最新ニュース・チャート速報

【リップル価格ニュース】遠ざかる40円の壁

2月16日 ほぼ1日下落トレンドに終始

出典:Trading Viewリップル米ドルチャート

2020年2月17日(月)5時03分現在、リップルは始値0.2821米ドル(30.97円)、高値0.2824米ドル(31.00円)、安値0.2820米ドル(30.96円)、終値0.2820米ドル(30.96円)。

前日16日(日)のリップルは、始値0.3339米ドル(36.65円)で寄りつき、最高値0.3340米ドル(36.66円)をつけたが下落し、2時台には0.2974米ドル(32.65円)まで下落。3時台には最安値0.2936米ドル(32.23円)をつけたが、買い戻されて0.3116米ドル(34.21円)まで回復した。

しかし、その後4時台から10時台までは、0.3071米ドル(33.71円)~0.3140米ドル(34.47円)の間をレンジで推移し、11時台にはレンジを上抜けし、上昇するかと思われたが、12時台に入ると再び下落を開始し、緩やかな下落トレンドを形成して、23時59分59秒には終値0.2983米ドル(32.75円)をつけて、16日の取引を引けた。

リップルはこの日1日、最高値最安値ベースで、0.0404米ドル(4.43円)の値動きであった。

2月17日価格予想及び、注目のイベント

リップル価格予想:0.3337米ドル(36.63円)~0.2652米ドル(29.11円)

イベント名時間
Crypto Fire Alliance(豪)16時
レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト、講演23時
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)23時

17日のリップルは、始値0.2985米ドル(32.77円)で寄りついたあと下落し、1時台には安値0.2651米ドル(29.10円)をつけた。しかし、2時台には回復し、終値0.2836米ドル(31.13円)まで値を戻した。3時台も上昇したが、4時台に入ってからは下落。5時台になって買い圧力が高まってきているように見えるが、売り圧力も弱まっておらず、ここ数時間の値動きはレンジになりそうだ。

※1米ドルは109.79円で計算

▼リップルの特徴や今後の動向について詳しく知りたい方はこちら

リップル(XRP/Ripple)とは?特徴と仕組み、ビットコインとの違いを解説

最新ニュース・チャート速報
国内90%以上の仮想通貨取引はビットフライヤー

まずは口座開設
\今すぐに仮想通貨投資を始めるなら/

bitflyer

最短当日で投資を始められる
説明なしで使えるアプリ
ビットコイン取引量国内No.1

ビットフライヤー公式サイト

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

最新記事