仮想通貨の仕組み

暗号資産(仮想通貨)初心者必読!ゼロからわかる仮想通貨の始め方とおすすめの仮想通貨&取引所

この記事を読んでほしい人
✔ 暗号資産(仮想通貨)投資に興味がある初心者の方
✔ 暗号資産(仮想通貨)の基礎知識と投資の始め方が知りたい方
✔ 暗号資産(仮想通貨)を始められるおすすめの取引所が知りたい方

暗号資産(仮想通貨)投資に興味があったとしても、そもそも「暗号資産(仮想通貨)が何なのか」、「何のために存在するのか」がよくわからないと実体があるのかわからず不安ですよね。

また、投資をはじめたいと思ってもどの取引所でどういう手順で始めればいいのか調べるのも大変です。

この記事では、暗号資産(仮想通貨)の基礎知識と投資の始め方、取引所の選び方について初心者の人でもこれだけ読めばわかるように簡単に解説をしていきます。

この記事の要約
  • 暗号資産(仮想通貨)とはブロックチェーン技術によって誕生した新しい通貨
  • 暗号資産(仮想通貨)「投資」を始めるには取引所に登録。初心者におすすめは「BITPoint」「bitbank」「DMMビットコイン」
  • 暗号資産(仮想通貨)で儲ける仕組みは、「安い時に買って高い時に売る」ことが最大にして最小のコツ
  • 投資する通貨を選ぶ際は、システムや運営会社がしっかりとしていて、将来性のあるものを選ぶと良い

暗号資産(仮想通貨)とは何か

暗号資産(仮想通貨)とは、私たちが今まで使ってきた日本円やアメリカドルとは違う、新しいお金です。

例えば、私たち日本人は“ただの紙切れに一万円と書いてあるだけのもの”に、一万円の価値を見出すことができていますね。

それと同じ仕組みで、仮想通貨(例えばビットコイン)に、1ビットコインと呼ばれるものに1ビットコインの価値を見出す人たちの間で使われ始めました。

今ではその1ビットコインと呼ばれるものに世界中で多くの人が1ビットコイン(執筆時日本円で約100万円)の価値を見出しています。

そのため、世界中で暗号資産(仮想通貨)を使うことができるようになったのです。

暗号資産(仮想通貨)とは“インターネット上で取引される通貨”

暗号資産(仮想通貨)には、例えば「1ビットコイン通貨」のようなものがあるわけではありません。送金やものの購入といった取引はすべてインターネット上で完結します。

インターネット上で決済が完了するお金といえば楽天EdyやSuicaのような電子マネー、PayPayやメルペイなどのQRコード決済がありますが、これは実物のある円を使います。

一方暗号資産(仮想通貨)はすべてがインターネットで完結する”インターネット上で取引される通貨“なのです。

初心者なら知っておきたい暗号資産(仮想通貨)におけるブロックチェーン

暗号資産(仮想通貨)は、「ブロックチェーン技術」という技術が開発されたことで誕生した通貨です。

ブロックチェーンとは取引の記録を「ブロック」と言われる単位にまとめ、それをつなぐ(チェーンする)ことで取引を記録する仕組みです。ブロックはネット上の不特定の個人が承認しています。

この「ブロックチェーン」という取引履歴を共有・監視し合う仕組みでネット上の個人に暗号資産(仮想通貨)の管理を分散させています。

暗号資産(仮想通貨)の管理は国や中央管理者がするのではありません。

ユーザー同士で管理するので世界中で同じ価値を持ち、人的コストもかからない優秀な通貨として期待をされています。

初心者におすすめな暗号資産(仮想通貨)の種類

初めて暗号資産(仮想通貨)を取引するような初心者の方には、取引量の多い暗号資産(仮想通貨)がおすすめです。

日本でも広く購入することができ、将来性もあります。

暗号資産(仮想通貨)名1単位あたりの価格(2020年2月21日時点)
ビットコイン(BTC)1,071,721円
イーサリアム(ETH)28,761.04 円
リップル(XRP)30.30円

暗号資産(仮想通貨)投資のメリットとは

「現金」「日本円」の価値は信頼できるし、ほぼ100%の店舗で使うことができます。

では、なぜ世界では持っているお金を暗号資産(仮想通貨)に換える人が大勢いるのでしょう?

ここでは、暗号資産(仮想通貨)投資をすることのメリット・デメリットを紹介します。

少額取引から可能で、初心者でも安心

株式やFXなどといった金融商品では取引を始めるために、数十万円単位のまとまった資金が必要です。一方暗号資産(仮想通貨)は1000円以下、500円ほどの少額から取引を始めることができます。

ビットコインなどは100万円を超えていると思うかもしれませんが、ビットコインは0.001BTCなどの少数から購入できます。これなら日本円ではおよそ1000円ほどです。

少額から取引できるため、試しに買ってみて仮に価格が下がっても懐は痛みません。初心者でも安心して取引できます。

いつでもどこでも取引が可能

暗号資産(仮想通貨)は「暗号資産(仮想通貨)取引所」と言われるところで購入をします。暗号資産(仮想通貨)取引所はインターネット上にあり、原則として24時間365日いつでも取引ができます。

また暗号資産(仮想通貨)取引所は多くの場合、スマホアプリを公開しています。アプリを利用することで移動中などでも問題なく取引が可能です。

株式やFXと比較すると将来性があり期待できる

暗号資産(仮想通貨)は、株式やFXなどと同じ金融商品のひとつです。それぞれの市場規模を比較すると、暗号資産(仮想通貨)の市場規模が約24兆円なのに対し、FXは約92兆円にも及びます。

しかし暗号資産(仮想通貨)は2009年に登場し、文字通りゼロ円の状態から10年ほどで24兆円にまで成長しています。このスピードは他の金融商品よりも圧倒的に速いです。

今後もこの速度で成長していく将来性もあり、期待できます。

初心者が暗号資産(仮想通貨)を取引する際に知っておきたい注意点

一方、もちろん暗号資産(仮想通貨)もいい点ばかりではありません。

いくつかの注意点があり、心得ておかなくては思わぬ痛い目を見ることもあります。

リスクは自分で管理するという意識が必要です。

ボラティリティ(価格変動率)が大きく不安定

暗号資産(仮想通貨)はボラティリティ(価格変動率)が非常に大きく、価格点には注意が必要です。

他の金融商品では「ストップ高」、「ストップ安」と言われる、価格の変動を抑える仕組みがあるために値動きは小さいです。

しかし暗号資産(仮想通貨)は元々ボラティリティが大きいうえ、価格の変動を抑える仕組みがないため1日で何十%も価格が変動することがあります。

大きな利益を得られることもある反面、思わぬ大損害を負うこともあります。充分承知しておきましょう。

ボラティリティとは

ボラティリティとは価格の変動幅のことです。

暗号資産(仮想通貨)以外の投資でも広く利用される考え方で、変動幅が大きい銘柄は「ボラティリティが高い」、小さいものは「ボラティリティが低い」などと言われます。

またボラティリティは常に変動します。暗号資産(仮想通貨)であれば、その暗号資産(仮想通貨)に関するニュースが流れればボラティリティが大きくなります。

暗号資産(仮想通貨)取引に関する規制が定められていない

現状、暗号資産(仮想通貨)に関する規制は未整備な部分が多いです。

日本ではまだマシなほうですが、海外は本当に未整備のところが多く、何か不祥事が起きて取引所が破綻しても一切補償されない可能性があります。

暗号資産(仮想通貨)取引はまだまだ不安定です。仮に不祥事が起きても資金をすべて失わずに済ませられるよう、リスクヘッジとして複数の取引所に口座を開設することをおすすめします。

マイナーな通貨には手を出さないこと

暗号資産(仮想通貨)はすべて合わせれば数千種類もあるなど、非常に数が多いです。

中でもマイナーな通貨だと、投資家から資金を集めるだけ集めて逃げ出す「詐欺コイン(SCAM)」である可能性もあります。マイナーな通貨には手を出さないのが無難です。

また暗号資産(仮想通貨)投資の中には、暗号資産(仮想通貨)売買の代理店を名乗る業者によるマルチ商法まがいの勧誘などもあります。基本的に暗号資産(仮想通貨)はインターネット上で売買します。オフラインで勧誘してくるところはまず疑ってかかるようにしてください。

初心者でも簡単3ステップ!暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

では、ここからは暗号資産(仮想通貨)投資について、具体的なはじめ方と基本的な儲けを作る方法について解説をしていきます。

暗号資産(仮想通貨)投資を始めるといっても、何から手をつけていいのか見当がつきませんよね。

ここでは、どんな流れで暗号資産(仮想通貨)を始めれば、効率よく・損なく始められるのかを図で解説します。

暗号資産(仮想通貨)を効率よく・損なく始めるステップ

簡単にいうと、3つの流れで暗号資産(仮想通貨)を始めることができます。

  1. 取引所登録
  2. 口座に入金
  3. 通貨を購入

それそれ各ステップで注意点があるので、次に書かれていることをよく読んでください。

ステップ①:暗号資産(仮想通貨)を取り扱う「取引所」に登録する

暗号資産(仮想通貨)投資をはじめるためには取引所で口座を開設する必要があります。

インターネット上で手続きをするので簡単に3−5日程度で手続きは完了します。

暗号資産(仮想通貨)取引所に登録をするには、以下のものが必要です。

  • メールアドレス
  • 携帯電話番号(SMSに対応しているもの)
  • 銀行口座
  • 保護者の同意書(未成年の場合)
  • 本人確認書類(免許証、住民票の写し、住民基本台帳カードなど)

事前に手元に揃えておけば、スムーズに手続きが完了します。

ステップ②:日本円を口座に入金する

口座を開設できたら、口座に入金してみましょう。

入金は、各取引所の指示に従って行うようにしてください。一般的には、

  • 銀行
  • コンビニ
  • クレジットカード購入

が使われています。

365日入金可能なクイック入金がおすすめ

入金は、頻繁に行うことではないので手数料はあまり気にしなくても大丈夫です。

おすすめの入金方法は、「クイック入金」です。

クイック入金は通常の入金方法と違い、24時間365日入金することができ、入金内容がすぐに反映される仕組みです。

クイック入金により「暗号資産(仮想通貨)が安くなったから今すぐ買いたい」という願いが叶えられます。

通常、クイック入金は通常より高く手数料が取られるのですが、BITPointbitbank・DMMビットコインではクイック入金手数料が無料となっているのでとてもおすすめです。

ステップ③:暗号資産(仮想通貨)を購入

暗号資産(仮想通貨)には、たくさんの種類があります。ビットコインだけでなく、それ以外のアルトコインにも将来性のあるコインはたくさんあります。

暗号資産(仮想通貨)とビットコイン・アルトコイン

自分が、暗号資産(仮想通貨)投資においてハイリスクハイリターンを望んでいるのか、ローリスクローリターンを望んでいるのかで選ぶコインは大きく変わってきます。

また、コインを選ぶ際は、システムや運営会社がしっかりとしていて、将来性のあるものを選ぶと良いでしょう。

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所5選

暗号資産(仮想通貨)取引所は、日本だけも20ほどあります。いずれも似たようなものだと思うかもしれませんが、取引所によって大きな違いが存在します。

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所を紹介します。

BITPoint

BITPointは基本的な手数料がすべて無料、通常数百円ほどかかるクイック入金手数料も無料という、非常に気軽に暗号資産(仮想通貨)を購入できる取引所です。

スマホアプリも使いやすいと評判で、出先でも問題なく取引をすることができます。

最低取引単位はビットコインであれば0.0001BTCです。

bitbank

bitbankは手数料が安く、条件によってはマイナス手数料が設定されています。本来払うもののマイナス、つまり手数料分を逆にもらうことができるということです。取引しながら暗号資産(仮想通貨)を増やせる、珍しい取引所です。

また数々のセキュリティ対策を施しており、日本の取引所で最もセキュリティが優れているという評価をもらったこともあります。

最低取引単位はビットコインであれば0.0001BTCです。

DMMビットコイン

DMMビットコインはあのインターネット大手DMMグループの運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

大手が運営するだけあって安心感が高く、ノウハウを活かしたセキュリティ面や豊富な資金力に期待ができます。

また手数料も各種無料、クイック入金手数料も無料とお得に取引ができます。暗号資産(仮想通貨)取引所と直接暗号資産(仮想通貨)を売買する「販売所」と言われる形式のみであるのも、シンプルでいいでしょう。

最低取引単位はビットコインであれば0.001BTCです。

ビットフライヤー

ビットフライヤーはビットコインの取引高も日本一の暗号資産(仮想通貨)取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

海外にも進出するほどの暗号資産(仮想通貨)取引所であり、資本金も多く、セキュリティも世界一強固な水準にあると評価されたことがあります。

※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

最低取引単位はビットコインであれば0.00000001BTCです。

GMOコイン

GMOコインは、「GMOクリック証券」などを運営するGMOインターネットグループの運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

長年ネット金融の分野に携わっており、有するノウハウも豊富で、安心感があります。

数々のセキュリティ対策を行っており、日本一ともいえる強固なセキュリティを誇ります。あの三井住友海上火災保険と連携してシステムの脆弱性の克服に努めるなどの対策もしています。

またGMOコインでは貸仮想通貨(レンディング)サービスという、使わない暗号資産(仮想通貨)を貸し出して利息を稼ぐ投資もできます。

最低取引単位はビットコインであれば0.0001BTCです。

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)での稼ぎ方

暗号資産(仮想通貨)の始め方については、お分りいただけたでしょうか?

ここでは、暗号資産(仮想通貨)で儲けるには一体何をしたらいいのかについて解説します。

普段投資をしている人であればさほど難しくはないでしょうが、これから初めて投資に関わる人には分からない点も多いでしょう。

現物取引でコツコツと稼ぐ

暗号資産(仮想通貨)の取引の基本は、暗号資産(仮想通貨)を買った分だけ取引する現物取引です。

現物取引では1ビットコインを買ったなら、1ビットコインまでしか売ることができません。

いくら暗号資産(仮想通貨)のボラティリティが大きいからといって、よほど大きく値動きしない限りは現物取引では一度の取引で大きな利益をあげることはできません。

ただ大きな損失を負うこともありません。コツコツと稼ぐようにしましょう。

現物取引とは

現物取引で利益をあげるには「安いときに買って、高いときに売る」ことが大切です。これは現物取引に限らず、あらゆる商売の基本といってもいいでしょう。

そしていつ買えばいいのか、いつ売ればいいのかを知るために、チャートという値動きを用いて予測をしたりニュースを見て情報収集をします。

レバレッジ取引という方法であれば相場が低迷しても利益をあげられますが、資金を失うリスクが高いためおすすめしません。

初心者におすすめな暗号資産(仮想通貨)のはじめ方

この記事の要約
  • 暗号資産(仮想通貨)とはブロックチェーン技術によって誕生した新しい通貨
  • 暗号資産(仮想通貨)「投資」を始めるには取引所に登録。初心者におすすめは「BITPoint」「bitbank」「DMMビットコイン」
  • 暗号資産(仮想通貨)で儲ける仕組みは、「安い時に買って高い時に売る」ことが最大にして最小のコツ
  • 投資する通貨を選ぶ際は、システムや運営会社がしっかりとしていて、将来性のあるものを選ぶと良い

今回は初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)のはじめ方を紹介しました。

暗号資産(仮想通貨)は500円や1000円といった少額から始められ、今後も値上がりが期待できる将来性豊かな金融商品です。しかしボラティリティの大きさや不祥事が起きた際のリスクなどといったリスクもあります。

そこで暗号資産(仮想通貨)を取引するときには、複数の取引所で口座を開設するなどのリスクヘッジに努めるようにしてください。

仮想通貨の仕組み
今、仮想通貨(暗号資産)投資を始めるならコインチェック

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

coincheck

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト

最新記事