クアンタム(QTUM)

クアンタムは今後どうなる?クアンタムの将来性や購入方法を紹介!

クアンタムロゴ
この記事を読んでほしい人
クアンタムという仮想通貨について知りたい方
クアンタムの将来性が気になる方
クアンタムを購入できる仮想通貨取引所を知りたい方

クアンタム(QTUM)は今後大きな値上がりが期待できる、将来性のある仮想通貨のひとつです。

日本でも取引量が徐々に増えつつあり、注目を集めています。今回はクアンタムの特徴や将来性、購入方法について詳しく解説します。

クアンタムが期待されている理由を合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の要約
  • クアンタムはビットコインの「UTXO」とイーサリアムの「スマートコントラクト」の両方を兼ね備えた仮想通貨
  • クアンタムの将来性としては「実用性が期待されている」「創設者がブロックチェーンに強い関心をもっている」「ビットコインとイーサリアムの価格に影響を受ける」「中国市場の影響を受ける」という点があげられる
  • クアンタムを購入できる仮想通貨取引所は「コインチェック」「バイナンス」

これから仮想通貨投資を始めるならビットフライヤーがおすすめ

クアンタムは有名通貨のいいとこ取りをした通貨

クアンタムは、ビットコインの残高管理方式とイーサリアムの機能面を併せ持っています。

まずは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)について紹介しますね。

ビットコインのUTXO:セキュリティに優れた残高管理方法

ビットコインは「UTXO(Unspent Transaction Output)」という方式で残高を管理しています。

電子マネーや他の仮想通貨は、残高や送金記録データをアカウントに記録しながら管理する仕組みです。

ビットコインのUTXO方式は、残高管理に電子マネーのようにアカウントを利用しません。

アカウントがないため複雑で利便性は落ちますが、匿名性やセキュリティが高く、動作に安定性があります

イーサリアムのスマートコントラクト:契約情報管理に貢献

イーサリアムのスマートコントラクトとは、ブロックチェーンに契約に関する情報を記録することで自動的に契約を履行する仕組みです。

ブロックチェーンに契約を記録することで、必要な契約事項を簡素化できるだけでなく、セキュリティ面も確保できます。その結果、多くの人手やコストを削減することが可能です。

ブロックチェーンは、ブロック(データの塊)をハッシュ関数を用いて相互に関連させてつなげます。1つのブロックが改ざんされても、他のブロックから改ざんされたことが明らかになるのです。

これら2つを併せ持つクアンタム

従来UTXO方式を採用した仮想通貨では、スマートコントラクトを実装することはできませんでした。

しかしクアンタムは、「AAL(Account Abstract Layer)」というシステムを利用することで、UTXOとスマートコントラクトの両方の採用を実現しています。

そのためクアンタムは、優れた機能とセキュリティを確保しており、企業間の送金で利用できる水準の仮想通貨として注目されています。

クアンタムの将来性

前述したとおり、クアンタムは優れた機能を有した仮想通貨です。ただし、クアンタムの将来性が高いのは、機能面が評価されているためだけではありません

クアンタムが、なぜ高い将来性を有しているのか解説しましょう。

実用性が高く期待されている

クアンタムは、ビジネス面でスマートコントラクトを活用するための仮想通貨として開発されました。契約の自動化や改ざんの防止など、ビジネス面での高い実用性に期待されています。

イーサリアムでスマートコントラクトを活用する場合、すべてのブロックチェーンをダウンロードしなくてはなりません。そのため携帯端末でスマートコントラクトを活用することが難しいという問題がありました。

ですがクアンタムではUTXO方式を採用しているため、ブロックチェーンの一部をダウンロードするだけで済みます。イーサリアムと比較すると、およそ1/1000程。これほど少ない情報量でスマートコントラクトが利用できるわけです。

つまりクアンタムは、イーサリアムの課題をビットコインの技術と組み合わせて克服したことにより、高い実用性が期待されています。

創設者はブロックチェーンに関心があり信頼できる

クアンタムはパトリック・ダイという若いアントレプレナーが創設しました。パトリック氏は前職でEC事業大手アリババのデジタルエンターテイメント部門の責任者をしており、技術力は折り紙つきです。

またパトリック氏は2012年に仮想通貨開発に参入した、仮想通貨分野の中でも古参の開発者です。当時大学生だったパトリック氏はまだマイナーだったイーサリアムに目をつけ、現在のクアンタムの構想を得ました。

それだけパトリック氏は仮想通貨への関心が強く、また優れた発想力をしているということです。

クアンタムの開発チームはアリババやバイドゥ、テンセントなど中国の大手サイバー企業出身者が占めているうえ、パトリック氏という若く優秀なリーダーがいるため、技術面は信頼できるでしょう。

ビットコインとイーサリアムの価格の影響を受ける可能性あり

クアンタムは、ビットコインとイーサリアムのいいとこ取りをした仮想通貨です。いわば、ビットコインとイーサリアムの子どものようなもの。ビットコインとイーサリアムとは無縁ではいられません。

もしビットコインかイーサリアムのシステムに問題が見つかった場合、クアンタムに問題がなくても価格の影響を受ける可能性が高いです。

とはいえ、この2つの仮想通貨が、クアンタムの価格を保証していることにもなります。

ビットコインもイーサリアムも時価総額の高い仮想通貨であり、クアンタムの価格をバックアップしてくれているのです。

中国市場の影響を受ける可能性あり

クアンタムの創設者であるパトリック・ダイ氏は、中国の大手企業アリババの出身。クアンタムの開発チームは、中国を拠点としています。そのため、クアンタムも中国市場や中国政府の影響を受ける可能性が高いです。

中国は独自の仮想通貨格付けを行ったり、国をあげてブロックチェーン事業を進める方針を明らかにしたりなど、ブロックチェーンに大きな関心を抱いている国のひとつです。

その一方で、2017年9月にICO(仮想通貨を新規発行・売却をして資金調達をする手法)を禁止しました。実質的に仮想通貨取引所を廃業へ追い込むなど、仮想通貨取引への規制が厳しいのも事実です。

クアンタムはまだ開発の途中なので、アップデートを繰り返しながら完成を目指していきます。開発が成功するかは、中国の政策や規制が大きく影響を及ぼすでしょう。

クアンタムを購入できる取引所

クアンタムは注目されつつあるとは言え、まだまだマイナーな仮想通貨です。そのためクアンタムを購入できる仮想通貨取引所も決して多いとは言えません。

現在、取引できるのは

  • コインチェック
  • バイナンス

です。それぞれ紹介しますね。

コインチェック

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタム
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェックは、日本で唯一クアンタムを購入できる仮想通貨取引所です。クアンタムも含めた12種類もの仮想通貨を扱っています。

中には、リスクやファクトムといったコインチェックでしか購入できない通貨もあります。

コインチェックは、2018年1月にネムという仮想通貨の不正流出を起こしました。その後、経営体制を一新してセキュリティ面を大幅に改善させています。

現在では取引しやすいだけでなく、安心して資金を預けられる仮想通貨取引所となっています。

2020年6月24日現在、コインチェックでは1QTUM=193円ほどで購入可能です。

バイナンス

バイナンス(Binance)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムネムリスクビットコインキャッシュ+100コ以上
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 世界最大級の取引高・利用者数
  2. 取扱コイン数が100種類を越えている
  3. 取引手数料が安い

バイナンスは、マルタ島に拠点を置く仮想通貨取引所です。取引高・利用者数共に常に上位に位置する、世界でも有数の仮想通貨取引所になります。

ICO直後の仮想通貨も積極的に上場させるなど、バイナンスは1000種類以上の仮想通貨を取り扱っています。クアンタムは2020年2月に先物取引に対応するなど、幅広い取引が可能。

ただしバイナンスは、過去に日本の金融庁から警告を受けました。そのため、日本国内居住者向けのサービスには後ろ向きです。

2020年1月には、日本国内居住者向けのサービスを段階的に終了させていく意向を伝えるなど、バイナンスでの取引はできなくなる可能性もあります。

2020年6月24日現在、バイナンスでは1QTUM=0.00018BTC(1.82ドル)ほどで購入可能。バイナンスでクアンタムを購入するには、ビットコインが必要です。

クアンタムの将来に期待!今後の動きに注目しよう!

この記事のまとめ
  • クアンタムはビットコインの「UTXO」とイーサリアムの「スマートコントラクト」の両方を兼ね備えた仮想通貨
  • クアンタムの将来性としては「実用性が期待されている」「創設者がブロックチェーンに強い関心をもっている」「ビットコインとイーサリアムの価格に影響を受ける」「中国市場の影響を受ける」という点があげられる
  • クアンタムを購入できる仮想通貨取引所は「コインチェック」「バイナンス」

これから仮想通貨投資を始めるならビットフライヤーがおすすめ

クアンタムはビットコインとイーサリアムの長所を合わせ持った、次世代の仮想通貨です。イーサリアムの課題をビットコインのブロックチェーンで克服しています。

実用性も高く、創設者や開発チームも信頼がおけるため、クアンタムは将来性の豊かな仮想通貨です。一方でビットコインやイーサリアムの価格変化の影響を受けたり、開発チームが拠点を置く中国の方針にも価格が左右されるでしょう。

国内の取引所では、コインチェックなら日本円で簡単に買えます。クアンタムの今後に期待できると感じたら、まずはコインチェックの口座を開設することから始めてみてくださいね

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

クアンタム(QTUM)
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事