仮想通貨の仕組み

仮想通貨は未成年でも始めることは可能? メリットや注意点も解説

この記事を読んでほしい人
✔ 仮想通貨投資を始めたいと思っている未成年の方
✔ 未成年でも仮想通貨投資ができる仮想通貨取引所を知りたい方
✔ 未成年が仮想通貨投資をするために必要なことを知りたい方

仮想通貨に興味がある未成年の方も多いでしょう。しかし、問題になるのは、仮想通貨は未成年でも始めることができるのか、ということです。結論から言うと、未成年でも仮想通貨を始めることはできます。

注意点として、未成年が仮想通貨を始めるには、多くの手続きが必要です。今回は、未成年が仮想通貨取引を始めるためのステップを詳しく解説します。

この記事の要約
  • 国内の取引所の多くは未成年の口座開設を制限している
  • 未成年が仮想通貨投資は国内の「BITBOX」でスタートし、慣れたら海外の仮想通貨取引所を使うのがよい
  • 未成年が仮想通貨投資のメリットは「少額からでも可能」「金融や投資の知識が身につく」
  • 注意すべき点は「ハッキングの危険がある」「未成年でも税金がかかる」

仮想通貨は未成年でも始めることは可能なのか?

仮想通貨は未成年でも始めることは可能です。しかし、現在は2017年の頃の仮想通貨バブルの頃とは違い、どの取引所でも簡単に口座解説ができるというわけではありません。

国内の主要取引所は、ほぼ未成年の口座開設を停止しており「コインチェック」「ビットフライヤー」「DMM.BittCoin」「ビットバンク」では、現在、未成年の口座開設は行なっていません。

以前であれば、親権者の同意書があれば、未成年でも簡単に仮想通貨を始めることができましたが、厳しい時代です。

しかし、全ての国内取引所が未成年の口座開設を認めていないわけではなく、2020年現在も、未成年の口座開設を受け付けている取引所があります

国内では「BTCBOX」が未成年でも親権者の同意者があれば、口座開設を受け付けています。海外では「バイナンス」「ビットメックス」といった有名取引所が、未成年でも口座開設を受け付けていますので、未成年の方は、まずは上記の取引所を抑えましょう。

未成年でも口座開設は可能

未成年でも、仮想通貨取引所の口座開設は可能です。しかし、先述したように、主要な国内取引所では、未成年者の口座開設は現在、受け付けていません。

未成年者が国内取引所で口座を開設し、仮想通貨を始めるのならば、まずは国内取引所の「BTCBOX」で口座を開設し、その後、「バイナンス」などの海外取引所にビットコインを送金して取引の展開を広げるというやり方になります。

未成年OKの取引所【国内】

未成年でもOKの国内取引所で、現在、確認が取れているのは「BTCBOX」のみです。大手取引所と比べて、知名度はやや低いですが、金融庁の認可を受けている取引所ですし、悪い噂や事件もないため、おすすめできる取引所と言えるでしょう。

未成年OKの取引所【海外】

未成年OKの海外取引所は、意外に多いです。世界最大の取引所である「バイナンス」や「ビットメックス」といった、豊富な種類の仮想通貨を取り扱っている取引所が海外にはありますので、慣れてきたら、そちらも利用すると、選択の幅が広がります。

口座開設に必要な書類

未成年が仮想通貨を始めるには、多くの書類を取引所に提出しなければなりません。「BTCBOX」で未成年が口座開設を行う際に必要な書類は以下です。

  • 氏名・住所・生年月日が確認できる本人確認書類(運転免許証、印鑑登録証明書、パスポート、健康保 険証、住民票、マイナンバーカード ※顔写真が確認できる書類は1種類、顔写真のない書類は2種類)
  • 親権者の同意書(生年月日を入力すると出てくるポップアップからダウンロード可能)
  • 親権者との続柄確認書類(3ヶ月以内本籍省略した住民票、戸籍謄本)
  • 親権者の本人確認書類(住民票がある場合、親権者の本人確認書類は必要なし)

引用:BTCBOX

年齢制限について

以前は、未成年であっても、国内取引所のどこでも口座解説が可能でしたが、現在は年齢制限があります。基本的には二十歳未満の未成年には、口座開設を認めない取引所が増えてきました。

仮想通貨バブル時の、急騰や暴落といった、値動きの激しさが原因と考えられますが、仮想通貨業界の健全化といった部分では仕方のないことかもしれません。

もう少し、仮想通貨自体がはっきりとした社会的地位を占めることができれば、この年齢制限もなくなる可能性があります。

仮想通貨を未成年が始めるメリットは?

未成年が仮想通貨を始めるのは、大きなメリットがあります。

日本の未成年には、他の先進諸国に比べ、金融や投資の知識がないとも言われており、その勉強にもなるはずです。

また、これから間違いなく伸びていくであろう仮想通貨を、今のうちに買うことができ、長い期間、運用できるとうメリットがあります。

小額から始めることができる

仮想通貨投資に、大きな金額は必要ありません。特に未成年であれば、使える金額にも限度があるはずです。

仮想通貨投資は、取引所にもよりますが、安ければ500円、1000円といったお小遣い程度でも開始できます

自分の出せる範囲で、まずは勉強のつもりで未成年でも仮想通貨投資を始めてみましょう。

金融や投資などの知識がつく

仮想通貨はギャンブルではありません。社会情勢や金融情勢でも値を大きく動かします。つまり、それなりの金融や投資の知識がなければ運用ができません。

未成年のうちに、そのような知識を学べることは、今後の人生の大きなアドバンテージとなることでしょう。

仮想通貨を未成年が始める際の注意点は?

仮想通貨を未成年が始める際、注意すべきは、いきなり大きな金額を投資しないということです。

ここでいう大きな金額は人により違うはずですが、まずは1000円や2000円といったお小遣い程度で始めて、感覚を養いましょう。

仮想通貨は値動きが激しいので、一気に増えることもありますが、なくなる可能性が高いですし、そのようなやり方はギャンブルです。

仮想通貨はあくまでも投資であるという認識を持ちましょう。

ハッキングに注意

仮想通貨を始めると、ハッキングが一番の注意点です。

過去、日本の取引所で大規模なハッキングが行われ、多額の仮想通貨が盗まれましたが、ハッキングは、いつどこの取引所で起こるのかわかりません。

対応としては、セキュリティがしっかりとしている取引所を選ぶことですが、未成年者が口座を開設できる取引所は限られているため、自己防衛として、仮想通貨はウォレットに移行するのも有効です。

コールドウォレットというネットに繋がっていないウォレットでしたら、ハッキングの危険性はありません。

税金がかかることを理解しよう

仮想通貨で発生した利益には税金がかかります。

仮想通貨は「雑所得」に分類されますので、20万円以上の利益が発生した場合には、申告を行い、税金を納めなければなりません

これを怠ると、後から思い罰則が与えられます。未成年でも関係ありませんので、注意が必要です。

仮想通貨は注意点をきちんと理解し正しく利用しよう!

仮想通貨は伸び代の高い、これからの通貨です。

未成年の方にとっては、これから利用する時も増えるでしょう。将来性の高い仮想通貨を未成年から始めることは、多くのメリットがあるはずです。

しかし、仮想通貨には大きなリスクがあるのも事実です。未成年が仮想通貨を始める際には、仮想通貨のリスクや注意点をしっかりと把握して始めることが絶対条件になります。

仮想通貨投資は未成年でも始められる

この記事のまとめ
  • 国内の取引所の多くは未成年の口座開設を制限している
  • 未成年が仮想通貨投資は国内の「BITBOX」でスタートし、慣れたら海外の仮想通貨取引所を使うのがよい
  • 未成年が仮想通貨投資のメリットは「少額からでも可能」「金融や投資の知識が身につく」
  • 注意すべき点は「ハッキングの危険がある」「未成年でも税金がかかる」

未成年が仮想通貨を始めることは可能です。しかし、簡単に始められるわけではなく、多くの制約があります。

しかし、そのような部分を差し引いても、未成年者が仮想通貨取引を行うのは、大きなメリットでしょう。

今回の記事を参考に、未成年者の方も仮想通貨投資を始めてみましょう

仮想通貨の仕組み
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事