アルトコイン

仮想通貨Holo(HOT)とは?基本情報と今後の展開をチャートから分析

holo-hot-title

Holoとは「分散型アプリケーション(Dapp)をブロックチェーン技術ではなく、独自チェーンで開発・運用する」といった目的のプロジェクトです。

2021年現在、37倍銘柄へと急成長した仮想通貨HOTは、Holoの独自トークンになります。

今回は「仮想通貨Holo(HOT)とは?」をテーマに、最新情報と今後の展開を予想を完全網羅でお届けします。

当記事で用いるチャートは高機能分析プラットフォーム「TradingView(トレーディングビュー)」の提供するBinanceのHOT/USDTチャート・を用いて分析をしております。仮想通貨は1年365日を通して動く市場の為、執筆時点(2021年4月)での個人的予想となります。仮想通貨(暗号資産)取引に関しては余裕資金・自己判断で行いましょう。

仮想通貨Holo(HOT)とは?

仮想通貨HOTは、Holoの独自チェーン「HoloChain」で利用されます。仮想通貨HOTは、イーサリアムチェーンのERC-20規格で作られたトークンです。

2018年に、Holoのプラットフォームで支払いに使われるHoloFuelと交換できるといった特徴があります。厳密には、IOUという別のトークンを介して、交換される流れですが、Holoプロジェクトに由来するトークンが3種類もあり、少し構造が複雑な印象を受けます。

Holoのプロジェクト進歩

2018年に、Holoネットワークはローンチされました。2021年にはオープンテスト、βテストを完了する予定です。

現段階の焦点は、HoloChainを使い、開発されたDAppsのインフラが上げられます。HoloChainでは、DAppsの開発・運用・利用ができ、DAppsの開発者(ホスト)への支払いは、HoloFuelというトークンが用いられる予定です。

前述した通り、仮想通貨HOT→IOUトークン→HoloFuelと3つのトークンが、どういった形で差別化されるのか?あるいは、誰もが使いやすいと感じられるかが将来性を左右するでしょう。

Holo(HOT)と他の仮想通貨は何が違う?

Holoの主なプロジェクトである、DApp向けのプラットフォーム開発は決して珍しい要素ではありません。

なぜなら、同様にDAppsの開発環境を提供する目的を含むプロジェクトは、多く存在しているからです。

例えば、韓国の大手カカオ社のKlayton(クレイトン)や、イーサリアムの上位互換と言われるAlgorand(アルゴランド)など、今後のHoloプロジェクトにはライバルが沢山います。

Holoは「P2P技術」に優れる

Holoが類似する他の仮想通貨プロジェクトと比べて、優れいるのはP2P技術です。P2P(ピエツーピア)とは、ユーザー同士が仕組みを支える構造を言います。

代表例としては、マイニングによって支えられるビットコインのブロックチェーンです。HoloChainでは、ユーザー同士が、DAppsのストレージや処理を分散し、請け負うことで拡張性と低コストを両立できると期待されています。

考え方としてはマイニングに近いですが、大規模なコストや設備が不要で、誰もがネットワークに参加できるのが特徴です。将来的には、前述した一連の請負に対して、HOTあるは、HoloFuelが報酬として還元されます。

仮想通貨Holo(HOT)の今後はどんな期待がされる?

実は、仮想通貨Holo(HOT)の存在は日本でも一定の知名度があります。もちろん、仮想通貨(暗号資産)の王者であるビットコインと比べれば、その差は大きいです。

とは言え、暗号資産の市場規模が50位程度のアルトコインとして、かなり有名だと言えます。

例えば、日本でもHoloChainを使ったDApps開発が行われており、代表例は「メッセージアプリKizuna」です。

holo-hot-1引用:https://kizuna.foundation/

Kizunaは、HoloChainを使い、開発された無料のメッセージアプリです。

HoloChainを活用することで、個人情報の保護を含む、高いセキュリティを実現しています。

また、将来的にはトークや通話のホスティングに参加することで、報酬としてHoloFuelを獲得可能です。日本でも、Holoの主たる目的である「DApps開発」が行われている事実も含め、今後の期待は大きいでしょう。

【チャートから分析】Holo(HOT)の価格は今後どうなる?

Holo/HOTの基本情報
Holo/HOTの価格¥1.79
一日の出来高¥55,027,354,935.00
マーケットドミナンス0.14%
市場ランキング第49位
時価総額¥306,239,951,915.60
直近1年間の高安値0.03395円/3.42

発行枚数1376億枚

※価格等の情報は2021年4月20日時点のCoinMarketCapによる

やはり、気になるのは「仮想通貨HOTの価格は上がるのか?」だと思います。Holoの発行する仮想通貨HOTは、現在の発行枚数が1376億枚です。

疑問となるのは、発行が今後制限される可能性について。Holoのプラットフォームは、将来的にホスティング報酬としてHotFuelを流通させる予定です。

現段階で、HotFuelの発行上限は存在しません。DAppsの拡大を考えると、ホスティング報酬は調達が必須なので、無限に発行できるのは理にかなっています。

しかし、HotFuelはHOTに交換する流れも想定されます。2021年4月現在も開発途中ですから、今後のHoloプラットフォームで独自トークンがどのような扱いになるのか注目です。

仮想通貨HOTは「Binance(バイナンス)」に上場済み

仮想通貨HOTは、世界最大の取引所Binance(バイナンス)に上場しています。

残念ながら、国内取引所に上場する予定はありません。
現時点では、以下の方法で日本から購入可能です。

bitFlyerなど国内取引所でビットコインを買う
②ビットコインをBinace(バイナンス)へ送金
③ビットコインでHOTを購入

筆者個人としては、日本でもHoloプラットフォームを使った実例もあり、将来的には国内取引所にも取り扱われる可能性が高いと考えています。

また、日本の取引所へ上場したといったニュースは、価格に対しても大きく反映されやすいです。1HOT=1円ほどで買える今が、手頃かも知れません。

ちなみに、上記の購入方法では、国内取引所のアカウントと、海外取引所のBinance(バイナンス)のアカウントがあれば、誰でも購入できます。

【公式サイトへ】Binanceの公式サイトを見てみる

仮想通貨HOTの価格推移と今後の展開

holo-hot-2

2021年、仮想通貨HOTは略称と同じく、熱い相場展開が見られました。画像は、仮想通貨HOTの大半の取引を占める、HOT/USDT週足チャートです。

現時点で、77日間の上昇トレンドが確認でき、年初から約37倍の価格まで急騰しています。

holo-hot-3

マイナー銘柄の値動きは、情報量が少なく、今後の展開をチャートから予想するのは難しいです。

しかし、仮想通貨HOTの場合は、前回の上昇に規則性が見られたことで、目安が立てられます。

底値からの押し目が前回の上昇起点であり、フィボナッチ・リトレースメント(以下FR)の0.618~0.786の水準にて、押し目買いが確認されました。

現在、37倍への急騰後、若干の買い支えも見られています。前回の急騰と同じような展開を見せるなら、以下の価格帯で買い支えが確認できるのが理想的です。

  • 【FR0.5】0.0160018USDT
  • 【FR0.618】0.0123206USDT
  • 【FR0.786】0.0070796USDT

チャートから分かる範囲では、上記の価格帯で買い支えが見られれば、再上昇する見通しです。

ただし、暗号資産はビットコインあるいは、イーサリアムが大半を支配しています。両者の変動も加えて、全体的な分析も忘れずに今後を見ていきましょう。

仮想通貨Holo(HOT) まとめ

今回は「仮想通貨Holo(HOT)とは?基本情報と今後の展開をチャートから分析」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • Holoは独自のP2PプラットフォームでDAppsの開発・運用・利用を目的としたプロジェクト
  • 仮想通貨HOTは、Holoの独自トークンであり、イーサリアムのERC-20規格で作成
  • Holoのプラットフォームでは、HOT・HotFuel・IQUの3つが使われる

現在価格が1HOT=1円ほどですから、手軽に投資しやすい魅力があります。過去を振り返れば、仮想通貨HOTは0.01円にも満たない価格でした。もし、1000円相当の投資をしているだけでも、34000円。2017年のアルトコインバブル以上に魅力的です。

アルトコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事