リップル(XRP)

リップル(XRP)はどこまで下がる?下落理由と上がる時期予想

リップル(XRP)はどこまで下がる?下落理由と上がる時期予想
この記事を読んでほしい人
✔ リップルの投資を始めようと思っている方
✔ リップルの価格が下落している原因を知りたいという方
✔ リップルの価格がこれからどうなるのか知りたいという方

リップルは、Ripple.Inc社が開発した決済・送金システム内で用いられる暗号資産(仮想通貨)です。

決済・送金システム内での使用を目的としているだけあって、国際送金の場面では法定通貨やそのほかの暗号資産(仮想通貨)よりも、低コストに、そして高速に送金できるのが特徴です。

そんな便利な暗号資産(仮想通貨)リップルですが、残念ながら上がり続けているわけではありません。

今回は、リップルが下がる原因や、将来性について説明します。

この記事の要約
  • リップルの使いにくさから価値が下がっている可能性がある
  • リップルは今後「xRapidが稼働予定」「金融機関との提携」「証券問題をクリア」「Coinbaseへ上場」「Binannceの基軸通貨」などの特に大きな影響を与えると考えられるポイントがある
  • リップルは国際送金という分野で将来性が期待されている
  • リップルは将来的に明るい展望を期待できる材料がいくつも揃っている

まだ口座を持っていないなら、今すぐここからbitFlyer(ビットフライヤー)に登録!

リップル(XRP)が下がる原因

リップルの価格が下がってしまう原因として、どういったことが考えられるのでしょうか。

主な要因を3つ解説します。

  • 要因1:リップル社がリップルを大量保有している
  • 要因2:ビットコインが下落傾向
  • 要因3:価格上昇時の一斉利確

原因1:リップル社がリップルを大量保有している

リップルは全て発行されており、ビットコインのようにマイニングで新しい通貨が発行されることはありません。

ところが、リップル社が保有しているリップルを一度に売却すると市場にリップルが溢れ、リップルの価格が下がる可能性が懸念されます。そのため、リップル社が保有しているリップルのうち60%の売却を禁止する措置がとられています。

その分、リップル社のサービスでのリップルの流通量が少なくなっているわけですから、使いにくさから価値が下がっている可能性が考えられます。

原因2:ビットコインが下落傾向

ビットコインの価格が2017年の年末に最高値を記録して以来、その価格は下落傾向にあります。

この時、リップルの価格も大幅に上昇しましたが、その後ビットコインと同じように下落してしまいました。

つまり、ビットコインがとても上昇したことで暗号資産(仮想通貨)市場そのものがバブル化し、バブルが弾けたようにリップルもまた下落したと考えられるわけです。

原因3:価格上昇時の一斉利確

前述したように、暗号資産(仮想通貨)の価格が総じて急上昇した2017年年末には、リップルの価格も急激に上昇しました。

これは暗号資産(仮想通貨)に限った話ではないのですが、このような急激な価格上昇が起こると、利益確定売りが殺到し、急激に価格が下がる現象がしばしばみられます。

そして安定的なところで落ち着くわけですが、このような価格調整もリップルの価格が下がる原因の一つと言えるでしょう。

リップル(XRP)の価格はこれから上がるのか

リップルに限らず、下がり続けるものはありません。いつかは上昇に転じるものです。

問題は、底がどの辺りにあるか、という見極めが難しい点なのです。

こればかりは、どれほど投資経験を積んだ人でも、分析能力や情報収集能力に長けた人でも予測することは困難です。

ですが、リップルに関しては、将来的に明るい展望を期待できる材料がいくつも揃っています。ですから、リップルの将来性については期待してもいいのではないかと考えます。

リップル(XRP)の価格が上がる将来性

今現在は価格が落ち込み気味のリップルではありますが、リップルの将来性は非常に明るいと考えられています。

リップルの将来性が明るい具体的な理由としては、具体的に以下の3点があります。

  • 将来性1:送金スピードが早い
  • 将来性2:送金コストが安い
  • 将来性3:金融機関との提携

将来性1:国際送金のスピードアップに将来性を期待される通貨

銘柄送金時間
リップル約4秒
ビットコイン約10分
イーサリアム約15秒
モナコイン約90秒
ネム約60秒

リップルは、取引時の承認に要する時間がわずか4秒でしかありません。

ビットコインの承認にかかる時間が10分であることを考えると、送金にかかる時間が非常に短いことがわかります。

この利点を活かし、国際送金という分野で将来性が期待されています。

将来性2:国際送金の低コスト化に将来性を期待される通貨

リップルの特徴に、取引手数料が非常に安いという利点があります。

例えばビットコインの手数料は約28ドル、イーサリアムは約1ドルです。

ところが、リップルは0.0004ドルと、圧倒的な安さとなっています。

少額の国際送金時など、コストの安さを要求される場面だけでなく、あらゆる国際送金でのコストの低下が期待されます。

将来性3:金融機関との提携

リップルは、国際送金に大変使いやすい暗号資産(仮想通貨)です。現在、各国の金融機関との提携が続いています。

日本も例外ではなく、大手銀行の三菱東京UFJ銀行やみずほフィナンシャルグループを始め、多くの銀行と提携しています。

金融機関との提携が広がっていけば、リップルの用途が拡大していくわけですから、リップルの価値も高まっていくことでしょう。

また、提携を組んでいるのは金融機関だけではありません。

例えばGoogleからも出資を受けており、「Google Payにリップルが使われるのではないか」という見方もあります。

このことから、株式やETF、保健など幅広い金融商品の格付けを行うWeiss Ratings(ワイスレーティングス)のアンケート調査でも、リップルは他の通貨より高い評価を受けています。

リップルが上がる時期

 

この記事のまとめ
  • リップルの使いにくさから価値が下がっている可能性がある
  • リップルは今後「xRapidが稼働予定」「金融機関との提携」「証券問題をクリア」「Coinbaseへ上場」「Binannceの基軸通貨」などの特に大きな影響を与えると考えられるポイントがある
  • リップルは国際送金という分野で将来性が期待されている
  • リップルは将来的に明るい展望を期待できる材料がいくつも揃っている

まだ口座を持っていないなら、今すぐここからbitFlyer(ビットフライヤー)に登録!

明けない夜はなく、夜明け前が最も暗いという言葉があります。

リップルにとっても、下がり続けることはなく、上昇に転じる日が必ず来ます。
その上、リップルには、今回説明したような明るい要因がたくさんあります。

そうした点で将来が期待できるリップル、検討してみてはいかがでしょうか。

リップル(XRP)
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ
※ビットコイン取引量 国内 No.1:Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号の資産交換業者における2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事