仮想通貨取引所比較

リキッド(Liquid)の入金のやり方と種類、よくある質問までしっかりと解説!

この記事を読んでほしい人
✔ リキッド(Liquid)で投資を始めようと思っている方
✔ リキッド(Liquid)の入金方法が知りたいという方
✔ リキッド(Liquid)がどのような仮想通貨取引所なのか知りたいという方

「リキッド(Liquid)の入金の仕方がわからない…」「どんな入金方法があるの?」このような疑問をお持ちではないでしょうか。

そこで今回はリキッド(Liquid)の入金方法について、通常の銀行振込だけでなく、クイック入金の方法もあわせてお伝えしてきます。

この記事を読めば、リキッド(Liquid)の入金に関する疑問はすべて解決しますよ!

この記事の要約

  • リキッド(Liquid)は流動性の格差をなくすため、世界中の売買板をひとつにまとめている
  • リキッド(Liquid)の入金方法は「銀行振込」「クイック入金」の2種類
  • リキッド(Liquid)の「銀行振込」は銀行の営業時間に左右されるうえ、振込手数料がかかる
  • リキッド(Liquid)の「クイック入金」は提携しているところであれば、入金がすぐに反映されるうえ、手数料もかからない

リキッド(Liquid)とは

リキッド(Liquid)とは、QUOINE社が開発した仮想通貨プラットフォームです。

運営企業 QUOINE社
本社 2016年にシンガポールから日本に移転
Liquidが作られた目的 世界中の売買板をひとつにまとめ、流動性の格差をなくす
その他の特徴 独自通貨「リキッドコイン」で、他の仮想通貨とも取引可能

流動性が低い地域では、注文が集まらずに価格が安定しないという欠点が。そこで、世界中の売買板を1つにまとめて、価格を安定させようというわけです。

Liquidの基本情報

Liquidでは、現物取引とレバレッジ取引の2種類の取引ができます。

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • BCH
  • QASH

取扱通貨は上記の5種類。日本円だけでなく、USDもEURなど多くの外国通貨でも取引可能です。

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

Liquidで利用できる入金の種類

Liquidの入金方法は、下記の2種類です。

  • 銀行振込
  • クイック入金(即時入金)

それぞれの入金方法の特徴について、お伝えしていきましょう。

銀行振込

リキッド(Liquid)が指定する銀行口座に入金する方法。

普段利用している銀行口座から、入金したい金額を指定してLiquidの口座に入金します。反映される時間が遅いうえに、手数料がかかってしまうのがネックですね。

クイック入金

リキッド(Liquid)と提携している、ネット銀行やコンビニから入金する方法。

手数料が無料なうえに、すぐに反映されるので、急ぎの場合はおすすめの入金方法です。

銀行振込の入金方法

リキッド(Liquid)で取引をするために、銀行振込で入金する方法を解説していきます。一番オーソドックスな方法なので、しっかりと手順を確認しておきましょう。

手順1:ログイン後に入金を選択

ログインし、右上の「≡」メニューをクリック。ウォレットの中にある「入金」をクリックします。

手順2:入金する資金の通貨を選択

入金する通貨を選択します。赤で囲った部分をクリックすると、下に通貨一覧が表示されるので、「JPY」をクリックして選択しましょう(今回は日本円を入金します)。

手順3:有効な振込先口座の確認書類をアップロード

一度も入金したことがない場合は、出金先の銀行口座(振込に使う銀行口座)を先に登録しなければなりません。

上記画像のように、口座番号を入力し、ネット銀行の口座画面または、銀行通帳の見開きページの画像を赤枠にアップロードします。

  1. 銀行名
  2. 支店名(支店番号)
  3. 口座名義
  4. 口座番号

以上の4点の情報が確認できる画像かどうかを確認しておきましょう。情報の入力が完了したら、「銀行口座を追加」をクリックします。

参考:有効な振込先口座の確認書類

手順4:入金額を入力して依頼を送信

取引量の欄に入金金額を入力し、「入金依頼を送信」をクリック。

手順5:振込先口座情報を確認して送金

赤枠内に表示されている銀行口座に振込んでください。振込の際に、名義人の前に入金IDを入力するようにしましょう。

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

入金時の手数料

銀行振込を選択した場合に発生する振込手数料は、こちらで負担となります。たとえばジャパンネット銀行から振り込む場合、3万円以上であれば振込手数料は172円。

振込手数料は、普段利用している金融機関によって違うので、確認してみてください。

反映時間

振り込んだ銀行の営業時間によって、入金が反映される時間が変わります

  • 銀行の営業時間内:当日中に反映
  • 銀行の営業時間外(夜中):翌日に反映
  • 銀行の営業時間外(土日):月曜日に反映
  • 銀行の営業時間外(祝日):祝日明けに反映

クイック入金の入金方法

リキッド(Liquid)ではクイック入金という入金方法も。

コンビニまたは銀行ATM、ネットバンキングを利用してクイック入金を行なうことができます。

入金手順1:ウォレットから入金を選択

ログイン後、右上の「≡」メニューから、ウォレットの中にある「入金」をクリックします。

手順2:入金に利用したい通貨を選択

赤で囲った部分をクリックすると、通貨の一覧が表示されますので、「JPY」を選択してください。

手順3:入金額を入力して依頼を送信

「入金依頼を送信」の上にある「クイック入金」をクリックします。次の画面で入金額を入力したら、「入金依頼を送信」をクリック。

すると、URLが表示されるのでクリックしてください。

手順4:入金方法を選択

URLをクリックすると、支払い方法の選択に移動します。利用したい支払い方法を選択してください。今回は「ジャパンネット銀行」から入金してみましょう。

「ネットバンク」→「ジャパンネット銀行」の順にクリックすると、上記画像のようにジャパンネット銀行のログイン画面が立ち上がるので、ログインしてから振込で入金できます。

クイック入金の手数料

手数料は無料。コンビニなどの支払いでも無料です。

もしクイック入金対応のモバイルバンクやネットバンキングに口座をもっているのであれば、通常の銀行振込より効率的かつお得に入金ができます。

反映時間

クイック入金は入金処理が完了後、すぐに反映されます。

リキッド(Liquid by Quoine)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルキャッシュ
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐☆
現物取引手数料無料
レバレッジ取引手数料0.025%
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(かなり小さい)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料がすべて無料
  2. ビットコイン価格が他取引所より低い
  3. 日本初の金融庁認可の仮想通貨交換業者

Liquidへの入金に関するFAQ

入金に関するよくある質問について、まとめてみました。

FAQ1:振込時にIDを記載し忘れた

振込時にIDを記載し忘れると、入金の確認がとれないため反映が遅くなってしまいます

  • 入金ID
  • 送金照会の画面の画像など、送金の証明になるもの(添付ファイル)

お問合せフォーム上記の情報を記入して連絡をしてください。確認が取れしだい、入金が反映されます。

FAQ2:クレジットカードからの入金

クレジットカードでの入金は受け付けていません。コンビニなどのクイック入金には対応しています。

FAQ3:家族名義の口座から振込できますか?

原則として、Liquidに登録したものと同じ口座名義からの入金でなければ、受け付けてくれません

異なる名義からの振込は「組み戻し」手続きが必要。その時にかかる手数料は自己負担となります。

リキッド(Liquid)の入金は簡単!

この記事のまとめ

  • リキッド(Liquid)は流動性の格差をなくすため、世界中の売買板をひとつにまとめている
  • リキッド(Liquid)の入金方法は「銀行振込」「クイック入金」の2種類
  • リキッド(Liquid)の「銀行振込」は銀行の営業時間に左右されるうえ、振込手数料がかかる
  • リキッド(Liquid)の「クイック入金」は提携しているところであれば、入金がすぐに反映されるうえ、手数料もかからない

さて、リキッド(Liquid)の入金方法についてお伝えしてきました。

銀行振込とクイック入金の2種類の入金方法がありますが、クイック入金のほうが手数料がかからず、入金の反映も早いのでおすすめ。

はじめは戸惑うかもしれませんが、入金操作の手順を参考にしながら、少額から入金してみてくださいね。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト