを入力した後に3番に日本円を入力することで数量を入力することができます。

仮想通貨投資で儲けるコツ

フィンテックとは金融とITを組み合わせた新しい分野

それでは最後に、仮想通貨投資で儲けるためのコツを紹介します。

コツは以下の2つです。

  • 安く買って高く売る
  • 複数取引所を使い分ける

順番にみていきましょう。

安く買って高く売る

仮想通貨の儲け方

現物取引とは、仮想通貨を手持ちの資金で買って売る取引のことを指します。

仮想通貨の1つであるビットコインは、誰でもいつでも購入・販売ができます。仮想通貨で儲ける一番簡単な方法は「安く買って、高く売る」です。

ただし、取引所を使用するときに手数料がかかるため、できるだけ手数料を抑えて売買したいもの。一番おすすめしている取引所はCoincheck(コインチェック)」です。

複数取引所を使い分ける

取引所に複数登録すべき理由は次の2つ。

  • 「主要仮想通貨を網羅したほうがよいから」
  • 「取引所の中でも仮想通貨によって手数料が異なるから」

複数取引所がある中で、総合的におすすめなのが次の3つです。まだ登録していない取引所がある場合には、思い立った今、登録しておきましょう。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ビットバンク(bitbank)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ビットポイント(BITPoint)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト