SBI VCトレード

SBI VCトレードに登録できる年齢は?年齢制限や登録方法を解説

この記事を読んでほしい人
✔ SBI VCトレードで仮想通貨取引をしたい方
✔ SBI VCトレードで口座開設をしたい未成年の方
✔ SBI VCトレードで口座開設する方法を知りたい方

日本国内で利用できる仮想通貨取引所の多くでは、口座開設に年齢制限を設けています。年齢制限の具体的な内容は、取引所ごとにさまざま。

では、SBIバーチャル・カレンシーズでは、口座開設の年齢制限はあるのでしょうか。

そこで今回は、SBIバーチャル・カレンシーズでの年齢制限や登録方法について解説していきます。

この記事の要約
  • SBI VCトレードでは20歳未満は口座開設できないが、高齢者に関しては制限がない
  • 未成年の方でも口座開設できる仮想通貨取引所は「FISCO」
  • 未成年の方が口座開設をする場合「親権者の同意書」「本人と親権者の関係を証明する書類」が必要となる
  • SBI VCトレードはセキュリティが高く、手数料が安い取引所

取引所の年齢制限とは

仮想通貨取引所の口座開設時の年齢制限の内容は、未成年だけ口座開設は不可としているところもあれば、高齢者も含めて不可としているところもあります。

SBI VCトレードでは20歳未満は口座開設不可としていますが、高齢者に関して制限はありません

参考:https://www.sbivc.co.jp/support/registration/

未成年ではアカウントは作成できない

SBI VCトレードでは、20歳以上しか口座開設できない取り決めになっていますので、残念ながら未成年の方はアカウントの作成ができません

SBI VCトレード以外の取引所で口座開設をする場合

未成年の方が、仮想通貨取引を始めようとする場合は、SBI VCトレード以外の取引所で口座を開設しなければなりません。

未成年の方でも取引できる仮想通貨取引所はFISCOがあります。そこで、FISCOを例に未成年者の口座開設手続きの方法を紹介していきましょう。

本人確認の方法が違う

未成年の場合の本人確認の方法は20歳以上と少し異なります。これは、未成年の方が親権者の保護の下に生活しているから。

親権者の方が同意しなければ口座を開設することができませんので、それを証明する書類など、20歳以上の方よりも多くの書類を提出しなければならないのです。

未成年が投資を始めるのに必要なもの

FISCOで、未成年の方が口座を開設するために必要な書類を解説していきましょう。

20歳以上であれば本人確認書類だけでいいのですが、未成年の場合にはそれに加えて、親権者の同意書と親権者との関係性を示す書類が必要です。

参考:https://fcce.jp/faq#doc_certify_7

本人確認書類

本人確認書類は、年齢に関係なく共通です。

  • 1点だけ提出:運転免許証、マイナンバーカードなど
  • 2点を組み合わせて提出:各種健康保険証、住民票など

大学生の方なら、写真つきであれば学生証も本人確認書類として利用できます。

親権者の同意書

親権者が口座開設に同意した旨を示す書類として、親権者の同意書が必要です。

同意書の書式はFISCOのwebサイトでPDFファイルとして公表していますから、これをダウンロードして利用しましょう。

親権者との関係がわかる書類

同意書にある親権者が、口座開設申請者とどのような関係にあるのかもFISCOに提示する必要があります。

  • 住民票
  • 戸籍抄本
  • 健康保険証
  • 母子手帳

この手続きに用いられる書類は上記のとおりで、これらのうち1点だけ提出すればOKです。

SBI VCトレードの口コミを確認

SBI VCトレードの年齢制限に関係する口コミを、ツイッターから紹介していきましょう。

温泉好き☆40台の主婦あずささんのツイート

SBI VCトレードは、これまで20〜70歳までしか口座開設できませんでした。

つまり高齢者も開設できなかったわけですが、このたび高齢者の制限が取り払われたのです。

あずささんは、そのことを評価しているようですね。

SBI VCトレードについて知ろう

SBIバーチャル・カレンシーズは、どのような特徴のある仮想通貨取引所なのでしょうか。他の取引所と比べた特徴をご紹介していきます。

特徴1:セキュリテイ対策

SBI VCトレードは、コールドウォレットやマルチシグネチャといったセキュリティ対策だけではありません。

  • パスワードの高度化
  • 総当たり対策
  • 成りすましによるサーバー侵入を防止するフィッシング対策
  • 社内の人間による犯行を防ぐ内部犯行対策

SBI VCトレードのセキュリテイ対策は、とても充実しています

特徴2:取引手数料が安い

SBI VCトレードでの現物取引は、手数料を含めた売買価格とすることで、取引手数料を徴収していません

日本円の入金手数料は無料ですし、住信SBIネット銀行を通した出金手数料は金額に関係なく50円

SBI VCトレードは、手数料がとても安い取引所です。

特徴3:スプレッドの幅が狭い

SBIバーチャル・カレンシーズは、販売所形式の仮想通貨取引所。仮想通貨の売買時の価格差であるスプレッドの幅を、業界最小の狭さを目指しています。

少しでも安く購入し、高く売却できるのがSBIバーチャル・カレンシーズの利点です。

まとめ

この記事のまとめ
  • SBI VCトレードでは20歳未満は口座開設できないが、高齢者に関しては制限がない
  • 未成年の方でも口座開設できる仮想通貨取引所は「FISCO」
  • 未成年の方が口座開設をする場合「親権者の同意書」「本人と親権者の関係を証明する書類」が必要となる
  • SBI VCトレードはセキュリティが高く、手数料が安い取引所

SBIバーチャル・カレンシーズの口座開設は、20歳以上に限られています。

未成年の方は残念ながら口座開設できませんが、セキュリティ対策の高さや取引手数料の安さなど、魅力の多い取引所です。

可能であれば20歳になるのを待って、SBIバーチャル・カレンシーズに口座開設することをおすすめします。

取引所名 SBI VCトレード
会社名 SBI VCトレード株式会社
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ
資本金 19億8,000万円(資本準備金を含む)
仮想通貨交換業登録番号 第00005号
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(会員番号1005)
事業内容 仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供
設立 2016年11月1日

SBI VCトレード
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト