仮想通貨取引所比較

仮想通貨投資は素人でも可能! 稼ぐための方法と始め方

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資を始めたい方
✔ 仮想通貨投資で稼ぐための方法が知りたい方
✔ 仮想通貨投資で儲けようとしている方

自分は投資に関して素人ですが、それでも仮想通貨投資で稼ぎたいと思っていますか? それとも、そもそも稼げるのかどうかも分からずに、二の足を踏んでいませんか?

その悩みを解決すべく、初心者に向けた、仮想通貨投資で稼ぐための方法を紹介していきます。実際に素人が1万円分の仮想通貨を購入したときの体験談も紹介しているため、参考にしてください。

なお、この記事は「素人でも仮想通貨投資は儲かりやすい」とおすすめするのではなく、「素人が仮想通貨投資で稼ぐために必要なこととは?」とか「仮想通貨投資で負けないための方法」などについて、紹介していることをご理解お願いいたします。

この記事の要約
  • 初心者に向いている投資手法は、現物取引と長期保有
  • 素人におすすめの仮想通貨取引所は「Coincheck」「Zaif」「bitbank
  • 素人におすすめの通貨は「ビットコイン」「NEM」「リップル」
  • 仮想通貨に投資する時は、余剰資金範囲内で投資を行うようにしましょう

仮想通貨取引を始めるならビットフライヤーで口座開設しましょう。

素人にもわかる仮想通貨の基礎知識

稼ぐ稼がない以前の問題として、まず仮想通貨とは何かということが分からない人も多いのではないでしょうか。まずは仮想通貨についての基礎知識を紹介しましょう。

仮想通貨は、電子通貨とも呼べますがいくつかドルや円にはない特徴を有しています。

仮想通貨の中でも最初に現れたのがビットコインです。このビットコインが有する「ブロックチェーン」、「非中央集権性」こそが、仮想通貨の特徴と言えます。

ブロックチェーンとは

  • ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引データを管理する仮想通貨の中核的な技術
  • 取引データをいくつかまとめた「ブロック」というものにし、不特定多数の人がそのデータが正当なものであると承認することで、ブロックがつながる仕組み
  • ブロックは相互に関連し合っているため改ざんが難しく、セキュリティが担保される

非中央集権制とは

  • ブロックチェーンによって、仮想通貨は従来の通貨のような中央で管理する組織を必要としない、「非中央集権性」を実現
  • 従来の通貨は、日本円でいえば日本政府のような管理者がすべての取引を管理する必要がある
  • しかし仮想通貨は管理者が不在なため、送金も迅速で手数料も安くすることが可能

ビットコイン以外にも仮想通貨はある

仮想通貨にはビットコインとアルトコインの2種類があります。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

2020年3月現在、すべての仮想通貨の時価総額のうち、ビットコインがおよそ7割を占めています。そのため仮想通貨投資ではビットコインが一般的ですが、アルトコインにも将来的に価値が上がる有望なものがあります。

仮想通貨と電子マネーの違い

仮想通貨は実物がなく、インターネット上のみで流通しています。その点ではSUICAやEdyなどの電子マネーとの違いが一見して分かりにくいです。

仮想通貨と電子マネーの違いは、管理者と国境の有無で説明することができます。

  • 電子マネーは、サービスを利用する管理者が中央に存在しており、サーバー障害やメンテナンスによってしばしば利用不能に陥る
  • 電子マネーを使う際には日本円をサービスにチャージしなくてはなりらず、また日本円なので国境を越えて海外で利用することはできない

ビットコインは中央に管理者がいないため、サーバー障害などで取引ができなくなることもなければ、海外で利用することもできます。

素人必見! 投資方法別の難易度を徹底比較

仮想通貨取引は素人でもできるのかといえば、できると断言いたします。なぜかというと、投資手法にも色々あり、その投資手法の中でも、初心者に向いている手法があるからです。

まずはこちらの表で、いくつかの投資手法とやり方、どのような人に向いているのかを紹介しました。

投資手法内容向いている人
現物取引仮想通貨を購入し、値上がりしたら売却するという基本的な投資手法初心者から上級者
信用取引(レバレッジ取引)証拠金を担保に大きな取引ができる投資手法上級者
アービトラージA取引所とB取引所が扱う仮想通貨の価格差を狙った投資手法上級者
長期保有仮想通貨を現物取引で購入してから長期間保有し続ける投資手法初心者から上級者
短期取引スキャルピングトレードやデイトレードに該当し、仮想通貨を翌日に持ち越さずに1日で売買するという投資手法スキャルピングトレードは上級者
デイトレードは中級車以上

紹介した投資手法の中で、初心者に向いているのは、現物取引と長期保有です。仮想通貨をそのまま購入するのは共通していますが、違うのは取引期間であります。

現物取引は、仮想通貨を安く購入して高く売却する単純な投資手法ですが、長期保有の場合、仮想通貨の大きな値上がりを期待して長く保有し続ける投資手法です。

現物取引と長期保有をどちらか選べと言われたら、初心者は長期保有がおすすめです。

素人が仮想通貨を始める簡単3ステップ

投資というと、素人にはハードルが高いと思うかもしれません。しかし仮想通貨投資を始めるにはわずか3ステップしか必要ありません。

1.取引所に登録する

取引所登録に必要な書類(電話番号、住所、氏名、身分証)などを提示してください。

まずは仮想通貨を取引するための仮想通貨取引所に登録しなくてはなりません。登録仮想通貨を始める手順を簡単にかつ順番に説明すると、以下の通りとなります。

  • 本人確認書類(※運転免許証やマイナンバーカードなど)とメールアドレスを用意
  • 仮想通貨取引所(※「素人におすすめの仮想通貨取引所3選」で説明)に口座開設を申し込む
  • 本人確認書類を用意して本人確認を申請
  • 申請している間に二段階認証などセキュリティに関するチェックと設定を行う

ここまでは、取引所から簡易書留のはがきが届くまで待ちます。理由は、本人確認が行われないと、日本円の入金ができないからです。

2.入金する

入金する

入金方法は仮想通貨取引所ごとに設定されています。中でも最も一般的なものが、上記の画像のように取引所の指定する口座に銀行から振り込む方法です。

この方法では入金が反映されるまでに1、2日ほどかかることに注意しましょう。ほかにもコンビニから入金する方法、ネットバンキングから入金する方法、ペイジーを利用する方法などがあります。

3.欲しい仮想通貨を購入する

入金が済んだら、欲しい仮想通貨を購入する番です。先ほど投資手法を紹介しましたが、どのような方法を選ぶにせよ、素人の場合はまず少額投資がおすすめです。

大きな資金を動かすと、資金を失うときのダメージも大きくなってしまいます。まずは失っても惜しくないような少額から投資をするといいでしょう。

仮想通貨少額投資についてはこちら

仮想通貨は少額投資がおすすめ!最低投資額や人気取引所を発表 仮想通貨取引に興味がある人の中には、十分な資金がないため始められないと考えている人もいるかもしれません。 実は、仮想通貨へ...

素人は複数の取引所に登録してリスク回避

仮想通貨を始める際は、同じ量の資金を使うときでも複数の仮想通貨取引所に登録して資金を分散させたほうがいいでしょう。

取引所は常にハッキングのリスクにさらされています。日本でも国内の取引所が不正アクセスに遭った例はいくつもあります。

そのためひとつの取引所に資金を集めると、ハッキングですべてを失うかもしれません。複数の取引所で分散させることで、リスクの回避が可能です。

素人におすすめの仮想通貨取引所ベスト3

素人でもおすすめできる仮想通貨取引所を3種類挙げて、特徴とおすすめの理由を紹介していきます。紹介するのは、金融庁認可を受けた取引所に限定されますので、安心して参考にしてみてください。

1位:bitFlyer

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

bitFlyerはビットコインの取引高やサービスの利用率が日本で最も高い仮想通貨取引所です。つまり日本で最も人気の取引所ということです。

資本金が大きく、補償制度も充実しているなど日本でも屈指の安心感のある仮想通貨取引所と言えます。初心者でも安心して資金を預けることができます。

2位:GMOコイン

GMOコイン
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュネムステラルーメンベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. アプリ、ウェブ画面が使いやすいと話題
  2. セキュリティが高い
  3. 大手運営で安心して取引が可能

GMOコインはあのインターネット大手であるGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

GMOクリック証券などで培ったネット金融のノウハウを活かした充実のセキュリティ体制が自慢で、初心者の方でも安心して資金を預けることができます。

手数料も安く、同じ資金であってもより多くを仮想通貨の取引に充てることが可能です。

3位:bitbank

bitbankは日本国内取引所の中で、リップルの取引量が多い取引所です。

※参照:CoinMarketCap/リップルの市場(2020年3月25日時点)

販売所の機能はありませんが、リップルは初心者にとってもおすすめですし、初心者でも簡単に購入が可能となります。

素人におすすめの仮想通貨ベスト5

素人はどの通貨に投資するべきなのか悩むところですが、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ネム
  • ビットコインキャッシュ

この5つがおすすめです。これらはいずれも機能面などに優れた点があり、将来性が期待できます。その理由を仮想通貨毎に挙げて、解説していきます。

1位:ビットコイン

ビットコインは仮想通貨の王様にして、国内外の取引所でも扱っている仮想通貨です。ビットコインは1枚の価格が高いデメリットがあるのですが、小数点以下(※0.01BTCなど)で購入することが可能。

ビットコインは、2020年に開催される東京オリンピック景気に後押しされて価格高騰が期待できます。

無論、逆に値下がりする可能性もあるのですが、そのリスクを考えて、まとめて買うのではなく、定期的な積立投資を行うと良いでしょう。

2位:イーサリアム

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインというと先ほど紹介しましたが、アルトコインの中では最も時価総額が高いです。

そのうえイーサリアムは1ETH=15000円ほど(2020年3月25日時点)とビットコインよりずっと価格が低く、手軽に購入できます。今後の実用化も期待されており、将来性もあります。

3位:リップル

リップルはビットコインとイーサリアムに次ぐ、時価総額ランキング3位の通貨なので、投資対象としてはおすすめです。

  • リップルはビットコインとイーサリアムに匹敵する送金速度を持った、国際送金に特化している仮想通貨である
  • 全世界の金融機関の多くがリップルに注目し、中にはリップルと提携している企業もある(世界各国の中央銀行や商業銀行、Googleなど)
  • リップルが実用化されることで、国際送金の大幅なコスト削減が可能(法定通貨の場合、国際送金となると、着金までに時間がかかるだけでなく、手数料も数千円ほどかかる)

リップルであれば、手数料は通常の銀行振込より圧倒的に安く、送金手続きしてからわずかな時間で着金することが見込めます。

金融機関からも注目を浴びているリップルなので、リップルに投資するのはおすすめです。

4位:ネム

ネムは数円で購入できます。ネムは、ビットコインよりも早く送金が可能です。決済通貨としても期待されています。

NEMは価格が安く、ニュースでも話題になっているほど開発が進んでいるので、投資対象としてはおすすめです。

おすすめする理由については、まずはこちらの引用文をご覧ください。

暗号通貨ネム(NEM)は、2019年3月に財団を再編成し、次世代ブロックチェーンであるカタパルト(Catapult)の開発に力を注いでいる。カタパルトの開発ロードマップを新しく掲げ、順調に開発を進めているようだ。

CoinChoice/ネム(NEM)カタパルトのテストネット開始!財団技術部門が6月度の活動を報告

仮想通貨ニュースサイトCoinChoiceによれば、ネムは財団を編成しつつ、次世代ブロックチェーンのカタパルトの開発に力を入れているとのことです。

開発が進めば進むほど、ネムの重要性と価値が増してきます。

ネムは投資対象としては魅力的ですが、あえて一気に購入せず、何回かに分けて購入し、長期保有に持ち込んだほうが得策だと言えるでしょう。

5位:ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、名前の通りビットコインから分岐(ハードフォーク)することで生まれた仮想通貨です。

ハードフォークとは変更前との互換性を持たない形で機能面などをアップデートさせる仕様変更のことです。ビットコインキャッシュもビットコインと比べて送金速度などが優れています。

ビットコインからハードフォークを経て誕生した仮想通貨はいくつもあります。しかしビットコインキャッシュはその中でも機能面も価格も優れており、将来性の期待できるものです。

素人が仮想通貨を始めた時の失敗例3選

素人が仮想通貨を始めたときにやりがちな3つの失敗例を紹介いたします。

失敗例だけでなく対策方法について紹介しますので、投資が初めての初心者にとっては参考になるでしょう。

1つの仮想通貨にのみ投資する

投資対象となる仮想通貨をまとまったお金で購入するのは、投資の失敗でよく見られます。

購入した仮想通貨の価格がそのまま上昇すれば幸いなのですが、逆に下降してしまったら、大きな損失を被ることになるからです。

対策としては、あえて仮想通貨をまとめて購入せずに、何回かに分けて購入します。仮想通貨の価格が高いときは購入できる枚数が少なく、逆に仮想通貨の価格が安いときは購入できる枚数が多くなるのです。

投資信託などで見られるドルコスト平均法で、この対策方法はリスク分散や抑制にも期待ができるでしょう。

生活資金で仮想通貨を購入してしまう

生活資金を仮想通貨購入に限らず、株式やFXなどに使ってしまったケースはよく聞きます。

生活資金を仮想通貨購入に使用するのは、自分の生活を圧迫させることにつながり、経済的なダメージを大きくする一方です。

対策として、生活資金は仮想通貨購入に使わず、余剰資金で仮想通貨を購入することです。なぜなら、余剰資金は使用しても生活にはほとんど影響ないからです。

売却するタイミングを逃した

仮想通貨を購入して長期保有(ガチホ)を行う人は、初心者でも上級者でもよく見られますが、購入した仮想通貨を塩漬けにして、売却のタイミングを失ったケースはよく聞きます。

投資している仮想通貨の流動性が高ければ、いつでも売ることは見込めるのですが、逆に流動性が低い仮想通貨は、売却のタイミングが難しいです。

このケースに対する有効的な対策としては、

  • 長期保有は国内取引所を利用
  • 国内取引所が扱っている仮想通貨を長期保有の対象とする
  • 売却の時期を明確にする
  • 特に理由がないかぎり塩漬けはしない

などが挙げられます。

実録! 素人が仮想通貨を始めたら稼げるのか検証

ここまでは素人が仮想通貨投資を始める方法や利益を出すための方法などを紹介してきました。ただ実際気になるのは理屈やコツなどではなく「本当に初心者でも利益を出した例があるのか?」という部分でしょう。

今この記事を書く私も昔、ビットコインを購入したことがあります。深い理由はなく、当時仮想通貨というものが世間で流行していたためです。

今回紹介したような知識はなかったため、利用していたのもbitFlyerひとつ。今この記事を読んでいる方のほうが詳しいくらいです。

そんな私が仮想通貨を始めた体験談をもとに、本当に仮想通貨で稼ぐことができるかどうか検証してみましょう。

ビットコインを1万円分購入

  • 2017年11月10日:1BTC=822,150円(購入時)

私が仮想通貨を買ったのは、2017年11月10日のことです。仮想通貨や仮想通貨取引所のCMなどもテレビで流れていて、私も含め仮想通貨はこれからもどんどん成長していくと思っていました

ビットコインもアルトコインもどんどん価格が上がると予想されており、私も流れに乗るようにして1万円分のビットコインを購入しました。

2ヶ月で総資産が2倍に!

  • 2018年1月10日:1BTC=1,803,594円(約2倍に上昇)

ビットコインを購入してからわずか2か月で、価格が2倍以上になっています。

1万円分買ったため、私の総資産は2倍の2万円を超えた計算です。当時の私はこの上がり幅に喜んだ反面、少し後悔もしていました。2か月前に1万円でなく、100万円分購入していれば、私の資産は200万円以上になっていたと考えたのです。

この後悔から、私はもっと利益が欲しくなりました。当時は後に「仮想通貨バブル」といわれる好況にあり、私はまだビットコインの価格が上がると信じて、2018年1月10日以後もビットコインを持ち続けていました。

仮想通貨バブルがはじける

  • 2018年2月10日:1BTC=961,496円(約半分に下落)

結果として、2018年1月中に仮想通貨バブルがはじけ、ビットコインの価格は一気に下がり始めます。

1か月前から考えると、あっという間に総資産が2分の1となったのです。この急落に慌てて私はビットコインを売却します。

購入時10000円だったビットコインは売却時には約11000円。利益にはなりましたが、1か月前に売っていれば2万円です。今回紹介した初心者にありがちな失敗のひとつ、「売却時期を逃す」に陥ってしまいました。

素人が仮想通貨を買ってわかったこと3つ

私の体験談から分かったことは3つです。

  • 素人であっても仮想通貨で小遣い稼ぎはできる
  • 売却時期を逃すと、小遣い稼ぎはできない
  • ビットコイン以外の通貨も購入してリスクを分散するべきだった

素人であっても仮想通貨で小遣い稼ぎはできます。何も知らないうちに買って、何も知らないうちに売った私であっても、およそ1000円の利益をあげることができました。

しかし売却時期を逃すと、小遣い稼ぎはできません。もし売却が遅れたら、ビットコインの価格はますます下がり、損失を出していたでしょう。私に売買のタイミングに関する知識はなく、利益を出せたのは完全に偶然です。

また、ビットコイン以外の通貨も購入してリスクを分散するべきでした。当時の私はビットコインにしか投資していなかったために相場に一喜一憂して、正常に判断することができませんでした。

ビットコイン以外の通貨に投資をしていれば、バブルがはじけた後もまた変わっていたかもしれません。リスクを偏らせることはやはり危険です。

素人が心得るべき仮想通貨の2つのリスク

仮想通貨には取引で損失を被ること以外にも、心得ておかねばならない2つのリスクがあります。

気をつけておけば、これらのリスクは回避することも可能です。それぞれ見ていきましょう。

借金のリスク

仮想通貨も投資のひとつであるため、借金のリスクがあります。しかし先にも述べたように、仮想通貨で借金を背負うのは、生活資金までつぎ込むような無茶な投資をした場合です。

現物取引や、手持ちの資金以上の取引ができるレバレッジであってもお金の管理に気をつけてさえいれば借金はしにくいです。

ハッキングのリスク

もうひとつがハッキングのリスクです。日本でも2018年1月に、Coincheckが約580億円分ものネムを流出させています。どんな仮想通貨取引所も、ハッキングと無縁ではいられません。

ハッキングのリスクがあるからこそ、ひとつの仮想通貨取引所に資金を集中させず、複数の取引所で管理したほうがいいのです。

日本では法律も整備され、取引所のハッキング対策は年々厳重にはなっています。それでも絶対はありません。自分でできる対策は欠かさないようにしましょう

素人も把握するべき仮想通貨の税金

日本ではお金を稼げば税金が発生します。仮想通貨でも例外ではありません。普段、サラリーマンとして仕事をしている人であれば、仮想通貨で年間に20万円以上の利益をあげた場合は確定申告が必要です。

もっとも仮想通貨はただ持っているだけでは税金は発生しません。仮想通貨を売って利益が出たタイミングで発生します。そのため確定申告がいらない範囲で利益を調整してもいいでしょう。

仮想通貨の儲けは雑所得

税法上、何らかの方法でもらえるお金は「所得」といい、10種類に分類することができます。仮想通貨で得た利益は、中でも「雑所得」に分類されます。

雑所得の税率は給与収入などと合わせて計算され、最大で45%です。

仮想通貨は将来性がある! 素人が今から始めても良い理由3選

仮想通貨はもう儲からないとたまに言われます。なぜならば仮想通貨バブルがはじけ、価格が低迷したためです。しかし当時のバブルは人々がまだ「仮想通貨自体の価値」を理解しておらず、投資目的で雰囲気に流されるように購入した人が多かったために生まれた景気です。

バブルがはじけ、それでもじわじわと価格を伸ばしているのは仮想通貨への理解が進み、仮想通貨自体の価値が認められたことによるものです。

今後、仮想通貨の価値が世界的に認められたことで、仮想通貨は更に普及していくでしょう。仮想通貨を今から始めてもいい理由を3つ紹介します。

大手企業等が提携しており将来性がある

ひとつが、仮想通貨が大手企業や銀行などと提携を進めている点です。日本でもビックカメラや旅行代理店大手のH.I.S.などではビットコインを決済手段として利用することができます。

仮想通貨が私たちの生活に普及し、利用が拡大することで、価格の上昇を見込むことができます。

決済通貨として有能

仮想通貨は従来の通貨と比べて、決済用の通貨として非常に有能です。特に遠く離れた海外の家族や友人であっても、国境や距離を気にすることなく、迅速な送金ができます。手数料も各段に抑えることが可能です。

そのため海外では、出稼ぎ労働者などが仮想通貨を利用するケースがあります。

金融商品としての価値がある

実際の利用や決済手段のほか、仮想通貨は金融商品としての価値も上がっています

現在の仮想通貨取引所のほかにも、仮想通貨が既存の金融市場で受け入れられはじめました。2017年12月には、

  • CBOE(シカゴ・オプション取引所)
  • CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)

の2つの先物取引所で、仮想通貨の取引が開始されています。

今後仮想通貨の取引が広がれば、投資家の進出もますます進み、仮想通貨の価格を上げるでしょう。

素人は複数の仮想通貨取引所で少額投資を始めよう!

この記事のまとめ
  • 初心者に向いている投資手法は、現物取引と長期保有
  • 素人におすすめの仮想通貨取引所は「Coincheck」「Zaif」「bitbank」
  • 素人におすすめの通貨は「ビットコイン」「NEM」「リップル」
  • 仮想通貨に投資する時は、余剰資金範囲内で投資を行うようにしましょう

仮想通貨取引を始めるならビットフライヤーで口座開設しましょう。

仮想通貨は投資経験が全くわからない素人でも簡単に始めることができます。

仮想通貨投資はまず取引所選びから最初に行わなければならないのですが、この時点で悩む人は多くいるでしょう。

しかし、わたしが紹介した取引所であれば、おすすめできます。ビットコインではなくアルトコイン推しの傾向が強いのですが、アルトコイン投資が目的の人には向いています。

仮想通貨に投資する以上、生活資金に手をつけず、余剰資金範囲内で投資を行うようにしましょう。

仮想通貨取引所比較
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事