投資でお金を増やす

【2021年最新】20代で目指す不労所得!今から始める現実的な方法3選

この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。

20代で不労所得を上手く手に入れる方法は無いかな?」こんな疑問を今回は解決します。

20代は、多くの人が社会に出て働き始め、中には会社に馴染めずに転職する人も少なくないです。

もし、不労所得が手に入れられれば将来への心配や、セミリタイアも現実的になります。

本記事では「20代で目指す不労所得」をテーマに現実的な方法まで徹底解説をまとめました。

この記事の要約
  • 不労所得を得るためには「労力」や「資金」が必要
  • 平均収入や平均貯蓄額も参考に、自分の資金で方法を決める
  • 20代で不労所得を目指すなら「投資信託」「広告運用」「株式・暗号資産」
  • 20代で始めるメリット「複利効果が最大化」「得られる経験が多い」「リスクへ対応できる」
  • 20代で始めるデメリット「資金が少ない」「怪しい話も多い」

暗号資産投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)

20代で不労所得を目指すために必要なもの

20代で不労所得を目指すには「資金・知識・労力」が必要です。

不労所得を手に入れる方法にもよりますが、資金が必要になります。

そして、不労所得を得る為投資商品や経済といったお金に関する知識も必要です。

基本的に不労所得を目指すには、正しい知識と労力が必要なのが現実であり、楽に儲かる話はありません。

例えば、投資商品や経済の知識があれば、詐欺も見分けられますし、効率よくお金を稼ぐことができます。

20代から投資で不労所得を得るには、成長するための労力や最低限の資金が必要であること忘れない最初の心構えが大切です。

20代の平均収入と貯蓄

不労所得の方法に入る前に、20代の平均収入と平均貯蓄について知っておきましょう。

20代で不労所得を現実的に考えるなら、やはり自分の資金を十分に把握しておくことが大切です。

資金に応じて、不労所得を得るための方法も変わってきます。

20代の平均年収・月収

年齢平均年収
20歳~24歳267万円
25歳~29歳370万円

出典:国税庁「平成29年分民間給与実態統計調査」

国税庁による調査では、20代前半の平均年収が267万円20代後半では370万円が平均年収です。

月収に換算すると、20代前半は約22万円で20代後半は約30万円ほどになります。

例えば、月収から、生活費などを引いて毎月いくらを不労所得を目指すための資金に当てられるか、自分自身の収入から考えておくことが大切です。

20代の貯蓄はいくら?

29歳以下の平均貯蓄額は179.8万円 (出典:厚生労働省 令和元年国民生活基礎調査)」あなたの貯蓄と比べるとどうですか?

貯蓄が多いほど、不労所得は得やすいのは当たり前ですが、貯蓄の有無で不労所得が無理といった話ではありません。

例えば、貯蓄が多いほど、低リスクの運用方法でもまとまった利益が得やすくなります。

一方で、貯蓄が少ない場合はリスクを上げることで、まとまった利益を得る方法で攻略することも可能です。

20代で不労所得が得られる現実的な方法3選

20代の平均的な収入と貯蓄が分かったところで、具体的に不労所得を得る方法について解説します。

やはり、代表的なのは投資ですが2021年現在は様々な投資商品が出揃ってきました。

また、投資以外にも不労所得を目指せる方法もあります。

ここでは、20代から不労所得を得られる現実的な方法を3つまとめました。

20代で不労所得(1) 投資信託

20代で不労所得を目指す方法1つ目は「投資信託(とうししんたく)」です。

投資信託とは、投資家から集めたお金を元に、プロのトレーダー株式・債権・指数・不動産などを取引して運用する投資商品になります。

投資信託を簡単にいうと、プロにお金を預けて運用してもらって不労所得を目指すので、バリバリ働く忙しい20代に良いでしょう。

投資信託は、投資するファンドや取引対象にする銘柄などによって期待できる利益も変わります。

また、金融商品を取引する以上は「元本割れ」のリスクに注意が必要です。

有望なファンドを見つけ、必要な資金を用意する必要があります。
(投資信託の種類によって最小金額も異なります。)

