仮想通貨の体験談

ビットコイン(BTC)はいくらから買える? いくらから始めるべき?

この記事を読んでほしい人
✔ ビットコイン投資に興味のある方
✔ 低リスクでビットコイン投資を始めたい方
✔ ビットコイン投資をいくらから始めるべきか迷っている方

初めて仮想通貨を購入するなら、いきなり大金を使うより少額から始めたいと考えるのが一般的です。金額が多くなれば、その分リスクも増えていきますよね。

中には、1BTCっていくらなの?いくらから買えるの?といったように、最低購入単位を気にする人も少なくありません。

とはいっても円などの法定通貨と異なり、時には小数点以下まで計算が必要になることも。

そこで今回は、1BTCの価格や最低購入単位、そしていくらからビットコイン投資を始めるべきかについて解説していきます。ぜひ参考にして、少ないリスクでビットコイン投資を始めましょう。

この記事の要約
  • 1BTCは120万円前後で購入できる(2020年8月22日現在)
  • 0.0234BTCといった細かい単位から購入できる
  • 最低1,000円からでもビットコインを購入できる
  • 1万円ほどの少額から現物取引で感覚を積もう
  • ビットコイン投資は、10万円単位から始めるのがおすすめ
  • 最低購入単位が低く、初心者でも購入しやすいのは「GMOコイン」「bitbank

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の購入単位は?

ビットコインを含め、主な暗号資産(仮想通貨)の購入単位は以下のとおりです。

暗号資産(仮想通貨)単位
ビットコインBTC
イーサリアムETH(イーサ)
イーサリアムクラシックETC(イーサクラシック)
リップルXRP
ネムXEM(ゼム)
リスクLSK
モナコインMONA
ライトコインLTC
ビットコインキャッシュBCH
ステラルーメンXLM
ビットコイン/円BTC/JPY
イーサリアム/円ETH/JPY

2020年現在1BTCはいくらから買える?

2020年8月22時時点のビットコイン価格は1BTC=約120万円前後です。つまり、1BTCを購入するなら、約120万円の資金が必要ということです。

ただし、どの取引所でも1BTCより小さい単位で購入することができます。

そのため、120万円ものまとまった資金がなくてもビットコインを購入することが可能です。

最低購入金額は取引所ごとに異なる

取引所ごとにビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の最低購入金額は異なります。そのため、取引所選びは慎重に行ってください。

複数業者の最低購入金額や特徴を比較した上で、自分に合った取引所を選びましょう。

また、1社ではなく2〜3の取引所に登録をすれば、それぞれの取引所のサービスやキャンペーンなど恩恵を受けることができます。

最低取引単位は「satoshi」

1BTCよりも小さい単位が「satoshi」で「1satoshi=1億分の1BTC」です。

ただし、satoshiは単位が小さすぎて、取引時には「546satoshi」を超えている必要性があります。

取引所別のビットコイン最低購入金額の一覧

主な暗号資産(仮想通貨)取引所のビットコイン最低購入単位は、次のとおりです。

※2020年8月22日時点

取引所最低購入単位(BTC)最低購入単位(円)
GMOコイン0.0001BTC約120円
DMMビットコイン0.001BTC約1,200円
Coincheck0.001BTC約1,200円
bitbank0.0001BTC約120円
bitFlyer0.001BTC約1,200円

このように、多くの取引所では1,000円前後でビットコインを購入できます。

ビットコイン売買の手数料は?

ビットコインの売買時には手数料がかかります。そして、売買手数料は取引所ごとで異なります。

  • GMOコインは−0.01%〜0.05%
  • bitbankは−0.02%〜0.12%
  • DMM Bitcoinは無料

取引所を選ぶ際は、売買手数料も確認しましょう。

ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)はいくらから買える?

ここでは、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)がいくらくらいで買えるのか紹介しています。

※価格は2020年8月22日時点

イーサリアム

イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きいメジャー通貨で、取引経緯や契約内容など詳細を記録できるスマートコントラクトという仕組みが特徴です。

現在の価格は1ETH=約40,000円になります。たとえば、GMOコインは0.01ETH=約400円から購入できます。

リップル

リップルは老舗の暗号資産(仮想通貨)で、送金スピードが速く手数料が安い点が特徴です。国際送金での実用化が期待されています。

リップルの価格は1XRP=0.26〜0.27米ドルです。たとえば、DMMビットコインであれば1XRP=約30円で購入できます。

ネム

ネムは2015年に誕生した暗号資産(仮想通貨)で、通貨供給量が増えることがなく処理が速いのが特徴です。

1XEM=0.074米ドルであり、8円前後で購入ができます。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)はいくらから売れる?

GMOコインなら0.0001BTC、ビットフライヤーなら0.001BTCなど、取引所によって最小売却単位が異なります

購入単位同様、売却単位も取引所を選ぶ際に確認しましょう。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)を売り方3ステップ

ここでは、ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の売り方3ステップを見ていきましょう。

購入同様、非常に簡単な流れで売却をすることができます。

1.取引画面を表示する

まずは、取引所のマイページ・取引ツールにログインし、取引画面を表示します。

2.売却したい暗号資産(仮想通貨)の数量を入力

ビットコインやイーサリアムなど売却したい暗号資産(仮想通貨)を選び、希望数量を入力します。

3.注文を実行する

入力内容を確認して注文を実行すれば売却完了です。

ビットコイン投資にいくら必要か投資方法別に紹介

投資方法によってビットコイン投資の目安金額は変わってきます。

ここでは、ビットコイン投資にいくら必要なのか、主な投資方法別に紹介しています。

コツコツ投資する

ビットコインを「毎月1日に1万円分購入する」など、コツコツと積立投資をする方法もあります。

この方法であれば、1回あたり1,000円など自由に投資金額を設定できます。

投資初心者であれば1回あたり1万円以内の少額資金で始めるといいでしょう。

ビットコインFXをする

ビットコインFXはレバレッジの仕組みで、証拠金以上の取引ができます。

たとえば、10万円の証拠金で40万円の取引をすることも可能です(レバレッジ4倍)。

初心者の方は証拠金維持率が300%以上になる証拠金は欲しいところです。

短期的な売買をする(スキャルピング)

スキャルピングは、数秒〜数分間など短期間のうちに売買を繰り返す取引手法です。

わずかな値動きで決済するため、1回の取引で得る利益は少なめです。

そのため、十分な利益を得るにはまとまった資金が必要になります。スキャルピングの際は50万円〜100万円は用意しましょう。

中期的な売買をする(スイングトレード)

スイングトレードは数日〜数週間保有して売買する手法です。利幅が大きいため1回の取引で多くの利益を得ることができます。

スイングトレードの場合は30万円〜50万円の資金が必要です。

長期的な売買をする(ポジショントレード)

ポジショントレードは数ヶ月〜数年間保有して売買する手法です。

1回の取引で大きな利益を狙います。取引回数が少ないので手数料を抑えられる手法でもあります。

資金は10万円〜30万円程度は用意しておきましょう。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)を購入するときの注意点

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)を購入する前に、ここで紹介する3つの注意点を押さえておきましょう。そうすることで、損失リスクを減らすことが可能です。

他の投資より価格変動が激しい

ビットコイン投資をする際は、価格変動の激しさに注意してください。株式やFXも相場変動が大きいですが、ビットコインはさらに激しい相場です。

値動きが非常に大きいため、一瞬で大きな利益を得る可能性もあれば大損する恐れもあります。価格変動が激しいことを理解した上で取引するようにしてください。

ビットコインのチャートや最新情報はここから確認できます。

暗号資産(仮想通貨)の利益はいくらから税金がかかるの?

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)取引で20万円以上の所得を得た場合は、確定申告をする必要があります。儲けが多くなると確定申告が必要になることを覚えておきましょう。

また、勤務先にばれないように、暗号資産(仮想通貨)取引をする方法もあります。

暗号資産(仮想通貨)の仕組みを知る必要がある

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)を購入する前に、暗号資産(仮想通貨)の仕組みを知る必要があります。仕組みを知らずに売買を始めても、損失を負うだけです。

暗号資産(仮想通貨)に限ったことではありませんが、投資をするならその投資商品について勉強しておくことは当然です。

ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)が購入できるおすすめの取引所5選

ここでは、ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)購入におすすめの取引所を紹介します。

Coincheck

コインチェック(Coincheck
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネムモナコインステラルーメンクアンタムベーシックアテンショントークンアイオーエスティーエンジンコインオーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

Coincheckは、500円から暗号資産(仮想通貨)売買ができる取引所です。プロも満足の高機能ツールトレードビューが利用できます。

電気代やガス代をビットコインで支払いができる独自のサービスも提供しています。

GMOコイン

GMOコイン
取扱暗号資産ビットコインイーサリアムリップルライトコインビットコインキャッシュネムステラルーメンベーシックアテンショントークンオーエムジーテゾスクアンタムエンジコインポルカドットコスモス
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1200円前後)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. アプリ、ウェブ画面が使いやすいと話題
  2. セキュリティが高い
  3. 大手運営で安心して取引が可能

GMOコインは、暗号資産(仮想通貨)8種類を取り扱い手数料が安い点が魅力です。最大年率5%の貸暗号資産(仮想通貨)サービスも提供しています。

東証一部上場のGMOインターネットグループが運営しているので、安心して取引ができます。

bitFlyer

ビットフライヤー(bitFlyer
取扱仮想通貨ビットコインイーサリアムリップルビットコインキャッシュイーサリアムクラシックライトコインモナコインリスクネムベーシックアテンショントークンステラルーメンテゾス
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(0.01~0.15%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(1.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 国内取引量・ユーザー数3年連続No.1
  2. 手数料が安い!
  3. 取扱仮想通貨が豊富!

bitFlyerでは、ビットコインやイーサリアム、モナコインなど多くの暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、いつものネットショッピングでビットコインがもらえる独自サービスも提供しています。

取引手数料が全通貨無料で100円から始めることができます。

bitbank

ビットバンク(bitbank)
取扱仮想通貨ビットコインリップルイーサリアムモナコインビットコインキャッシュライトコイン
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(ほぼなし)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

bitbankは取引量国内トップクラスの取引所で、ビットコインキャッシュやモナコインなど6種類の通貨を取り扱います。

24時間いつでもリアルタイムに日本円入金ができ、セキュリティ面は第三者機関から高い評価を得ているため安心です。

DMMビットコイン

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)
取扱暗号資産ビットコイン
イーサリアム
ネム
リップル
ライトコイン
イーサリアムクラシック
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料 ※BitMatch取引手数料を除く)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(1. 84%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 暗号資産の種類が多い
  2. クイック入金や出金手数料が無料
  3. アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMMビットコインはリップルやステラルーメンなど9種類もの暗号資産(仮想通貨)を売買できます。

LINEで気軽に問い合わせができ、取引手数料などは無料です。パソコンの取引ツールが使いやすく、スマホアプリは直感的な操作で初心者も安心して利用できます。

ビットコインは投資方法と余剰資金を考えてスタートしよう

この記事の要約
  • 1BTCは120万円前後で購入できる(2020年8月22日現在)
  • 0.0234BTCといった細かい単位から購入できる
  • 最低1,000円からでもビットコインを購入できる
  • 1万円ほどの少額から現物取引で感覚を積もう
  • ビットコイン投資は、10万円単位から始めるのがおすすめ
  • 最低購入単位が低く、初心者でも購入しやすいのは「GMOコイン」「bitbank」

ここで紹介したように、ビットコインは1,000円ほどで購入することができます。取引所によっては100円以下から購入が可能です。

購入に数万円〜数十万円の資金が必要なわけではないため、初心者でも安心して始めることができます。

投資にはあくまでも余剰資金を使い、余裕をもって始めるようにしましょう。複数の取引所がありますが、できるだけ手数料が安いところがおすすめです。

早速、取引所選びを行い、暗号資産(仮想通貨)売買をスタートさせましょう。

仮想通貨の体験談
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事