アルトコイン

なんJコイン(nanjcoin/NANJ)を購入。取引所選びから買い方、特徴まで解説

この記事を読んでほしい人
✔ nanjcoinの購入方法を知りたいという方
✔ nanjcoinについて知りたいという方
✔ さまざまなスポーツの発展に貢献したいという方

スポーツに特化したトークン「nanjcoin」をご存知ですか? 5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のスポーツファンによるコミュニティ「なんでも実況板(なんj)」から生まれたイーサリアムベースのERC223トークンです。

あらゆるジャンルのスポーツで選手やチームとファンをつないでいくことを目的とする、注目度の高いトークンといえます。

そこで今回は、このnanjcoinの買い方や特徴について解説していきましょう。

この記事の要約
  • nanjcoinは「CoinExchabge」「MIDEX」「MERCATOX」といった海外取引所で購入可能
  • nanjcoinの購入方法は「国内取引所でビットコインを購入」「海外取引所にビットコインを送金してnanjcoinを購入」という流れ
  • nanjcoinの特徴として「AirDrop」「ERC223トークン」「Mint機能とBurn機能」があげられる
  • nanjcoinは「さまざまなプランが進行中」「モナコインという前例がある」ことから、価値が上昇していくことが期待できる

こちらの記事もおすすめ!:仮想通貨取引所ランキング最新版。手数料無料という罠に注意

なんJコイン(nanjcoin)が購入できる取引所

取引所特徴
CoinExchabge
  • 2016年にイギリスで設立
  • 仮想通貨の取扱量が豊富
  • メールアドレスとパスワードだけで口座開設ができる
  • 日本語には対応していない
MIDEX
  • 中央集権型と分散型のデメリットを補完しあっている
  • 日本語に対応している
  • 入金はできないが、日本円での取引が可能
MERCATOX
  • 希少性の高いアルトコインを含む、200種類以上の仮想通貨を取引可能
  • 送金や取引にかかる手数料が安い
  • 日本語には対応していない

現在のところ国内取引所でnanjcoinの取り扱いはなく、上記の海外取引所で購入することができます。

なんJコイン(nanjcoin)の購入方法

nanjcoinは国産のトークンですが、国内の取引所では取り扱われていません

したがって、上記のような海外の取引所で入手します。

なんJコイン(nanjcoin)を取引所で購入する方法を解説

で海外取引所でnanjcoinを購入するには、まずはビットコインを入手する必要があります。

nanjcoinを取り扱っている海外取引所では、日本円で直接取引ができません。

海外取引所にビットコインを入金して購入する方法がスタンダードです。

これはnanjcoinに限らず、海外取引所で草コインやトークンを購入する際に不可欠な手段ですので、しっかりと手順を押さえておきましょう。

ステップ1:国内取引所でビットコインを購入する

まずは、CoincheckやGMOコインなどの国内取引所でビットコインを購入します。

まだ口座を開設していない場合は個人情報の入力や本人確認書類の提出、二段階認証の設定など必要な手続きを済ませましょう。

口座開設は長くても1週間程度で終わります。

口座開設が完了したら日本円を入金し、ビットコインを購入します。

まだ口座開設が完了していない方はCoincheckでの取引がおすすめです。

ステップ2:海外取引所でビットコインを使ってnanjcoinを購入する

次に、CoinExchangeなどの海外取引所で口座を開設します。

手順は国内とさほど大きな違いはありません。

口座を開設したら、国内取引所からビットコインを送金します。

処理の途中で受け取り用のアドレスを入力する欄があるので、海外取引所のほうのウォレットアドレスをコピーして貼り付けましょう。

最後に取扱通貨の中からnanjcoinを探し出し、ビットコインと交換して購入完了です。

なんJコイン(nanjcoin)の特徴

nanjcoin特徴は、イーサリアムベースのトークンで最も新しいERC223トークンであることです。

従来のERC20を改良したもので、ERC20のデメリットを補完する機能が備わっています。

特徴1:AirDropによりトークンの送金が便利に

AirDrop(エアドロップ)とは、トークンの開発者が投資家やプロジェクトの支援者に無料でトークンを配布することです。

従来のトークンでは1人ずつしか送金できませんでしたが、ERC223では一度に複数の人に配布することができ、送金にかかるコストが抑えられています

特徴2:送金ミスを防止できる

仮想通貨やトークンはアドレスの入力をミスすると、たいてい二度と戻ってきません。

しかしERC223トークンには「トークンフォールバック機能」が備わっており、間違ったアドレスにトークンを送金しようとした場合、トークンが自動的に所有者のアドレスに戻ってくるようになっています。

特徴3:発行量を調整できる

ERC223には「Mint機能」と「Burn機能」というのが備わっています。

  • Mint機能:トークンの発行量を増加させる機能
  • Burn機能:トークンの発行量を減少させる機能

これらの機能によってトークンの発行量を調整することで、価格の急激な高騰や下落を防止することができ、通貨の成長が安定的なものになります。

なんJコイン(nanjcoin)の将来性

nanjcoinは現時点ではまだ価格は低いです。

ただし、将来的に大化けする可能性を秘めたトークンであるといえます。

その根拠として挙げられるのが、以下の2点です。

期待ポイント1:さまざまなプランが進行中

スポーツに特化したnanjcoinは、外部と連携してさまざまな企画が進行しています。

サッカーなどのメジャースポーツだけでなく、クリケットなどのマイナースポーツやe-スポーツ、障がい者スポーツなど幅広いジャンルで活用される可能性があります。

実現すれば、nanjcoinの普及によって価格はうなぎのぼりになることでしょう。

期待ポイント2:モナコインという前例がある

5ちゃんねるから生まれた仮想通貨として有名なのが「モナコイン(MONA)」です。

モナコインはコミュニティを利用する数多くのファンに支えられて、2017年に価格が急上昇し、現在では国内取引所で取り扱われるまでになりました。

nanjcoinも同様に強力な地盤に支えられることで、その価値を上げていくことが期待できます。

 

なんJコイン(nanjcoin)がスポーツのビッグイベントで活用される可能性も

この記事のまとめ
  • nanjcoinは「CoinExchabge」「MIDEX」「MERCATOX」といった海外取引所で購入可能
  • nanjcoinの購入方法は「国内取引所でビットコインを購入」「海外取引所にビットコインを送金してnanjcoinを購入」という流れ
  • nanjcoinの特徴として「AirDrop」「ERC223トークン」「Mint機能とBurn機能」があげられる
  • nanjcoinは「さまざまなプランが進行中」「モナコインという前例がある」ことから、価値が上昇していくことが期待できる

さて、なんJコイン(nanjcoin)の買い方や特徴についてお伝えしていきました。

nanjcoinは、スポーツのさまざまなシーンで活用されることが期待されるトークンです。日々行われる試合はもちろん、オリンピックやサッカーワールドカップなどのビッグイベントで活用される時代が来ることも考えられます。

そうなれば、nanjcoinはモナコインを超える成長を見せる可能性もあります。ぜひ今後の動向に注目してみましょう。

アルトコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
日本で一番人気の仮想通貨取引所

ビットフライヤー公式サイト

※マクロミル調査で「ビットコイン取引量」「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内1位に選出。

最新記事