レバレッジ取引入門

【ビットコインFX】RSIとは?基本設定とシグナルをチャートで実践解説。

bitcoin-fx-rsi-title
この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。
この記事で分かる事!
  • RSIとは?
  • ビットコインFXでオススメの期間設定は?
  • ビットコインFXでどうやって活用する?

絶えず大きく価格が変動するビットコイン相場。
もし、下がりやすい環境・上がりやすい環境が予想できるとしたら?

RSIを表示するだけで、経験の浅い新米トレーダーでも「上下どちらに触れやすい環境か?」が分かりやすくなります。

価格が下がる状況でも稼げるビットコインFXでは、RSIを活用しましょう。

初心者向けの基礎から、ビットコインFXで実践できるテクニックまで!
今回は、定番のテクニカルツール「RSI」について解説します。

RSIとは?ビットコインFXで使える?

bitcoin-fx-rsi-1Relative Strength Indexを略して「RSI」。
日本語に訳すと「相対力指数」と言います。

ようするに、チャートから分析できる買いと売りの相対的な割合を示すのがRSIです。

とは言え、少し難しいですよね。
RSIがどんな数値で作られているかを知ると、簡単に理解できます。

RSIの計算式

○○期間の値上がり幅合計÷(○○期間の値上がり幅合計+○○期間の値下がり幅合計)×100%

一定期間で、どのくらい価格が動いたか?を値上がりの合計で平均値かしたのがRSIです。

ざっくり言うと、上がった価格と下がった価格の値幅で「平均的に見たら買われ過ぎたよね?」といった考え方がRSIの本質になります。

例えば、ここ数日間の間で10万円値上がる→5万円値下がるを繰り返していたとしましょう。

ある瞬間で一気に20万円値上がれば「ちょっと買われ過ぎ?」だと思いますよね。

RSIの期間設定は「デフォルト値でOK」

bitcoin-fx-rsi-2RSIの期間設定は1つです。
○○期間の値上げ幅・値下げ幅から、RSIは算出されるとお伝えしました。

その○○期間を決めるのが、期間設定です。
ビットコインFX向けの設定は存在せず、デフォルトの設定で問題ないです。

例えば、株式相場や為替市場では営業日に合わせて「土日」を除外した期間設定などがあります。

しかし、ビットコインFXには休場がないので合えて変更する必要はないです。
ちなみに、多くの場合は「期間:14」の終値で設定されています。

RSIの考案者であるJohn Welles Wilder氏も「14期間」を推奨しており、最も無難です。

日足チャートであれば、ビットコイン相場の2週間分の平均値となります。

当サイトでは、ビットコインFXの相場分析記事を含めて「TradingView(トレーディングビュー)」でテクニカル分析を行っています。

基本的にどこの取引所を使っても、RSIについては定番のテクニカルツールなので利用可能です。

RSIの基本的な見方

bitcoin-fx-rsi-3RSIは、「RSI(シグナル線)」と「RSI%」の2つで構成されています。
実際のチャート合わせて3つ、非常にシンプルで見方も分かりやすいです。

個別にどんな役割なのか解説します。

RSI(シグナル線)

RSIのシグナル線は、実際のチャートに沿う形で描かれています。
チャートは現在価格を結んで描かれますが、過去の価格変動幅を結んでシグナル線は描かれます。

したがって、基本的にはシグナル線(RSI)が上向きなら上昇傾向にあるといった見方ができます。

一方で下向きなら、下降傾向という見方です。

しかし、実際のチャートとシグナル線(RSI)の動きが合わない場合もあり得ます。
取引シグナルとしての見方があり、動きが合わない時は「相場が買い売りの何れかが行き過ぎた状態」です。

RSI%

横軸に描かれるのは「RSI%」です。

  • 0%にシグナル線が近づくほど「買われている相場」
  • 100%にシグナル線が近づくほど「売られている相場」

上記の考え方でRSI%を見ます。

つまり、シグナル線(RSI)が現在の価格がどんな位置か?RSI%がその位置がどういった場所なのか?です。

とは言え、極端にRSI%が上下に触れるケースがあります。
冒頭でお伝えした通り、極端な位置は「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するシグナルです。(※詳しい見方はリアルチャートで解説します。)

