アルトコイン

バンクエラの買い方から取引所選びまで解説!

バンクエラ

バンクエラ(Bankera)はブロックチェーン技術を基幹とした次世代の銀行を立ち上げるプロジェクトです。

ブロックチェーン技術を利用したスマート化により、従来の銀行では不可能だった格安の手数料を実現、その利益を出資者に積極的に分配することを目指しています。

バンクエラトークンは既にICOを終えていて、約162億円もの資金を集めることに成功。

世界的に注目を集めている一方で取り扱う取引所がほとんどなく、日本でも注目する人の少ない暗号資産(仮想通貨)の1つです。

バンクエラが購入できる取引所


バンクエラが購入できる取引所はHitBTCのみになります。

2018年6月4日に上場し、初めてバンクエラが売買できるようになりました。

それ以前はバンクエラが運営する取引所spectrocoin(スペクトロコイン)でICOを通じて購入が可能でした。

しかし、ICO終了と同時に購入ができない状態になっています。

取引量の内訳

バンクエラの取引ボリュームはビットコイン(BTH)建てが約60%と非常に高い割合となっています。

続いて、イーサリアム(ETH )の約24%、テザー(USDT)が約16%が続きます。

取扱のある取引所(手数料)

HitBTCの手数料は若干特殊で、成行注文(Taker)手数料が0.1%、指値注文(Maker)手数料が-0.01%に設定されています。

指値で注文を入れた場合は成約までに時間がかかるケースがある一方で、成約金額に応じた手数料を貰える仕組みになっているのです。

流動性を確保するための仕組みの1つで、国内取引所のザイフがよく似た仕組みを取り入れています。

バンクエラの購入方法

ステップ1:国内取引所でビットコイン購入

今回は、ビットコインでバンクエラを購入する方法を解説します。

まずはビットコインを国内取引所で日本円で購入します。

この際、バンクエラ購入に使用するビットコインのみ購入するのではなく、海外取引所に送金する際に利用する、送金手数料分のビットコインも買っておいてください。

ビットコインを購入するのであれば、手数料無料のGMOコインがおすすめ。

ステップ2:HitBTCで購入

バンクエラはHitBTCに暗号資産(仮想通貨)の入金を行い、取引所経由で購入します。

注意したいのはHitBTCは日本の居住者の利用を停止していること。

日本以外の居住者であることを証明しなければ取引自体が行えない仕様になっていることです。
虚偽の申告をすれば取引自体ができなくなる可能性が高くなるため、利用規約をしっかり確認する必要があります。

購入方法をチェックする


HitBTCを利用するためには日本以外の国に移住する必要があります。

日本以外に住んでいる人に仲介して貰う方法もありますが、トラブルの原因となりやすいため注意が必要です。

HitBTCの利用規約をチェック

日本居住者の利用はできないため、利用規約をチェックした上で海外在住であることを照明する必要があるのです。

日本以外に居住していることを証明することが最初のハードルになります。

取引所でビットコインなどを購入

国内海外と問わず、ビットコインやイーサリアム、テザーを購入しましょう。

HitBTCは法定通貨の取引に対応していないため、必ず対応する暗号資産(仮想通貨)を購入する必要があります。

HitBTCへ入金

HitBTCに購入した暗号資産(仮想通貨)を入金しましょう。

口座に暗号資産(仮想通貨)を入金する場合は手数料がかかることが一般的です。

バンクエラを購入する場合はある程度余裕を持って入金をする必要があります。

バンクエラ購入

こうしてバンクエラを購入します。

現状はHitBTCでしか売買ができないため、長期投資向けに購入する人が一般的なようです。

日本でバンクエラの取引所は?

日本でバンクエラを取扱う取引所は存在せず、上場の予定もありません。

ただし、バンクエラが運営するspectrocoinで再度購入が可能になる可能性は存在します。

バンクエラは次世代の銀行を目指しているため、銀行の免許取得計画があるのもポイントです。

銀行免許を取得できれば日本円などの法定通貨で取引できる可能性も。

バンクエラの特徴、将来性

バンクエラは次世代の銀行を構築するために発行された暗号資産(仮想通貨)で、バンクエラトークンと言われています。

特徴的なのは、所有料に応じた配当が行われること。

上場後も利益が分配されているという実績があるのが特徴ですね。

ポイント1 利益が配当される仕組みになっている

バンクエラを保有している場合、保有数に応じてバンクエラが営業で得た収益が分配される仕組みになっています。

配当は毎週分配され、分配されるのは営業利益の20%。

既にバンクエラが運営するspectrocoinなどの収益が分配されています。

ポイント2 バンクエラ建ての取引をする場合は手数料無料

バンクエラが運営するspectrocoinで、バンクエラ建ての取引を行う場合、手数料を無料にすることができます。

バンクエラの保有数が減れば受け取れる配当の金額は減りますが、売却以外の使い道があるのは大きな魅力ですね。

ポイント3 上場している取引所の少なさが魅力

バンクエラが上場している取引所は1つしかなく、今後流動性が高まれば価値が急激に上がる可能性あり。
日本人の購入ハードルが高くなっているのもポイントです。

日本の暗号資産(仮想通貨)マネーが流入すれば一気に価値が高まる可能性も!

既に配当の実績があるのがバンクエラの魅力

バンクエラはもっているだけで配当を受け取ることが魅力です。

Spectrocoinのウォレットに入れておけば、毎週イーサリアムなどで配当を受け取ることができます。

既に年利1%程度のペースで配当が行われていて、今後はさらに配当額が増える可能性も。

ただし、唯一上場した引所が日本人の取引を禁止しているため、購入のハードルが高くなっているのがネックです。

買い方を探すこと自体が困難なため、今後日本人が購入可能な市場に上場するかも注目のポイントですね。

アルトコイン
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事