つみたてNISAを利用する

投資信託で不労所得を目指すなら、つみたてNISAの活用がオススメです。

つみたてNISAとは、積立専用のNISA(少額投資非課税制度)のこと。

年間40万円の範囲内で投資した商品の運用益が、最長20年間非課税になります。一般NISA(年間120万円、最長5年間)よりも、期間が長く積立投資に適した設計です。

通常、投資で得た利益に対して「所得税」「住民税」「復興特別所得税」が合計20.315%かかります。

つみたてNISAは高い節税効果が期待できるので、より多くの不労所得を稼ぐことができます。

積立投資を検討していて、かつ税金を抑えて少しでも不労所得を得たい20代におすすめです。

20代で不労所得(2) ブログやSNSで広告収入を得る

2021年は「インフルエンサー」という言葉が定着した年と言えます。

インフルエンサーの様に情報を発信することが好きなら、ブログやSNSで不労所得を手にする事も可能です。

代表例は、ブログやYouTubeが挙げられます。ブログの記事に掲載した広告や、動画の広告は読み手や視聴者がいる限り、広告報酬が不労所得として得られるのです。

ただし、他の方法と違って、不労所得を手に入れるまでに情報発信を続けたり、広告に関する勉強も必要になります。

なので、20代でブログやSNSに没頭している、情報発信に興味がある人向けにオススメの方法です。

20代で不労所得(3) 株式投資・暗号資産投資

不労所得を得る方法として、定番中の定番なのが株式投です。

また、2021年においては株式投資に近い存在として暗号資産投資も仲間に入れられます。

株式投資では、安く買って高く売る売買の利益と、配当が不労所得です。

また、暗号資産(仮想通貨)の中には保有するだけで、株の配当と同じ様に報酬が発生する銘柄もあります。

市場の大きさと、自己資金によって株式と暗号資産で向いている不労所得の目指し方を確認しておきましょう。

安定性重視なら大型株を運用

安定性を重視するなら、やはり価格が暗号資産と比べて安定しやすい株式投資が良いでしょう。

各国を代表する大手企業の大型株を中心に運用すれば、かなりリスクを抑えた運用が可能です。

しかし、暗号資産投資と比べると初期資金が多く必要になります。

株式は基本的に単元(たんげん)という単位で売買する必要があるからです。

最近では、1株未満から購入できるサービスがあるものの、満足のいく不労所得を手に入れるには現実的ではありません。

利益重視なら暗号資産投資

不労所得を目指すのに資金が少ないといった方は、暗号資産投資が現実的な方法でしょう。

もちろん、暗号資産自体が新興市場なので他の方法と比べるとリスクが高くなります。

リスクの半面、成功した場合の期待値が高く、最速で不労所得を得てセミリタイアも十分に現実的です。

例えば、ビットコインの価格は1年で約16倍にまで安値圏から急騰しています。

もし、100万円分投資していれば1600万円ですから、他の投資商品に乗り換えて不労所得も十分に得られたでしょう。

同じ様な現象が、他のマイナーな暗号資産で起こる可能性もあるので、あえて分散せずリスクを取れば短期間でセミリタイアを目指せるかも知れません。

とは言え、初心者に買い時を探るは難しいので「つみたて暗号資産」などを使うも良いでしょう。

GMOコインのつみたて暗号資産とは?毎日積立~月一でシミュレーションしてみた「暗号資産を始めたいけど、どのタイミングで購入するのが正解なの?」といった疑問がある方は、GMOコインの「つみたて暗号資産」が良いでしょ...

20代から不労所得を目指すメリット・デメリット

メリットデメリット
複利効果が最大限に発揮される

得られる経験が多い

リスクに対応できる時間が長い

資金が少ない

怪しい話も多い

ここまで、20代で不労所得を目指す現実的な方法をご紹介しました。

少し難しく感じたかも知れませんが、そもそも20代で資産形成を始めること自体にメリットが多いです。

老後への不安を感じる年齢で始めるより、20代から動いた方が成功に繋がります。

早めに長く資産運用やお金の勉強を始めることが大切です。
ここでは、20代から不労所得を目指すメリット・デメリットを解説します。

20代から不労所得を目指すメリット

20代から不労所得を目指すことで、セミリタイアを達成できる可能性が増すメリットがあります。

また、お金の勉強を学習能力の高い20代から始めることで、その後のライフスタイルを大きく変えるはずです。

複利効果が最大限に発揮される

20歳を迎えれば、ほとんどの投資商品が購入できます。

ほとんどの証券会社は、18歳以上もしくは20歳以上を目安に、口座開設の条件を設けているからです。

不労所得へ向けた資産形成は、早い段階で始めることで、複利効果を最大限に発揮できます。

複利効果とは、利益を運用資金に回すことで、より多くの利益を得られることです。

例えば、3000円投資でも複利効果で意外と儲かるといった話を以下の記事でしています。

3000円から始める投資!メリット・デメリットとタイプ別おすすめ運用方法「投資で稼いでみたいけど、大金が必要なんでしょ?」と何となく将来や夢のために投資するのを諦める人は多いです。 とは言え、時代は20...

得られる経験が多い

不労所得を目指す過程で、色々なビジネスに挑戦したり、様々な知識を勉強するかも知れません。

直接的にお金を生まなかったとしても、経験と知識は確実に役立ちます。

なぜなら、不労所得を得るのに必要な学びと経験はお金に関する内容だからです。

資本主義の現代社会において、お金は日々の生活でずっと関わってきます。

経験は話の話題になったり、またお金の勉強をしたい方へ知識を教えることで新しいビジネスも生まれるかも知れません。

リスクに対応できる時間が長い

若いうちは、どんどん失敗したら良い」と、こんな話をする優しい上司がいるかも知れません。

実際に、不労所得を目指す過程で損失を出して失敗する可能性もあります。

とは言え、一般的な生涯年収は2.5~3億円なので20代の失敗は取り返すことができるでしょう。

しかし、30代・40代・50代と年齢を重なれば損失を埋めるのは難しいです。何より、遅く始めると複利効果も減少します。

20代から不労所得を目指すデメリット

20代から不労所得を目指すデメリットはないか気になる人は意外と少ないです。

しかし、不労所得を得る上のにデメリットを知る考え方は大切になります。
なぜなら、あらゆる投資・ビジネスにはデメリットがあるからです。

弱点への対策をすることが、成功へのコツと言えるでしょう。

資金が少ない

20代は、やはり不労所得を目指す上での資金が他の年齢層と比べて少ないデメリットがあります。

もちろん、早く始めることで複利効果が発揮されるメリットもあるため、運用で資金を上手く増やしていくことが大切です。

資金の差を埋めるほどの利益を上げるために、効率の良い運用方法や、有望な投資商品を探すための知識を勉強しておきましょう。

怪しい話も多い

最初にお伝えした通り、お金に関する勉強で正しい知識をつけること、そして不労所得を得るには労力必要です。

勉強や労力を惜しむと詐欺被害に遭う可能性もあります。

どうしても、20代の若い年齢だと知人やSNSなどで怪しいビジネスや投資に誘われる可能性が高いです。

詐欺被害でお金を失わないためにも、勉強と労力を惜しまない基本姿勢を大切にしましょう。

20代から不労所得を目指すならまずは投資の勉強を!

この記事のまとめ
  • 不労所得を得るためには「労力」や「資金」が必要
  • 平均収入や平均貯蓄額も参考に、自分の資金で方法を決める
  • 20代で不労所得を目指すなら「投資信託」「広告運用」「株式・暗号資産」
  • 20代で始めるメリット「複利効果が最大化」「得られる経験が多い」「リスクへ対応できる」
  • 20代で始めるデメリット「資金が少ない」「怪しい話も多い」

暗号資産投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)

今回は、20代で不労所得を目指すのにおすすめの投資商品やメリットなどを紹介しました。

20代から投資を始めれば、多くの不労所得を稼げるチャンスがあります。時間を味方につけられるため、複利効果を高めリスクを軽減することが可能です。

ただし、何も知らない状態で始めてもリスクしかありません。まずは投資関連本を読んだり、セミナーに参加したり、デモトレードや経済ニュースを見たりして、少しずつ勉強してみましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインリスクネムベーシックアテンショントークンステラルーメンテゾス
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

投資でお金を増やす
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事