仮想通貨取引所比較

仮想通貨投資は素人でも可能!稼ぐための方法と始め方

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資を始めたい方
✔ 仮想通貨投資で稼ぐための方法が知りたい方
✔ 仮想通貨投資で儲けようとしている方

自分は投資に関して素人ですが、それでも仮想通貨投資で稼ぎたいと思っていますか?

その悩みを解決すべく、初心者に向けた、仮想通貨投資で稼ぐための方法を紹介していきます。

なお、この記事は「素人でも仮想通貨投資は儲かりやすい」とおすすめするのではなく、「素人が仮想通貨投資で稼ぐために必要なこととは?」とか「仮想通貨投資で負けないための方法」などについて、紹介していることをご理解お願いいたします。

この記事の要約
  • 初心者に向いている投資手法は、現物取引と長期保有
  • 素人におすすめの仮想通貨取引所は「Coincheck」「Zaif」「bitbank
  • 素人におすすめの通貨は「ビットコイン」「NEM」「リップル」
  • 仮想通貨に投資する時は、余剰資金範囲内で投資を行うようにしましょう

仮想通貨取引は素人も可能?他投資手法との難易度比較

仮想通貨取引は素人でもできるのかといえば、できると断言いたします。なぜかというと、投資手法にも色々あり、その投資手法の中でも、初心者に向いている手法があるからです。

まずはこちらの表で、いくつかの投資手法とやり方、どのような人に向いているのかを紹介しました。

投資手法 内容 向いている人
現物取引 仮想通貨を購入し、値上がりしたら売却するという基本的な投資手法 初心者から上級者
信用取引(レバレッジ取引) 証拠金を担保に大きな取引ができる投資手法 上級者
アービトラージ A取引所とB取引所が扱う仮想通貨の価格差を狙った投資手法 上級者
長期保有 仮想通貨を現物取引で購入してから長期間保有し続ける投資手法 初心者から上級者
短期取引 スキャルピングトレードやデイトレードに該当し、仮想通貨を翌日に持ち越さずに1日で売買するという投資手法 スキャルピングトレードは上級者
デイトレードは中級車以上

紹介した投資手法の中で、初心者に向いているのは、現物取引と長期保有です。仮想通貨をそのまま購入するのは共通していますが、違うのは取引期間であります。

現物取引は、仮想通貨を安く購入して高く売却する単純な投資手法ですが、長期保有の場合、仮想通貨の大きな値上がりを期待して長く保有し続ける投資手法です。

現物取引と長期保有をどちらか選べと言われたら、初心者は長期保有がおすすめです。

素人が仮想通貨を始めた時にやりがちな3つの失敗

素人が仮想通貨を始めたときにやりがちな3つの失敗例を紹介いたします。

失敗例だけでなく対策方法について紹介しますので、投資が初めての初心者にとっては参考になるでしょう。

失敗1「ひとつの仮想通貨をまとまったお金で購入」

投資対象となる仮想通貨をまとまったお金で購入するのは、投資の失敗でよく見られます。

購入した仮想通貨の価格がそのまま上昇すれば幸いなのですが、逆に下降してしまったら、大きな損失を被ることになるからです。

対策としては、あえて仮想通貨をまとめて購入せずに、何回かに分けて購入します。仮想通貨の価格が高いときは購入できる枚数が少なく、逆に仮想通貨の価格が安いときは購入できる枚数が多くなるのです。

投資信託などで見られるドルコスト平均法で、この対策方法はリスク分散や抑制にも期待ができるでしょう。

失敗2「生活資金を仮想通貨購入に使ってしまった」

生活資金を仮想通貨購入に限らず、株式やFXなどに使ってしまったケースはよく聞きます。

生活資金を仮想通貨購入に使用するのは、自分の生活を圧迫させることにつながり、経済的なダメージを大きくする一方です。

対策として、生活資金は仮想通貨購入に使わず、余剰資金で仮想通貨を購入することです。なぜなら、余剰資金は使用しても生活にはほとんど影響ないからです。

失敗3「購入した仮想通貨を塩漬けにしてしまった」

仮想通貨を購入して長期保有(ガチホ)を行う人は、初心者でも上級者でもよく見られますが、購入した仮想通貨を塩漬けにして、売却のタイミングを失ったケースはよく聞きます。

投資している仮想通貨の流動性が高ければ、いつでも売ることは見込めるのですが、逆に流動性が低い仮想通貨は、売却のタイミングが難しいです。

このケースに対する有効的な対策としては、

  • 長期保有は国内取引所を利用
  • 国内取引所が扱っている仮想通貨を長期保有の対象とする
  • 売却の時期を明確にする
  • 特に理由がないかぎり塩漬けはしない

などが挙げられます。

仮想通貨を始める手順【超素人にもわかりやすく解説】

仮想通貨を始める手順を簡単にかつ順番に説明すると、以下の通りとなります。

  • 本人確認書類(※運転免許証やマイナンバーカードなど)とメールアドレスを用意
  • 仮想通貨取引所(※「素人におすすめの仮想通貨取引所3選」で説明)に口座開設を申し込む
  • 本人確認書類を用意して本人確認を申請
  • 申請している間に二段階認証などセキュリティに関するチェックと設定を行う

ここまでは、取引所から簡易書留のはがきが届くまで待ちます。理由は、本人確認が行われないと、日本円の入金ができないからです。

続きは以下の通りです。

  • 数日が経過すると取引所から簡易書留のはがきが自宅に届く
  • はがきの内容に従って画面操作すると本人確認完了
  • 出金先である自分の銀行口座を登録する
  • 日本円を取引所指定の口座に入金
  • 入金した日本円で仮想通貨を購入

以上となります。購入した仮想通貨は売却できます。

素人におすすめの仮想通貨取引所3選

素人でもおすすめできる仮想通貨取引所を3種類挙げて、特徴とおすすめの理由を紹介していきます。紹介するのは、金融庁認可を受けた取引所に限定されますので、安心して参考にしてみてください。

1「Coincheck」

Coincheckは日本国内取引所の中でも、扱っているアルトコインの種類が豊富です。

2018年1月下旬に起きた約580億円相当のNEM流出事件がCoincheckから起きたのですが、マネックスグループに買収されて以降、2019年1月には金融庁の認可を受け、関東財務局への登録を果たしました。

ビットコイン以外、販売所しか取り扱っていませんが、販売所なら初心者でも簡単に購入できるのでおすすめであります。

2「Zaif」

ZaifはNEMを取引所形式でかつ現物取引で購入ができる取引所です。

NEMを定期的に購入したいユーザーにはおすすめですし、取引所だけでなく販売所の機能も兼ね備えています。

3「bitbank」

bitbankは日本国内取引所の中で、リップルの取引量が多い取引所です。
※参照:CoinMarketCap/リップルの市場(2019年7月11日時点)

販売所の機能はありませんが、リップルは初心者にとってもおすすめですし、初心者でも簡単に購入が可能となります。

素人はどの通貨に投資するべき?おすすめのビットコイン・アルトコイン3選【2019年版】

素人はどの通貨に投資するべきなのか悩むところですが、

  • ビットコイン
  • NEM
  • リップル

この3つがおすすめだと断言します。その理由を仮想通貨毎に挙げて、解説していきます。

1「ビットコイン」

ビットコインは仮想通貨の王様にして、国内外の取引所でも扱っている仮想通貨です。ビットコインは1枚の価格が高いデメリットがあるのですが、小数点以下(※0.01BTCなど)で購入することが可能となります。

ビットコインは、2020年に開催される東京オリンピック景気に後押しされて価格高騰が期待できます

無論、逆に値下がりする可能性もあるのですが、そのリスクを考えて、まとめて買うのではなく、定期的な積立投資を行うと良いでしょう。

2「NEM」

NEMは価格が安く、ニュースでも話題になっているほど開発が進んでいるので、投資対象としてはおすすめです。

おすすめする理由については、まずはこちらの引用文をご覧ください

暗号通貨ネム(NEM)は、2019年3月に財団を再編成し、次世代ブロックチェーンであるカタパルト(Catapult)の開発に力を注いでいる。カタパルトの開発ロードマップを新しく掲げ、順調に開発を進めているようだ。

CoinChoice/ネム(NEM)カタパルトのテストネット開始!財団技術部門が6月度の活動を報告

仮想通貨ニュースサイトCoinChoiceによれば、NEMは財団を編成しつつ、次世代ブロックチェーンのカタパルトの開発に力を入れているとのことです。

開発が進めば進むほど、NEMの重要性と価値が増してきます。

NEMは投資対象としては魅力的ですが、あえて一気に購入せず、何回かに分けて購入し、長期保有に持ち込んだほうが得策だと言えるでしょう。

3「リップル」

リップルはビットコインとイーサリアムに次ぐ、時価総額ランキング3位の通貨なので、投資対象としてはおすすめです。

理由をもう少し深掘りするなら、リップルはビットコインとイーサリアムに匹敵する送金速度を持った、国際送金に特化している仮想通貨であります。

全世界の金融機関の多くがリップルに注目し、中にはリップルと提携している企業があるほどです。

注目されている理由は、国際送金にかかる大幅なコスト削減にあります。法定通貨の場合、国際送金となると、着金までに時間がかかるだけでなく、手数料も数千円行くほどです。

リップルであれば、手数料は通常の銀行振込より圧倒的に安く、送金手続きしてからわずかな時間で着金することが見込めます。

金融機関からも注目を浴びているリップルなので、リップルに投資するのはおすすめです。

素人でも仮想通貨は簡単に始められる!

 

この記事のまとめ
  • 初心者に向いている投資手法は、現物取引と長期保有
  • 素人におすすめの仮想通貨取引所は「Coincheck」「Zaif」「bitbank
  • 素人におすすめの通貨は「ビットコイン」「NEM」「リップル」
  • 仮想通貨に投資する時は、余剰資金範囲内で投資を行うようにしましょう

仮想通貨は投資経験が全くわからない素人でも簡単に始めることができます。

仮想通貨投資はまず取引所選びから最初に行わなければならないのですが、この時点で悩む人は多くいるでしょう。

しかし、わたしが紹介した取引所であれば、おすすめできます。ビットコインではなくアルトコイン推しの傾向が強いのですが、アルトコイン投資が目的の人には向いています。

仮想通貨に投資する以上、生活資金に手をつけず、余剰資金範囲内で投資を行うようにしましょう。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト