仮想通貨取引所比較

BitTrade(ビットトレード)の評判・メリットとデメリット【大手Huobiと統合へ】

ビットトレードの評判
この記事を読んでほしい人
✔ これから暗号資産(仮想通貨)の投資を始めようとしている方
✔ すでに取引をしていて、別の取引所を検討している方
✔ お得で使い勝手の良い取引所でスタートしたい方

ビットトレードは、2016年に運営を開始した取引所です。

FX会社によって運営をされており、玄人好みの取引所として知られています。

この記事では、そんなビットトレードが実際はどのような取引所なのかを紹介していきます。

メリットとデメリットの両方をまとめたので、これから暗号資産(仮想通貨)を始めようとしている方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の要約
  • ビットトレードはビットコインを含めて6種類の通貨を取引可能
  • セキュリティ対策が十分という評価
  • 投資経験があり、より良いトレードシステムを使いたい

アルトコインを日本円で購入、安心して運用したい方はこちらから「bittrade(ビットトレード)」へ登録しましょう。

ビットトレードとは

ビットトレードビットトレードはFXトレード・フィナンシャルと業務提携をして、運営を行っている暗号資産(仮想通貨)の取引所です。

2017年9月暗号資産(仮想通貨)交換業者の登録を完了しています。

会社概要

ビットトレードとはビットトレード株式会社が運営する日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

ビットコイン、イーサリアムといった主要通貨は、もちろん取り扱いがあります。

それに加え、日本国内での取り扱いが少ない通貨が非常に充実しています。

  • リップル
  • アルトコイン
  • モナコイン
会社名ビットトレード株式会社(関東財務局長 第00007号)
設立2016年9月
資本金約1億1百万円(資本準備金含む)
取引所種別取引所・FX
取扱通貨BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、BCC

取扱通貨

※暗号資産(仮想通貨)

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)

ビットトレードのメリットと良い評判

ビットトレードのメリット

ビットトレードは実際にどのような評判を集めているのでしょうか?実際にビットトレードを使用しているユーザーの声をTwitterで集めました。

意見を取り入れて、取引所選びの際に参考にしてみてください。

メリット1:日本円入金で買える通貨が豊富

暗号資産(仮想通貨)は、主要かつ人気の通貨を6つの通貨を扱っています。

日本円でここまで多くのアルトコインを購入できる取引所として国内の数少ない1社です。

メリット2:取引所のセキュリティが強固である

コインチェックの流出事件では、コールドウォレットで管理を行っているとしていたにも関わらずホットウォレットで管理をしていることが発覚しました。

ビットトレードでは全ての顧客資産をコールドウォレットで管理しているため、ハッキングを受けても盗まれにくくなっています。

さらにマルチシグ・2段階認証・SNS認証といった形で、取引所の中では強固なセキュリティシステムを構築しています。

  • ホットウォレットとはインターネットに接続可能な環境で送金可能なウォレットのこと
  • コールドウォレットはその逆でオフラインにて管理するウォレットです。

メリット3:アルトコインの板取引が可能

通常取引所では売り買いのマッチングをさせる仲介業者の役割を果たしています。

しかし、多くの取引所ではビットコインのみが取引され、アルトコインは販売所での販売のみとなっています。

ビットトレードも同様に取引形式となっています。アルトコインを取引できることが人気の理由です。

メリット4:経験者もお墨付きのトレーディングツール

ビットトレードはそこまで目立つ存在ではありませんが、FXなどトレーディング経験のある方からの良い評判が目立ちます。

経験者からの口コミが良いということは信頼できますね。

 

ビットトレードのデメリット・悪い評判

ビットトレードを利用する、メリット、デメリットはどのようなものでしょうか。それぞれ、チェックしていきましょう。

ビットトレードのデメリット

デメリット1:暗号資産(仮想通貨)販売所がない

先ほどのメリット③にも書きましたが、ビットトレードでは暗号資産(仮想通貨)の販売所がありません。

はじめて暗号資産(仮想通貨)を購入する場合は、他の販売所で購入する必要があります。

販売所のメリットは好きなときに、好きなだけコインを買えること。

そのため、急騰・暴落した際に購入や売却ができないかもしれないのがデメリットです。

デメリット2:売買手数料が高い

売買手数料が無料の取引所もある一方、ビットトレードでは手数料が高めに設定されています。

ビットトレードの手数料は2種類あります。「売買手数料」と「入出金手数料」です。

売買手数料に関してはメイカー・テイカーともに0.2~0.7パーセント程度、入出金手数料は銀行振り込みのみで648円です。

いずれにしても決して安いとはいえないでしょう。

デメリット3:スマートフォンアプリがない

ビットトレードには他の取引所のようなスマートフォンアプリがありません。

スマホやタブレットで気軽に取引をしたい人には不便な仕様になっています。

スマホ対応にはなっており、プラウザで操作はできますが、アプリでの気軽さはない状態です。

アプリがないことに対する評判

円建てでアルトコイン取引ができるものの、アプリがない、取引が少ないということで日常利用にはちょっと使い勝手が悪い部分もあるようです。

デメリット4:入金が遅い

ビットトレードの取引所で口座を開設したあとに、日本円を入金したのがサイトに反映されるのが遅い場合があります。

今すぐにトレードしたいという場合には使い勝手の悪いデメリットなので気になります。

ビットトレードはこんな人におすすめ

以上のメリット、デメリットから、次のような人にビットトレードは向いていると言えそうです。

こんな人におすすめ!
  • アルトコインを購入したいと思っている。
  • セキュリティの高い取引所にこだわっている。
  • FXや株など投資経験があり、暗号資産(仮想通貨)にも抵抗がない。

ビットトレードの様々な取り組み

ビットトレードは、口座開設キャンペーンなども随時行い、新規登録者が利用しやすい環境を整えるだけでなく、様々な取り組みを行っています。

2018年6月1日には国立大学法人一橋大学との産学官連携を発表。

出典:https://bittrade.co.jp/info/hitotsubashi-university/

ビットトレードが一橋大学と連携し、暗号資産(仮想通貨)に関する研究を行います。

発表内容によると、この研究結果を用いて、

  • ビットトレードシステムの改善
  • リスク管理
  • デメリットとして挙げられているアプリ開発
  • 取引に関するアシスト機能の検討

を行うとされています。

このように利用者のことを考えた取り組みを行い、取引所としての利便性やニーズに応えようと、常に改善に向けた努力をしている会社であるといえます。

ビットトレードはどうなの?

ビットトレードはセキュリティの面および取引銘柄において強みがあります。

特に、セキュリティの強固さは暗号資産(仮想通貨)取引を行う上で重要な点です。(コインチェック事件と同様の事件が海外でも頻繁に起こっています。)

取引銘柄については、アルトコインの取引を考えている場合ビットトレードはおすすめです。

特性やメリット・デメリットを比べた上で使い分けると、スムーズな取引が行え、暗号資産(仮想通貨)が楽しくなるでしょう。

この記事のまとめ
  • ビットトレードはビットコインを含めて6種類の通貨を取引可能
  • セキュリティ対策が十分という評価
  • 投資経験があり、より良いトレードシステムを使いたい

アルトコインを日本円で購入、安心して運用したい方はこちらから「bittrade(ビットトレード)」へ登録しましょう。

ビットトレード(BitTrade)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムネムモナコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(0.2%~0.7%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐⭐
なし
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 金融庁の仮想通貨交換業者に登録
  2. アルトコインの板取引が可能
  3. スプレッドが低い

仮想通貨取引所比較
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事