仮想通貨の仕組み

スプレッドを知らないと損する。仮想通貨取引所の見えない手数料

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨のスプレッドについて知りたい方
✔ スプレッドコストについて知らない方
✔ 仮想通貨取引で儲けようとしている方

仮想通貨のスプレッドって何?別に知らなくても取引出来るし、そのうち覚えよう・・」、といったように仮想通貨のスプレッドとは何か知らない状態で、取引を始めてはいないでしょうか。

確かにスプレッドコストを知らなくても、仮想通貨取引を始めることはできます。しかし、スプレッドとは何か具体的に知っておかないと、損することもあります。

今回は仮想通貨取引所の見えない手数料、スプレッドに付いて基礎から丁寧に解説していきます。初心者の方は、この機会に是非読んでみてください。

この記事の要約
  • 仮想通貨取引所のスプレッドとは、販売所形式でかかる手数料
  • スプレッド手数料は仮想通貨投資のコストになる
  • スプレッドの狭い仮想通貨取引所は「GMOコイン」「ザイフ」「コインチェック」

仮想通貨取引所のスプレッドとは

仮想通貨取引所のスプレッドとは、販売所形式にのみ掛かる手数料のことです。

簡単に説明すると、買い価格から売り価格を引いた金額を指します。

取引所形式には掛からないコストですので、まずは『販売所形式でかかる手数料』という点のみ覚えておきましょう。

スプレッドの発生する仕組み

スプレッドコストが発生する仕組みですが、そもそも販売所形式で常に発生しています。

そして、買い価格は売り価格より高く、売り価格は買い価格より安い関係性で価格変動しているのが特徴です。

例)市場価格1BTC=100円
販売所形式
買い価格105円
売り価格95円

取引所の手数料形態

取引所の手数料

取引所の手数料には、スプレッドはありません

一般的に以下のような手数料のみ掛かります。

  • 取引手数料
  • レバレッジ手数料(レバレッジ取引のみ)

取引手数料は、1回の取引に掛かる手数料で取引所によって異なります。

また、レバレッジ手数料とは、レバレッジ取引のみに掛かる手数料です。保有期間1日ごとに、保有金額へ手数料率を掛けた金額がコストになります。(1日じゃない設定の場合もある)

販売所の手数料形態

販売所の手数料

販売所の手数料には、スプレッドや取引手数料があります。

しかし、多くの仮想通貨取引所は、取引手数料無料でスプレッドのみ掛かる設定です。

  • 取引手数料
  • スプレッド

スプレッドは投資のコストになる

スプレッド手数料は、取引手数料などと同様に仮想通貨投資のコストになります。

そこで、ここでは仮想通貨投資が、スプレッドにどのような影響を与えるか解説していきます。

スプレッドが投資に与える影響

スプレッドが投資に与える影響は、主に以下の要素が考えられます。

  • 取引所形式よりも買い価格が割高
  • 取引所形式よりも売り価格が割安
  • 取引所形式と比較してスプレッド分、利益確定機会が減る

取引手数料と違いスプレッドは、利益から差し引かれるタイプのコストではありません。

しかし、取引所形式よりも買い価格が割高・売り価格が割安ですので、狙える利益幅を減らす要因にもなり得ます。

例)ビットフライヤー
取引所形式:1BTC=1053829円

販売所形式:

  • 買い価格1BTC=1084681円
  • 売り価格1BTC=1031505円

取引所形式で購入すれば1053829円で済みますが、販売所形式の場合は1084681円ですので、30852円もの差額になります。

また、販売所形式の売り価格は1031505円と、極めて割安ですので少なくとも6万円もの価格上昇が起きなければ利益を得られません。

このようにスプレッドコストは、取引所形式よりも大きなコストが潜在的に掛かっている点に注意です。

参考URL: https://bitflyer.com/ja-jp/ex/Price(7月18日時点の価格)

スプレッドが広いとどうなるのか

スプレッドは、広ければ広いほど手数料が大きくなるため、利益を得ることも難しい状況になります。

ですので、スプレッドに気付かず販売所形式で取引を行うことは、ハイリスクという点を理解しておきましょう。

スプレッドの計算方法

ここからはスプレッドの計算方法をご紹介していきます。簡単な計算ですので、この機会に覚えておくことをおすすめします。

また、今回はビットフライヤーの販売所から説明します。

ビットフライヤーの販売所取引画面

計算方法ですが、中央にある「購入価格」に表示されている価格から、「売却価格」を差し引けば完了です。

1BTC:
1171812-1113542=58270円

参考URL:https://bitflyer.com/ja-jp/ex/Price

%表示と円表示

円表示にする場合は、単純に購入価格から売却価格を差し引くのみで算出できます。

そして%表示にする場合は、

(スプレッド手数料÷購入価格)×100

という計算を行うといいでしょう。

例)
ビットフライヤー
(58270÷1171812)×100=約4.97%

どちらの計算も、計算した時点のレートやスプレッドで算出しているものです。

ですので、実際は取引する日に計算し直すと、より正確に手数料率や差額を算出できます。

スプレッドの狭い仮想通貨取引所を紹介

ここでは国内の販売所の中で、スプレッドの狭い仮想通貨取引所を3つご紹介します。

取引所名 スプレッド
GMOコイン 0.6%前後
ザイフ 1.21%前後
コインチェック 2%前後

※ビットコイン
※各種統計情報も参考

レバレッジ取引でスプレッドは発生する?

レバレッジ取引は取引所形式ですので、販売所のようなスプレッドは発生しません。

しかし、微量な価格差が発生することも稀にあります。

レバレッジ取引でスプレッドの狭い仮想通貨取引所を紹介(レバレッジ取引にスプレッドはありません)

レバレッジ取引の手数料コストが小さい仮想通貨取引所をご紹介します。

※スプレッドはあくまで販売所形式のみに使用する用語です。間違えないように注意しましょう。

取引所名 取引手数料
コインチェック 0%
GMOコイン Maker -0.01%
Taker 0.05%
ビットフライヤー ビットコインなど一部0%

※コインチェックは2019年7月時点でもレバレッジ取引停止中。

コインチェックが再開されれば、レバレッジ取引の手数料コストを抑えながら取引出来るでしょう。

再開される間は、今回紹介したGMOコインやビットフライヤーなど、複数の取引所を利用することをおすすめします。

スプレッドとは販売所のみに発生するコスト

 

この記事のまとめ
  • 仮想通貨取引所のスプレッドとは、販売所形式でかかる手数料
  • スプレッド手数料は仮想通貨投資のコストになる
  • スプレッドの狭い仮想通貨取引所は「GMOコイン」「ザイフ」「コインチェック」

仮想通貨取引所には、取引所と販売所の2種類があります。そして、スプレッドとは販売所形式のみに発生するコストで、買い価格と売り価格の価格差です。

各取引所によって価格差は異なり、1%未満のスプレッド率もあれば、2%台のケースもあります。また、スプレッドが広ければ広いほど、利益を得るための価格上昇率の下限が高くなるので、リスクも高まります

販売所形式は、基本的に今すぐ仮想通貨が欲しい方向けです。

取引で利益を得たい時は、取引所形式で売買するのがおすすめですよ。

仮想通貨の仕組み
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト