仮想通貨の今後

ビットコインキャッシュ(Bitcoincash/BCH)の今後の将来性!上がるのか暴落するのか専門家予想

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコインキャッシュの取引を始めようと思っている方
✔ ビットコインキャッシュが今後どうなっていくのか知りたいという方
✔ ビットコインキャッシュを購入できる取引所を知りたいという方

ビットコイン(bitcoin)から分裂して誕生した仮想通貨・ビットコインキャッシュ(bitcoin cash)。

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりも優れた性能があるにも関わらず、価格面ではいまひとつな感じがしますよね。

そこで今回は、ビットコインキャッシュの特徴や将来性についてお伝えしていきましょう。

この記事の要約

  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して誕生した仮想通貨で、ビットコインよりも性能面で優れている
  • ビットコインキャッシュは「基軸通貨にする流れがある」「決済の普及」「ビットコインからの乗り換え」により、価格が上昇する可能性がある
  • ビットコインキャッシュはブロックチェーンの容量、セキュリティといった面でビットコインよりも優れている
  • ビットコインキャッシュ取引をするならBITPointやbitbank、Coincheckがおすすめ

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインのハードフォークにより分裂し誕生した仮想通貨です。同じビットコインという名前が付いていますが、まったく別の仮想通貨です。

  • ビットコインのブロックサイズの容量が1MBと小さい
  • 取引が増加するにつれて処理速度が低下する
  • 手数料が高騰する

といった問題を解決するため、ハードフォークという方法でビットコインキャッシュが誕生したのです。ビットコインキャッシュは

  • ビットコインをよりよい通貨にしようという理念で作られた
  • ブロックサイズが1MB→8MBに拡大し、処理速度が大幅に向上
  • 決済スピードが速いため、店舗などでの決済にも使えるなど実用性が高い

といった特徴があり、ビットコインよりも優れた仮想通貨といっても過言ではないでしょう。

ビットポイント(BITPoint)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴、強み

ビットコインキャッシュが、ビットコインよりも優れている特徴とはどんなものでしょうか。

ブロックサイズが8MB

ビットコインのブロックサイズは1MBでしたが、ビットコインキャッシュは8MBまで拡大。

処理能力が大幅に向上したため。ビットコインのように取引処理が遅延することなく、スムーズな取引が可能となります。

リプレイアタックに対応

リプレイアタック(反射攻撃)は、ハードフォークで仮想通貨が分裂した時に行われる可能性のあるサイバー攻撃で、勝手に送金されてしまうといったことが起こります。

ビットコインキャッシュは、リプレイアタックに対応ずみ。

ビットコインでは対応していませんから、セキュリティ面でも優れているといえますね。

▼ビットコインキャッシュはどんな特徴があるの?詳しくはこちら▼

あわせて読みたい
ビットコインキャッシュ
ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)とは?特徴や仕組み、ビットコインとの違いは?仮想通貨といえば、「ビットコイン(bitcoin)」というイメージになりがちですが、「ビットコインキャッシュ(bitcoincash)」...

ザイフ(Zaif)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性を期待させるポイント

性能的にはビットコインよりも圧倒的に優れているビットコインキャッシュですが、将来性に期待が持てるのでしょうか。

将来性①:ビットコインキャッシュが基軸通貨に

海外ではビットコインキャッシュを基軸通貨にしている取引所も増えています。

  • CoinEX(コインエックス・中国)
  • KuCoin(クーコイン・香港)
  • OKEx(オーケーイーエックス・香港)

日本でもビットコインキャッシュを基軸通貨にする取引所が出てくれば、ビットコインキャッシュの需要が高まり、価格も上昇していくでしょう。

将来性②:ビットコインキャッシュによる決済の普及

ビットコインキャッシュによる決済の普及も進んでいます。

  • bitpay
  • BITPoint pay

bitpayは日本では利用できませんが、世界的には多くの人がビットコインキャッシュ決済に利用しています。日本ではBITPoint payがビットコインキャッシュ決済可能ですね。

まだまだ利用可能な店舗は少ないですが、決済サービスがもっと普及すれば、ビットコインキャッシュの需要も高まり、価格が上昇していくでしょう。

将来性③:ビットコインから乗り換える

仮想通貨としての性能はビットコインキャッシュの方が、ビットコインよりもはるかに優れています。

そのため、問題の多いビットコインに見切りをつけ、ビットコインキャッシュに乗り換えるという人も増えていくでしょう。

ビットコインキャッシュが、ビットコインに取って代わる日が来るかもしれません。

将来性④:2019年ビットコインキャッシュの価格が増加傾向に

2019年3月から4月にかけて、ビットコインキャッシュの価格が軒並み増加傾向になりました。

一時は値が暴落していたビットコインキャッシュでしたが、今後は緩やかに上昇していくと考えられます。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来の価格予想

2018年12月時点でビットコインキャッシュの価格は17000円前後ですが、2019年4月現在は30,000円前後に上昇しています。

ただし、大規模な急騰はないとみられています。

その要因はビットコインキャッシュをめぐる、ビットコインABCとビットコインSVの対立。騒動が落ち着くまでは、積極的に買うことができないのではないでしょうか。

2019年4月には、SBIバーチャル・カレンシーズがBCHの取り扱いを廃止するという発表もしました。取り扱い廃止時期は6月下旬としています。

価格予想:2019年末時点66ドル

仮想通貨の価格予想サイト「Wallet Invester」の推測によると、ビットコインキャッシュの価格は年末時点でおよそ66ドル(約7260円)になると予測しています。

これからBCHを購入しようという方は、最近のビットコインキャッシュを巡る対立や各取引所の動きに注目しておきましょう。

ビットバンク(bitbank)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ビットコインキャッシュ(BCH)購入でおすすめの取引所は

ビットコインキャッシュを購入できる取引所は、国内には7か所以上あります。

販売所形式で購入できるのは

  • bitFlyer
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

取引所形式で購入できるのは

  • Coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)
  • Liquid by quoinex(リキッド)
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint(ビットポイント)

となっています。

おすすめ取引所1位:BITPoint(ビットポイント)

ビットポイント(BITPoint)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

取引所名 BITPoint(ビットポイント)
公式HP https://www.bitpoint.co.jp/
交換所タイプ 取引所のみ
取引手数料 無料
スプレッド 0.09〜0.3%
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
レバレッジ取引 1倍、2倍、4倍
入金手数料 日本円即時入金サービス:無料
日本円入金:振込手数料実費負担
出金手数料 日本円出金:振込手数料実費分負担

BITPoint(ビットポイント)は取引手数料無料で、かつ取引所専業運営のため適正な価格で購入できる取引所。

口コミも非常に好評で、人気を伸ばしている仮想通貨取引所です。

おすすめ取引所2位:bitbank(ビットバンク)

ビットバンク(bitbank)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

取引所名 ビットバンク(
Bitbank)
公式HP https://bitbank.cc/
交換所タイプ 取引所
取引手数料 maker:-0.05%
taker:0.15%
スプレッド 0.01%〜
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
モナコイン(MONA)
レバレッジ取引 なし(2019年3月31日サービス終了)
入金手数料 無料
出金手数料 3万円未満:540円
3万円以上:756円

bitbankも取引所専業で運営をしていて、取引手数料無料キャンペーンを行っている取引所。

ビットコインキャッシュの購入も、もちろん手数料が無料となっています。

おすすめの取引所3位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

取引所名 Coincheck(コインチェック)
公式HP https://coincheck.com/ja/
交換所タイプ 販売所・取引所
取引手数料 無料
スプレッド 0.08%~
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム (ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(NEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
レバレッジ取引 5倍
入金手数料 コンビニ入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

クイック入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

出金手数料 日本円出金 400円

正式に交換業登録が完了すると見られている、再注目の取引所コインチェック。

ネムの流出問題までは、圧倒的に日本国内で利用者が多かった取引所ですね。

初心者にも使いやすいインターフェースが人気で、多くのユーザーが投資をしていました。

2019年以降の動向に期待のビットコインキャッシュ(BCH)

この記事のまとめ

  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して誕生した仮想通貨で、ビットコインよりも性能面で優れている
  • ビットコインキャッシュは「基軸通貨にする流れがある」「決済の普及」「ビットコインからの乗り換え」により、価格が上昇する可能性がある
  • ビットコインキャッシュはブロックチェーンの容量、セキュリティといった面でビットコインよりも優れている
  • ビットコインキャッシュ取引をするならBITPointやbitbank、Coincheckがおすすめ

さて、ビットコインキャッシュの特徴や将来性についてお伝えしてきました。

現状ではビットコインABCとビットコインSVの対立によって取引に慎重になる人も多く、大きな価格の上昇は難しいかもしれません。

しかしビットコインキャッシュは仮想通貨の性能でビットコインを大きく上回っていますから、将来性に非常に期待できるといえるでしょう。

仮想通貨の今後
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト