仮想通貨取引所比較

コインチェック(Coincheck)の入金のやり方と種類、よくある質問までしっかりと解説!

この記事を読んでほしい人
✔ コインチェック(Coincheck)で仮想通貨取引を始めようと思っている方
✔ コインチェック(Coincheck)の入金方法について知りたいという方
✔ コインチェック(Coincheck)の入金にかかる手数料を知りたいという方

2019年1月に正式に金融庁の認可を受け、停止していたサービスも次々と再開させつつあるコインチェック(Coincheck)。

もともと使いやすいと評判だった仮想通貨取引所ですし、新規にコインチェック(Coincheck)を使いたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Coincheckでの仮想通貨取引に必要な入金方法や入金のやり方、手数料などについてお伝えしていきます。

▼コインチェック(Coincheck)の使い方について、詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)の使い方・登録方法を徹底解説! 入金・出金・取引方法からアプリまで!! コインチェック(Coincheck)は、初期のビットコインブームを牽引した仮想通貨取引所。投資初心者でも簡単に、直感的に使えるツ...

この記事の要約

  • コインチェック(Coincheck)は金融庁の認可を受け、さまざまなサービスを再開させつつある
  • コインチェック(Coincheck)の入金方法は現在、銀行振込のみ利用可能
  • コインチェック(Coincheck)の振込先口座と同じ「りそな銀行」「住信SBIネット銀行」の口座を持っていれば、24時間入金できるうえに振込手数料も無料となる
  • コインチェック(Coincheck)の銀行振込は、入金手数料が無料

コインチェック(Coincheck)とは

コインチェックとは?Coincheck株式会社が運営する仮想通貨取引所で、2012年8月に会社を設立し、2014年8月にサービスを開始しました。

テクノロジーの力を信じて、新たな価値をお金の世界に提供していくと発言しています。

2018年1月26日に発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金事件以降、新規口座の開設ができませんでしたが、2018年10月30日より新規口座開設が再開されました。

特徴

コインチェック(Coincheck)は仮想通貨NEMの流出事件で知名度が高くなりましたが、使いやすいさもあって、以前から評判の高い仮想通貨取引所でした。

  • Coincheck貸仮想通貨サービス (Coincheck Lending)
  • ビットコイン決済サービス (Coincheck Payment)

Coincheckには上記のようなサービスがあります。

貸仮想通貨サービス(Coincheck Lending)

Coincheckの貸仮想通貨サービス

Coincheck Lendingは、口座開設者の持っている仮想通貨をCoincheck株式会社に貸し出し、最大で年率5%のリターンを得ることができるというサービスです。

現在はビットコインのみ対応していますが、今後はリップルやイーサリアム、ファクトムなどの仮想通貨も対応していく予定です。

ビットコイン決済サービス(Coincheck Payment)

Coincheckのビットコイン決済サービスCoincheck Paymentは、ビットコイン決済をするサービスです。

iOSのデバイス(iPhoneなど)に「ビットコイン決済 coincheck」というアプリをダウンロードすれば、ビットコインによる支払いが可能になります。

手数料が1%なので、クレジットカード決済と比べて手数料が安いですね。
しかし現在、ビットコイン決済は準備中のため使用できません。

コインチェック(Coincheck)の取引所と販売所

コインチェック(Coincheck)には取引所と販売所の両方があります。

取引所

取引所の取扱通貨はビットコインのみです。

取引方法は、

  • 現物取引:実際に保有している日本円や仮想通貨で取引を行う
  • 信用取引:日本円を証拠金として、最大5倍のレバレッジ取引を行うことができる

という2種類の取引方法が可能となっています。

販売所

販売所で購入可能な仮想通貨は、下記の9種類です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • ファクトム
  • リップル
  • ネム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

豊富な種類のアルトコインは、販売所でのみ取引することができます。

▼Coincheckで仮想通貨を買うには? 詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
Coincheckトップ
【画像付き】コインチェック(Coincheck)での仮想通貨の買い方を解説! コインチェック(Coincheck)は、販売所と取引所の2種類がありますよね。口座開設してみたものの、いまいち購入方法がわからな...

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)入金の前に登録が必要

コインチェック(Coincheck)に入金する前に、まずは登録する必要があります。

以下のような手順で登録することができます。

  1. Coincheckでアカウント作成
  2. ログイン
  3. 電話番号を認証する
  4. 各種重要事項の確認
  5. 本人確認書類の提出
  6. Coincheckからハガキをもらい完了

詳しい内容はコインチェック(Coincheck)の登録方法を画像付きでわかりやすく丁寧に解説!をご確認ください。

コインチェック(Coincheck)の入金方法を解説

コインチェック(Coincheck)では、3種類の入金方法が用意されています。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

ただしコンビニ入金とクイック入金は現在利用停止中のため、現在は銀行振込で入金するしかありません。

Coincheckの入金方法コインチェック(Coincheck)の入金メニューから、入金方法を指定して入金を行います。

銀行振込での入金

コインチェック(Coincheck)の振込先口座は下記の2種類となっています。

  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行

最近まで24時間送金することができませんでしたが、2018年10月9日より、24時間入金することができるようになりました。

銀行振込の入金手順

コインチェック(Coincheck)の公式サイトで「日本円を入金する」から「銀行振込」を選択します。

  • 銀行
  • 支店名
  • 口座種別
  • 口座番号
  • 口座名義
  • 振込人名義

上記を入力すれば、あとは入金が反映されるのを待つだけです。

りそな銀行の場合

専用の指定口座が用意されているので、指定口座に入金したい金額を振り込むだけです。

ただし口座番号を間違えると、コインチェック(Coincheck)での確認作業等が必要になるため、入金に時間がかかってしまいますから注意しましょう。

住信SBIネット銀行の場合

振込人名義を「ユーザーID+本人名義」にする必要があります。ユーザーIDをつけるのを忘れないようにしましょう。

こちらも振込人名義が「ユーザーID+本人名義」で正しく入力されてないと、確認作業が必要になるので注意してください。

即時入金の入金方法

コインチェック(Coincheck)の即時入金は下記の2種類で、どちらも24時間入金することが可能です。

  • コンビニ入金
  • クイック入金

りそな銀行か住信SBIネット銀行に口座を持っていれば、銀行振込でも24時間入金可能となりました。

▼コインチェック(Coincheck)でクレジットカード払いはできる? 詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)でクレジットカードは利用できるの?クレカ利用と入金方法を確認 仮想通貨を買おうと思ったら、まずは仮想通貨取引所の口座に購入資金となる日本円を入金しなければなりません。 仮想通貨取引所の...

クイック入金の振込手順

コンビニ入金やクイック入金を使えば24時間入金可能です。

ただし、現在はコンビニ入金もクイック入金も利用することができません。

コンビニ入金の場合

コンビニ入金のやり方を見ていきましょう。

Coincheckのコンビニ入金
  1. 「日本円を入金する」から「コンビニ入金」を選択して、入金する金額や必要な情報を入力する
  2. 支払いで使用するコンビニを選択する
  3. 支払金額、企業コード、注文番号が表示されるので記録する
  4. コンビニで支払い

これで入金手続きは完了。入金は即座に反映されます。

ただしコインチェック(Coincheck)では現在、コンビニ入金を利用することはできません。

クイック入金(ペイジー決済)の場合

クイック入金はpay-easy(ペイジー) で支払いをします。

Coincheckのクイック入金
  1. 「日本円で入金する」から「クイック入金」を選択して、入金する金額や必要な情報を入力する
  2. 支払金額、収納機関番号、お客様番号、確認番号が表示されるので記録する
  3. 下にスクロールして支払方法を決め、支払い方の詳細を確認する

これで入金手続きは完了。入金は即座に反映されます。

クイック入金も、コインチェック(Coincheck)では現在利用することができません。

コインチェックの入金にかかる手数料

コインチェック(Coincheck)の入金手数料は無料ですが、各銀行ごとに定められた振込手数料が必要となります。

同じ銀行間での振込手数料は無料なので、りそな銀行か住信SBIネット銀行の口座からの入金であれば手数料がかかりません。

コンビニ入金の手数料

コンビニ入金は1756円(1000+手数料756円)から入金可能です。

  • 1000円~3万円未満:756円
  • 3万円~299,000円:1,000円

コンビニ入金で入金できる上限は、30万円(299,000+手数料1000円)です。

クイック入金の手数料

クイック入金も1756円(1000+手数料756円)から入金可能。

  • 1000円~3万円未満:756円
  • 3万円~50万円未満:1,000円
  • 50万~99万9999円:入金金額×0.108%+486円

クイック入金で入金できる上限は、99万9999円です。

コインチェックの入金反映にかかる時間

2018年10月9日よりモアタイムという24時間、1億円未満の金額であれば送金可能なシステムが導入されました。

  • りそな銀行・住信SBIネット銀行:送金元がモアタイムに対応していれば24時間入金可能
  • それ以外の金融機関:振込先・送金元ともモアタイムに対応していれば24時間入金可能

モアタイムに対応していない金融機関である場合は、通常どおり「平日の午前8時半から午後3時半まで」となります。

  • モアタイム対応金融機関:入金は即時反映される
  • それ以外の金融機関:営業時間内であれば即時反映、営業時間外は翌営業日の反映となる

入金の反映時間という面でも、りそな銀行や住信SBIネット銀行に口座を持っていると便利であるといえますよね。

即時入金の反映時間

コンビニ入金とクイック入金はともに、入金が即座に反映されます。

銀行振込の場合はモアタイムに対応しなければ、金融機関の営業時間に左右されてしまうことになりますね。

▼コインチェック(Coincheck)は土日でも利用できる? 詳しくはコチラ▼

あわせて読みたい
コインチェック(Coincheck)は土日でも利用できる?取引、入金、出金の土日の対応を確認 仮想通貨取引は、世界を舞台に24時間365日行われています。 ですから、たとえ日本時間が土日祝日で休みであっても、仮想通貨の価...

コインチェック(Coincheck)の入金に関するよくある質問

入金をする段階での疑問を2つ、取り上げてみました。

FAQ1:本人確認認証に必要な物は?

Coincheckで必要な本人確認書類は下記のとおり。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード

さらに選択した本人確認書類を手に持っている状態の写真(IDセルフィー画像)が必要となります。

参考:https://coincheck.com/ja/info/faq_posts/58

数日後にはがきが郵送されますので、はがきを受け取ることで本人確認認証は終了します。

ちなみにハガキを受け取る前でも、日本円の入金や仮想通貨の売買は可能です。

FAQ2:アプリからの入金は?

アプリを開いたら、メニューから「入出金」を選択して、「銀行口座から入金」を選択しましょう。

Web上で行うのと同様に、銀行振込をすることができます。

コインチェック(Coincheck)
取扱仮想通貨 ビットコインイーサリアムイーサリアムクラシックリップルライトコインビットコインキャッシュリスクファクトムネム
手数料の安さ ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性 ⭐⭐⭐⭐⭐

ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

コインチェック(Coincheck)で入金をして取引をはじめよう

この記事のまとめ

  • コインチェック(Coincheck)は金融庁の認可を受け、さまざまなサービスを再開させつつある
  • コインチェック(Coincheck)の入金方法は現在、銀行振込のみ利用可能
  • コインチェック(Coincheck)の振込先口座と同じ「りそな銀行」「住信SBIネット銀行」の口座を持っていれば、24時間入金できるうえに振込手数料も無料となる
  • Coincheckの銀行振込は、入金手数料が無料

さて、コインチェック(Coincheck)の入金方法や入金のやり方、手数料などについてお伝えしてきました。

銀行振込が24時間可能になったのでとても便利になりましたね。コンビニ入金やクイック入金より手数料が安いというのも魅力です。

りそな銀行か住信SBIネット銀行の口座があれば、24時間入金できるうえに振込手数料まで無料となりますから、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所比較
初心者にも、経験者にもおすすめのコインチェック

仮想通貨投資を始めるなら、コインチェック(Coincheck)がおすすめ

コインチェック

初心者でも直感的にすぐに使い始めることができます。

コインチェック公式サイト