コインチェック

コインチェック(Coincheck)に年齢制限はある?未成年・高校生は登録可能?

この記事を読んでほしい人
✔ コインチェック(Coincheck)に口座を開設したい方
✔ 仮想通貨取引を経験しようと思う未成年の方
✔ これから仮想通貨取引所に口座を開設しようとしている方

「コインチェック(Coincheck)に登録してみたいけど、年齢制限とかあるのかな……」といったように、コインチェック取引所で口座開設してみたいのに、年齢制限があるのかどうかで悩んでいませんでしょうか。

「年齢制限を確認するのは面倒」と感じるかもしれませんが、もし年齢制限にかかっていれば口座開設はできず、無駄な時間になります。ですので、年齢制限と登録方法については、事前に確認することをおすすめします。

そこで今回は、コインチェック(Coincheck)に口座を開設するときの年齢制限の有無や、必要書類などについて解説します。

この記事の要約
  • コインチェック(Coincheck)は口座開設に年齢制限がある
  • 未成年者の登録は難しい可能性がある
  • 国内には未成年者でも口座開設を認めてくれる取引所がある

コインチェック(Coincheck)は年齢制限はあるのか?

”20歳未満、75歳以上、および日本国外に居住する方のアカウント登録は、恐れ入りますが現在受け付けておりません。”
(参照) https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

上記の公式サイトからの発表を見ると分かりますが、コインチェック(Coincheck)では口座開設に年齢制限が行なわれており、20歳未満と75歳以上は口座開設ができません。

そのため、コインチェック(Coincheck)で口座開設できるのは、20歳以上75歳未満で日本国内に居住している方に限られます。

大学生であっても、20歳以上であれば口座開設は可能です。

▼大学生がコインチェックに登録する際について、詳しくはこちら▼

コインチェック(Coincheck)で大学生は取引できる?注意点、オススメな点をチェック 仮想通貨取引を経験しようと思う大学生の方もいらっしゃることでしょう。 特に、社会人になってから始めようと思うと、なかなか時...
コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

未成年でもアカウントは作成できるのか、方法は?

コインチェック(Coincheck)では未成年の口座開設を受け付けていません。ですので次の項目からは、コインチェック以外の取引所で見られる一般的な口座開設手順を説明しています。

現在未成年の方で仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、コインチェック(Coincheck)以外で未成年も登録ができる仮想通貨取引所を選びましょう。

また未成年でも登録できる、仮想通貨取引所をいくつかご紹介します。

取引所名 備考
FISCO仮想通貨取引所 親権者の同意書が必要です

本人確認の方法が違う

コインチェック(Coincheck)では未成年者の口座開設を認めていませんが、日本国内の仮想通貨取引所のなかには、未成年者でも口座開設を認めてくれるところがあります

こうした所では通常の本人確認手続きに加えて、親権者の同意書が必要となるので、保護者の方に相談・同意書を得た上で手続きを進めることが必須です。

未成年者の場合の一般的な口座開設ステップ

日本国内の多くの仮想通貨取引所では、下記のような流れで口座開設手続きを進めることができます。

ちなみに海外取引所の場合は本人確認書類の提出が不要の場合が多く、メールアドレスとパスワード設定、そしてユーザー名の登録で完了します。しかし、サポート面などで直接フォローされないなどリスクもあるので、未成年者は国内取引所で口座開設できるところを探すのがおすすめです。

①アカウントの作成

仮想通貨取引所のホームページにログインして、アカウントを作成します。一般的に仮登録として、メールアドレスの入力とパスワード設定があります。そして、登録したメールアドレスに本登録へのURLが記載されているのでアクセスするという流れです。

②口座開設手続き

本登録画面へ移ったら、住所氏名をはじめ電話番号や緊急用の連絡先、投資経験の有無や職業などの情報を入力します。

③本人確認書類の提出

基本情報の登録が完了したら、次に仮想通貨取引所の指定する本人確認書類・画像を提出します。本人確認書類は取引所によって指定している形式は異なるものの、一般的に免許証やマイナンバーカード、パスポートなどです。また、提出方法は本人確認書類の写した画像をアップロードするか、写しを郵送で送るかの2種類用意されていることもあります。

④親権者の書類

成人の場合は本人確認書類の提出が完了したらあとは審査を待つのみですが、未成年者の場合には、親権者の同意書類などを追加して送ります。

⑤郵便物の受け取り

本人確認書類と親権者の同意書類を提出したら、一般的に数日から1週間程度審査が完了するまで待ちます。そして審査が完了すると、仮想通貨取引所から郵送にて書類を受け取ることが多いです。

書類審査の結果、許可・通過していれば本人確認及び口座開設手続きがが完了します。また、書類の多くは簡易書留で送られてきます。

あとは仮想通貨取引所へログインし、口座登録や二段階認証を行ったら、さっそく取引を始めましょう。

未成年が投資を始めるのに必要なもの

コインチェック(Coincheck)は2019年5月時点で、未成年者の口座開設を認めていませんが、未成年者でも口座開設を認めてくれている取引所では、親権者の同意書類などを別途提出することが求められる場合がほとんどです。

親権者の同意書

親権者の同意書については、仮想通貨取引所側が書式を指定してホームページにひな形を公開している所もあれば、そうでないところもあります。

指定がある場合はその書式で、指定がない場合は指定している取引所の書式を参考に作成するといいでしょう。

親権者との続柄を証明する書類

住民票など、親権者との続柄を証明する公的書類も必要です。どの証明書類なら有効としているのかは、それぞれの仮想通貨取引所ごとに違いがあります。

ですので、口座開設を考えている取引所がどの種類の証明書類を要求しているのかを調べましょう。

コインチェック(Coincheck)の口座開設に関する口コミ

コインチェック(Coincheck)の口座開設に関する年齢制限などについての口コミを、ツイッターからいくつか紹介します。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコイン
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)とは

coincheckトップ
取引所名 Coincheck(コインチェック)
公式HP https://coincheck.com/ja/
交換所タイプ 販売所・取引所
取引手数料 無料
スプレッド 0.08%~
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム (ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(NEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
レバレッジ取引 5倍
入金手数料 コンビニ入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

クイック入金
3万円未満→756円
3万円以上→1000円

出金手数料 日本円出金 400円

仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck)は販売所形式と取引所形式が可能な取引所です。(※現在レバレッジ取引は停止中です。)

ビットコインを含む10種類もの通貨を取り扱っていて、国内取引所の中でも特に種類が豊富。

また、コインチェック(Coincheck)には以下のような特徴もあります。ここでは、3つの特徴について詳しくご紹介していきます。

  • 特徴1:アルトコインの取り扱いが多い
  • 特徴2:IDセルフィーを行なっている
  • 特徴3:貸仮想通貨サービス

特徴1:アルトコインの取り扱いが多い

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

コインチェック(Coincheck)は、ビットコイン以外の仮想通貨をイーサリアム、リスク、リップル、ネムなど9種類も取り扱っています。以下に表でご紹介しています。

  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • ネム
  • ライトコイン
  • ファクトム
  • モナコイン

イーサリアムを含む様々なアルトコインを使って仮想通貨投資をしようと思っている方に、おすすめの仮想通貨取引所といえます。

特徴2:IDセルフィーを行なっている

コインチェック(Coincheck)では、本人確認にIDセルフィーを採用しています。

IDセルフィーとは、本人確認書類の写真と本人が同一人物かを証明するために、本人と本人確認書類を同時に撮影した写真を提出するものです。

本人確認書類だけでは本当にその人物かを証明するのは難しいため、IDセルフィーを用いています。IDセルフィーによって、コインチェック(Coincheck)は本人確認の信頼性を高めているのです。

また2019年5月時点で、IDセルフィーを採用している仮想通貨取引所は少ないです。ですのでIDセルフィーもコインチェック(Coincheck)の特徴のひとつに数えられます。

特徴3:貸仮想通貨サービス

コインチェック(Coincheck)では貸仮想通貨サービスもあります。貸仮想通貨サービスとは、仮想通貨を一定期間コインチェック(Coincheck)に貸し出すというもの。

するとユーザーは、貸し出した仮想通貨に対する利息をコインチェック(Coincheck)から受け取ることができます。利息収入を定期的に得られるメリットがあり、これまでにないサービスともいえるでしょう。

仮想通貨を長期間使用しない方や、利息収入を得たいと考えているユーザーにおすすめのサービスです。

20歳以上の方はコインチェック(Coincheck)がオススメ

この記事のまとめ
  • コインチェック(Coincheck)は口座開設に年齢制限がある
  • 未成年者の登録は難しい可能性がある
  • 国内には未成年者でも口座開設を認めてくれる取引所がある

コインチェック(Coincheck)は未成年には口座開設を認めていませんが、IDセルフィーを導入し、口座開設段階からセキュリティ対策がされているのが特徴です。

さらにアルトコインの取り扱いが多く、貸仮想通貨サービスという独特のサービスを展開しているというユニークな仮想通貨取引所です。

今後も未成年者の登録は難しい可能性があるため、未成年の方は20歳になるのを待ってみるのもいいのではないでしょうか。

コインチェック
初心者が安全に仮想通貨投資をするにはGMOコイン

これから仮想通貨投資をするならGMOコインがおすすめ

GMOコイン

セキュリティ体制が万全、とにかく大手で安心して取引出来ます!

GMOコイン公式サイト