仮想通貨比較

NEO(ネオ)とは?特徴と将来性・取引所と買い方

中国版イーサリアムと呼ばれるNEO

日本語では、「ネオ」と発音されますが、海外では「ニオ」と発音することが大半のようです。

Neoはブロックチェーンの研究開発を行う中国企業、Onchain(オンチェーン)によって開発され、2014年にAntshare(アントシェア)という名前で開始されました。

2017年にNeo(ネオ)として改名されました。

NEOロゴ

 

NEOは独自のブロックチェーンを用いたアルトコイン

NEOは中国版イーサリアムと呼称されるのは、独自のブロックチェーンを展開しているからです。

イーサリアムと同様にスマートコントラクトという機能を持っています。

そのため、NEOがICOのプラットフォームとして利用されることができます。

中国の仮想通貨の先行企業であり、すでに非常に高い知名度があります。

まだまだ、中国では仮想通貨やICOに対する規制も厳しいですが、今後仮に解禁になった場合、NEOのICOプラットフォームが非常に大きな影響力を持つことが予想されています。

 

NEOが目指している世界

NEOは以下の3つの機能を提供することを目的に作られた仮想通貨です。

  • 暗号資産の移動(Digital Assets Transfer)
  • スマートコントラクト(Smart Contracts)
  • デジタルID認証(Digital Identity verification)

NEOの特徴と併せて見ていきましょう。

 

NEO(ネオ)の特徴

  • 2種類のコイン
  • 独自の技術dBFT
  • 中国版イーサリアムとしての魅力
  • イーサリアムとの違い

 

特徴1:NEOで使われる2つのコイン

NEOでは、2つのコインが利用されているので覚えておきましょう。

NEO(ネオ)GAS(ガス)の2種類です。両方のコインとも発行枚数の上限は、100億枚です。

NEOとGAS

NEOは…

ネットワーク上で利用される通貨で、最小単位は1NEOです。

1NEO以上分割されることはありません。

発行枚数の上限、100億枚はすでに生成されています。そのうち、流通しているの65億枚です。

まだ流通をしていないコインはホワイトペーパーに基いて徐々に分配されていく仕組みになっています。

 

GASは…

NEOのスマートコントラクトを動かすための燃料のようなものだと考えてみましょう。

スマートコントラクトを利用するたびにGASが消費されていきます。

新しいGASはブロックごとに生成され、プラットフォーム上で200億個のブロック毎に1回で生成されるGASの量は減っていきます。

ビットコインの半減期のようなものだと考えてください。

 

NEOを持っていると、GASがもらえる!

GASは一定のスケジュールでNEOコインの所有者に分配されます。どのくらい分配されるかは、保有数によって決まります。

NEOを多く持っていればいるほど、たくさんのGASがもらえる仕組みになっています。

『株で配当がもらえる仕組み』を想像してもらえればわかりやすいかもしれませんね。

GASも海外の取引所で売買をすることができるコインなので、NEOを持っているだけでもう一つの通貨にも投資ができることになります。

(なんだかお得な気がしますね!)

 

また、コンセンサスノード(Consensus Nodes)と呼ばれる、ブロックチェーンに記帳する者もGASを得ることができます。

GASは、スマートコントラクトの手数料として徴収されるですが、その徴収されたGASは台帳への記録を担当したコンセンサスノードと呼ばれる人々に配分されます。

 

