情報収集・分析

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインが無料でもらえる7つの方法を詳しく解説!口座開設で1,000円獲得できる取引所やタダで仮想通貨をゲットできるアプリやゲームを紹介

この記事を読んでほしい人
✔ すでに仮想通貨を持っている方
✔ より戦略的に仮想通貨投資をしたい方
✔ 取引所に登録している方

もしまだ取引所をお持ちでない方は、まずはこちらの「取引所の選び方」を参考にしてみてください。
この記事を読んでほしい人
✔ 暗号資産(仮想通貨)を無料で手に入れたい方
✔ 暗号資産(仮想通貨)は怖いというイメージを持っている方
✔ 暗号資産(仮想通貨)をコツコツためていこうと思っている方

暗号資産(仮想通貨)は世界的に注目度が上がっており、今後に期待されています。

暗号資産(仮想通貨)を手に入れるには日本円で購入する必要がありますが、なんと無料で暗号資産(仮想通貨)を手に入れる方法もあるんです。

そこで今回は、無料で暗号資産(仮想通貨)をもらえる方法をご紹介していきましょう。

この記事の要約
  • 暗号資産(仮想通貨)を無料で手に入れるには「口座開設キャンペーン」「エアドロップ」「ポイント・アンケートサイト」「フォーセット」「スマホゲーム・アプリ」がある
  • 暗号資産(仮想通貨)を無料で手に入れるおすすめのサービスとして「Tadacoin」「FreeBitco.in」「ちょびリッチ」がある
  • 楽に暗号資産(仮想通貨)を手に入れる方法はアービトラージ
  • 暗号資産(仮想通貨)投資を無料で今すぐ始めたいなら「口座開設キャンペーン」が手っ取り早い

まずは口座開設だけで1,000円もらえるDMM Bitcoinで口座を開設!

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料で稼ぐ7つの方法

通常、暗号資産(仮想通貨)を手にいれるためには、日本円で購入する必要がありますが、無料でもらえる方法もいくつかあります。

今回は暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料でもらえる方法をご紹介します。

取引所のキャッシュバックキャンペーンを利用する

GMOコインでは販売所で暗号資産(仮想通貨)を購入すると、毎日抽選で10名に現金1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

毎日チャンスがあるという点が大きな注目ポイントの一つですね。

GMOコインは手数料やスプレッドが安く、セキュリティ対策が徹底していることで有名なので安心して利用することができます。

GMOコインのセキュリティ対策は、国内取引所でもNo1という声も上がるほど、信頼性の高い取引所ですので、安心して口座開設を行い、タダで仮想通貨(ビットコイン)をもらっちゃいましょう。

関連ページ:GMOコインの評判・口コミとメリット・デメリット【完全解説】

取引所の口座開設キャンペーンを利用する

これから暗号資産(仮想通貨)投資を始めたい人は、口座開設でビットコインがもらえるキャンペーンを利用すると、お得に暗号資産(仮想通貨)を手に入れることができます。

おすすめの取引所は、DMM Bitcoinです。DMM Bitcoinでは、口座登録するとビットコインが現金1,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。(2021年1月1日まで)

もらった1,000円を使ってビットコインを購入すれば、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設するだけで無料で投資を始めることができます。

口座開設に一切費用はかからないので、まずはDMM Bitcoinの公式サイトから口座開設をすすめましょう。

暗号資産(仮想通貨)のアプリやゲームを利用する

スマホのアプリやゲームで暗号資産(仮想通貨)を手に入れる方法もあります。

おすすめなのがAircoins。簡単にすぐ暗号資産(仮想通貨)を手に入れることができるARゲームです。

スマホをかざして、出てきた暗号資産(仮想通貨)をタップするだけで、無料で暗号資産(仮想通貨)を手に入れることができます。

Aircoins:https://dappsmarket.net/other/osusume-app/

Aircoinsは、アプリをダウンロードすることで、利用することが可能です。

アプリダウンロード後、必要な情報を記入します。

その後、ポケモンGOのように、マップに表示されるコインを探して街を歩き、 ARを利用してビットコインをゲットしていきます。

通貨のFaucet(フォーセット)を利用する

フォーセットとは英語で蛇口という意味。文字通り蛇口から水が出るように暗号資産(仮想通貨)がもらえるサービスです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • モナコイン(MONA)

フォーセットは古くからあるサービスで、上記のような人気の暗号資産(仮想通貨)がもらえるフォーセットがたくさん存在します。

フォーセットの意味は「蛇口」を意味し、この場合ですと、ひねれば暗号資産(仮想通貨)が出てくる、という意味になります。

フォーセットを利用するには、まずはフォーセットサイトに登録する必要があります。

フォーセットサイトは多くありますので、ここでは有名なフォーセットサイトを紹介します。

ポイントサイト・アンケートサイトを利用する

ポイントサイトやアンケートサイトはポイントだけでなく、暗号資産(仮想通貨)を無料でもらうこともできます。

特に難しい操作は必要ないので、初心者の人にはおすすめです。

Airdrop(エアドロップ)を利用する

エアドロップで、レアな暗号資産(仮想通貨)を無料で手に入れられます。

エアドロップとは、ICOで資金調達したいプロジェクトがキャンペーンの一環として行っているもので、発行したトークンを無償配布するというもの。

エアドロップで配布される暗号資産(仮想通貨)は少量ですが、上場し高値で取引されるようなことがあれば、大きな利益を得られる可能性があります。

エアドロップの情報は、以下のサイトでチェックできますので参考にしてください。

エアドロップの情報を確認:https://airdropalert.com/

エアドロップで暗号資産(仮想通貨)を貰うのに必要なものは以下です。

メールアドレスは捨てアドレスでも可能。配布される暗号資産(仮想通貨)は、イーサリアム(ETH)をベースにしたものが多いため、イーサリアムウォレットで受け取る必要があります。

テレグラムは暗号資産(仮想通貨)でのラインのようなものです。暗号資産(仮想通貨)を受け取るには、テレグラムへの参加が条件になる場合もありますので、事前にアカウントを作成しておきましょう。

以上を準備し、サイト内で欲しい暗号資産(仮想通貨)を選択し、指示に従い手続きをおこなっていけば、暗号資産(仮想通貨)を無料でもらうことができます。

無料配布されるプレゼントキャンペーンを利用する

キャンペーンサイトやポイントサイト利用以外にも、無料でビットコインをもらう方法があります。

それが、ビットコインの無料配布キャンペーンに申し込むことです。

例えば、取引所開設の際に、ビットコインが無料で配布されることもありますし、企業がビットコインを無料で配布してくれることもあります。

そのような例はまだ多くはありませんが「ドミノ・ピザ・フランス」が、創立30周年を記念して、30万ユーロ(約1180万円分)のビットコインを無料配布するキャンペーンを実施しました。

日本ではまだ馴染みが薄いキャンペーンですが、海外では、このような動きもありますので、情報収集を行なっていけば、無料でビットコインをもらうチャンスは増えるかもしれません。

▼暗号資産(仮想通貨)取引所のキャンペーン情報を確認▼

仮想通貨取引所 キャンペーンを 全て比較!
【2020年1月最新】暗号資産(仮想通貨)のキャンペーンを比較。お得に取引所での投資を始める人必見! 「暗号資産(仮想通貨)取引所はいろいろなキャンペーンがあるらしいけど、多すぎてよくわからない…」という方も多いのではないでしょう...

実質無料で暗号資産(仮想通貨)をゲットできるマイニング(採掘)とは?

暗号資産(仮想通貨)の取引や送金といった操作を承認する作業を採掘 (マイニング)といいます。この採掘作業でも無料でビットコインを貰うことができます。

マイニングは承認プロセスに貢献したマイナーに対する報酬として暗号資産(仮想通貨)が分配されます。

暗号資産(仮想通貨)のマイニング報酬は、暗号資産(仮想通貨)のシステムの維持に貢献したマイナーに対する報酬です。

マイニングをするためには、初期費用を払い専用の機材を購入、又は出資して対価を得ますが、アプリやゲーム、ポイントサイトに比べ難易度が高いです。

暗号資産(仮想通貨)のマイニングとは? 仮想通貨を購入しなくても稼げる方法 暗号資産(仮想通貨)は暗号資産(仮想通貨)取引所で購入するものであると思っている人も多いかもしれません。 確かに取引所で暗...

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインが無料でもらえる理由は?

ポイントサイトやアンケートサイトにて無料で暗号資産(仮想通貨)がもらえるのはどうしてでしょうか?

その理由はサイト自体がスポンサーによる広告の収益により運営されており、その収益をビットコイン(BTC)に還元しているからです。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料でもらう条件2つ

ビットコインを無料でもらうためには、いくつか条件があります。

また、ビットコインを無料でもらってもいつかは日本円に替えたり、違う暗号資産(仮想通貨)に交換したいという場面が生じます。

よって以下の2点は必ず済ましておきましょう。

取引所で口座を開設する

ビットコインを日本円に替えたり、違う暗号資産(仮想通貨)に交換するためには、取引所を通さなければいけません。

取引所は海外取引所、国内取引所とありますが、セキュリティ、信頼性を求めるなら国内の取引所で口座開設しましょう。

ウォレットを準備する

取引所の口座開設と同時にウォレットも持つことになりますが、ウォレットは取引所のウォレットだけでなくアプリやソフトウェアなどいくつか用意しておいた方が良いでしょう。

1種類のウォレットだけでなく、保管用や決済用など自分のスタイルに合わせていくつかタイプの異なるウォレットを前もって準備しておくことをお勧めします。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料でもらえる取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer には、「ビットコインをもらう」というサービスがあります。

これは普段のクレジットカード申し込みやネットショッピング、各種サービスの会員登録などを bitFlyer 経由で行うだけで、ビットコインがもらえるサービスです。

また、2020年4月23日に修了しましたが、口座開設するだけで1000円もらえたりと定期的にキャンペーンを実施しているので、随時確認した方が良いでしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の評判・メリットとデメリット【安全性徹底分析!】

DMM Bitcoin

こちらビットコインではありませんが、2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分の期間中、DMM Bitcoinで新規口座開設するともれなく1,000円もらうことができます。

DMM Bitcoinなら1,000円でビットコインと投資を始められるのでとてもお得です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判・口コミ!安全性や特徴を徹底解説

CryptoGT(クリプトGT)​

CryptoGTは2018年6月に誕生した海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。海外の取引所ですが完全に日本語に対応しており、公式サイトを見ても、よくある不自然な日本語訳はありません。

CryptoGTは現在「取引ボーナスキャンペーン」を実施しており、期間中、BTCJPY、BTCUSDの取引量に応じて、証拠金として使用できるボーナス(クレジット)を付与されます。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインが無料でもらえるアプリの使い方

暗号資産(仮想通貨)を取り扱ったアプリは多数ありますが、ここではビットコインが無料でもらえるアプリをいくつかご紹介します。

Cheeese(チーズ)

cheeeseはメディアの「記事を読む」、「アンケートに答える」、「ショッピングをする」、「ミッションをクリアす」など、暗号資産(仮想通貨)版のポイントサイトのようなアプリです。

色々な方法でビットコインがもらえるようになっており、いつでも引き出しができるので、ちょっとした時間に稼ぎたいという方は、試してみるといいでしょう。

マクロミルのアンケート

マクロミルはアンケートに答えてポイントがタダでもらえるサービスです。

アンケートは1分もあれば回答できるものも多く、ちょっとしたスキマ時間にでもポイントを獲得することができるのでオススメです。

マクロミルではこのポイントがビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)と交換できるというわけです。

こちらは暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックと連携して行われるサービスとなっているので、暗号資産(仮想通貨)を受け取るにはコインチェックの口座が必要です。

moppy(モッピー)

moppy(モッピー)のポイントサイトを利用することで、ビットコインを無料でもらうことが可能です。

利用する際、ビットフライヤーのアカウントが必要です。

ちょびリッチ

ちょびリッチも、メールアドレスで会員登録後「アンケート」や「アプリダウンロード」「無料ゲーム」等を利用してポイントを貯めていくサイトになります。

貯まったポイントは、ビットコインに交換することが可能ですが、ビットコインへの交換の際には、ビットフライヤーのアカウントが必要になります。

Tadacoin(タダコイン)

Tadacoinは無料会員登録後にアンケートに答えたり、友達にサイトを紹介するだけでビットコインをもらうことができます。

Tadacoinの使用方法はメールアドレスやFacebook、TwitterなどのSNSアカウントなどで会員登録後、送られてくる広告を利用することで、その対価としてビットコインがもらえる仕組みになります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインが無料でもらえるゲームの使い方

暗号資産(仮想通貨)を取り扱ったゲームも沢山ありますよね。また、ゲームするだけで無料でビットコインがもらえたりも。

ここではゲームするだけでタダでビットコインがもらえるゲームをご紹介します。

ぴたコイン

ぴたコインは翌日のビットコインの価格予想を行うアプリです。

予想といっても価格がいくらになるなどではなく、単純に相場が上がるか下がるかを回答するだけなので、ちょっとしたゲーム感覚で楽しむことができます。

こちらに正解すればビットコインを獲得することができます。

連続正解をすることでボーナスも獲得でき、山分けも行われるようになっているのでかなり狙い目。

この他にもチケットを貯めてガチャを引くなど、色々な方法でビットコインが貰えるようになっているので、こちらもやってみるといいでしょう。

Bitcoin Alien Run (ビットコインエイリアンラン)

Bitcoin Alien Run (ビットコイン エイリアン ラン)は、エイリアンのキャラクターを操作してコースのクリアを目指すゲームでコースをクリアすると、ビットコインがもらえます

GoCryptobot(ゴー・クリプトボット)

GoCryptobot(ゴー・クリプトボット)は「ビットコイン エイリアン ラン」と似ています。

GoCryptobotのキャラクターが自動で動き「JUMP」や「SLIDE」を選択しながら、ゴールを目指します。

ウォレットの中で獲得したコインを確認でき、10,000ダストを貯めると10GCCに交換可能。

暗号資産(仮想通貨)をもらうためには最初にGCCを貯めましょう

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインが無料でもらえるサイトの使い方

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインが無料でもらえるサイトをいくつかご紹介します。

FreeBitco.in

FreeBitco.inは世界最大のフォーセットです。1時間ごとにアクセスすると、くじを引きをして暗号資産(仮想通貨)を無料でもらえます

会員登録も簡単で登録ページにてメールアドレスを登録し、送られてきたメールをクリックするだけです。

そのあとは、サイト内にある「Free BTC」などを利用して、無料でビットコインをもらいます

Moon Bitcoin​

Moon Bitcoinはマウスでクリックしているだけで、一定時間ごとにBTCを受け取ることができるサービスです。

無料で暗号資産(仮想通貨)をもらえるサイトは Faucet(フォーセット)と呼ばれ、実際に1回1回もらえるのは小さな小さな金額ですが、クリックするだけでもらえるので隙間時間に利用することができます。

FreeBitcoin

「Free Bitcoin」は iPhone と Android 両方で遊ぶことができる無料アプリです。

ルーレットを回して表示される数字に応じてビットコインをもらうことができるルーレット型のゲームで、取得するビットコインのレートは相場に応じて変動します。

日常生活の支払いでビットコインを無料で入手する2つの方法

普段生活する上で公共料金の支払いなど、必ず支払わなければいけないことありますよね。

こういった支払いからビットコインをもらえるサービスもあります。

取引所Coincheck(コインチェック)で公共料金を支払う

Coincheck でんき

Coincheck(コインチェック)では、電気の使用料金やガスの使用料金を支払うとビットコインがもらえるサービスがあります。

まずはCoincheckで新規会員登録を行ない、サービスに申し込みをします。

電気やガスの使用料金に応じて支払いの1%から最大7%をビットコインで還元されます。

【2020年最新】コインチェック(Coincheck)の評判・口コミとメリット・デメリット比較

取引所bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインをもらうサービスを利用する

ビットコインをもらう

bitFlyerの「ビットコインをもらう」なら、いつものネットショッピングや旅行予約、各社サービスへの会員登録などでビットコインをもらうことができます。

5000円分入手も可能?SNSのビットコイン無料配布キャンペーンに応募する

Twitterなどではしばしば「フォロー&リツイート」で暗号資産(仮想通貨)をプレゼントというキャンペーンがあります。

信憑性が低いものも多いですが、本当に5000円から1万円といった暗号資産(仮想通貨)をもらえるキャンペーンもあるため活用してみてもいいでしょう。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料でもらうメリット2つ

ビットコインを無料でもらえるメリットは大きく2つあります。

リスクゼロで暗号資産(仮想通貨)を無料でゲットできる

ビットコインがもらえるアプリの大半はダウンロードが無料なため、タダでビットコインをもらうことができます。

リスクもなくスキマ時間を有効活用してビットコインのおこづかい稼ぎができます。

ゲーム感覚で楽しめるアプリやアンケートなどサービスが多様なので、自分が使いやすいものを探して試してみましょう。

買い物がお得にできる

通常の商品購入だけで、商品の約1%~3%を還元してもらえます。

例えば、1万円の商品購入で約300円の還元が受けられます。

必要品を購入する際、ビットコインもらえるのでとてもお得ですよね。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料でもらうデメリット2つ

一見、ビットコインを無料でもらえるサービスを利用しても、デメリットと感じることもいくつかあります。

膨大な手間と時間がかかる可能性がある

ゲームをしたりアンケートに答えたりするサービスでは、手間と時間がかかります。

アンケートなど一問一答というケースではなく、何通りものアンケートに答えないともらえない場合もあるので、ケースによっては膨大な手間と時間がかかる可能性があります。

大きな稼ぎは期待できない

もらえる単価が約1円~数百円くらいなので手間暇かけた分の対価を得られない可能性があります。

アービトラージの自動売買システムが無料!おすすめツール2選

アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して、利益をだす方法です。

例えば、
Aという取引所がビットコイン(BTC)50万円だとして、Bという取引所が51万円だった場合、Aで買ってBで売ることができれば、それだけで1万円の利益が出ます。

この手法をアービトラージと言います。

アービトラージで自動売買するには、自動売買のソフトを提供しているサイトに登録する必要があります。

現在、多くのサイトがありますが、対応している取引所も様々ですので、自身の利用している取引所に対応しているのかを確認して、サイトへの登録は行いましょう。

MEOBIT(メオビット)

アービトラージは各取引所に日本円とBitcoinを同数保有し、それぞれの取引所で指定した価格差が開いた時、安い方で買いの注文を入れ、同時に高い方で売りの注文をいれます。

取引した瞬間、価格差分の利益を得ることができます。MEOBIT(メオビット)は自動で取引を行い、資産を増やすことができます。

今ならデモ版を無料で提供しているので、試してから利用して見るのも良いのではないでしょうか。

Pionex(パイオネックス)

Pionex(パイオネックス) はシンガポールを拠点とする、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を取り扱う中央集権型の取引所です。

グリッドやDCA(ドルコスト平均法)を使った自動売買トレードシステムが完全無料で使えます。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料でもらうときの税金面の注意点

暗号資産(仮想通貨)は個人からもらう場合、その時点で所得税の対象取引とはならない一方、贈与税の対象になる事があります。

また、法人から贈与を受けた場合や、法人に対して贈与した場合には、贈与を行った側・贈与を受けた側の双方について、所得税・法人税など、贈与税以外の点が問題となるため、専門家にご相談ください。

【令和元年】暗号資産(仮想通貨)の確定申告の書き方。必要書類や計算方法、便利なアプリをご紹介

確定申告
【令和元年】暗号資産(仮想通貨)の確定申告の書き方。必要書類や計算方法、便利なアプリをご紹介 年の瀬、そして新年と慌ただしい中、忘れてはいけないのが確定申告です。普段会社勤めなどをしている人は会社がまとめてやってくれるため...

各サービスを活用して暗号資産(仮想通貨)・ビットコインを無料でもらう

この記事のまとめ
  • 暗号資産(仮想通貨)を無料で手に入れるには「口座開設キャンペーン」「エアドロップ」「ポイント・アンケートサイト」「フォーセット」「スマホゲーム・アプリ」がある
  • 暗号資産(仮想通貨)を無料で手に入れるおすすめのサービスとして「Tadacoin」「FreeBitco.in」「ちょびリッチ」がある
  • 楽に暗号資産(仮想通貨)を手に入れる方法はアービトラージ
  • 暗号資産(仮想通貨)投資を無料で今すぐ始めたいなら「口座開設キャンペーン」が手っ取り早い

まずは口座開設だけで1000円もらえるDMM Bitcoinで口座を開設!

さて、無料で暗号資産(仮想通貨)をもらえる方法についてお伝えしてきました。

暗号資産(仮想通貨)をタダで手に入れる方法はたくさんありますが、各サービス違いがあるので自分にあった方法を選びましょう。

普段の買い物でポイントサイトを使ったり、空いた時間にアンケートに答えるなど、リスクがありませんのでタダで暗号資産(仮想通貨)を手に入れちゃいましょう!

情報収集・分析
最新記事