仮想通貨で儲ける方法

仮想通貨 (ビットコイン)のレバレッジ取引はいつから2倍になる?具体的な予想やFX取引におすすめな取引所を徹底解説!

レバレッジ2倍
この記事を読んでほしい人
✔ レバレッジ取引をしているという方
✔ 今後のレバレッジ倍率について知りたい方
✔ レバレッジ倍率がいつから最大2倍になるか知りたい方

「仮想通貨・ビットコインのレバレッジが上限2倍になるって本当?」「レバレッジが2倍になるのはいつから?レバレッジ取引はどの取引所がおすすめ?」など、仮想通貨の最大レバレッジが2倍に規制されることについて、詳しく知りたい方は多いことでしょう。

そこで本記事では、仮想通貨のレバレッジ2倍の規制内容や時期、おすすめ取引所などについて紹介しています。この記事を読めば、レバレッジ規制への理解が深まり、適切な備えと取引所選びができるようになるでしょう。

この記事の要約
  • 投機目的の投資規制のため、2021年春にはレバレッジ倍率が2倍になるとされる
  • レバレッジ倍率が2倍になることについて、投資家の多くは「いきすぎた規制」という見解を示している
  • レバレッジ倍率が2倍になることで証拠金維持率が下がってロスカットが発生しやすくなり、倍率の高い海外に顧客が流出することで国内の市場が縮小するおそれがある
  • レバレッジ取引をするのにおすすめの仮想通貨取引所は「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「bitFlyer

仮想通貨取引をするならビットフライヤーで口座開設しましょう。

仮想通貨・ビットコインのレバレッジが4倍から2倍へ

2020年1月に、金融庁が仮想通貨の証拠金取引最大倍率(レバレッジ)を現在の4倍から2倍に引き下げることで方針を固めたと日経新聞が報じました

参考:https://r.nikkei.com/article/DGXMZO54299980Q0A110C2EA4000?s=4

報道によれば、レバレッジ2倍は2020年春に施行となる改正金融商品取引法の内閣府令で規定されることになります。

レバレッジが2倍に規制される理由は?

レバレッジが2倍に規制される理由は、仮想通貨取引の投機的な動きを懸念する見方が強かったためです。激しい価格変動による損失リスクや過度な投棄を抑えるために、レバレッジを2倍に引き下げます。

ただし、仮想通貨取引業者からは、レバレッジ規制による出来高減少や流動性低下、市場規模縮小による事業リスクなどを懸念する声が挙がっています。

いつから仮想通貨・ビットコインのレバレッジは2倍になる?

仮想通貨・ビットコインのレバレッジが最大2倍に規制される可能性は、2019年から指摘されていました。2018年に約580億円分の仮想通貨が流出したコインチェック事件などがきっかけで、仮想通貨取引のリスクの大きさがあらためて浮き彫りになったためです。

投資家保護やテロ資金作りに悪用されることを防ぐために、ドイツやフランスなど世界各国で規制強化の動きが見られます。

2020年春にレバレッジは2倍と定められる

先に紹介した通り、仮想通貨取引のレバレッジ2倍の規制は、2020年春に施行される改正金融商品取引法の内閣府令で規定される予定です。

つまり、今年の春には仮想通貨のレバレッジが最大2倍と定められます。主な内容としては、以下2点です。

  • レバレッジ上限を2倍にする
  • 改正資金決済法の施行日は5月1日である

「投資家保護を目的とするのであればレバレッジ規制をすべきでない」という旨の質問に対し、以下のような回答がなされています。

「証拠金倍率を引き下げるとこれまでと同じ取引に多額の証拠金が必要になり、資金効率が悪化する」金融庁「暗号資産を用いた証拠金取引は、FX取引と同様に証拠金を上回る損失が発生するおそれのあるリスクの高い取引です。高レバレッジを用いた暗号資産取引は、1.顧客保護、2.業者のリスク管理、3.過当投機、の観点から問題があると考え、2倍を超える証拠金取引を禁止としました」

要約すると、「投資家保護をするため(また企業も保護するため)にレバレッジを下げる」というものです。5月に改正法が施行され、少し時間を置いて取引所にも反映されていきます。

※パブリックコメントとは……規制の原案を公表して意見を求めて考慮し、内容を決める制度。

仮想通貨・ビットコインのレバレッジ規制の流れ

仮想通貨・ビットコインのレバレッジが規制されるまでの大まかな流れは、次の3段階です。

  1. 金融庁やJVCEA(自主規制団体)などの団体でレバレッジ変更の方針が固まる
  2. 法律改正もしくは規制変更が実施される
  3. 猶予期間中に業者はレバレッジ変更を完了させる

今回のレバレッジ倍率変更には、金融商品取引法の改正が伴います。

過去最大のレバレッジは?

ここでは、仮想通貨FXの過去のレバレッジと規制の流れについて紹介しています。

かつてはレバレッジ50倍での取引も可能でしたが、50倍→25倍→4倍→2倍(予定)へと、倍率引き下げが進んでいます。

2011年に仮想通貨FXのレバレッジが25倍に変更へ

仮想通貨FXの最大レバレッジは、2009年8月に法律が公布されて、翌年8月から最大50倍へと規制されました。そして、翌年8月には投資家保護の観点から最大レバレッジは25倍へと引き下げられることになります。

2019年に証拠金取引のレバレッジが4倍に規変更へ

2018年7月25日に、日本仮想通貨交換業協会が最大レバレッジを4倍にする方針を固めたことが報道されます。そして、同年10月23日にレバレッジ4倍への自主規制が発表され、各取引所は1年以内に倍率変更を完了させるよう通達が行われました。

この自主規制により、2019年中に国内仮想通貨取引所の最大レバレッジは4倍へと変更されています。

仮想通貨・ビットコイン取引所のレバレッジの変容まとめ

2018年10月に、最大レバレッジ4倍への自主規制と各取引所の1年以内の倍率変更が発表されました。

以下は、国内の主要取引所が最大レバレッジ4倍へ変更完了した時期一覧です。

仮想通貨取引所最大レバレッジ4倍変更完了時期
GMOコイン2019年7月
bitFlyer2019年7月
DMM Bitcoin2018年12月
BITPoint2019年上旬
Liquid2019年5月

このように、仮想通貨取引所によって最大レバレッジ変更時期が異なります。

2021年春にはレバレッジ2倍になると予想

改正法が施行されるのは2020年春です。その場合、春頃から自主規制が開始され、1年後の2021年春までには各取引所で最大レバレッジが2倍へと変更されることが予想できます。

なぜなら、過去の対応スケジュールから、レバレッジ倍率変更が公布もしくは通達後、最短3ヶ月〜最長1年以内に変更完了しているためです。そのため、2021年春からは完全に最大レバレッジ2倍の取引になると考えられます。

仮想通貨・ビットコイン投資家のレバレッジ規制の反応は?

ここでは、仮想通貨・ビットコイン投資家のレバレッジ規制に対する反応について紹介します。

結論から言うと、投資家の反応はネガティブで、批判的な意見が非常に多く見られます。

レバレッジ2倍はいきすぎた規制である

仮想通貨投資家の口コミを見てみると、以下のような批判的意見ばかりです。

  • ロスカットで損する額が増える
  • 海外と合わせるなら他の規制も海外と合わせて緩和するべき
  • ブルレバレッジの機会が増えるだけで危険
  • 海外と合わせないわけにはいかないだろう

投資家の見解は、総じて「いきすぎた規制」であるというものです。最大レバレッジ2倍への規制は、非常に評判の悪いものになります。

仮想通貨・ビットコイン取引所レバレッジ2倍制限後の注意点や懸念は?

仮想通貨取引の最大レバレッジが2倍になれば、ロスカットが発生しやすくなります。最大レバレッジが低くなれば証拠金維持率が下がるためです。そのため、資金に余裕がない場合はレバレッジ取引が難しくなります

また、海外取引所では数百倍のレバレッジ取引ができるため、利用者が国内から海外取引所へ流れてしまうでしょう。これにより、国内の仮想通貨市場が縮小する恐れがあることが懸念です。

海外の仮想通貨・ビットコインのレバレッジは?

海外の仮想通貨取引所は数十倍〜数百倍のレバレッジ取引が可能です。バイナンスやビットトレックスなど、主な海外取引所の最大レバレッジは次のようになっています。

海外仮想通貨取引所最大レバレッジ
バイナンス125倍
ビットトレックス100倍
ビットメックス100倍

2020年米国の先物取引所CMEはレバレッジ上限2倍

「海外」の投資商品がすべてレバレッジ倍率が高いわけではありません。米国の先物取引所CMEではレバレッジ上限が2倍です。仮想通貨FXは今までのレバレッジ倍率が高かったからこそ、2倍への変更を低く感じてしまいます。

しかし他の投資商品を見れば、レバレッジ上限2倍はそこまで悪い条件ではありません。

米CMEとは……米国のシカゴ・マーカンタイル取引所のこと

仮想通貨・ビットコインのレバレッジ取引のやり方

ここでは、仮想通貨・ビットコインのレバレッジ取引ひ必要なものや取引手順について、紹介していきます。

レバレッジ取引に必要なもの

仮想通貨・ビットコインのレバレッジ取引に必要なものは、以下2点です。

  • 仮想通貨取引所のアカウント・口座
  • 入金するお金(証拠金)

これら2つを用意するだけで、取引を始めることができます。

レバレッジ取引の手順

仮想通貨のレバレッジ取引の手順は、以下1〜5になります。

  1. 口座開設して入金する
  2. 注文方法を決める
  3. 購入する仮想通貨を決める
  4. 仮想通貨の数量と希望金額を設定する
  5. 購入、売却する

まずは、仮想通貨取引所のアカウントを作り、口座を開設します。そして、口座開設後、証拠金を入金すれば、いつでも取引を始めることが可能です。

現在の値段で注文する「成行注文」やあらかじめ値段を指定する「指値注文」など注文方法を決めます。また、ビットコインなど購入する通貨や購入量レバレッジ倍率を決定して実行すれば売買完了です。

仮想通貨・ビットコインFXにおすすめの取引所を徹底比較

仮想通貨・ビットコインFXをするのであれば、取り扱い通貨や手数料、注文方法や取引ツールの充実度などを確認して、条件が良い取引所を選ぶことが大事です。以下は、おすすめ取引所4社の比較です。

GMOコインDMMBitcoinbitflyerbitbank
FX対応通貨ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアムクラシック
ビットコインドル/ビットコイン建て
取引手数料無料無料無料0〜0.01%
注文方法成行
指値
逆指値
IFD
OCO
IFD-OCO
スピード成行
指値
逆指値
IFD
OCO
IFO
成行
指値
逆指値
特殊注文(IFD・OCO・IFO、ストップなど)
成行
BBO
取引ツールビットレ君DMMビットコインアプリLightning FXリアルタイムチャート

このような指標も比較して、自分に合った取引所を選びましょう。

仮想通貨・ビットコインのレバレッジ取引におすすめの取引所ベスト3

ここでは、仮想通貨・ビットコインのレバレッジ取引におすすめの取引所ベスト3を紹介します。レバレッジ取引の観点から、仮想通貨取引所をランキング化しました!取引所選びの参考にしてください。

1.GMOコイン

GMOコイン
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュネムステラルーメンベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. アプリ、ウェブ画面が使いやすいと話題
  2. セキュリティが高い
  3. 大手運営で安心して取引が可能

おすすめ取引所1位はGMOコインです。

  • FX対応通貨が多い
  • 取引手数料は無料
  • ツールや投資情報も充実している
  • 現物取引とレバレッジ取引の両方ができる

東証一部上場のGMOインターネットグループが運営していることも、大きなポイントです。

2.DMMビットコイン

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱暗号資産ビットコインイーサリアムネムリップルライトコインイーサリアムクラシックビットコインキャッシュモナコインステラルーメン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 暗号資産の種類が多い
  2. クイック入金や出金手数料が無料
  3. アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMMビットコインもおすすめです。

  • 取引手数料が無料
  • 対応通貨は豊富
  • スプレッドの幅も狭い
  • キャンペーンも充実している
  • 直感的に操作できるスマホアプリが用意されている

仮想通貨レバレッジ取引を考えている方におすすめの取引所です。

3.bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー(bitFlyer)
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインLISK
ベーシックアテンショントークン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

ビットフライヤーは、ビットコインのレバレッジ取引が初めての方にもおすすめです。

  • 注文方法が豊富
  • 分析がしやすいLightningFXも利用できる
  • スプレッドも狭い

仮想通貨投資家に人気の高い取引所です。

仮想通貨、ビットコインの最新情報を確認する

仮想通貨・ビットコインのレバレッジは最短で2020年中に2倍へ

この記事のまとめ
  • 投機目的の投資規制のため、2021年春にはレバレッジ倍率が2倍になるとされる
  • レバレッジ倍率が2倍になることについて、投資家の多くは「いきすぎた規制」という見解を示している
  • レバレッジ倍率が2倍になることで証拠金維持率が下がってロスカットが発生しやすくなり、倍率の高い海外に顧客が流出することで国内の市場が縮小するおそれがある
  • レバレッジ取引をするのにおすすめの仮想通貨取引所は「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」

仮想通貨取引をするならビットフライヤーで口座開設しましょう。

仮想通貨・ビットコインの最大レバレッジは、最短で2020年中に2倍になる可能性があります。レバレッジ倍率変更が公布もしくは通達後、最短3ヶ月〜最長1年以内の変更完了になると考えられるためです。そのため、3ヶ月程度でレバレッジ上限が2倍になる取引所も出てくるでしょう。

今回の規制は、米国の先物取引所CMEやヨーロッパがレバレッジ上限を2倍にしていることを習ってのものである印象が強く見られます。「海外は2倍なのに、日本だけ4倍はおかしい」というものでしょう。

とはいえ、早ければ2020年中にレバレッジ2倍となりますので、倍率変更に備えておくことが大事です。

仮想通貨で儲ける方法
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事