ビットフライヤー

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)とは?使い方やチャートの見方を徹底解説

bitFlyerロゴ
この記事を読んでほしい人
✔ bitFlyer Lightningを使ってみたい方
✔ 仮想通貨の取引ツールについて調べている方
✔ 少ない資金で効率よく資産を増やしたい方

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)って何?」「使ってみたいけれど、どんな感じなの?」「画面が黒くて難しそう…

ビットフライヤー(bitFlyer)のbitFlyer Lightningの利用方法を詳しく知りたい方に向けて、使い方を実際の画像付きで、アプリ版についても解説しています。

2020年こそ仮想通貨デビューして投資を始めてみたい!という方も必見です。

この記事の要約
  • bitFlyer LightningはbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを作れば誰でも利用できる
  • bitFlyer Lightning は、仮想通貨の現物・FX・先物取引に対応
  • 損失が生じるリスクやロスカットで取引強制終了の可能性がある
  • bitFlyer Lightningはアプリでも利用できる

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)とは?

bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)は、仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が提供している仮想通貨の取引ツールです。レバレッジを効かせたFX取引、先物取引が可能です。

bitFlyer Lightningは細かい数字や複雑なチャートが表示され使い方が難しいと思われますが、bitFlyer Lightningを活用すれば、少ない資金で効率よく資産を増やすことが可能です。

この記事では実際の使い方を画像付きで分かりやすくご紹介します。

bitFlyer Lightningの特徴

bitFlyer Lightningはビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントを作れば誰でも利用できる取引ツールです。

完全マルチシグに対応した世界最高水準のセキュリティを備え、現物とFX、先物取引をすることができます。

特徴1:イーサリアム(ETH)の現物取引が可能

bitFlyer Lightningでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)を現物取引ができます。

通常、ビットフライヤー(bitFlyer)でイーサリアム(アルトコイン)を購入するとき、販売所経由でしか手に入れることしかできません。

販売所ではスプレッドが広く設定されているため利益を出すのが難しいですが、bitFlyer Lightningはユーザー同士の取引でスプレッド幅が狭く設定されているので、無駄なコストを掛けず売買できます。

特徴2:FX取引が可能 少ない資金で効率良く資金を増やせる

bitFlyer Lightningではビットコイン(BTC)のFX取引、先物取引をすることができます。

ビットコインFXでは証拠金を預けることで、預けた金額の何倍もの買い付けを行うことができます。

特徴3:目上がり・値下がり双方で利益を狙える

bitFlyer Lightningはビットコイン(BTC)のFX取引ができるので「売り」から注文を出すことできます。

通常の取引では価格が上がらないと利益を出すことができませんが、bitFlyer LightningはFX取引、先物取引が可能なので価格が下がっても利益を出すことができます。

bitFlyer Lightningのメリット

bitFlyer Lightningを使うメリットを見て行きましょう。

少ない資金でも大きな取引ができる

bitFlyer Lightningは、仮想通貨の現物・FX・先物取引に対応した取引所です。

FXでは最大4倍のレバレッジをきかせることができるので、少ない資金でも大きな取引をすることができます。

価格が下がっても利益が出る

bitFlyer Lightningでは売りから注文を出すことができます。

通常の取引では価格が上がらないと利益が出ませんが、bitFlyer Lightningは空売りができるので価格が下がっても利益を出すことができます。

ハイリターンが得られる可能性がある

bitFlyer Lightningでは、レバレッジをきかせることで資産を何倍にもすることが可能です。

レバレッジとは「てこ」という意味で、FX取引ではレバレッジにより証拠金の何倍ものお金を取引できます。

スマホからも取引することができる

bitFlyer Lightningはスマホでも利用することができます。

忙しい時間帯、外出先でも取引できるので、買い時、売り時を逃すことがありません。

bitFlyer Lightningのデメリット

bitFlyer Lightningにはデメリットもあります。

大きな損失が生じるリスクがある

bitFlyer Lightningではレバレッジにより少ないお金を証拠金として預けることで、預けた金額の何倍もの買い付けを行うことができますが、逆に損失も大きくなるリスクがあります。

最悪の場合、入金している証拠金以上の損失が出て、不足分の追加入金(追証)を求められることもあります。

ロスカットで取引強制終了の可能性がある

ロスカットは、一定の損失が出たところでポジションを強制的に解消する仕組みです。

レバレッジ倍率が大きければ大きいほど、小さな価格の変化でロスカットが発生してしまいます。

bitFlyer Lightningでは証拠金維持率が50%を下回るとロスカットが適用されるので、注意しましょう。

bitFlyer Lightningの使い方

bitFlyer Lightningは基本的にbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント作り、諸手続きを済ませれば利用できます。

ここでは実際にbitFlyer Lightningを使うための準備から利用方法を解説します。

会員登録から入金までの流れ

bitFlyer Lightningを利用するためには、bitFlyer(ビットフライヤー)会員登録して入金をしなければいけません。

会員登録から入金までの手順は大きく分けて

  1. 登録する(アカウント作成)
  2. 本人確認資料を提出する
  3. 入金
  4. 購入

となります。

まずはサイトにアクセスし口座開設しましょう。

まだ、bitFlyer(ビットフライヤー)に口座開設していない方はこちらからウェブサイトに移動してください。

登録する(アカウント作成)

赤枠の箇所にメールアドレスを入力し、「アカウント作成」をクリック

メールが届くので、記載されているURLをクリックしてパスワード、同意事項にチェック、2段か認証の設定、を行います。

ここまでで、ウォレットクラスのアカウントが作成できました。

取引するためには、「トレードクラス」の登録を行います。

ログイン後のトップページ右側の「未入力」をクリック。個人情報の登録を行います。

本人確認資料を提出する

入力が完了したら、「続けて本人確認書類の提出する」をクリックして先に進みます。

本人確認書類は、運転免許証やパスポートといった顔写真付きの証明書です。画像をアップロードするので、PCに保存しておきましょう。

①の箇所をクリックして、一覧から提出する本人確認書類を選択します。

②の箇所に保存しておいた画像をドラッグするか、②の上にある「画像ファイルを選択する」をクリックしてアップロードします。これで登録は完了です。

審査が終わり次第、自宅に住所確認のハガキが到着した時点でトレードクラスの口座開設完了です!

入金する

続いて入金の解説です。

左メニュー①の「入出金」をクリックすると、中央に入金方法の選択画面が表示されます。
②の「銀行振込」をクリック。

②の「銀行振込」をクリック

専用の振込口座が表示されるので、そちらに入金しましょう。

bitFlyer Lightningで現物取引をする方法

bitFlyer Lightningにログイン

bitflyer lightningにログイン

トップ画面のメニューより「bitFlyer Lightning」をクリックしてログインします。

現物取引を選択

ログインするとbitFlyer Lightningの取引画面に移るので、現物取引をするときは「BTC/JPY」のタブを選択します。

現物取引を選択

注文方法を選択

赤枠の①より注文方法を選択します。

注文方法を選択

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能です。

数量を入力

赤枠の②より数量を入力します。

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能

価格を入力

赤枠の③より価格を入力します。

売りか買いを選択

注文に間違いがなければ「売り」か「買い」の注文を選択して完了です。

「売り」か「買い」の注文を選択して完了

bitFlyer Lightningは現物取引に関して約定数量×0.01~0.15%(単位:BTC)の手数料が発生します。

bitFlyer LightningでFX取引の場合をする方法

FX取引も基本的に現物取引とほとんど一緒です。

ビットコインFXを選択

画面の上部より「BTC/FX」のタブを選択します。

ビットコインFXを選択

注文方法を選択

赤枠の①より注文方法を選択します。

bitFlyer Lightning

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能です。

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能

数量を入力

赤枠の②より数量を入力します。

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能

価格を入力

赤枠の③より価格を入力します。

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能

売りか買いを選択

注文に間違いがなければ「売り」か「買い」の注文を選択して完了です。

「売り」か「買い」の注文を選択して完了
bitFlyer Lightning(FX)の売買手数料は現時点では無料です。

ただし、FX取引にはスワップ手数料が存在するので、1日保有するごとに0.04%の手数料がかかるので、長期保有する方は注意が必要です。

bitFlyer Lightningで先物取引をする方法

先物取引を選択

画面の上部より「BTC/JPY-10JAN2020」のタブを選択します。

先物取引をする方法

同意する

利用にあたり同意を求められるので、問題がなければ✔を入れて「同意します」をクリックします。

同意する

注文方法を選択

赤枠の①より注文方法を選択します。

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能

数量を入力

赤枠の②より数量を入力します。

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能

価格を入力

赤枠の③より価格を入力します。

bitFlyer Lightningでは「指値」、「成行」、「特殊」を選択することが可能

売りか買いを選択

注文に間違いがなければ「売り」か「買い」の注文を選択して完了です。

「売り」か「買い」の注文を選択して完了

bitFlyer Lightningで特殊注文をする方法

bitFlyer Lightningで特殊注文

bitFlyer Lightningの注文方法には指値、成行以外に特殊な注文方法が用意されています。

「特殊」を選択すると指値 STOP

注文画面より「特殊」を選択すると指値、成行以外に「STOP」、「STOP-LIMIT」、「TRAILING」の5つの注文方法が表示されます。

STOPとは

STOP注文とは最終取引価格がトリガー価格になった場合、注文(売りor買い)が発動する注文です。

STOP-LIMITとは

STOP-LIMITは「STOP」注文に売り買いする価格に上限、下限を設定する注文方法です。

TRAILINGとは

トレーリング・ストップ注文とは、値動きに合わせてストップ注文のトリガー価格が自動更新される条件付きストップ注文の執行条件です。

IFD注文とは

「if Done」の略でAとBの2つの注文を出し、Aの注文が約定したら、Bの注文が出されるというものです。指値注文と合わせて、利益確定のための注文も同時に出したいときに使われます。

OCO注文とは

「One-Cancels-the-Other order」の略でAとBの2つの注文を出し、どちらかの注文が約定したら、別の注文はキャンセルされるというものです。上記「逆指値注文」で説明したように、利益確定と損切りのための注文をセットで行うときに利用されます。

IFDOCO注文とは

IFDOCO注文とはIFDとOCOを組み合わせた注文方法です。

bitFlyer Lightningをアプリで使う方法

bitFlyer Lightningはアプリからも利用することができます。ただし、アプリから利用するためには会員登録をしなければいけません。

アプリでの会員登録の流れ

ここではアプリから会員登録する方法を解説します。

アプリ登録

アプリをダウンロードしたらアプリを起動させ、「アカウント作成」をタップします。

アプリを起動

メールアドレスを登録する

画面が上の画像のように変わるので、①の欄にメールアドレスを入力します。
入力が終わったら②のチェックをタップします。

メールアドレスを登録

登録したアドレスにメールが届きます。

アプリ メール送信の確認画面

メールアドレスを開きリンクをタップすれば「アドレス登録」の完了です。

パスワードを設定する

次にパスワードを設定します。

取引目的等の確認の入力へ

①にアルファベット小文字、アルファベット大文字、数字、記号の内最低2種類を組み合わせてパスワードを入力します。文字数は9文字以上100文字以内となるので注意して下さい。

パスワードを入力したら②の「次へ」をタップします。

パスワード確認

「パスワード確認」画面に変わるので、①の確認に先ほど設定したパスワードを再度入力します。入力が終わったら②「完了」をタップします。

アプリ 利用規約の同意

利用規約の同意を求められるので、問題がなければチェック欄をONにして「同意」をタップします。

二段階認証を設定する

「同意」をタップすると「二段階認証」画面に変わるので「はじめる」をタップします。

アプリで二段階認証を設定

「はじめる」をタップすると登録したアドレスに認証コードが送らてくるので、入力します。

二段階認証を選択

二段階認証を選択します。
ビットフライヤーではアプリを使うことを推奨しています。「認証アプリを使う」はGoogle認証システムが必要なので、事前にダウンロードしておくと良いです。

ご本人情報のご登録

ここからは実際に取引するための設定を解説します。

トップ画面左上のハンバーガーアイコンをタップし「アカウント」を選択します。

トップ画面左上のハンバーガーアイコンをタップ

マイアカウント画面より、「登録内容」をタップします。
ご本人の基本情報(名前・住所等)を入力します。

登録内容

入力が終わると次は「ご本人確認資料のご提出」に進みます。

基本情報入力

基本情報、本人確認書類を提出します。
ログイン後、トップページより「こちら」をタップします。

トップページより「こちら」をタップ

基本情報(名前、性別、生年月日)を入力し、「次へ」をタップします。

ご本人様情報の画面

住所を入力したら下にスクロールし「次へ」をタップします。

ご本人様情報の画面 住所

電話番号を入力します。入力が終わったら下にスクロールして「入力内容を確認する」をタップします。

ご本人様情報の画面 電話番号

確認画面に変わるので、間違えがなければ下にスクロールし「登録する」をタップします。

入力内容確認画面

以上で基本情報の入力完了です。

「続けて本人確認書類を提出する」をタップ

続けて本人確認書類を提出するので「続けて本人確認書類を提出する」をタップします。

本人確認書類提出

本人確認書類提出

ビットフライヤーではご本人確認資料として

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国公的書類

以上から提出することができます。

ここでは「運転免許証」で進めるので、「運転免許証」をタップします。

①より運転免許証の「表面」
②より運転免許証の「裏面」

をアップロードします。

画面を下にスクロールすると、黒枠の箇所に自分の住所等が記載されているので、間違いがなければ①をONにして②「登録」をタップして完了です。

取引目的等の確認

取引目的等の確認の入力へ

本人確認書類を提出したら、取引目的を入力します。

「登録内容」画面より「お客様の取引目的等のご確認」をタップします。

「私は外国の重要な公人や、その親族ではありません」にチェックを入れ、「次へ」をタップします。

「私は外国の重要な公人や、その親族ではありません」にチェック

ご自身の職業を選択し「次へ」をタップします。

ご自身の職業

財務情報、取引目的、投資経験等を入力して「次へ」をタップします。

財務情報、取引目的、投資経験等を入力

登録経緯を選択します。選択を終えたら「次へ」をタップします。

登録経緯を選択

「内部者に該当しません」を選択して「確認」をタップします。
内部者とは特定仮想通貨の開発等を行う団体に所属している人を指します。
ここでは「該当しない」で進めます。

「内部者に該当しません」を選択

「確認」をタップすると入力内容確認画面に変わるので、間違いがなければ「登録をする」をタップして完了です。

審査後

提出した書類はビットフライヤーで確認作業が行われるので、審査が通れば郵送ハガキが送られて登録完了となります。

次に、実際の取引方法と手数料をご紹介します。

bitFlyer Lightningで現物取引をする方法

<現物取引方法を、画像キャプチャ付きでフリーライティング>

bitFlyer Lightningにログイン

アプリを起動させメニュー画面より「Lightning Web」をタップします。

bitFlyer Lightningにログイン

現物取引を選択する

  • ①・・・ビットコインと日本円の現物取引
  • ②・・・イーサリアムと日本円の現物取引
  • ③・・・イーサリアムとビットコインの現物取引
  • ④・・・ビットコインキャッシュとビットコインの現物取引

自身の取引したい通貨ペアを選択します。

注文方法を選択

①より注文方法を選択します。

数量を入力

②より数量を入力します。

価格を入力

③より価格を入力します。

売りか買いを選択

最後に「売り」か「買い」を選択して終了です。

bitFlyer Lightningは現物取引に関して約定数量×0.01~0.15%(単位:BTC)の手数料が発生します。

bitFlyer LightningでFX取引の場合をする方法

FX取引を選択する

トップ画面より「BTC-FX/JPY」を選択します。

同意する

利用にあたり同意を求められるので、問題がなければ✔を入れ最後に「同意する」をタップします。

注文方法を選択

①より注文方法を選択します。

数量を入力する

②より数量を入力する

価格を入力する

③より価格を入力します。

最後に「売り」か「買い」を選択して完了です。

bitFlyer Lightning(FX)の売買手数料は現時点では無料です。
ただし、FX取引にはスワップ手数料が存在するので、1日保有するごとに0.04%の手数料がかかるので、長期保有する方は注意が必要です。

bitFlyer Lightningで先物取引をする方法

先物取引を選択

  • ①・・・1週間物
  • ②・・・2週間物
  • ③・・・3週間物

トップ画面より先物の種類を選択します。

同意する

利用にあたり同意を求められるので、問題がなければ✔を入れ最後に「同意する」をタップします。

注文方法を選択する

①より注文方法を選択します。

数量を入力する

②より数量を入力します。

価格を入力する

③より価格を入力して、間違いがなければ「売り」か「買い」をタップして完了です。

bitFlyer Lightningで特殊注文をする方法

注文画面より「特殊」を選択すると指値、成行以外に「STOP」、「STOP-LIMIT」、「TRAILING」の5つの注文方法が表示されます。

STOPとは

STOP注文とは最終取引価格がトリガー価格になった場合、注文(売りor買い)が発動する注文です。

STOP-LIMITとは

STOP-LIMITは「STOP」注文に売り買いする価格に上限、下限を設定する注文方法です。

TRAILINGとは

トレーリング・ストップ注文とは、値動きに合わせてストップ注文のトリガー価格が自動更新される条件付きストップ注文の執行条件です。

IFD注文とは

「if Done」の略でAとBの2つの注文を出し、Aの注文が約定したら、Bの注文が出されるというものです。

指値注文と合わせて、利益確定のための注文も同時に出したいときに使われます。

OCO注文とは

「One-Cancels-the-Other order」の略でAとBの2つの注文を出し、どちらかの注文が約定したら、別の注文はキャンセルされるというものです。

上記「逆指値注文」で説明したように、利益確定と損切りのための注文をセットで行うときに利用されます。

IFDOCO注文とは

IFDOCO注文とはIFDとOCOを組み合わせた注文方法です。

bitFlyer Lightningの使い方まとめ

この記事のまとめ
  • bitFlyer LightningはbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを作れば誰でも利用できる
  • bitFlyer Lightning は、仮想通貨の現物・FX・先物取引に対応
  • 損失が生じるリスクやロスカットで取引強制終了の可能性がある
  • bitFlyer Lightningはアプリでも利用できる

bitFlyer Lightningは、bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを作れば誰でも利用できる仮想通貨の現物・FX・先物取引に対応した取引所です。

bitFlyer Lightningはアプリでも利用できるので、スマホなどで場所や時間を選ばずに仮想通貨の取引が可能です。

損失が生じるリスクやロスカットで取引強制終了の可能性があるため気を付けて取引する必要はありますが、少ない資金でレバレッジをきかせた取引を行いたい方には必見のツールです。

ビットフライヤー(bitFlyer)に口座開設すれば使えるようになるので、2020年は仮想通貨の投資もチャレンジしてみたい!という方は、ぜひ使ってみてください。

ビットフライヤー
国内最大級の定番取引所、ビットフライヤー

\すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitFlyer

最短即日で利用できるのが魅力。アプリも使いやすい
※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

ビットフライヤー公式サイト