仮想通貨の今後

ビットコインは土日に取引できる?相場の傾向や違いについて解説

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコイン取引が土日もできるのか知りたい方
✔ ビットコイン投資を始めようとしている方
✔ ビットコインで儲けようとしている方

株式市場と為替市場は平日取引できますが、ビットコインを扱う暗号資産(仮想通貨)取引所は、いつ取引できるのでしょうか?実際には、株式市場と同じく平日しかやっていないと思っていませんか?

暗号資産(仮想通貨)取引所は、24時間365日取引できます。土日でも取引できるので、年中無休です。

ここでは、ビットコインの取引時間と土日に対応している取引所について解説しています。詳しく取引所の開催時間を知りたい人、土日の取引に対応している取引所を知りたい人に必見です!

この記事の要約
  • ビットコイン365日24時間取引可能
  • 取引所によっては、利用できるサービスに制限がある
  • 入出金は取引所提携のネット銀行の利用がおすすめ
  • ビジネスマンの参戦や経済イベントで動向が期待できる

ビットコインは土日に取引できる

ビットコインを扱っている取引所であれば、基本的には土日でも関係なく取引できます。しかし、いくつか注意点があるので、解説していきます。

主な注意点は下記の通りです。

  1. サーバーメンテナンス等で取引できないときがある
  2. 銀行によっては、土日の入出金ができない
  3. 取引所によって、サポート時間が異なる

暗号資産(仮想通貨)には土日関係なく取引される

代表的な市場でいえば、株式市場であったり為替市場(FX)があります。株式市場は月曜日の午前9時から金曜日の15時まで、為替市場は月曜日の午前6時前後から土曜日の午前5時頃まで開催されています。土日は当然休みですし、株式市場は祝日開催されません。

それに比べて、ビットコインを扱う暗号資産(仮想通貨)取引所は、365日年中無休で24時間開催されています。土日でも祝日でも取引OKです!

暗号資産(仮想通貨)投資では、株式市場や為替市場と違い、平日参加できない人でも自由に参加できるのが嬉しいところですね。

取引所によっては制限がある

基本365日取引できますが、取引所によっては制限されているサービスもあります。

取引自体できない場合

例えば、サーバーのメンテナンスなどが行われているときは、約30分ほどですが、取引できません。

メンテナンスが終わるまで待つしかないのです。このような事態をさけるために、複数の口座を開設しておくと安心ですね。

入金、出金ができない

土日は、銀行の業務が休みです。そのため、入金は土日明けの月曜日に反映されます。また、出金手続きをしても、即座に反映されません。やはり、土日明けになるでしょう。

ただし、クイック入金は別です。取引所と提携しているネット銀行であれば、入金手続きをすると土日でも即座に反映されるので、すぐに取引を開始できます。

サポートや問合せが通じない

取引所によりますが、夜間はサポートや問い合わせは通じません。

大手のbitflyerの受付時間は「10時~17時」となっています。土日でも対応してくれる取引所もありますが、サポートを受けられる時間はやはり制限があるので、ホームページ等で確認しましょう。

土日に取引できる取引所

取引所名営業時間サポート
Coincheck24時間365日10時~17時
bitFlyer24時間365日土日対応あり、10時~17時
DMM Bitcoin24時間365日
(毎週水曜日12時~18時の間メンテナンス)
メールとLINE対応のみ
GMOコイン24時間365日メールのみ
bitbank24時間365日メールのみ
bitpoint24時間365日
(毎日16時~16時10分までメンテナンス)
土日祝日対応なし、電話サポートあり
BitTrade24時間365日メールのみ
BTCBOX24時間365日メールのみ
フィスコ暗号資産(仮想通貨)取引所24時間365日メールのみ

Coincheck

Coincheckは24時間365日営業しています。サポートは平日の10時~17時なら電話での対応が可能です。

Coincheckは、2018年1月下旬に外部からのハッキングを受けて、約580億円相当のNEM流出事件が起きました。ですがマネックスグループの後押しがあり、2019年1月には金融庁からの認定を受けています。

マネックスグループのバックアップがあったとはいえ、大きな事件を経てもなお金融庁の認可を得ているため、今後もおすすめの取引所といえるでしょう。

bitbank

bitbankは2014年設立。24時間365日営業です。リップルの取引量が世界一ともいわれている取引所で、セキュリティも高く、顧客の資産をコールドウォレットで保管するのでハッキングによる被害を防ぎます。

チャートが使いやすく、細かな価格分析まで行えるのが特徴的です。取引アプリも使いやすいので、スマートフォンで頻繁に取引を行う人におすすめの取引所です。

bitpoint

サッカー日本代表の本田圭祐選手がイメージキャラクターで有名な取引所が「bitpoint」です。

こちらも24時間365日営業なので、いつでもビットコインの取引ができます。取引手数料も無料なうえに、定期的にキャッシュバックキャンペーンを行うので新規で口座開設したい人におすすめできます。

また、MT4といわれるチャートソフトが無料で使用できるのが魅力。動作が軽い、簡単にサポートラインをひける、カスタマイズ可能、といった機能が充実しています。FXをやる人の間では、重宝されているソフトなので、開設したらぜひ使用してほしいです!

DMM Bitcoin

こちらも土日問わず24時間365日営業しています。

手数料無料で取引できるのも魅力です。さらに、運営しているのが大手のDMMなので、信頼性が抜群なのが一番の強みでしょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所では、破綻するといったリスクも考えられます。預けておいた暗号資産(仮想通貨)が戻ってこないなんてこともあるでしょう。その点、大手企業グループであるDMMは安心ですね。

ビットコイン土日相場の傾向

土日の相場動向はどうでしょうか?経済活動自体も休みであることから、あまり動かないイメージがありますよね。

土日の参加者としては、普段市場に参加できないビジネスマンの参戦もあり、相場自体は動きやすいといえます。また、経済動向も、土日に国際会議といったイベントも多いため、価格が動く要因としては十分でしょう。

あくまでイベント次第ではありますが、ビットコインの取引が活発になりやすいことから、土日は動きやすいといえます。

  • 土日はビジネスマンの参加が増える
  • 国際会議など土日に行われる国際イベントがある

ビットコインは土日でも取引できる!

この記事のまとめ
  • ビットコイン365日24時間取引可能
  • 取引所によっては、利用できるサービスに制限があ
  • 入出金はネット銀行の利用がおすすめ
  • ビジネスマンの参戦や経済イベントで動向が期待できる

ビットコインは土日でも取引できます。日本の取引所であれば、24時間365日開催しています。

注意点としては、

・メンテナンス時間は取引できない
・入金と出金不可(クイック入金は可能)
・サポートと問い合わせは24時間対応できない

上記の3点は気をつけましょう。土日でもビットコイン相場は動いています。平日参加できない人は、チャンスを逃さないように頑張りましょう。

仮想通貨の今後
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事