投資でお金を増やす

金地金(インゴッド)とは?仕組みや種類・メリット・デメリットを解説

この記事を読んでほしい人
✔ 投資などでお金を増やしたい方
✔ お金に困らない生活を送りたい方
✔ 不労所得を得たい方

不労所得を得る方法では「仮想通貨投資」がおすすめ。「仮想通貨って何?」という方は、まずはこちらの「仮想通貨入門」を参考にしてみてください。

この記事を読んでほしい人
✔ 金地金投資を始めてみようと思っている方
✔ 金地金投資とは何か、知りたいという方
✔ 金地金投資のメリット・デメリットについて知りたいという方

「金投資をしてみたいけど、金地金って何なのかよく分からない……」

このように金投資に興味はあるけれど、金地金投資についてよく分からず悩んでいませんか。

金地金投資とは金投資のひとつで、インゴッドとも呼ばれています。

株式投資などと違って実物資産を得られるので、リスク分散効果も期待できるのです。

そこで今回は、金投資で資産防衛を考えている方に向けて、金地金投資の仕組みやメリット・デメリットについて解説していきましょう。

この記事の要約

  • 金地金投資は、現物の金を購入・保有することができる
  • 金地金投資のメリットとして「実物資産を保有できる」「価格変動が小さい」「長期保有で税金が優遇される」点があげられる
  • 金地金投資のデメリットとして「長期保有しても利益を生まない」「盗難のリスクがある」「スプレッドコストがある」点があげられる
  • 金地金投資は貴金属販売会社や証券会社で始めることができる

金地金とは

金地金(きんじがね)はインゴッドともよばれ、金の延べ棒など現物の金のことです。
そのため金地金投資では、金を手元に保管するのが基本となります。

それでは金地金を具体的にどのように購入するのか、どのように利益を出すのかなど、基本的な疑問を分かりやすく解説していきましょう。

金地金は、手元に保有できる

金地金投資の方法は「金を購入して、値上がりしたら売却する」という、キャピタルゲインを狙うというものです。

ただ株式投資やFXと違って、金を実際に手元に残しておくことができるため、売却せずに資産として保有しておくこともできます。

また、発行会社や政府の信用に関係なく、世界で共通の価値を持っているのも特徴です。

金地金は、貴金属販売会社などで購入する

金地金は、下記の場所で購入することができます。

  • 証券会社
  • 貴金属販売会社

どちらで購入するかは好みによりますが、店頭で直接担当者から説明を受けながら購入したい場合は、貴金属販売会社の方がおすすめです。

金地金投資のメリット

金地金投資を始めるメリットについて、お伝えしていきましょう。

メリット1:金は実物資産

金地金投資の最大のメリットは、実物資産として保有・取引できる点です。

  • 実物資産:発行企業や国の信用低下によって、資産価値が下がらない
  • 株や通貨など:発行企業や国の信用低下によって、資産価値が下がる

国の危機や発行企業の倒産などが起きても、資産を失わない方法として用いることもできるため、資産防衛にすぐれているといえるでしょう。

メリット2:価格変動リスクが小さい

金地金投資は、金相場で示される価格で価値が決まります。

そのため金相場の価格変動の影響を受けますが、他の金融商品と比較して価格変動が小さいのが特徴です。

金は積極的に売買するものではなく、資産を守る意味で長期保有するという傾向があり、短期的に売買を繰り返されることが少ないのが理由です。

メリット3:長期保有で税額控除を受けられる

金地金の保有期間が5年を超えて売却した際、譲渡所得が半額の状態で課税金額を計算できるようになります。

具体的な計算は以下の通りです。

  • 保有期間が5年以下:譲渡所得=譲渡益-特別控除50万円
  • 保有期間が5年を超える:譲渡所得=(譲渡益-特別控除50万円)×0.5

たとえば金地金を100万円で売却した場合、通常は50万円の譲渡所得を、25万円として課税金額を計算できるのです。

金地金の投資は、税制面でもメリットがあるわけですね。

金地金投資のデメリット

金地金投資は、株式投資や投資信託とは違う仕組みであるがゆえに、独自のデメリットもあります。

デメリット1:配当金や分配金はない

株式投資や投資信託では、保有していることで配当金や分配金を得られますが、金地金投資には配当金も分配金もありません。

長期間保有していても、得られる利益は含み益のみです。

売却することでしか、利益を得る方法はないのです。

デメリット2:盗難リスクがある

金地金投資は、金を現物で購入・保有するため、盗難にあうリスクもあります。

そのため金を受取ったら金庫で厳重に保管するなど、セキュリティ面を強化する必要があるでしょう。

デメリット3:スプレッドコストがある

金地金の売買システムには、販売価格と買取価格の2種類があり、FXなどと同じようにスプレッドコスト(販売価格と買取価格の差)があります。

手数料コストがあることを理解した上で、売買戦略を立てることが大切ですが、あくまで金地金投資は資産を守るため、という前提で購入することをおすすめします。

こんな人におすすめの投資です

下記のような方に、金地金投資がおすすめ。

  • 預金やタンス預金をしたくない
  • 景気悪化などに備えて資産を守りたい
  • 実物資産が欲しい
  • 長期保有できる余裕がある

利益を得るというよりも、資産を守ることを考えている方に、金地金投資は向いているといえるでしょう。

一方でこんな人におすすめできない投資

下記のような方は、金地金投資をおすすめできません。

  • 投資で大きな利益を得たい
  • デイトレードを始めたい
  • 資産を守るよりも増やしたい
  • まとまった資金がない

このような場合は、金地金投資よりもNISA口座を活用した投資や株・FXなどを考えることをおすすめします。

金地金投資の始め方

金地金投資は、基本的に下記のような手順で進めていきます。

  1. 貴金属販売会社の窓口で購入手続きをする
  2. 金の購入手続きや契約を交わす
  3. 現物で金を受け取る

貴金属販売会社に電話して購入手続きを進めたり、証券会社で金を購入して郵送で金を送付してもらうなどの方法もあるので、覚えておくといいでしょう。

金地金投資を始めるおすすめ比較

金地金投資は、どこで始めるのがよいのでしょうか。

  • 貴金属販売会社:店頭申込と電話申込の2種類、担当者から金投資や手続きの説明を受けられるので、理解しやすい
  • ネット証券:ネットで手軽に購入手続きができるが、疑問点をその場で聞くことができない

理解を深めながら進めたいのであれば貴金属販売会社、店頭へ出向いたり、電話する手間を省いて手軽に進めたいのであればネット証券、という感じですね。

金地金投資は長期保有を前提とした資産計画が基本

この記事のまとめ

  • 金地金投資は、現物の金を購入・保有することができる
  • 金地金投資のメリットとして「実物資産を保有できる」「価格変動が小さい」「長期保有で税金が優遇される」点があげられる
  • 金地金投資のデメリットとして「長期保有しても利益を生まない」「盗難のリスクがある」「スプレッドコストがある」点があげられる
  • 金地金投資は貴金属販売会社や証券会社で始めることができる

さて、金地金投資の仕組みや、メリット・デメリットについてお伝えしてきました。

金地金投資とは、現物の金を購入・保有する投資で、貴金属販売会社やネット証券で取り扱っている金融商品です。

実物資産としてのメリットがあるので、資産を増やすのではなく資産防衛を考えているという方は、金地金投資を考えてみてはいかがでしょうか。

投資でお金を増やす
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト