仮想通貨の今後

【徹底分析】BTC/ビットコインの年末予想!2020年ラストの理想的な展開とは?

btc-year-end-forecast-title

2020年、ビットコインは半減期を迎えました。

4年に一度の、半減期ではマイニング報酬の半減が行われ、仕組み上はビットコインの価格が上がりやすくなる傾向があります。

2020年の年末は今後上がるのではないだろうか?このような疑問を抱いたはず。

今回のテーマは「ビットコイン年末予想」、リアルタイムチャートで徹底分析します。

「ビットコインは年末に向けて上がるのか?」

「今後、上がるならどんなシナリオが予想できる?」

「もし、下がるならどこまで?」

具体的に上記の疑問を解決する内容です。

結論から言うと「今のビットコインは年末の分岐点、理想的な展開なら上がるだろう」と言えます。チャートを分析すれば、その理由に納得できるでしょう。

当記事で用いるチャートは「TradingView(トレーディングビュー)」の提供するbitFlyerのFXBTC/JPYチャートを用いて分析をしております。仮想通貨は1年365日を通して動く市場の為、執筆時点(2020年10月)での個人的予想となります。仮想通貨取引に関しては余裕資金・自己判断で行いましょう。

FXBTCチャートで年末の相場をシナリオを予想

btc-year-end-forecast-4FXBTCJPY 日足
ビットコインの理想的なシナリオとしては、「120万円付近で徐々に変動が小さくなる、その後に急騰相場」です。キーポイントはボラティリティの縮小になります。

ビットコインは、仮に上がるなら現状が超重要な価格になります。
なぜ重要なのかは、後述する分析内容を見れば明確です。

先に結論となる、ビットコインの年末シナリオ予想を画像にてお伝えしています。

年末に向けて急騰と言うより、年明けにビットコイン相場が上がる為の準備が行われる可能性が高いです。

現状の120万円~130万円付近に掛けて、安値を切り上げつつボラティリティを収縮させる展開が望ましいと考えられます。

ボラティリティとは価格の変動幅の事です。
1時間で100~110円まで価格が動けば、10円のボラティリティとなります。

補足すると、ビットコインは上がる判断を出すには中途半端。
年末にかけた展開が、2021年の流れを左右する段階にあります。

【年末予想のポイント】ビットコインには大きな節目が3つある

btc-year-end-forecast-1FXBTCJPY 週足
BTC/ビットコインの重要な節目

【130万円~160万円】2018年以降から超えられない高値
【36万円】2018年末~2019年4月の最安値

2017年のビットコインバブル絶頂期からのチャートは、非常に節目が分かりやすく展開しています。

MAstandでは、不定期でビットコインの分析記事を公開していますが、ほぼ予想通りの展開。

ここで言う節目とは、価格が触れると同時に上昇トレンド→下降トレンドが入れ替わる、あるいは価格が一気に動かなくなるような場所です。

現状のビットコインは2つの節目に板挟み状態

言い換えれば、2つの節目が今のビットコインを完全に支配していると言えるでしょう。
つまり、節目をどちらかに抜ければ、ビットコインの今後の方向性が定まります。

例えば、【130万円~160万円】を上抜ければ、バブル以降の高値を抜けた事になり、子女最高値290万円を目指す可能性が高いです。

ビットコインの年末シナリオ予想をするなら、絶対に覚えておきたいポイントでした。

【年末予想のポイント】ビットコインが上がるなら「死守すべき価格帯」がある

btc-year-end-forecast-2FXBTCJPY 週足

ビットコインには、2020年末以降上がっていくなら、絶対に死守すべき価格帯があります。

それは【60万円~70万円】の2018年に誰もが注目したポイントです。

2018年にビットコインを取引していた人にとって、「60万円割れ」は注目ワードでした。

2019年に一旦は上へ抜けたものの、2020年2月に一度だけ陰線で下抜けしてしまいました。

この事実が、今のビットコイン相場を難しくしています。

なぜなら、60万円から復活したかと思ったが、再び奈落の落ちるのでは?と心理が不安に傾くからです。

btc-year-end-forecast-3FXBTCJPY 日足

例えば、今のビットコイン価格がジリ上げになっている事から不安が伺えます。

急落では、3日間で約30万円ほど価格は下がりました。
一方で現状は、30日間で15万円程度の上げ幅です。

この事実から、ビットコインが価格を上げる力は、下げる力の10分の1程度と分析できます。

したがって、冒頭で申し上げた通り、年末に向け上がるより、上がる準備をする方が理想の展開と言えるでしょう。

また、再度60万円を割れれば、ビットコイン投資家の不安は下がる確信へと変化する可能性が高いです。

今後、ビットコインが上がるなら、少なくとも60万円は死守すべきでしょう。

まとめ

今回は「【徹底分析】BTC/ビットコインの年末予想!2020年ラストの理想的な展開とは?」のテーマでした。

最後にもう一度、BTC/ビットコインの年末に向けた重要ポイントをお届けします。

  • 【130万円~160万円】2018年以降から超えられない高値
  • 【36万円】2018年末~2019年4月の最安値
  • 【60万円~70万円】2018年に注目された価格

ビットコインは、年末に向けて来年の準備期間となるのが理想です。
上記のポイントに注目しつつ、ボラティリティが縮小する展開を予想します。

仮想通貨の今後
最新記事