リキッド

Liquidの審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策

この記事を読んでほしい人
✔ Liquidに口座開設して郵送書類が届かない方
✔ Liquidの審査について知りたい方
✔ 仮想通貨取引を始めたい方

Liquidで口座開設したものの、いつまでたっても郵送書類が届かずに不安になっていませんか?

通常であればインターネットで口座開設の申し込みをして1週間程で届くはずです。1週間以上届かない場合は審査が遅れているのかもしれません。

今回はその理由について解説していきます。

この記事の要約
  • Liquidの審査は「落ちた」のではなく審査が遅れている可能性がある
  • Liquidは1週間以内には住所確認用のはがきが送られてくる
  • Liquidは審査が遅めなので仮想通貨取引をしたい人は取引所の口座を複数持つのがおすすめ

▼Liquidの登録方法を一番丁寧に解説!▼

リキッド(Liquid by Quoinex)の登録方法、本人確認、審査について解説! 「リキッドの登録方法について知りたいけど、自分で調べるのが面倒だな」、といったことを考えてなかなか口座開設できていないのではない...

Liquidの審査は「落ちた」のではなく審査が遅いだけ?

Liquid以前のQUOINEXの頃には審査が遅いと言われていました。
私の知り合いでは1ヶ月近く掛かったという友人もいました。

Liquidになってからは遅いという口コミは減りましたが、キャンペーンの時など審査に時間が掛かる場合があるようです。

審査に落ちるという話はほとんど聞かないので、遅れている場合がほとんどです。

▼Liquidの本人確認にかかる時間・審査・手続き・必要書類を解説▼

リキッド(Liquid)の口座開設方法を画像付きで解説!登録や本人確認の注意点まとめ 仮想通貨取引所に新たに口座を開設しようとする場合、法律上本人確認は欠かせません。本人確認は、身元を証明する書類をもって行われます...

正しく審査が通った場合

通常であれば3日から6日程で審査が通りますので、1週間以内には住所確認用のはがきが送られてきます

1週間以上届かない場合は審査が遅れている可能性がありますので、すぐにでも口座開設したければサポートに連絡して確認してみましょう。

Liquidの審査は厳しい?

Liquidは審査が厳しいのでしょうか?ツイッターの口コミを調べてみました。

審査に落ちたというツイートはほとんどありませんが、他の取引所に比べて審査に時間がかかるようです。

Liquidの審査が遅い・審査に落ちたらGMOコインへ登録しよう

早く口座開設したいのにLiquidの審査が遅れてしまって、1週間以上たっても書類が届かないという人は他の取引所に登録する事をオススメします。

Liquidはセキュリティファーストを謳っており、取引所のセキュリティには定評があります。

同じセキュリティに力を入れているGMOコインをオススメします。

取引所は複数登録するのがオススメ

投資をする際の基本として大切になるのは取引所の口座を複数持つ事です。

リスクヘッジする事はもちろんですが、審査が遅れてしまっている時でも他の取引所への登録をしていれば安心して仮想通貨取引が出来ます。

セキュリティに強い取引所への登録がオススメ

この記事のまとめ
  • Liquidの審査は「落ちた」のではなく審査が遅れていることがある
  • Liquidは他の取引所に比べて審査に時間がかかる
  • Liquidは審査が遅めなので仮想通貨取引をしたい人は取引所の口座を複数持つのがおすすめ

今年に入ってから2回のハッキングにより仮想通貨が盗難されました。

どちらも大きな被害が発生しましたが、起きてからでは遅いので今から出来る事から始めましょう。

大切な事は複数の取引所への登録、そしてセキュリティに強い取引所への登録です。まずは出来る事から始めていきましょう。

リキッド
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト