仮想通貨の体験談

ビットコインはいくらから買える?

1BTCの価格が約72万円(2018年6月13日現在)です。

それがビットコインを買う際の最低単価と思う人もいるかもしれません。

しかし実際には、はるかに安い金額から始めることができます

たとえば、もしあなたが1BTC=100万円のときに1万円分ほしいとなれば、0.01BTCだけ買えばいいのです。

この記事では、「最低いくらからビットコイン投資を始められるのか?」「いくらから投資をするのがオススメなのか?」を解説していきます。

ビットコイン取引所で決められている最低取引単位

各仮想通貨取引所には、それぞれ最低取引単位というものが設定されています。

1BTCが72万円として計算すると、各取引所での最低取引単位は以下の通りです。

取引所名 最低取引単位(BTC) 最低取引単位(円)
ビットフライヤー 0.001BTC 720円
ビットバンク 0.0001BTC 72円
GMOコイン 0.0001BTC 72円
DMM Bitcoin 0.001BTC 720円
ビットポイント 0.0001BTC 72円
Zaif(ザイフ) 0.0001BTC 72円
Coincheck 0.005BTC 3600円

ビットコイン販売所の場合は1円から購入できる

販売所は取引所よりも安く買うことができます。(販売所と取引所の違いはこちら

  • bitFlyerの場合、販売所であれば0.00000001BTCから購入できます。金額が小さすぎるので1円で購入することになります。
  • Zaifの場合、販売所であれば1000円から、取引所であれば0.0001BTCから買うことができます。
  • Coincheckの場合、販売所であれば0.001BTCから、取引所であれば0.005BTCから買うことができます。

円とBTCが混同してわかりづらいかと思います。シンプルに言ってしまえば、「どこの国内取引所でも1000円あれば仮想通貨投資を始められる」と知っておいてください。

1000円という少額から投資を始められて、おまけに24時間365日、スマホのアプリで取引ができる。これこそが仮想通貨のすごいところであり、これまで投資経験のなかった多くの方が参入してきている所以です。

みんなはいくらから始めたのか? 実際の声を集めてみた

ビットコインいくらから買ったか

Mastandでは、仮想通貨投資をしている50人にアンケートを取り、始めた時期と初期投資額を聞いてみました。以下がその結果です。

会社員 2017年8月 1万円
主婦  2016年4月 2万円
主婦  2017年9月 25万円
会社員 2017年12月 100万円
会社員 2018年1月 5000円
大学生 2015年10月 400万円
会社員 2017年11月 70万円
自営業 2018年1月 10万円
会社員 2017年11月 14万円
大学生 2018年1月 3000円
主婦  2017年12月  20万円
主婦  2018年1月 2万円
自営業 2017年12月 1万円
会社員 2017年12月 1万円
自営業 2017年2月 10万円
主婦  2017年11月 4000円
会社員 2017年12月 100万円
主婦  2018年1月 3万円
自営業 2017年6月 300万円
会社員 2017年5月 5000円
主婦  2017年10月 3万円
大学生 2017年6月 12万円
会社員 2017年1月 1万円
学生  2017年10月 10万円
自営業 2017年1月 10万円
会社員 2017年3月 50万円
会社員 2016年8月 100万円
公務員 2017年12月 1万円
会社員 2018年1月 2万5000円
主婦  2017年8月 10万円
自営業 2017年11月 2万円
会社員 2016年9月 50万円
公務員 2017年12月 3万円
自営業 2016年11月 120万円
主婦  2017年12月 1万円
大学生 2017年5月 5万円
無職  2018年1月 2000円
会社員 2017年10月 100万円
自営業 2018年1月 5万円
会社員 2017年6月 25万円
会社員 2017年9月 15万円
学生  2018年1月 1万円
自営業 2017年12月 2万円
会社員 2018年1月 5万円
会社員 2017年12月 1万円
会社員 2017年6月 100万円
会社員 2017年10月 5万円
会社員 2017年6月 5万円
主婦  2017年4月 10万円
会社員 2017年10月 1万円

長かった・・・(笑)

さて、こうして結果を見てみますと、

50人中32名の方が、10万円以下から投資を始めている

ということがわかりました。なかには実際に1万円以下で始めている人もいましたね。

はじめはどのくらい買えばいいのか?

デフレ通貨

いくらから買えるのかはわかりました。では、いくら買うのがいいのでしょうか?

これは正解のない質問で、正直、人それぞれです。最初から100万円以上を投資する人もいれば、1000円分だけ買って様子を見る人もいるでしょう。

とはいえ、あまり少額過ぎても、ほとんど儲けが出ません。

たとえば1BTC=100万円のときに買って、それが2ヶ月後に1BTC=200万円になったとします。倍です。

もしあなたが10万円分のビットコインを買っていたら、それは20万円の価値になっています。かなり儲かった感じがしますよね。

しかし、最初に買ったのが1000円分だけだったとしたら、2000円にしかならないのです。このときあなたは確実に思うでしょう。

「悔しい。もっと買っておけば良かった」と。

こういうことが起きるので、仮想通貨投資は、場合によっては利益が出ても後悔するのです(笑)

なので、「儲け」の見えやすさという観点では、最初は10万円くらい買ってみるのがいいのではないでしょうか。

ただ、すぐに資金が用意できないという場合は1万円以下ではじめて少しずつお金をためて追加投資をしていくのも良い方法です。

私はいくらから仮想通貨投資を始めたか

仮想通貨インサイダー少し個人的な話になりますが、私がビットコインを初めて買ったのは、2017年12月のことです。最初はbitFlyerで口座開設をして、10万円分買ってみました。

すると、3日後に10万円→15万円くらいになったので、「これはすごい!」と可能性を感じて、さらに20万円を追加投資しました。

しばらくは価格が上がったものの、2018年に入ってからは低調子で、現在は最初に買ったときの価格くらいに戻っています。

とはいえ、今後はまた上がると思うので、投資を辞めるつもりはありません。

これから仮想通貨を始める方におすすめしたいのは、1000円ずつ、あるいは1万円ずついくつかの仮想通貨を買ってみて、価格の上下する様子に慣れること。

仮想通貨は、やりながら覚える要素が多いです。最低限の知識をつけて、感覚をつかめてきたら、まとまったお金を投入するのがいいと思います。

仮想通貨も、ビットコインだけでははなく、様々な種類のアルトコインがあります。特徴や将来性を知ったうえで、好きな通貨を買ってみるといいでしょう。

※様々な種類のアルトコインについて詳しく知りたいなら
仮想通貨40種類を一覧でまとめて解説(特徴、将来性、発行上限、時価総額etc)

もしかしたら選んだ通貨が急激に上がっていくかもしれません。夢のような話に聞こえるかもしれませんが、宝くじに当たる確率よりは、よっぽど可能性が高いでしょう。

重要なのか、いくら買うかよりも、どのタイミングで買うか

この記事では、「ビットコインはいくらから買えるのか」という話をしました。いくら投資をしようと、最も重要なのは、あなたが儲けること・得をすることです。

「どのタイミングで買うか」ということが重要になってきます。

初心者ほど、高値で掴んでしまう傾向があります。よく言われることですが、価格が下がっているときに買い、上がったところで売ることが基本中の基本です。

買いたいと思ったときに、購入できるようにまずは取引所だけでも開設しておくことをおすすめします。

仮想通貨の体験談