【ビットコインFX】リアルチャート解説!RSIのシグナル3つ。

ここまで、RSIの基礎をお届けしました。

とは言え「ビットコインFXでどうやってトレードで使えば良い?」といった疑問があると思います。

  • RSI%で見る「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」のシグナル
  • RSIの強気ダイバージェンス
  • RSIの弱気ダイバージェンス

具体的に、RSIを使った取引シグナルを3つ解説します。
非常にシンプルかつ、ビットコインFXで扱いやすいので覚えておきましょう

RSI%で見る「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」のシグナル

bitcoin-fx-rsi-4RSI%から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」の相場を判断できるシグナルです。
チャート上に表示される、右側のRSI%の数値とシグナル線(RSI)に位置がポイントです。

  • シグナル線(RSI)がRSI%70%以上で推移→買われ過ぎの相場
  • シグナル線(RSI)がRSI%30%以下で推移→売られ過ぎの相場

上記のような判断をし、それぞれを「買われ過ぎ相場→売りシグナル」といった様に考えます。

あくまで、RSI上における判断基準ですが、十分にビットコインFXでも使う機会は多いです。

具体例として、ビットコインFXの日足チャートを見てみましょう。

bitcoin-fx-rsi-5赤丸部分では、RSIが70%の水準を上回っています。
つまり、直近の変動幅に対して「買われ過ぎの相場」が発生しており、売りシグナルです。

実際に、その後の急落展開をみると売りシグナルが成立したのが分かります。

1つコツとして、同じ方向を指すチャートパターンと一緒に分析するとRSIを使ったトレードは勝ちやすいです。

例えば、上記のビットコインFXチャートでは「ヘッド&ショルダー」のパターンが成立しており、下降トレンド入りのシグナルが2つありました。

RSIの強気ダイバージェンス

bitcoin-fx-rsi-6
強気ダイバージェンス
  • 実際のチャートは安値を切り上げ
  • シグナル(RSI)は安値を切り下げ
  • →強気ダイバージェンス

上記のビットコインFXチャートでは、実際のチャートが安値を切り上げる「上向きのトレンドライン」に対して、RSIは下向きを指しています。

このような状態を「強気ダイバージェンス」、買いシグナルとして判断します。

相対的に見て、売られ過ぎのはずが、実際には大きく買われている逆行現象を「ダイバージェンス」と言います。

実際のチャートが最も重視されるべきなので、安値を切り上げた動きを「まだ上がる」と捉える考え方です。

ビットコイン市場においては、強気のダイバージェンスがバブル相場では高頻度で見られました。

大きな買い、そして更に大きな買いが発生する強気の相場展開で見られやすいシグナルです。

RSIの弱気ダイバージェンス

bitcoin-fx-rsi-7
弱気ダイバージェンス
  • 実際のチャートは高値を切り上げ
  • シグナル(RSI)は高値を切り下げ
  • →弱気ダイバージェンス

RSIの売りシグナル「弱気ダイバージェンス」とは、強気ダイバージェンスと真逆の動きになります。

実際のチャートが高値を切り上げる展開、しかしRSIは高値を切り下げる下向きの展開です。

仕組みとしては前回で大きく買われたものの、保ち合いや押し目が十分でなく「買われ過ぎている」という考え方になります。

参考として、ビットコインFXの1時間足を表示しています。
陽線をつけ、1度目の高値を作った後は押し目らしい展開が見られず、ジリ上げの展開です。

さらに、一旦はRSI70%を上抜けており、2つの売りシグナルが直前では確認できます。

1つのコツとして、1回目・2回目の高値でいずれか、もしくは両方がRSI70%を上回っているか?を判断材料に加える方法があります。

複数の根拠を持つことで、シグナルとは逆方向となる「ダマシ」を回避可能です。

まとめ

今回は「【ビットコインFX】RSIとは?基本設定とシグナルをチャートで実践解説。」のテーマでした。

この記事のまとめ
  • RSIは「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断する
  • RSIはシグナル線とRSI%で価格の上下幅を示す
  • ダイバージェンスと70%・20%で分析

RSIを使いこなせると相性が良いのは、ブレイクアウト系の手法です。

ビットコインは未発展の市場という事実があり、投資家・トレーダーの傾向として買い過ぎ・売り過ぎは珍しない現象とも言えます。

したがって、RSIで相場の過熱度を見て、他のブレイクアウト手法と組み合わせたトレードなど戦術の幅が広がると思います。

レバレッジ取引入門
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事