仮想通貨比較

ライトコイン(Litecoin/LTC)はどこまで暴落する?落ちた原因と将来性

この記事を読んでほしい人
✔ ライトコインを保有している方
✔ ライトコインの取引を始めようと思っている方
✔ ライトコインが暴落した原因や対処法について知りたいという方

2017年末に一時4万円台にまで価格が上昇したライトコインですが、2018年には3000円前後にまで大きく値を下げました。

ライトコインを保有している方にとっては再び上昇するのか気になるところですよね。

そこで今回は、ライトコインが暴落している原因と対処法についてお伝えしていきましょう。ライトコインの現状を知りたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の要約

  • ライトコインが暴落した原因として「仮想通貨市場の低迷」「仮想通貨バブルの終焉」「中国における取引所の停止」などがある
  • ライトコインが暴落した時の対処法として「資産を集中させない」「マクロ経済に注意を向ける」「安易に売らない」といったものがある
  • ライトコインが暴落した時でも「買い足し」「信用取引で空売り」といった方法で利益を出すことができる
  • ライトコインは実用性に優れた仮想通貨であり、さらに流通すれば再び価格が上昇する可能性もある

ライトコインが暴落する原因

2018年になってライトコイン相場は暴落する一方ですが、原因はいったい何なのでしょうか。

原因1:仮想通貨市場の低迷

仮想通貨市場全体の低下はライトコインを含む各個別コインの価格トレンドにも大きな影響を与えています。

ビットコインの低迷と連動

ライトコインは、ビットコインのサポートの役割を担う通貨。そのためビットコインが低迷すると、ライトコインも連動して暴落してしまうのです。

ビットコインは最近になって撤退するマイナーが増えたため、保有しているビットコインを投げ売りし、価格がどんどん下がっている状況に。

それにしたがって、ライトコインも値を下げ続けているのです。

不穏な経済動向

仮想通貨市場は株やFXなどと同様、経済動向に大きく左右されます。

昨今、米中貿易戦争ともいわれる中、経済情勢の先行きが不透明になっており、仮想通貨に投資する人も減ってきているという状況。

仮想通貨市場が盛り下がっているため、ライトコインだけでなく仮想通貨全体が値を下げているというわけです。

暴落要因2:2017年末の価格上昇が異常だった

ライトコインの開発者チャーリー・リー氏は、もともと20ドル(2000円)前後がライトコインの適正価格という感覚だったとのこと。

つまり2017年末の4万円という価格は、異常な状態だったのではないでしょうか。

まさにバブルともいうべき状態は終局を迎え、上がりすぎた価格が元の適正な価格に戻りつつあるだけともいえます。

あわせて読みたい
【2019年最新】ライトコイン(Litecoin/LTC)の年末予想!上がる?上がらない? 2017年末にはライトコインを含めた様々な仮想通貨で価格の高騰が起こりました。 2018年のライトコインの年末価格はどう推移し...

暴落要因3:仮想通貨市場の規制問題

2018年に大きな問題となったのは、中国の取引所が停止処置になったこと。

突然の停止処置という事態が起こっては、投資家としても安心して投資できませんから、仮想通貨市場も弱気一辺倒になってしまいました。

単に中国だけの問題というわけではありませんから、今後も注意しなければならない問題といえるでしょう。

BITPoint(ビットポイント)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(少しあり)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ライトコインが暴落した時の対処法

ライトコインが暴落したとしても、事前に対策をしておけば損失を最小限に食い止めることができます。

ポイント1:資産を集中させない

投資資金のすべてを、ライトコインだけに集中させないことが重要です。

ライトコインにしか投資していないと、いざ暴落してしまった時に売るにも売れず、どうしようもないという状況に陥ってしまいがち。

ライトコインとは逆の動き、たとえばライトコインが下がっている時に上がっているものに投資し、暴落時の損失をカバーできるようにしておきましょう。

ポイント2:マクロ経済に注意を向ける

ライトコインの価格は

  • ビットコインの相場
  • 仮想通貨市場全体の動向
  • 日本や米国など、国レベルの経済動向

といったものに大きく左右されます。ライトコインの価格だけを見るのではなく、もっと大きな相場動向やマクロ経済の動向をチェックするようにしましょう。

ポイント3:安易に売らない

暴落した時、あわてて売りたくなってしまうのも人情というものです。

もちろんライトコインの価格は下がり続けるかもしれませんが、反転して上昇する可能性だってありますよね。

状況を冷静に分析し、本当に売るべきなのかどうかを見極めましょう。

bitbank(ビットバンク)
取扱仮想通貨 ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ライトコイン暴落時に儲ける方法

ライトコインが暴落した時、逆に利益を得ることもできるんです!

ライトコインの価格下落時に買い足す

ナンピンとも呼ばれる、価格が下落した時に買い足していくという方法です。

  • 1LTC=100円で購入したが、1LTC=70円まで下落してしまった
  • この時、1LTC=70円で購入(2LTC=170円、平均購入価格85円)
  • 1LTC=85円まで価格が戻ればチャラになる
  • 1LTC=100円まで価格が戻れば、30円の利益となる

平均購入価格が下がるため、1LTC=100円まで戻らなくても損失にならないというわけですね。

しかし下落した価格が戻るとは限りません。さらに損失を膨らませる可能性もありますから、きちんと計画して行うようにすることが大事です。

あわせて読みたい
ファクトムの手数料
ライトコインはなぜ下がるのか、原因と今後の予想 ライトコインは、ビットコインを金とした時に銀の役割を果たす、つまりビットコインを補完する役割を想定して開発された仮想通貨です。 ...

信用取引でライトコインの売りから入る

信用取引では現物を持っていなくても「売り」から入り、価格が安くなったら「買う」ことで利益を出すことができます。

この方法なら、たとえライトコインが暴落しても利益を出すことができますよね。

とはいえ買い足しと同様、必ずしも思惑どおりに価格が動くとは限りません。きちんと相場を分析し、計画性を持って行うようにしましょう。

GMOコイン
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ライトコインの価格は戻るのか?

ライトコインの2018年12月時点での価格は約2900円。開発者のチャーリー・リー氏の予言である20ドルに近付いていますね。

2017年のような4万円までの回復は、当分は無理と思って間違いありません。今後、ライトコインの価格が上昇していく可能性もあるので、価格の低い今が買い時ともいえます。

しかしライトコインは大手企業と提携を進めて、実用的な通貨にしようと努力しており、人々に認知されれば再び価格が上昇していく可能性もあります。

あわせて読みたい
ライトコイン(Litecoin/LTC)はもう上がらない?その理由と今後の動向を予想 世界で初めて登場したビットコインに続いて、2番目に開発された仮想通貨がライトコイン。 ビットコインが金、ライトコインが銀と...

bitFlyer(ビットフライヤー)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ビットコイン価格にも影響を受けやすいライトコイン

この記事のまとめ

  • ライトコインが暴落した原因として「仮想通貨市場の低迷」「仮想通貨バブルの終焉」「中国における取引所の停止」などがある
  • ライトコインが暴落した時の対処法として「資産を集中させない」「マクロ経済に注意を向ける」「安易に売らない」といったものがある
  • ライトコインが暴落した時でも「買い足し」「信用取引で空売り」といった方法で利益を出すことができる
  • ライトコインは実用性に優れた仮想通貨であり、さらに流通すれば再び価格が上昇する可能性もある

さて、ライトコイン暴落の原因や、暴落した時の対処法についてお伝えしてきました。

ビットコインが低迷し、マクロ経済も不安要素が大きいため、なかなかライトコインの価格が上昇していかないようですね。

しかし将来的には、実用的な通貨としてライトコインが認知されることで価格が上昇する可能性もありますから、今のうちに投資しておくというのもアリかもしれません。

初心者におすすめの取引所はBITPoint

仮想通貨取引所は国内だけで20コ以上も存在。仮想通貨投資がはじめての方、どこの取引所も同じように見えていませんか?実は取引所ごとに、手数料や扱ってる通貨の種類が違うんです。どこの取引所を選ぶかによって最終的な利益も大きく差が出てきます。


取引所の中でもbitpoint」は、ネットでも有名な有識者、フォロワー2万人の元三菱UFJ銀行員小林亮平さん、フォロワー1万人の投資家TOさんも使用しているほど人気があり、手数料安く取扱通貨も多い取引所です。



今ならなんと、取引手数料・入出金手数料無料中。これから仮想通貨投資をはじめる人、BITPoint以外の取引所に登録してしまった人は、BITPointで仮想通貨取引をはじめましょう。

手数料無料のBITPointを見てみる

仮想通貨比較