仮想通貨取引所比較

Liquidの登録方法を一番丁寧に解説!

この記事を読んでほしい人
✔ 国外でも通用する仮想通貨取引所を探している方
✔ 幅広い情報を取りたい方
✔ 仮想通貨で儲けようとしている方

仮想通貨は世界共通の通貨です。日本の取引所だけでは偏った情報になるのではと心配している方にはシンガポール、ベトナムにオフィスを持つLiquidがお勧めです。

 

この記事の要約

  • Liquidとは、グローバルな金融会社QUOINEが経営している
  • 取引所は複数登録がオススメ
  • 日本の取引所からは得られない情報が手に入る

Liquidとは

Liquidとは、日本、ベトナム、シンガポールにオフィスを持つグローバルな金融会社QUOINEが経営している仮想通貨取引所です。金融庁認可を受けています。

▼Liquid(リキッド)の評判・メリットとデメリット【安全性徹底調査】▼

あわせて読みたい
liquidロゴ
Liquid(リキッド)の評判・メリットとデメリット【安全性徹底調査】 Zaifの仮想通貨盗難事件から、およそ1か月。 複数の仮想通貨取引所に登録してリスクを分散させることの重要性を、とにかく思...

手順の紹介

Liquidの登録手順は

  • サイトにアクセス
  • お申込みフォームの入力
  • 本人確認書類のアップロード
  • 審査完了通知の受領
  • アカウント承認メールの受信

5STEPになっています。

サイト登録編

Liquidのサイトに登録する方法を説明します。

なお、20歳未満の方は口座開設することが出来ません。

サイトへアクセス

「Liquid 仮想通貨」で検索するかhttps://www.liquid.com/ja/にアクセスしてください。その後「新規登録はこちらから」を押します。

その後、居住地の選択が出てきます。日本の方はJapanになっているか確認してください。

メール認証

入力フォームのメール認証の欄に記載します。

パスワード認証

パスワード入力欄はメールの入力フォームの下です。

アルファベットの大文字、小文字、数字が全て入った8文字以上のワードを設定してください。

基本情報登録編

基本情報入力フォームは、メール、パスワード入力フォームの下にあります。スクロールして表示させてください。

基本情報入力

氏名、生年月日、性別の他に投資情報の経験などを記入する欄があります。かなり長く詳細な質問がありますので記入漏れの無いように注意しましょう。

基本情報入力注意事項

海外にもオフィスがある取引所です。入力テイストが日本とは違います。取引ルールや規定などをしっかり読み込んでから入力しましょう。

入力する基本情報は

  • 氏名、性別
  • 住所
  • 投資目的

となります。

本人確認書類のアップロード

現在このサイトでは退会についての記述が確認できないため、これ以上先の情報はありません。

▼Liquidの審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策▼

あわせて読みたい
Liquidの審査に落ちた?遅いだけ?審査の厳しさと対策 Liquidで口座開設したものの、いつまでたっても郵送書類が届かずに不安になっていませんか? 通常であればインターネットで...

認証設定編

Liquidではセキュリティを強固にするために2段階認証を設定できます。設定の方法は登録前から確認可能です。

二段階認証設定

Liquidで使用できる2段階認証はGoogle Authenticatorです。

スマートフォンでの認証となりますので、App StoreかGoogle Playで専用アプリをダウンロードしてください。

グローバルな金融会社の経営する仮想通貨取引

この記事のまとめ

  • Liquidとは、グローバルな金融会社QUOINEが経営している
  • 取引所は複数登録がオススメ
  • Liquidは日本の取引所からは得られない情報が手に入る

仮想通貨は今後ますます需要が高まると予測されています。ですから、情報は多方面からとり、検証していくことが望ましいです。

仮想通貨取引所は複数登録することがお勧めなので、違う角度からの情報が入る可能性のあるLiquidはお勧めです。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト