フォビ

Huobi(フォビ)の年齢制限は?未成年や高校生は登録できるの?

この記事を読んでほしい人
✔ Huobi(フォビ)に口座開設しようとしている方
✔ Huobi(フォビ)で取引できる年齢が知りたい方
✔ 暗号資産(仮想通貨)取引を始めたい未成年の方

暗号資産(仮想通貨)取引を始めようとする時、まず必要なのが暗号資産(仮想通貨)取引所での口座開設です。

銀行のように誰でも口座開設できるのかというと、さにあらず、中には20歳未満は口座開設不可としている暗号資産(仮想通貨)取引所もありますし、高齢者を不可としているところもあります。

そこで、今回は暗号資産(仮想通貨)取引所のHuobi(フォビ)で口座開設するのに、年齢制限があるのかどうかについて解説します。

この記事の要約
  • Huobi(フォビ)は年齢制限がある。20歳以上75歳未満の方のみ口座開設が可能
  • Huobi(フォビ)は未成年の方はアカウントを作成できない
  • 未成年の方はFISCOなど他の取引所にて口座開設を行う必要がある

Huobi(フォビ)利用において年齢制限はある

Huobi(フォビ)では口座開設に年齢制限があり、20歳以上75歳未満の方のみ口座開設可能となっています。

未成年だけでなく、高齢者の口座開設も制限されています。

参照:https://huobi.zendesk.com/hc/ja/articles/360013315833

未成年ではアカウントは作成できない

残念ながら、Huobi(フォビ)では未成年の方はアカウントを作成できません

Huobi(フォビ)以外の取引所で口座開設をする場合

Huobi(フォビ)では未成年の方は口座開設できませんが、全ての暗号資産(仮想通貨)取引所で未成年の方の口座開設ができないというわけではありません。

例えばFISCOという取引所なら、未成年の方でも口座開設できます。

20歳になるまで待てないというなら、FISCOなど他の取引所にて口座開設を行う必要があります。

本人確認の方法が違う

未成年であっても口座開設にあたり、暗号資産(仮想通貨)取引所側は、申請者の本人確認をきちんとしなければなりません。

ですが、未成年と成人では本人確認の方法に違いがあります。

未成年が投資を始めるのに必要なもの

未成年の方が暗号資産(仮想通貨)取引所に口座を開設する場合の手続きは、成人と同じではありません。

成人の場合では要求されない書類をいくつか提出する必要があります。

本人確認書類

本人確認書類は、成人の場合と同じです。

学生証でも可としていることもありますが、大半は成人と同じ本人確認書類しか認めてもらえません。

親権者の同意書

未成年の方の場合は、親権者が口座開設に同意した旨を書類で提出する必要があります。

これが、親権者の同意書です。同意書は、FISCOなど一部の暗号資産(仮想通貨)取引所では、雛形をPDFファイルなどの形式でホームページに添付しています。

ですがもし、同意書をホームページに添付していない取引所に口座開設したい場合は、添付してくれている取引所の同意書を参考にして、作成することをおすすめします。

親権者との関係がわかる書類

親権者と、口座開設の申請者がどのような関係にあるのかを示す書類も別途必要です。

これも、暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに異なるのですが、前述したFISCOでは、住民票や戸籍抄本、母子手帳、健康保険証などのコピーの提出を必要としています。

口座開設したい取引所が要求している書類を確かめるようにしてください。

Huobi(フォビ)について知ろう

Huobi(フォビ)の秀でた特徴を3つ紹介します。

特徴1:取引コストが安い

Huobi(フォビ)は、販売所形式ではなく取引所形式の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

販売所形式の取引所より安く暗号資産(仮想通貨)を売買できる利点があります。

低コストで暗号資産(仮想通貨)取引ができるのも、Huobi(フォビ)のメリットの一つです。

特徴2:強固なセキュリティ体制

Huobi(フォビ)では、2013年の設立以来、セキュリティが破られたことがありません

暗号資産(仮想通貨)取引所にとって、充実したセキュリティ体制は必要不可欠な条件とも言えます。

その点で、今まで不正アクセスの被害を受けたことがないHuobi(フォビ)のセキュリティ体制は、たいへん強固なものと考えられますから、ユーザーにとってとても心強いものがあります。

特徴3:取扱のある暗号資産(仮想通貨)が6種類

Huobi(フォビ)では、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュ・モナコイン6種類の暗号資産(仮想通貨)の取扱があります。

国内での人気の高い暗号資産(仮想通貨)はおおむね網羅していると言えるでしょう。

Huobiでは20歳以上、75歳以下が対象

 

この記事のまとめ
  • Huobi(フォビ)は年齢制限がある。20歳以上75歳未満の方のみ口座開設が可能
  • Huobi(フォビ)は未成年の方はアカウントを作成できない
  • 未成年の方はFISCOなど他の取引所にて口座開設を行う必要がある

Huobi(フォビ)の口座開設は、未成年者と高齢者を対象として年齢制限が設けられています。

現在、20歳以上75歳以下の方のみ口座開設可能とされています。

もし、この年齢層に該当しない方は、口座開設できませんので、Huobi(フォビ)以外の取引所で口座を開設しなければなりません。

ですが、Huobi(フォビ)は既述したようにいろいろな利点がある取引所ですから、20歳以上75歳以下の方は口座開設がおすすめですよ。

フォビ
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事