コインチェック

コインチェック(Coincheck)のスプレッドは高い?他取引所と比較してみた

この記事を読んでほしい人
✔ コインチェック(Coincheck)で仮想通貨取引を始めようと思っている方
✔ コインチェック(Coincheck)の手数料が気になるという方
✔ お得に仮想通貨取引ができる取引所を知りたいという方

コインチェックで取引する予定だけど、手数料とスプレッドが良く分からない……」といったように、コインチェック取引所で口座開設したいが、手数料やスプレッドについて気になり始められないという方もいるかと思います。

コインチェック(Coincheck)はマネックスグループの子会社で、非常に使いやすいアプリを提供しているなど、初心者の方にもおすすめの仮想通貨取引所です。

そこで今回はコインチェック(Coincheck)の手数料やスプレッド、また手数料の面でおすすめの仮想通貨取引所についてお伝えしていきましょう。

この記事の要約
  • スプレッドとは、仮想通貨を買う時と売る時の値段の差のこと
  • コインチェック(Coincheck)は他の取引所に比べて、同水準の手数料
  • アルトコインを含む取引手数料の面でいえば「ビットバンク」がお得
  • イーサリアムとリップル、ネムを購入するなら「コインチェック(Coincheck)」がおすすめ
  • コインチェックのスプレッドは約2%前後と比較的割安
  • コインチェック販売所は10種類もの通貨を取り扱っている

そもそも仮想通貨取引におけるスプレッドとは

スプレッド

仮想通貨取引所が設定しているスプレッドとは、買いと売りの価格差のことです。

たとえば以下のような買い・売りポジションを持った直後は、1万円の含み損になっています。

  • 1BTCを売る時は75万円
  • 1BTCを買う時は76万円

利益を得るためには、売却価格が取得時の購入価格を超える金額まで上昇しなければいけません。

コインチェック(Coincheck)のスプレッド比較【通貨別】

コインチェック(Coincheck)のスプレッドは、ビットコインの場合、約1.1%~2%程度で推移しています。

他の仮想通貨取引所の販売所でも1.1%の場合もあるので、一概に高いということではありません。

どちらかというと、他社と同程度の水準といえるでしょう。しかし、状況によっては2%以上になることもあるので、目安だけで判断しないことが大切です。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)のスプレッドを可視化する2つの方法

コインチェックの販売所には、各通貨のスプレッドがどの程度あるのか明確に表記されていません。

そこで、ここではコインチェックの販売所画面から、スプレッドを可視化する方法をご紹介していきます。

①PCブラウザで確認

コインチェックのスプレッドを可視化したい場合は、外部ツールを利用する方法があります。

たとえばTampermonkeyと呼ばれる、Googlechromeの拡張機能を持つアプリケーションを利用して、コインチェックのスプレッドを可視化できます。

簡単に説明すると、Tampermonkey内にCCSpreadVisualizerと呼ばれる拡張コードを実装することで、コインチェック販売所の各通貨一覧にスプレッドが表記される仕組みです。

ちなみにですが、コインチェックにログイン中でしか表示されないため、うまく表示されない時はログイン状態を確認しましょう。

スプレッドを手計算する時は、((購入価格-売却価格)÷購入価格)×100で求められます。ただし常に変動しているため、あくまで目安として考える必要があります。

コインチェックのスプレッド対策

ここではコインチェック(Coincheck)を含め、販売所で利益を得るには何をすればいいのか考え方についてご紹介します。

スプレッドは常に変動している点に注目

コインチェック(Coincheck)を含め、全ての販売所はスプレッドがあり、そして常に変動しています。

具体的には以下3点が常に変動しています。

現在価格 市場価格
買いスプレッド 購入時の価格
売りスプレッド 売却時の価格

スプレッドの狭い時と現在価格が安い・上昇トレンドといったタイミングが合うことはめったにありません。

そして利益を得るためには、スプレッド差が小さいタイミングではなく、利益を得られるような相場やチャートとなった際に売買するのが重要です。

スプレッドの性質に注目しがちですが、基本は「安く買って高く売る」、この点は取引所も販売所も変わらない点に注意です。

取引所よりもシビアに判断

販売所は、スプレッドコストを差し引いた利益が手元に残ります。更にスプレッドがあるため購入価格は割高・売却価格は割安になり、取引所よりも利益が少なくなりやすいです。

このような傾向を理解した上で利益を得るためには、取引所よりもシビアに資金管理や分析を行うことが必要です。

など、リスクオフを優先にした戦略がポイント。また、裁量取引(感覚で取引すること)ではなく、テクニカル分析などツールや理論を駆使して、1回1回の取引に原因と結果を明確にすることが大切です。

そして原因と結果をデータに残して次の取引に活かします。

取引所形式よりもコストが大きいので、その分リスク回避や利益を得られる売買タイミングについて突き詰めることをおすすめします。

スプレッド差を利用した両建て取引に活用

一般的に販売所のイメージは、指値注文できない・割高で購入しなければいけない・スプレッド負担が大きい、などのデメリットばかりでしょう。

確かにコインチェックを含め、販売所はスプレッドコストなどユーザーにとって厳しい条件もあります。

しかし、スプレッドがあることで利益となるケースもあるのです。それは取引所間の価格差を利用した取引です。

仮想通貨取引所ごとに通貨の価格やスプレッドは、若干の違いがあるため割安の取引所で購入、割高の取引所で売るといった両建て取引も可能。

ですので、コインチェックの販売所で購入、TAOTAOなど別の取引所で売却といった取引方法で利益を狙うこともできますよ。

これだけでもコインチェックで新規口座開設する意味があるといえるでしょう。

スプレッドが高くてもコインチェック(Coincheck)がおすすめな理由

そもそもコインチェック(Coincheck)の販売所を利用する意味とは、ユーザーにとって重要な要素をお伝えします。

コインチェックの特徴、そして販売所で取引することのメリットがあるので、販売所で取引したい方も参考にしてみてください。

コインチェック(Coincheck)は販売所・取引所2つのサービスを提供しています。

しかし、アルトコインについては、販売所でしか取り扱っていません。つまり、コインチェック(Coincheck)でアルトコイン取引を行うには、販売所しか利用できないという状況です。

また、コインチェック(Coincheck)販売所は、スプレッドが比較的抑えられているので、販売所を利用したい方にとってもメリットのある仮想通貨取引所といえるでしょう。

コインチェック(Coincheck)販売所では、9種類ものアルトコインを売買できるので他の国内販売所と比較しても、豊富な取り扱い状況です。

一般的に国内仮想通貨取引所では、多くてもアルトコイン4種類程度の取り扱いですので販売所に限らず選択肢は少ないといえるでしょう。

その点コインチェック(Coincheck)では、販売所で多数のアルトコインをスムーズに売買できます。たとえばモナコインリスクファクトムなどは他の国内取引所では扱っていない・少ない傾向です。

コインチェックの販売所を利用する意味の1つは、多数のアルトコインを売買できることではないでしょうか。

アルトコインの購入におすすめの取引所

ここでは数あるアルトコインのうち、イーサリアム・リップル・ネムをお得に購入できるおすすめの取引所をお伝えしていきます。

①ビットバンク(bitbank)

時価総額ランキング2位のイーサリアム、3位のリップル。

以下の観点から、イーサリアムやリップルの購入はビットバンクがおすすめです。

  • 取引手数料が無料
  • 2段階認証、コールドウォレットなどセキュリティも充実

そしてメイカー手数料が-0.02%と、手数料分だけもらうことができるのも大きなメリットです。

メイカーによる注文をよく行う方は、ビットバンクもおすすめでしょう。

ネムを買うならコインチェック(Coincheck)がいいでしょう。

ザイフでも購入できますが、2019年7月時点で新規口座開設を停止しています。そのため、現在口座を保有していない方は利用できません。

一方、コインチェックは新規口座開設をすることができ、販売所だけですがネムを購入可能です。

スプレッドは状況によって異なりますが、ネムを取り扱っている国内取引所は少ないので、国内で取引するのであればコインチェック(Coincheck)をおすすめします

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)のスプレッドまとめ

この記事のまとめ
  • スプレッドとは、仮想通貨を買う時と売る時の値段の差のこと
  • コインチェック(Coincheck)は他の取引所に比べて、同水準の手数料
  • アルトコインを含む取引手数料の面でいえば「ビットバンク」がお得
  • イーサリアムとリップル、ネムを購入するなら「コインチェック(Coincheck)」がおすすめ
  • コインチェックのスプレッドは約2%前後と比較的割安
  • コインチェック販売所は10種類もの通貨を取り扱っている

コインチェック(Coincheck)は取引所の中では入金手数料が高めですが、取引手数料やスプレッドは基本的に他社と同水準を保っています。ですので、極端に高いということはありません。

仮想通貨投資を長く続けていくうえで手数料は非常に重要な要素ですから、賢くお得に仮想通貨を売買するためにも様々な取引所の情報を集めておきましょう。

仮想通貨初心者の方やアルトコイン取引が初めての方は、まずコインチェックで新規口座開設・取引を始めてみてはいかがでしょうか。

コインチェック
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト