リスク(LSK)

リスク(LSK)はどこまで下がる?下落理由と上がる時期予想

おすすめの理由

この記事を読んでほしい人
✔ リスクの投資を始めようと思っている方
✔ リスクの価格は今後どうなるのか知りたいという方
✔ リスクを取り扱っている暗号資産(仮想通貨)取引所を知りたいという方

リスク(LISK)は、2017年ごろから目覚ましい成長を遂げているアルトコイン。

「今後も価格が上がるなら買いたい!」「今後は冷めて、価格が下がるんじゃないの?」と賛否両論あるのではないのでしょうか?

そこで今回は、リスクの今後の将来性と買い時についてお伝えしていきます。リスクの売買に困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の要約
  • リスクは2016年に誕生した暗号資産(仮想通貨)で、「スマートコントラクト搭載」「JAVAScriptで開発可能」「サイドチェーンを使える」といった特徴がある
  • リスクは価格の上昇が見込めるが、その要因として「発掘量の減少」「フォージング」があげられる
  • リスクは一時的な価格の減少があるかもしれないが、その要因として「ブロック報酬減期の前」「行政処分」があげられる
  • リスクを取引するなら「Coincheck」と「Binance」の2つのアカウントを持っておくとよい

リスク(LISK)とは?

リスクとは、2016年にリリースされたアルトコイン。

  • スマートコントラクト機能を搭載
  • JAVAScriptで開発が可能
  • ブロックチェーンにサイドチェーンがある

まだ新しい暗号資産(仮想通貨)ですが、上記のような、独特のシステムやセキュリティが注目されています。

スマートコントラクトでコスト削減

リスクは、スマートコントラクトを搭載しています。

これは契約内容を、仲介者を通さずにブロックチェーンに記録するもの。このシステムにより、余計なコストを削減することができます。

イーサリアムがはじめて搭載したスマートコントラクトですが、現在では育成ゲーム「cryptokitties」に使われるなど、幅広い分野で注目されている機能です。

JAVAScriptで開発可能

リスクは、JAVAScriptでマイニング(発掘)をすることができます。

JAVAScriptはメジャーなプログラミング言語なので、他の暗号資産(仮想通貨)よりもマイニングを容易に行うことができますね。

また、リスクのブロックチェーンはJavascriptベースで開発することが可能。DApps(ブロックチェーンを利用したアプリ)のさらなる普及も期待されています。

サイドチェーンでブロックチェーンに柔軟性を

暗号資産(仮想通貨)はブロックチェーンによって、データの改ざんが困難。しかし、リスクはそのブロックチェーンに、さらにサイドチェーンというものをかけています。

親のブロックチェーンに加えて、サイドチェーンでの取引処理も可能となるため、取引処理能力の向上が期待できますね。

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタム
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

リスク(LISK)の価値は上がるのか? 下がるのか?

リスクの価値は今後上がるのでしょうか? それとも下がっていくのでしょうか?

  • 発掘量が減少する
  • フォージングによるリスク保有者の増加

ここ数年でリスクの価値は上がっていく見込みですが、その根拠として、上記のような要因があげられます。

ブロック報酬(発掘量)の減少

ビットコインには半減期というものが存在します。半減期を迎えたビットコインは暗号資産(仮想通貨)の発掘量が制限され、結果的にビットコインの価値が上がっていくわけですね。

リスクにも、ビットコインの半減期と同じようなものがあります。

具体的な時期は決まっていませんが、2018年11月にリスクのブロック報酬が減りました。今後も半減期のようなものが起こり、発掘量がどんどん減っていく見込みです。

フォージングを採用

ブロックチェーンアプリケーションの所有者が、候補者の中から101人の取引者を選び、選ばれた101人にリスクが与えられるシステムがフォージング。

この投票権はリスクの保有者に与えられた権利であり、自分にも投票することができるため、リスクを長く保有すればするほど恩恵を受けるシステムでもあります。

このシステムによってリスクの保有者が増えていけば、リスクの価値が高まっていくでしょう。

バイナンス(Binance)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムネムリスクビットコインキャッシュ+100コ以上
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 世界最大級の取引高・利用者数
  2. 取扱コイン数が100種類を越えている
  3. 取引手数料が安い

リスク(LISK)の価値が下がるのはいつか?

リスクの価値は上がっていく見込みですが、短期的にはリスクの価値が下がることもあり得ます。

ブロック報酬減期の前

ブロック報酬減期前は、一時的にリスクの価値が下がるでしょう。

ブロック報酬減期が到来するとリスクの供給が減るため、価格が急激に上昇します。1年に1回訪れるブロック報酬減期を予想し、その直前に購入できれば大儲けが期待できますね。

リスクに関する行政処分がなされた後

2017年、2018年にかけて多くの取引所が行政処分を下されました。

現在リスクを扱っている取引所は、国内でもかなり限られています。それらの取引所に再度行政処分が下されれば、自由にリスクの取引ができなくなるでしょう。

自由に換金できなくなったリスクの需要が減少し、価値が下がる……そんな可能性も大いににあり得るのです。

▼リスクの価格が暴落した時はどう対応したらよい?詳しくはこちら▼

リスク(LSK)はどこまで暴落する?原因と将来の高騰時期予想 リスクは2017年12月をピークに低迷しています。なぜ、暴落してしまったのでしょうか? ここでは、リスクが暴落した要因を解...
ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

リスク(LISK)が購入できる取引所は?

リスクが購入できる取引所は、かなり限られています。

リスクを購入したい場合は、この2つの取引所で取引するといいでしょう。

bitFlyer

bitflyerはリスクを取り扱っている取引所のひとつ。

現在は行政処分により新規アカウント登録が停止していますが、アカウントを持っている方はリスクを購入できます。リスクの売買手数料はなんと無料。

ただし日本円の入出金手数料は、指定された銀行以外だとかなり高めです。購入時は「住信SBIネット銀行」と「三井住友銀行」の口座を開設しておくといいでしょう。

Coincheck

Coincheckも行政処分を下された取引所ですが、現在は取引を再開しています。リスクの購入手数料は無料で、銀行入金であれば入出金手数料も無料。

今なら新規登録も可能ですので、もしアカウントを持っていなければ、手数料無料で購入できるCoincheckで購入するのがおすすめです。

アカウントは複数持っておく方がよい

2019年3月現在、bitFlyerは新規アカウント登録を停止していますが、ふたたび行政処分が下される事態に備えて、アカウントは複数保有しておきましょう。

  • Coincheck
  • Binance

Binanceは海外の取引所ですが、英語が翻訳できれば(PCの翻訳機能でOK)、Binanceでもリスクを購入することができます。

新しくリスクを購入したいという方は、CoincheckとBinanceの2つの取引所でアカウント登録するのがおすすめです。

Binance

Binanceは海外の取引所。現在は日本円に対応しておらず、暗号資産(仮想通貨)での入出金となってしまうため、手数料と手間が余分にかかってしまいます。

Coincheckがふたたび行政処分を下されて取引ができなくなったときに備え、サブアカウントとして保有しておくのがよいでしょう。

まとめ

この記事のまとめ
  • リスクは2016年に誕生した暗号資産(仮想通貨)で、「スマートコントラクト搭載」「JAVAScriptで開発可能」「サイドチェーンを使える」といった特徴がある
  • リスクは価格の上昇が見込めるが、その要因として「発掘量の減少」「フォージング」があげられる
  • リスクは一時的な価格の減少があるかもしれないが、その要因として「ブロック報酬減期の前」「行政処分」があげられる
  • リスクを取引するなら「Coincheck」と「Binance」の2つのアカウントを持っておくとよい

さて、リスクの今後の将来性や買い時についてお伝えしてきました。

リスクは他の暗号資産(仮想通貨)とは異なった仕組みのアルトコインであり、独自のシステムながら、そのセキュリティの高さとマイニングのシンプルさから需要が増えています。

これから、リスクの価格は上がっていく見込みですので、今のうちに購入しておくことをおすすめします!

リスク(LSK)
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事