特徴2:コンセンサスノードとdBFTという仕組み

NEOブロックチェーンにでは、全てのノードから同意を得て、ブロックを生成するための方法として、dBFTという仕組みを採用しています。

dBFTの仕組み

NEOのコンセンサスアルゴリズムでは、ノードは、

  • 記帳者(ブックキーパー)
  • NEOトークンの保有者

に分かれます。

記帳者:NEOトークン保有者の投票によって選出された、ブロックチェーンに記帳する(=ブロックを生成する)権利のあるノード

NEOトークン保有者:記帳者を選ぶ権利を有するノード

に分かれます。

つまり、「NEO保有者」の投票によって「記帳者」が選ばれ、その記帳者がブロックチェーン上の取引を記帳(ブロックを生成)します。

この記帳者が、NEOのネットワークに対して正しい行動を起こさなかった場合は、また投票で落選をさせることができるので秩序が保たれるという仕組みになっています。

dBFTのPoWやPoSと比べた利点

このdBFTという非常に民主主義的な仕組みへの期待は非常に大きいく以下のような利点が他のビットコインで採用されているPoW等と比べて利点があると言われています。

  • ハードフォークが理論上起きない
  • 保有割合によってブロックチェーンへ関与する公平性

大規模なマイニングマシーンを持っているマイナーが強大な権力を持てるような仕組みとはことなり、民主的な方法で管理されているdBFTは世界的にも非常に注目を浴びています。

 

特徴3:中国版のイーサリアム

NEO中国

NEOは中国版のイーサリアムとよばれています。中国の大きな経済圏を巻き込むことができれば非常に大きな勢力となることが期待されています。

どんな点が似ているのでしょうか?

 

スマートコントラクト

イーサリアムと同じように、NEOのブロックチェーンはスマートコントラクトの機能があります。

そのため、開発者がネットワーク上で独自のルールを適用するコードを実装できます。ロジックを資金移動に対して付与できます。

スマートコントラクトの例では、

漫画家がインターネット上に自分の漫画をアップしていたとします。誰かがその漫画を読む、と自動的にロイヤリティがアーティストに入る仕組み

などを実装することができます。

ただ、スマートコントラクトは最も実用的に活用されていくことが期待されている技術の一つなんです。

 

独自のアプリが実装できる

開発者が独自のアプリを作れるプラットフォームであるということです。

iPhoneのAppleStoreを想像するとわかりやすいかもしれませんね。

 

特徴4:イーサリアムを越える期待

イーサリアムとネオ

開発言語、そして新たな技術の導入予定があり、NEOはイーサリアムを越える存在になるかもしれないと期待されています。

 

多様な開発言語

NEOの特徴は多様な開発言語です。

イーサリアムはSolidityという、Javascriptに少し似た独自の開発言語で開発がされています。

一方で、NEOはJava、C#、VB.Net、F#、Kotlinなど昔からある使われている言語で開発されています。開発者も圧倒的に多いです。

開発者が多いということは、それだけネットワークに参加できる人も増えるということで、NEOが大きく期待されている特徴の一つなんです。

 

続々とリリースが予定されている開発

NEOでは今後も新しい技術のリリースが予定されていて、さらに期待値が高まってきています。

  • NEOX:すべての取引をブロックチェーン上で行えるようにする
  • NEOFS:非中央集権のファイルストレージ
  • NEOQ:新しい暗号の方法

 

NEO(ネオ)は買いなのか?

NEOは買っておくと面白い通貨、です。

NEOの一番の懸念であり、そしてチャンスであるのは『中国発の仮想通貨であり、ICOのプラットフォームである』、ということです。

 

多くのグローバル企業ですら、入り込めない中国において仮想通貨の分野での第一人者の地位を築いているのがNEOです。

 

もし仮にアリババに投資をするチャンスがあれば、投資をしたかったと思いませんか。

 

中国ではまだICOや仮想通貨への規制も厳しいのですが、どこかでブレイクスルーがあるとすると超巨大なクローズドな市場を独占する通貨になりうるのがNEOなんです。

 

また、NEOを保有しているとGASが配当として受け取れますし、そのGASも売買できるのは魅力的ですね。

 

少額でもいいので、少しだけでも張っておきたい通貨の一つです。

 

NEOはどこで購入できる?

NEOを買うにはどうすればいいのでしょうか。

日本国内でNEOを取り扱っている取引所はありません。

海外大手取引所では、BinanceやOKExやKuCoinなどで購入することができます。

項目 内容
通貨名称 ネオ(NEO)
通貨の概要(一言で) 中国仮想通貨の大本命
開始年 2014年2月
開発組織(開発者) Da Hongfei
アルゴリズム Proof of Work
発行済枚数 / 発行上限 65,000,000 NEO / 100,000,000 NEO
半減期
時価総額 約6900億円(約66億ドル)- 2018/3/3

 

仮想通貨比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト