仮想通貨取引所比較

取引所と販売所の違い・メリットとデメリット・買い方

仮想通貨取引所は『取引所』と『販売所』の両方を運営している

この記事を読んでいる人は、すでに『取引所』と『販売所』という2つの場所を提供していることを知っているかもしれません。

 

一般的に仮想通貨を購入できる場所を取引所といい、そこで口座開設をして購入手続きを進めます。

取引所という呼称がややこしいですが、取引所には『取引所』機能『販売所』機能の2つを運営していると理解してください。

取引所と販売所

仮想通貨を購入するときには、販売所と取引所の違いや長所・短所を知っておく必要があります。

もしわかっていなかったら、通常より高い手数料を払ってビットコインを買っているかもしれません。

そこで、仮想通貨の基本とも言える今回は販売所と取引所の違いと売買の仕方について紹介します。

販売所と取引所の違い。どっちで買えばいいの?

ビットコインを販売所で買うのか、取引所で買うのか、の違いについてお伝えします。

結論から言えば、まずは取引所で買うのがおすすめです。

取引所の方が、適正な価格で指定した値段でビットコインを買うことができます。

一方、販売所では少し割高な値段でビットコインを買うことになります。ただ、場合によっては、販売所で購入するほうが良い場合もあるので、このあとの説明で少し詳しく見ていきましょう。

取引所のメリット、デメリット

取引所の説明

 

取引所では、ユーザー同士で売りと買いをする方法で取引が行われています

例えば、ビットコインを『120万で買いたい人』と、『120万で売りたい人』をマッチングして取引するのが取引所の役割です。

取引所では、売りたい人と買いたい人がそれぞれの売りたい値段と買いたい値段を指定して注文を出しています。

『119万円で買いたい』人もいれば、『122万円で売りたい』人もいて細かい金額幅の間にたくさんの注文が並んでいます。

取引所では、この買いたい注文と、売りたい注文がちょうどマッチしたところで取引を行われる場として機能しています。

 

※取引所の場合は、売り注文と買い注文が並ぶ板が表示されています。引用:ビットフライヤー

試しにzaif、ビットフライヤー、コインチェックどの取引所でもいいので、取引を見てみるとすごいスピードで取引が成立していることがわかります。フリーマーケットは、売りたい人と買いたい人のマッチングの場ですよね。

取引所はビットコインやアルトコインがたくさん売られている、フリーマーケットの場だと思ってもらえるとわかりやすいと思います。

取引所のメリット

  • 市場取引のため、適正価格で買える
  • 販売所よりも手数料が安い
  • 決めた価格で購入できる

適正価格で売買できる

取引所で買うメリットは取引所は市場取引なので、適正価格で売買ができるということです。

具体的には売るときは販売所より高く売ることができ、買うときは販売所で買う価格よりも安く買うことができます。

販売所よりもお得な手数料

なぜ取引所のほうが高く売ることができ、安く買うことができるかというと、販売所よりも手数料が安いからです。

だから、通常仮想通貨を売買する場合は取引所を利用することをおすすめします。

決めた価格で購入できる

取引所では、自分が指定した値段で売買できる『指値注文』ができることがメリットです。

販売所にはあとで説明をする成行注文しかないので、取引所だけのメリットと言えます。

取引所のデメリット

  • 注文の完了までに時間がかかる

注文の完了(約定)まで時間がかかる

指値で注文をすると、取引の値段が自分の指定した値段になるまで時間がかかります。そのため、すぐに仮想通貨を買いたい、売りたい人には向いてない注文方法です。これを『指値』といいます

一方で取引所では、『成行』という方法でも注文ができます。

売買の価格を指定しない注文方法で、すぐに注文を完了できますが、思ったより高い値段で買ったり、安い値段で売ったりすることがあるので注意が必要です。

販売所のメリット・デメリット

販売所の説明

もうひとつの仮想通貨の売買の方法は販売所での売買です。

販売所は取引所の買い方とどのような違いがあるのでしょうか?

先ほど取引所で仮想通貨を売買が成立するときは買いたい人と売りたい人がマッチングしたときとお伝えしました。

一方で、販売所はその名の通り「仮想通貨を販売している所」です。

取引をする相手は販売所を運営している運営企業です。

 

販売所の画面

※販売所の場合は、売りと買いの値段が表示されています。引用:ビットフライヤー

画面には、さきほどの取引所のような板はなく、買うときの値段、売るときの値段だけ表示されています。

販売所のメリット

  • すぐに購入できる
  • 取引所よりも大きい数量で注文ができる
  • アルトコインの取扱が多い

すぐに購入できる

販売所から購入する場合は、取引所のようにマッチングを待つ必要がありません。販売所を相手にすぐに買ったり売ったりすることができるというメリットがあります。

大量の注文ができる

取引所と比べた販売所を利用するメリットとして、取引所だと売買可能な数量が限定される反面、販売所は大きい数量で注文することができます。

取引所では、売りたい人が『Aさん、0.5ビットコイン』『Bさん、1ビットコイン』『Cさん、0.2ビットコイン』と数量がまばらで、もし自分が10ビットコイン買いたいと思っていても金額も数量もまとまるまで待ち続けないといけません。

販売所では大量の注文を一気に行えることがメリットです。

相場変動の大きい仮想通貨取引では、価格の大きい取引をするときは重要だったりします。

アルトコインの取扱が多い

ビットコイン以外の仮想通貨、つまりアルトコインを取り扱っている数は、取引所よりも販売所のほうが多いです。アルトコインを購入したいときは販売所の利用を考えておくと、アルトコインの購入できる種類や幅も広がります。

販売所のデメリット

  • 購入価格が割高になりがち
  • 指値(価格を決めて)注文できないので、購入価格が変動する

購入価格が割高になりがち

購入と売却の金額の差をスプレッドといいます。運営会社としては高く売り、安くで買いたいので、販売所で購入する場合は手数料がどうしても高くなってしまいます

安く仮想通貨を買いたいという人には取引所を利用するといいでしょう。

購入価格が変動する

先に説明した指値注文はできません。成行注文と呼ばれる、売買したい価格を指定せずに、数量だけを指定して注文する方法です

思ったより高い価格で買ったり、安い価格で売ったりしてしまう恐れがあります。

ただ、よく勘違いされるのですが、自分の口座に入っている金額でしか注文できないので、1万円しか予算がないのに、勝手に100万円使ってしまったというようなことにはなりません。(そこまで相場も動きませんが・・・)

取引所で売買するとき、販売所で取引するとき

取引所 販売所
注文方法 成行・指値 成行
価格 適正 やや割高
取引 時間かかる

数量も限定

すぐに

好きなだけ

初心者向け:できるだけ安く、少量買うときは『取引所で成行注文』

初心者の方には一番多いケースだと思いますが、とりあえず買ってみる初心者の場合には取引所で成行注文をするのが良いです。ある程度の金額の範囲で購入をするのであれば、価格の変動で思ったより高くなっても影響は大きくありません。

とにかく、『すぐに』・『少しだけ』買う場合は取引所で成行注文をしましょう。

中級者向け:できるだけ安く、狙った価格で買うときは『取引所で指値注文』

指値注文の場合は、時間がかかりますが決めた値段で購入することができます。大金とまでは言わないまでも、お小遣いにしてはまとまった金額で、購入をするときは取引所で指値注文をしましょう。

できるだけ安く、でも前買った値段より安く買いたいと思っている場合は取引所で指値注文です。

上級者向け:大量の注文を、すぐに行いたいときは『販売所で成行注文』

取引所では、取引が成立するまでに時間がかかり、まとまった数量の注文をすぐに完了できません。仮想通貨は価格変動が激しいので、今これだけ安くなっているときに、『大量に』『今すぐ』買いたいという場合は、販売所で購入することが確実です。

ただ、説明をした通り価格自体は少し割高になっています。判断が難しいところですが、大きな価格変動を見越している場合は販売所で購入する方が良いでしょう。

その他:アルトコインを買いたい!『取り扱い通貨をチェックして、販売所か取引所で』

販売所のほうがアルトコインの取扱が多いケースがあります。購入したいと思ったビットコイン以外の仮想通貨が購入できる場所が限られているケースも多々あります。(例えば、Liskという通貨はビットフライヤーでしか買えません)

アルトコインを取引所、販売所別で取扱いをチェックしたい場合はこちら
>>コイン別「最も安く買えるのはここだ!」主要な仮想通貨取引所6社を比較してみた!

取引所、販売所の見分け方と利用方法

ではここまで、取引所、販売所のメリット・デメリットについて紹介しました。ここからは実際に仮想通貨取引所のサイトで取引所、販売所で買う買い方について紹介したいと思います。

ややこしいことに取引所によって、名称が違います。

販売所の名称はZaifでは「簡単取引」、コインチェックでは「ウォレット」という名称になっています。

取引所の名称はZaifでは「取引所」、コインチェックでは「取引」となっています。

取引所 販売所
コインチェック 取引所 ウォレット
Zaif 取引 かんたん取引
bitFlyer 取引所 販売所

 

取引所の画面

取引所の画面

取引所か販売所か見分ける方法は取引所の売買の方法はレートと注文数を入力して注文を出す方法になります。また、買い板、売り板が取引所に表示されています。

 

販売所の画面

販売所の画面

販売所はレートは予め決まっているので、買いたい量を入力する欄があります。

 

板があれば、『取引所』、板がないと『販売所』とおぼえておきましょう。

 

実際に売買する方法

それでは実際に取引所で、売買する方法を説明します。

仮想通貨取引所のサイトに行き、取引のページに移動すると売り板、買い板のリストが表示されています。リアルタイムに注文がどのくらい出ているということがわかります。

まず、取引所でビットコインを買う場合は「指値」、「1BTCの価格」、「買いたい量」を入力します。「指値」とは自分が買いたい価格、売りたい価格を指定することをいいます。

はじめてビットコインを買う人は1BTCの価格をキーボードで入力するのではなく、板に表示されているレートをクリックしてから実際に取引したい金額に変更したほうが桁を間違えにくいです。

次に買いたい量を入力します。入力すると買うために必要な日本円の金額が表示されます。

最後に注文のボタンを押せば、完了です。

売り方も買い方と同様に「指値」「1BTCの価格」、「売りたい量」を入力し、注文のボタンを押すことで売り注文を出すことができます。

その後、実際に買い手と売り手が一致した場合に取引が成立できて買うことができます。

まとめ

仮想通貨を買うときにまずは取引所と販売所の違いについて知っておくことが大事です。

通常使うのは取引所ということを覚えておくとよいでしょう。

ビットコインをはじめて買うときは最初は少額からやってみることをおすすめします。

また、取引所によってはアルトコインの銘柄の扱っている数も様々です。

自分が買いたいと思っているアルトコインを取り扱っている取引所をまずは登録してみて、お気に入りのアルトコインを購入してみましょう。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます!
仮想通貨投資デビューの定番です。

コインチェック公式サイト